• タグ別アーカイブ: 乳首
  • 乳房「両乳首に釣り針を刺してそれぞれ錘を付けられます」

    ご主人様のご調教は何の前触れもなくやって来ます。
    突然わたしの体を逆さに吊って、極太のカテーテルを尿道に突っ込み排尿させられました。その排泄物を元に3リットル程の浣腸液が作られます。
    逆さに吊られている私に浣腸し、強力なストッパーで栓をされました。
    その状態で、なめし皮鞭か九尾の猫鞭で鞭打連打です。
    ミミズ腫れができ、血が滲みます。
    私が苦しむのを見て楽しまれます。
    その状態でストッパーを抜かれ、人間噴水と称して汚物が噴出します。
    「お前がここから出るまでは、飲食物はお前が出したもの以外は与えないよ」
    と耳元で囁かれ、私が出した汚物を私のお口で綺麗になるまでお掃除しました。
    手枷、足枷、首枷で固定され傷の出来た体に、蝋燭をかなり低い位置から垂らされました。
    私の体が痛さで暴れるのを「艶やかな踊り」といって愉しんでらっしゃいます。
    次に乳房を血流がとまるくらいに根元から強く縛り上げ、髪の毛とその乳房に縄をつけ、天井から爪先立ちになるように吊るされました。
    そこで、両乳首に釣り針を刺してそれぞれ錘を付けられます、ラビアにも同じように釣り針を刺してそれぞれ錘を吊るされます。
    「体の蝋燭を綺麗にしないとな」
    と言って、鞭で叩き落されました。
    立っているのが大変です。
    私が苦しんで暴れるのを見て、悲鳴を、叫び声を聞いて、楽しんらっしゃいます。
    私がどんなにお許しを請うても「無視」されます。
    その後は、錘を揺らしたり、引っ張ったり・・・。
    その後ナイフを持ってきて、天井に伸びている私の黒髪をばっさりと切断されました。
    そして、放置。
    乳首と乳房が変色していました。
    私は乳房だけで吊られて、呻き声を上げ、お許しを請うのですが無視されます。
    私はただただ耐えなければいけないのです。

     

  • 露出「オマンコにバイブを、アナル拡張器具をお尻に入れられ、更に遅効性の便秘薬(座薬)を挿入されての外出です」

    外出のご命令をされること(野外調教やお買い物等)もあります。
    その時は、オマンコにバイブを、アナル拡張器具をお尻に入れられ、更に遅効性の便秘薬(座薬)を挿入されての外出です。
    そのままの状態で、帰宅しなければお仕置きされます。
    そのままの状態、つまり途中でトイレに行くことは勿論、お漏らししてもダメなんです。
    帰宅するまで我慢しなければいけないのです。
    これは結構きついです。
    又、屋外露出の時などは、黒や赤といったはっきりした色の下着を穿かされます。
    体の線がしっかり分かって、下着の線までくっきりでるマイクロミニのワンピースで町を歩きます。
    デパートでの買い物、途中でパンティーとブラを脱がせられ、しゃがむように命令され、スカートの中が覗けるように足を広げさせられます。
    そして乳房を根本から縛って絞り出され、さらに乳首を凧糸で巻いて伸ばした状態で(ワンピースは着ています)レストランで食事です。
    もう恥ずかしくて・・・・でも、感じて濡らしている私です。
    帰宅後には、アナル拡張の訓練も兼ねて、大量(3000cc位)浣腸をしてストッパーをされて長時間我慢させられます。
    そしてお腹を空っぽにするのですが、それも普通の姿では出させていただけません。
    例えばマングリ返しで、噴水のように(人間噴水)排泄したり、
    ラビアに複数の吊り針を刺し、それに糸で袋を繋げその袋の中に排泄させたり(一気に出したりしたら激痛です)。
    勿論100%床を汚してしまいます。
    私が出した汚物を私のお口と舌でお掃除した後、当然お仕置きが待っています。
    ご主人様の気分によって、緊縛しての鞭打ち乱打、風呂場での水責め等をされた後、アナルやオマンコを使ってのセックスや、ひたすら三つの穴を弄って拡張されたり・・・。
    ご主人様のご調教はまだまだ続きます。
    それから余談ですが、私の陰毛は全て抜かれています。
    ご主人様はたまにお休みをくださいます。
    お仕事だけではなくご主人様のご調教も全てお休みです。
    ご主人様のご命令なんです。
    初めは何か企んでいらっしゃると思っていました。
    でも本当にお休みなんです。
    何も無くただゆっくりと過ごさせていただきます。
    「奴隷に休みなど無い」
    「奴隷の分際で休むなんて言語道断」
    といったお言葉が聞こえてきそうです。
    仰るとおりです。
    私もそう思います。
    それとなくお聞きしました。
    何故お休みを・・・・。
    ご主人様いわく
    「何時の時代も奴隷は大切だ。私には沢山の奴隷がいるが鳴き声、叫び声、呻き声などそれぞれ違うんだ。それぞれの楽しみ方がある。」
    「拷問で傷ついたお前の体を休め、傷を癒さなければ、次の拷問が出来ないだろう」
    「壊したり殺したりするのはまだ早い」
    そう仰いました。
    私は言葉も無くただ従うだけです。

