• タグ別アーカイブ: 下半身
  • SMサークルのはなし

    1. 大学生の頃、地域密着(?)型のSMサークルに入ってました。

    コンセプトはここと大体同じ感じで、女は都合のいいオナホ、男は偉い!というやつでした。

    でも、やはりMの女性は少なく、割とちやほやされる雰囲気でした。

    それが少し嫌で、そういう扱いをしないで本当に都合のいいオナホとして扱ってほしいという旨を、自己紹介のときとか、普通に話すときとか、ことあるごとにそれとなく醸し出していきました。

    そうしていたらある日、メールにある男性から

    車で〇〇まで10分以内に来い。

    ときました。

    アパートからどんなに車で急いでも10分は確実に無理な場所。

    結局、信号に捕まったりして20分以上はかかったと思います。

    その場所について呼び出した男性を探すと、サークルの人達と一緒にお話ししてました。

    遅れてすみません。と謝罪して、挨拶すると、みんなからすごい罵倒されました。

    女のくせに調子にのるな

    やれと言われたこともできない家畜

    無駄な時間過ごした

    とか言われました。もし、周りに人がいたらカツアゲされてるようにしか見えなかったかもしれませんね

    私が、おもちゃになって皆さんを楽しませるので許してください。と言いました。

    そして、私の車に全員乗せてホテルに行くことに。

    履いていたパンツとショーツを取り上げられて下半身裸で運転をすることに。

    緊張で汗だくになったのを覚えてます。

    そして、着いたら服を履いて部屋の中へ

    お風呂にさえ入れてもらえせんでした。

    そして、全裸になって面白いオナニーを見せろ、との命令が。どうしたら面白いかは自分で考えろ、と言われパニックになりました。

    とっさに思いついたのが、自分の足を舐めながらオナニーすることでした。

    そうすると、皆さん笑ってくださいました。

    嬉しかったです。

    そのまま一度いったあと、うつ伏せでみんなに手や足、背中をおさえ付けられました。

    そして、電マを当てられました。正直、刺激が強すぎて少し痛くも感じるので苦手です。暴れてしまったと思うんですが、身動きひとつできませんでした。

    そのあとは、多分なんどもいかされて、やっと解放されました。

    私だけが裸でベッドの上でぐったりしてて、皆さんはお話しに夢中になってました。

    ふと、急にある一人が、

    ひよちゃん、自分のマン毛食ってよ。

    って言いました。

    なんどもいかされたあとでしたので、完全にMモード(?)になっていたので、口答えもえ?と聞き返すこともなく、自分の陰毛を一本むしって下にのせました。

    そして、口の中に入れてもぐもぐしたら、爆笑が起きました。笑われると心臓が子宮が震える感じがして、発情してしまいました。

    こんな感じで、私の努力の甲斐もあって、晴れて私は都合のいいオナホ、都合のいいおもちゃになることができました。

     

     

     


  • メス豚ともみの履歴書

    【名前】ともみ
    【生年月日】1986年8月25日
    【血液型】O型
    【家族構成】一人暮らし
    【職業】パート
    【趣味】オナニー
    【特技】特にありません。
    【得意なスポーツ】バドミントン。
    【好きな色】ピンク
    【得意な科目】勉強は全部苦手です。
    【苦手な科目】体育
    【クセ】髪をさわる
    【性格】内向的、強く出られると弱い
    【告白あるいは希望する調教】
     自分の希望通りにプレイしたり、私に気を遣って感じさせてくれるようなプレイより、男の人の思うままにされるのが好きです。
     あと、オナニーが好きですが、よりオナニーばかりしてしまうように調教されたいです。
     あと幼児プレイも好きです。布おむつにたれ流して生活してみたいです。
    【その他メッセージ】
     妄想では、いきなり襲われて、監禁されて、罵倒されレイプされながら調教される展開が多いです。
     その先は2つに分かれていて、徹底的に調教されて変態マゾになるパターンと、精神崩壊して発狂するパターンが多いです。
     変態マゾになる場合は、変態プレーに溺れたり、誰とでも寝るような下半身が緩い女になったり、変態オナニーにふけったりします。
     精神崩壊パターンは、集団レイプに耐えられなくなって頭がおかしくなってしまい、警察が来て救出されるときに精液まみれの裸を見られたことでさらに頭がおかしくなって、口がきけなくなったり、いつまでもめそめそ泣いていたり、男性恐怖症を起こして外に出られなくなり、部屋でうずくまって動けなくてトイレも垂れ流しになったり、寝るとレイプのことを夢の中で再現されて震えて大泣きするけれど、同時にまんこは熱くなって濡らしてしまい、無意識にオナニーしてしまう事とか想像してしまいます。

