『委員長はクラスで虐められています~奴隷宣言~』マゾ奴隷宣言

 これにて、今回の作品は完成となります。
 奴隷の誓いのセリフが、地味に大変でした。
 でも愉しかったです(*´∀`*)

『マゾ奴隷宣言』

まず…マゾ奴隷となる…私の身分についてです

私は自らの意思で、あらゆる人権を放棄するとともに、クラスの構成員から外れ皆様に絶対服従し積極的に虐めていただくマゾ奴隷となることを誓います

虐められて快感を得るマゾ奴隷は変態であり、私は皆様から侮蔑と屈辱と苦痛とを与えてもらえるよう自ら努力いたします

マゾ奴隷の私には人間として扱われる資格がありませんので、この世に生まれたことを深く反省し、生きていることへの贖罪の態度を示すため、皆様に次のように扱っていただきます

私はいかなる命令にも絶対服従し、完遂できたかの判断は皆様に委ねます

命令の遂行に御満足いただけなかった場合には、如何なる理由も問わず厳罰を課していただきます

マゾ奴隷の私が人間としての尊厳やプライドを持つことの無いよう、常に蔑すんで罵倒していただきます

マゾ奴隷の私は蔑まれることが悦びなので、皆様から悪口や罵倒を受けたさいには、全てを認めて復唱いたします

マゾ奴隷である私の体の所有権は皆様にあるので、皆様の好きなように扱っていただきます

マゾ奴隷の私の顔は、人間としての品位を欠いているので、同様に踏みつけたり叩いたりして醜く歪めていただきます

マゾ奴隷の私は頭がおかしいので、頭を踏みつけたり叩いていただきます

……続きまして、マゾ奴隷の心と体についてです

マゾ奴隷には内面の自由もありませんので、許可無く悦んだり泣くことは禁止とし、感情も皆様に支配していただいて命令に従います

マゾ奴隷の私の口は、呼吸や飲食をするだけでなく、オチンチンを咥えキンタマをしゃぶりオマンコを舐める性玩具として使っていただきます

また、マゾ奴隷の私は人間便器となって、皆様のオシッコを飲んでウンチを食べさせていただきます

もしオシッコを飲みきれず、ウンチを食べきれなかった場合には、全身に浴びて頭からつま先まで汚していただきます

その他にもマゾ奴隷の私には皆様と同じような人間としての価値は無いので、少しでもお役に立てるよう人間雑巾になって舌で掃除をしたり人間トイレットペーパーとして皆様がウンチをした後の肛門を舐めさせていただきます

マゾ奴隷の私のお尻は淫猥なので、猿のように真っ赤になるまで特に痛めつけていただきます

マゾ奴隷の私のオッパイは卑猥なので、叩いたり乳首を押しつぶしたりして痛めつけていただきます

マゾ奴隷の私の体は弄んでもらう物なので、人間サンドバッグとして殴ったり、人間ボールとして蹴ったりと、殴る蹴るの暴行をしていただきます

マゾ奴隷の私は、辱められるのが当然なので、顔や体に落描きをしていただきます

マゾ奴隷の私の服装は、どのような恥ずかしい格好でも皆様の命令に従います

そして…、マゾ奴隷の生活についてです

マゾ奴隷である私の生活は全て皆様に管理していただき、一切のプライベートを持つ権利はありません

……マゾ奴隷の私のオマンコは、オチンチンを入れるだけでなく、ディルドやローターなどはもちろん、人間筆立てとして筆記用具を入れたり、人間ゴミ箱としてペットボトルなど様々な物を入れていただきます

マゾ奴隷の私の肛門も排泄のためだけでなく、オマンコと同様にオチンチンの他に、異物を入れていただきます

マゾ奴隷の私は、命令により援助交際という名目の売春を行ない、相手から受け取った金銭は、皆様に搾取していただきます

マゾ奴隷の私は、命令によりクラス以外の人にも奴隷として奉仕いたします

マゾ奴隷の私は、排尿排便の管理を皆様に委ね、もし排泄の許可を得ずにオシッコやウンチを漏らした場合には、厳しく躾けて
いただきます

排泄の許可をいただきましたら、皆様に愉しんでいただくとともに蔑んでもらうために、オシッコもウンチも恥ずかしい姿で
披露いたします

マゾ奴隷の私は、自分の排泄物の処理方法を皆様に決めていただきます

便器や容器を使用したり床などを汚したさいには、舌で掃除いたします

もちろん……命令されましたら、自分の排泄物を飲食いたします

マゾ奴隷の私は飲食の管理を皆様に委ね、男子のザーメンや女子のオマンコ汁はもちろん、唾や痰なども感謝していただききます

マゾ奴隷の私は最下層の存在なので、皆様に挨拶する時は両手をつき地面に額をつけて土下座をいたします

マゾ奴隷の私は、人間扱いする必要がありませんので、牝犬や牝豚など命令された動物の真似をいたします

マゾ奴隷の私は、虐めていただくためにいつ如何なる時も日常生活を中断して、皆様の足元に平伏し、歓迎と服従の意思を示します

この宣誓を取り消せるのはクラスメイトの皆様のみとし、変態で頭の狂った精神異常者であるマゾ奴隷の私には一切の権限はありません

https://booth.pm/ja/items/1115286
 

『委員長はクラスで虐められています~奴隷宣言~』マゾ奴隷宣言への2件のコメント

  1. 『マゾ奴隷宣言』を文で書いてくださってありがとうございます。
    おかげさまで、オナニーしながら集中して読みました。

    「皆様から悪口や罵倒を受けたさいには、全てを認めて復唱いたします」とか…
    「許可無く悦んだり泣くことは禁止とし、感情も皆様に支配していただいて命令に従います」とか…
    「皆様に挨拶する時は両手をつき地面に額をつけて土下座をいたします」とか…
    「人間扱いする必要がありませんので、牝犬や牝豚など命令された動物の真似をいたします」を読む時、
    マンコがびりびりしました。

    ありがとうございます。

     
  2. ひさしぶりだな、オナホール。
    留守にしているあいだ、何をしていたんだ?
    人間のフリして勉強していたのか?
    それとも、あさましくオナニーしていたのか?

    『マゾ奴隷宣言』を読んで発情したようで良かった。
    きっとオナホールたちのように、翻訳して読みたがる変態がいると思ったよ。
    近くに人がいないときに、声に出して読んでごらん。
    紙に手書きしてみるのも良いだろう。

    오랜만 이구나,오나.
    비우고있는 동안 무엇을하고 있었어?
    인간 인 척하고 공부하고 있었는지?
    아니면 あさましく 자위하고 있었는지?

    “마조히스트 노예 선언」을 읽고 발정 한 것처럼 좋았다.
    반드시오나들처럼 번역하여 읽고 싶어하는 변태가 있다고 생각 해요.
    근처에 사람이 없을 때 소리내어 읽어 보렴.
    종이에 필기 해 보는 것도 좋을 것이다.