     

  • 始まり「ご主人様が起床したら、元気になっているご主人様の分身に充分な奉仕をさせていただきます」

    私は裸です。ご主人様の前ではいつも全裸です。
    ご主人様のお許しが無い限り全裸です。
    お仕事の時はご主人様の指定された服を着ます。
    お仕事が無い時はお家にご主人様やゲスト様がいらしてそのお相手をさせていただきます。
    ゲスト様はご主人様のお仕事の関係の方やネットで募られた方、ご主人様のお屋敷で働いていらっしゃる方など様々です。
    最近はゲスト様のお相手をさせて頂いてる方が多いです。
    私の居るお家はご主人様の物で様々な責めが出来るように造られていて、沢山の器具や道具が置かれています。
    たまにオフ会やSMパーティーをお開きになります。
    ご主人様に最初のころ言われた事で覚えている事があります。
    「お前のオマンコとアナルは手首が入って中で動かせるくらいに、尿道は指が入れられるのが第一段階、最終的には私のオチンチンが受け入れられるようにする。」
    「お前の乳房、女性器をマゾに相応しいものにする。」
    「乳首・クリトリス・ラビアに複数の大きめのピアスやリングを飾り立て、最終的にはそこに生涯消えない恥ずかしい図柄のタトゥーを入れる。」
    「ラビアには沢山のピアスを付ける。」
    「それにはまずは、伸張することから始める。」
    こう言う事を言われました。
    しかしほとんど施されていません。
    それは私がまだまだ未熟だからです。
    私は当然ご主人様の意思で全て動いています。
    そこに自由は存在しません。
    外出は勿論、食事・排尿・排泄、着衣・化粧・髪型・・・。
    ご主人様がお泊りになった朝は・・・・・。
    ご主人様が起床したら、元気になっているご主人様の分身に充分な奉仕をさせていただきます。
    最後はイラマチオで私の咽奥で射精していただきます。
    勿論、精液は全て飲み干します。
    そしてコーヒーを飲むようにご主人様のオシッコも全て飲み干します。
    そこでご主人様の精液やオシッコを一滴でもこぼしたら地獄のお仕置きが待っています。
    それから私は、トイレの使用は一切禁止されています。
    排尿は、風呂場、台所の流し、ベランダの排水溝、コップの中・・・
    ご主人様の言われた場所にします。
    尿道拡張のためのカテーテルを挿入されます。
    そしてオマンコが大きく開くように両脚を縛り、オマンコの拡張・ラビアの伸張を色々なモノを使ってされました。
    その時、きちんと出来なければ、女性器・お尻・胸への鞭、蝋燭、針などが待ちかまえているのです。
    こうして一日が始まるのです。