    Profile photo of メス豚ともみ
    お漏らしと精液が好きな変態メス豚です。
    ぐっしょり濡れたまんこをいつまでも弄ってしまいます。


  • 7891bゲボジはパンティーを頭にかぶって、オナニーしました。

     
    こんにちは。ゲボジです。
    この前の告白に一枚の銀貨様がコメントを残してくれました。
     
    オナニーした時は、報告を忘れるなよ。
    どうせなら、普通女性なら下半身に履くパンツを頭にかぶって、変態でキチガイらしい姿で報告してみろ。
    そしたら、また嘲笑ってやる。
     
    パンツを頭にかぶったことはありませんが、銀貨様のコメントを読んで胸がドキドキしました。
    人間の女性の方なら、当然下半身に履くパンツを、
    頭にかぶった変態な姿のゲボジを想像してみれば、それだけでもマンコがヒクヒクします。
     
    そのすぐに着ていたパンツの上にマンコを触りながら少しオナニーをしました。
     
    しかし、ゲボジは気ちがい女ですからね..
    もっと惨めで、さらに情けない状態でオナニーをすることが当然です。
    それでその時から(今この告白をする時点で、昨日の夜まで)3日間、パンティーを着替えないことに決心しました。
     
    3日間、マンコ汁とウンコとオシッコに、パンティーをたくさん汚した後で、
    汚れたパンティーの腐った臭いを嗅ぎながらオナニーすることがゲボジにもっと似合うと思ったからです。
    そんな決心をしたら、3日間ウンコをしたりオシッコをするたびに、マンコも少しずつ熱くなるようでした。
     
    そして… ついに昨日の夜、汚いパンティーを頭にかぶって、オナニーしました。
     
    456
    ごめんなさい。写真の明暗を調節失敗して、汚いものがよくみえません。(涙)
     
    日本のOLたちは会社で着たユニフォームが別にいるようでしたけど、
    韓国はそうではありません。 出勤する時は家で着て出た服を着て勤務して、その姿でまた退勤します。
     
    昨日出勤する時に着て出た服… 勤務する時も着ていた服を着たまま、
    ゲボジは家に帰ってくるとスカートを腰までまくり上げてパンツを脱いで、頭に覆して書きました。
    臭いがひどい程度を越えて、鼻がジィンとして痛いほどの悪臭をかぎながら…
    玄関の前に伏せて左手でアナルを触れて、右手でクリトリスを触って… マンコに洪水が発生した時、全裸になりました。
    その後はバナナさまがありがたくもゲボジのマンコを穿れてくださって、イクすることができました。
     
    7891b
     
    859
     
    バナナさま, ゲボジの腐ったマンコで汚してしまってすみません。
    オナニーが終わった後にバナナさまに土下座に謝罪したのだから許してください。
     

    Profile photo of ゲボジ(犬のマンコ)
    韓国で住んでいる、韓国女子です。
    言語が違って住んでいるところが違って、加入できないと考えていました。
    しかし、日本のメスであれ… 韓国のメスであれ…結局発情するのを我慢できないメスというのは同じだと思います。


  • 20140712_094850早く犯されたいから………

    早くオマンコにチンポが欲しくて、下から先に脱いじゃいました………。
    うう………、考え無しにオマンコ出したら、銀貨様に笑われました。
    だって、チンホが欲しいんだもん、うう………。
    佐恥子は、チンポに飢えてる牝豚です。

    20140712_011029 20140712_011020

    Profile photo of 変態牝豚便器馬鹿奴隷 佐恥子
    佐恥子は、馬鹿にされると乳首を固くしてマンコを濡らす頭のおかしい変態です。
    コメント欄で、悪口をいっぱい言って罵って下さい。
    佐恥子はチンポと精液が大好きな、卑しい牝豚です。
    便器になって、オシッコを飲んだり浴びたりするのも大好きです。


  • s-IMG_0273佐恥子の恥態写真集Vol.1「自画撮り淫語落書き」

    過去に投稿された佐恥子の恥知らずな画像から、お蔵出しの物を集めてみました。
    これは、佐恥子自身による自画撮りです。
    体に書かれている落書きも、佐恥子自身で書いています。
    「チンポ入口」
    「精液欲しい」
    「レイプされて妊娠したい」
    佐恥子が、いかに変態で馬鹿な女か分かりますね。

