牝奴隷のマリナ『絞殺牝奴隷!糞尿まみれで屠殺』(声・小西寛子)(国民限定)

 本当に皆様ご無沙汰しておりました。
 牝奴隷のマリナです。
 前回、ここで血尿を撒き散らしてから、マリナは沢山の責め苦を受け成長しました。
 今では立派に大人の牝奴隷の身体です。
 ご覧下さい、このモジャモジャといやらしく生えて来たオマンコの毛、マン毛を。
 今回は遂にマリナが屠殺される事になりました。
 マリナたち牝奴隷の、御主人様への究極の愛と忠誠を示す儀式。
 それが屠殺。
 これまでに多くの先輩たちが、そしてお友達が愛と忠誠の為に、屠殺を受けてきました。
 マリナも何度となく、それを見届けてきました。
 みんな、とても綺麗に死んで行きました。
 マリナはその、死に行く様を見る度に、とてつもなく大きな快感に襲われました。
 死を賭して誓う愛と忠誠。
 その美と快感。
「マリナもきっと、御主人様に満足頂ける様に死んで見せる……」
 そう心の中で誓っていました。
 屠殺が決まった日、マリナは嬉しさの余り、失禁してしまいました。
 度重なるオマンコへの責め苦で、尿道が緩んでいたのですね。
 マリナは恥ずかしく死にたいと、御主人様にお願いしました。
 その結果が絞首刑です。
 ロープを首に巻きつけ、一方を御主人様に、もう一方をお友達に持って貰い、引っ張り合う。
 想像するだけでワクワクします。
 マリナのいやらしいオマンコは蜜を、マン汁を溢れさせます。
 何度も何度もオナニーしました。
 何度も何度も御主人様にオマンコして貰いました。
 そして、その日がやってきました。
 屠殺室にみんなが集まります。
 マリナは全裸で縛られ、床に座りました。
 今日は、わざと朝のウンチをしませんでした。
 首を絞められる時に、無様に垂れ流す様をみんなに見て貰う為です。
 こんなに無様で恥ずかしい死に方。
 マリナの望みでも有りました。
「みんな見てる。みんなの目の前で、マリナは無様にウンチやオシッコを垂れ流し、屠殺されるんだ。」
 自然と息は荒くなり、オマンコからマン汁が止め処なく溢れ出します。
 快感が全身を貫きます。
 いよいよロープが首に巻かれました。
 その瞬間、またも絶頂を迎えます。
 はしたないマリナ。
 恥ずかしいマリナ。
 命を捨てて愛と忠誠を誓い、快感を得るマリナ。
 覚悟は出来ています。
 御主人様、そしてみんな、ロープを引いて下さい!

この記事の続きは、『鬼畜主義人民共和国』の国民にのみ公開されています。
国籍申請のご案内

既存ユーザのログイン
   

コメントは受け付けていません。