     

  • 貸し出し3「股間にはお若い方が指を一本二本三本と入れられて、とうとう手首近くまで入れられてしまいます」

    お風呂の床に広がった汚物を「ズルッ、ズルッ」とすすり、それから柔らかい固形物をお口に含んで飲み込みます。
    臭さに少々むせながらお口に含み、その度に目をつむり 躊躇しながら飲み込みます。
    「いつまでやってんだ!」
    年配の方が怒鳴りながらお風呂場へ
    「申し訳ございません」
    私は頭を床につけ謝ります。
    「この、のろまが!」
    「食べなくていいから早く口で洗面器に移せ!」
    そういわれて全部お口で柔らかい固形物を洗面器に移しました。
    水のシャワーで身体についた汚物を洗われ、
    髪の毛を掴まれ引きずられるようにして部屋に連れ戻されました。
    バイブをアナルへ入れられかき回されます。
    そうやって拡張しておいてから
    お若い方がわたしのお尻の穴へ、ペ二スを挿入されました。
    「あっ、あぁぁぁぁぁぁっ・・」
    うしろから突き立てられながら年配の方のペ二スを懸命に喉の奥へ送り込まれます。
    「あうっ」
    私は必死に飲み込みます。
    お二人は何度も前後を入れ替わったようでした。
    それはウンコのお味のするペ二スを何度も味わったからです。
    そしてお二人とも私がフロントからお持ちしたコンドームは
    お使いになりませんでした。
    お二人は射精された後、休む間もなく私を椅子にM字に縛りつけました。
    それから乳房の根本をギチギチに縛り、半円球まで括り上げられます。
    パンパンに膨らみ、乳首が飛び出しています。
    その乳首の真上から、長い針を差し込まれます。
    心臓に届きそうなほど長い針を刺されて
    どこまで差し込まれるか想像も出来ないで鳴いてしまいました。
    「ぎぃぇぇぇ・・・」
    股間にはお若い方が指を一本二本三本と入れられて、とうとう手首近くまで入れられてしまいます。
    「いやぁぁぁぁ・・・、いたいっ・・・・」
    痛くて悲鳴を上げてしまいます。
    股間の苦痛に加え
    乳縛りをされ充血して敏感になった乳首に十字針を打ち込まれます。
    「いやああああっーーーーー!!」
    更に9cm近くある針を乳房に差し込まれ
    差し込んだ針を少しずつ体内深く押し込まれます。
    これ以上入らないほど深く・・・
    9cm近くある針を根本まで捻り込まれます。
    まるで肉に食い込む感触をじっくり楽むように、そして
    更に別の針で乳房を串刺しにされます。
    「ああああっーーー!!」「ああ…あああああああああっーーーー!!」
    もう私の限界を超えているのですが責めは終わりません。
    次なる責めは「顔」です。
     私に口を開けさせ右の頬から左の頬へ長い針が突き刺さります。
    「ああ…あああああああああっーーーー!!」
    今度は左の頬から右の頬へ長い針が突き刺さります。
    何本も刺して・・・
    そして今度は抜いていくのです。
    抜くときもまた苦痛なのです・・・。
    その苦痛を遊ぶように、乳首に刺さった針を、ズルズルと引き抜き、また押し込む事を繰り返されます・・・。
    針を抜くと、血がダラダラ流れ出てきます。
    針を刺されながらフィストで責められます。
    針とフィストの痛さがだんだんと気持ちよくなってきます。
    お二人はそれを楽しんでいるようです。
    股間を責めていたお若い方が乳首の真上から刺された針を少しだけ抜き、その針にクリップを取り付けました。
    そして乳首にもラビアにも赤と黒のクリップが・・・・。
    電流責めです。
    スイッチが入れられ電流が針を伝って乳首へ、そして乳房へ
    「あ、ああ・・・、ああああああああっっーー!!
    電圧の上昇と共に私の悲鳴も上昇します。
    但し、顔には針が刺されているのでまともな声になりません。
    「ああっ!!ああああああああぁっっーーーーーー!!!」
    私は恐怖の余り失禁して失神してしまいました。