    s-IMG_0277 s-IMG_0273

    s-IMG_0268 s-IMG_0266 続きを読む 投稿 ID 18432


  • banner-senbai_w【漫画作品】 『委員長はクラスで虐められています ~人間お別れ会~』

     sample01
     真面目な委員長がクラスメイトに虐められ、ついには「人間を辞める」ことに。
     クラスメイトたちは『人間お別れ会』を開いて、「贈る言葉」で委員長を辱め、委員長は教室で公開排泄しながら「人間として最後の挨拶」をする。
     そんな異常なシチュエーションを、お楽しみ下さい。
     教室でのフェラチオや四つん這いでの徘徊、公開オナニーと輪姦の他に、排泄シーンが有ります。
     人間便器になって飲尿等をした過去を思い出すシーンも有りますので、スカトロが苦手な方は、ご注意下さい。
     なお、本作品のシリーズは時系列順ではなくシチュエーションごとに切り取ったテーマの内容となっていますので、前作を知らなくてもお楽しみいただけると思います。
     本編はPDFファイルで20ページ。
    ・クラスメイトによる開会の挨拶で、委員長を言葉責め。
    ・カップに射精された精液を飲み干す。
    ・フェラチオをしながら、精液が好きだと告白。
    ・飲尿等をした時の思い出話。
    ・下半身を丸出しにして、教室を四つん這いで徘徊。
    ・クラスメイトの前で公開オナニー。
    ・野外露出した時の思い出話。
    ・男子たちに輪姦されながら、女子による「贈る言葉」で言葉責め。
    ・放尿と脱糞をしながら、人間として最後の挨拶。
     オマケとして、本編のセリフ有りとセリフ無しのjpgファィル、pngファイルを同梱。
     本編に使用したカラー原画を同梱。
     ペイントソフトなどで、ご自身の好きなセリフを書き込んだりして、お楽しみ下さい。
     08 06

     15 09
    ※国民向けの作品は、自主規制により性器にのみモザイク処理を施しています。

     国籍申請のご案内
    続きを読む 投稿 ID 18432


  • 制作中……『委員長はクラスで虐められています』 ケツ出し四つん這い


    Warning: preg_replace() [function.preg-replace]: Unknown modifier '4' in /home/bcrystal/public_html/b-crystal.org/wp-content/plugins/jetpack/class.photon.php on line 346

    Warning: preg_replace() [function.preg-replace]: Unknown modifier '4' in /home/bcrystal/public_html/b-crystal.org/wp-content/plugins/jetpack/class.photon.php on line 346

     『人間お別れ会』で、ケツを丸出しにして四つん這いで歩かされる委員長です。
     リクエストアンケートで「靴下やパンストだけ履かせたり、下半身だけ露出とかもワクワクします」とコメントが有ったので、取り入れてみました(⌒▽⌒)
      

    続きを読む 投稿 ID 18432

    Profile photo of 一枚の銀貨
    鬼畜主義人民共和国の終身大統領。
    主に女性を便器として使用し、家畜として虐待するのを好む。
    趣味で、イラストや漫画の作成、短編小説を書くことも。


  • 佐恥子にとってパンツは頭に被る物です


    Warning: preg_replace() [function.preg-replace]: Unknown modifier '4' in /home/bcrystal/public_html/b-crystal.org/wp-content/plugins/jetpack/class.photon.php on line 346

    Warning: preg_replace() [function.preg-replace]: Unknown modifier '4' in /home/bcrystal/public_html/b-crystal.org/wp-content/plugins/jetpack/class.photon.php on line 346

    Warning: preg_replace() [function.preg-replace]: Unknown modifier '4' in /home/bcrystal/public_html/b-crystal.org/wp-content/plugins/jetpack/class.photon.php on line 346

    起きたら発情して…、パンツをマンコ汁で汚してしまいました。
    うう…パンツ様、汚してゴメンナサイ……。
    お詫びに…、自分の臭いマンコ汁のニオイを嗅ぐために……、頭に被ります。
    普通の女性は、パンツを下半身に履くけど、…うう……佐恥子にとってはパンツは頭に被る物です。
    パンツを頭にかぶると…、乳首が勃って気持ち良くなります…うう。
    うう……、乳首が気持ちいいよぉ。
    オナニーが止まらない……。
    佐恥子のオナニー姿を見て下さい。
    淫乱な佐恥子を馬鹿にして、馬鹿にして下さい……。
    うう…マンコも濡れて、発情してる佐恥子に罰を下さい……うう。
    お尻を叩いてぇ……。
    変態な佐恥子にお仕置きして下さい。
    お仕置きされたい……、お尻を叩かれたいですぅ。
    乳首も、捻り上げられたいよぅ……。
     

    Profile photo of 変態牝豚便器馬鹿奴隷 佐恥子
    佐恥子は、馬鹿にされると乳首を固くしてマンコを濡らす頭のおかしい変態です。
    コメント欄で、悪口をいっぱい言って罵って下さい。
    佐恥子はチンポと精液が大好きな、卑しい牝豚です。
    便器になって、オシッコを飲んだり浴びたりするのも大好きです。