     

  • 便器を舐めて発情する佐恥子は……、人間雑巾です

    うう…出かけた先でも便器を舐めて発情する佐恥子は……、人間雑巾です。
    便器を使う資格が無いので、お風呂場で……放尿しました。
    佐恥子放尿 佐恥子放尿 佐恥子放尿
    床のオシッコを舐めると、うう…気持ちいいよう……。
    オシッコを舐めてたら、代わりにマンコがグショグショに濡れて……。
    佐恥子オシッコ舐め 佐恥子オシッコ舐め マンコ汁で汚れた手
    佐恥子は、オシッコやウンチを舐めるのが大好きなので、うう…便所掃除用の雑巾として使って下さい。
    うう…人間雑巾の佐恥子を手で触るのが汚いと思われましたら、どうぞ足で踏みつけて使って下さい……。
    ボロ雑巾になるまで…甚振って下さい。
    佐恥子は人間の形をした雑巾です……。
    乳首を勃たせたままオッパイで便器掃除します。
    うう…気持ちよくなってごめんなさい。
    雑巾として、いっぱい使って下さい。
    佐恥子は……頭がオカシイです。

     

  • 貸し出し1「○○様の奴隷です。宜しくお願い致します」

    ソフトな事はしないのですかと聞かれる事があります。
    ソフトやハードといったものの定義が人によって違うと思うのでなかなか答えにくいのですが、ソフトと思う事もあります。
    その一つに、私が知らない見ず知らずの方に声を掛け、一晩わたしを苛めてほしいとお願いし、その様子をビデオと共に報告するというご命令です。
    初めのうちは恥ずかしくて声も掛けられないし、怖くて精神的にハードだと思っていましたが馴れてしまうと・・・・・・・・・・。
    その日私は外に連れ出されました。
    連れて行かれたのはご主人様行きつけのクラブでした。
    裏地のない薄手のピチピチのミニのワンピースだけを着ていて、乳首は透けて見えてるし、首輪をされてるし、股下ゼロセンチだし、それに身体に落書きされていて恥ずかしくて下を向いてお店に入りました。
    ママに出迎えられて「まぁ!またパパのイタズラね」そう言って笑いながら私の身体を舐めるように見つめました。
    そのお店は私も何度か行った事があってご主人様の性癖や奴隷さんたちの事なども分かっていて「いらっしゃい、奴隷さん」とからかわれました。
    お店にはテーブル席に3組程とカウンターに1組のお客様とホステスさんがいました。
    お客様の中にご主人様のお知り合いが4人で飲んでいらっしゃいました。
    以前何度か来ていてホステスの方々ともSMや奴隷の事をお話ししたし、ご主人様が大きな声でママに説明されたので、皆さん私の恥ずかしい姿を好奇な目で見ていました。
    お店の女性の方たちに「ちょっと見せて」とかせがまれて・・・・・ 。
    剃毛してる所も見せてとせがまれて・・・・・ 。
    股を広げ、スカートをめくってお見せしました。
    女性たちが浣腸やアナルセックスで盛り上がっていると、ご主人様はお知り合いの所へ一杯注いでおいでと言われました。
    「○○様の奴隷です。宜しくお願い致します」と挨拶して4人の方に囲まれるように座りました。 
    すると落書きや首輪の事なんかで盛り上がり、SM談義になってしまいました。
    そのうちよく見せろとスカートをめくられたので股を開いてお見せしました。その席にいらしたホステスさんも覗き込んでいました。
    すでに私の裸は多くの男性にご覧になって頂いています。
    でもこうしてわざと裸の姿を見ていただきたいというような薄手の布しかまとわず身を晒す恥ずかしさ・・・・・ 。
    特に着飾った女性の方々の中に身を置かねばならない哀れさはご理解頂けないかもしれませんね。
    ご主人様のお席に戻って少し多めにお酒を頂きました。
    少しでも羞恥心が薄れればと思いました。
    するとご主人様は突然言われました。
    「今夜はお前が男を誘え」と・・・・・・ 。
    カウンターでお飲みになっている2人連れの男性を私から誘えという事でした。
    そばにいたホステスの方も驚いて
    「社長、冗談でしょ」
    と言ってくださったのですが、ご主人様からなにやら耳打ちされると、
    「社長、そこまでやらせるの」
    「大丈夫かしら」
    と声高にいわれるようになりました。
    「あちらの女性のお客様が、お席をご一緒によろしいかしらっておっしゃるんですが」
    「どうぞ」
    という会話が聞こえました。
    私はカウンターに行きお2人に挨拶してお2人の間に座りました。
    お2人も今までの私達の会話を聞いてらしたのか落書きなどを話題にされました。
    そして私は意を決して
    「あのう、今夜、遊んでいただけないでしょうか」
    と申し上げました。
    するとお一人が
    「どんなふうに?」
    と言われたので・
    「私でよければ、どこかへ連れて行って虐めて頂きたいのですけど」
    と言うと、
    「どこへ?」
    「どこへでもいいです」
    「どこへでもって、どこ?」
    「ホテルへ」
    「ホテルで何するの?」
    「虐めてください。抱いてください。」
    「身体に書いてあるように虐めていいの?」
    「はい」
    このような会話をしました。
    すると「よし、行こう」と席をお立ちになりました。
    年配の方とお若い方、どこかの会社の上司と部下のような感じのお2人でした。
    年配の方がご主人様のほうに歩み寄られ、一言二言話されたようでした。
    私はご主人様からバッグを渡され、お2人について行きました・・・・・。