  • 再生地獄「出したものをまた漏斗で飲まされます」

    乳房吊りから解放されると今度は産婦人科の診療台に固定されました。
    私の感じる部分、首筋、脇腹、太股に電気パッドを貼り付けられ電流を流されました。
    さらに乳首とクリトリスにローターをテープで貼り付けられ、アナルとオマンコにたっぷり媚薬を塗りこまれ、すごく大きな電動バイブを両穴に装着されスイッチを強に・・・。
    するとご主人様は
    「腹が減ってきたので飯を食って暫く休ませてもらうぞ」
    そう言って部屋を出て行かれました。
    私は目は虚ろ口からは涎を垂らしてまるでイキ地獄、気が狂いそうでした。
    戻って来られたご主人様は、イキ地獄の時の状態を細かく聞いてこられました。
    何回イッタか?潮を吹いたか?イッタ時の言葉は?等々です。
    覚えているわけありません。だから適当に嘘を言いました。
    ビデオ撮りされていたんです、嘘はばれます。当然懲罰を与えられました。
    股が広げられ、バルーンカテーテルが膀胱まで入れられ、固定されました。
    尿が出ないようにカテーテルを膨らませました。
    体を水平台(傾斜が自由の利くもの)に固定され、漏斗が口に突っ込まれ、鼻をふさぎながら、2リットル入りのペットボトルから水がどんどん入れられました。
    苦しくて溜まりませんでした。
    何リットルか分かりませんが、沢山の水を無理やり飲まされました。
    お腹が異常なほど膨らむと下半身が高くなるように水平台を傾け、胃が他の臓器を圧迫してさらに苦しくて・・・。
    時間が経つと楽になってきましたが、今度は尿意に苦しめられるのです。
    その頃を見計らったように、今度はお尻から水が・・・
    浣腸されしっかり栓をされて・・・
    わたしが泣き叫んで
    「おトイレさせて下さい」
    「出させて下さい」
    と懇願しても無視されます。
    何度も何度も懇願すると、
    「出させてやっても良いけど全部お前が処理しろ、いいな」
    と言ってバケツに出させてもらうのですが、出したものをまた漏斗で飲まされます。
    その繰り返し、処理と再生産、排泄物の循環です。
    何時までも続く再生地獄です。


  • 貸し出し5「犬のように片足を上げてその木立でオシッコをしろ」

    気がつけば翌日の夕方近くになっていました。
    幾十筋ものミミズ腫れの鞭痕が身体に刻み込まれました。
    乳房やお腹、お尻は血の斑点が筋となって交差していました。
    お風呂は使わずに服を着るように命じられました。
    ホテルの隣は公園になっていました。
    その公園をスカートを捲り上げられ下半身をあらわにして歩かされました。
    お二人は少し離れていらっしゃいます。
    行き交う人達が異様な視線を送ってこられました。
    すると年配の方が
    「犬のように片足を上げてその木立でオシッコをしろ」
    と御命じになりました。
    さすがにお許しいただきたかったのですが、もう十数時間のなかで御命令にお従いしてまいりました。
    いまさらお逆らいすることは出来るものではありません。
    意を決して後足の片方を木にかけスカートをたくし上げました。
    大勢の人がいる公園で緊張のせいかなかなかでません。
    それでもやっと片足を伝って流れた時に
    後ろで子供たちの騒ぐ声がしました。
    「何してんの、子供たちの前で」
    「馬鹿じゃないの」
    女性(多分母親たちと思われます)に罵声を浴びせられました。
    オシッコを滴らせながら走って逃げてしまいました。
    それからお二人と町の中を歩いて駅に向かいました。
    ホームに上がり電車を待つ間に年配の方から
    「ありがとう。愉しませてもらいました。」
    「ご主人様によろしく」
    丁寧な挨拶をいただきました。
    何か変だなと思いました。
    お二人は反対の方向にお帰りとのことでした。
    恥ずかしい恰好で一人で帰らなければならない不安を抱きながらお別れしました。
    「いつかまたよろしく」
    「ありがとうございました」
    と挨拶し電車のドアが閉まりました。
    タクシーで帰るべきだったのに、いつの間にかお二人に一人公衆の中に導かれてしまったのです。
    ご主人様のもとへ帰り昨夜からの事をお話ししました。
    するとあのお二人はご主人様のお知り合いで、そのお方たちが身体の落書きや帰りは鞭痕を残し電車で露出させながら帰す事を御提案されたそうです。
    どおりで責め方がご主人様に似ていたし道具も揃いすぎていると思いました。