     

  • 四つん這いでいたら…乳首触ってないのに固く勃ってしまいました

    お風呂上りに服を着ようとしたら、チャットで銀貨様とjun様から「牝豚が服を着たら、服が可哀想だろ」と言われてしまいました……うう。
    変態の牝豚には、服を着る資格はありません。
    だから、牝豚らしく、うう…四つん這いでいたら…乳首触ってないのに固く勃ってしまいました。
    オナニーしたいよう……。
    銀貨様から、「オナニーしたかったら、勃った乳首を見せろ」と言われて、うう……写真を撮りました……。
    佐恥子は、オナニーしたくて恥ずかしい姿を晒す馬鹿な牝豚です…うう。
    四つん這い佐恥子

     

  • 競り市8「ひゃーっ、あひゃーっ!ひぬーっ!ころひて、ころひてぇっ!」

    木馬の斜面を唯一の支えに腰を浮かし、ロープの流れに逆らって前進する。
    絶望的な努力を繰り返していました。
    ――ビシーッ-----
    「あひゃーっ!-------ひゃい!------」
    何とか台の半分まで達していました。
    私はこの時、苦痛の表情から悦虐の歓びに変わっていたと、後からご主人様とAさんに言われました。
    しかし、お仕置きが悦虐の歓びで終わるはずはありません。
    ――ウィイーン!-----
    「あっ、ひやっ!----ひゃっ、ひゃっ、ひゃあー!」
    モーター音と共にロープは速度をあげました。
    二倍以上のスピードでオマンコやクリトリスをグリグリと擦っていきます。
    「あひゃあっ、ひゃあーっ!」
    今まで以上に激しい悲鳴を上げ、狂おしく身を振りました。
    性器が壊れそうでした。
    「お前にプレゼントをあげよう」
    女王様はロープを止めて、私の目の前にそれをかざしました。
    それは分銅でした。
    ロープを止めたのは新しいお仕置きの効き目を愉しむために、多少の楽をさせておく必要かあったからだそうです。
    「ひやっ----ひゃっ、あひゃっ!」
    重りが乳首を繋ぐゴムに掛けられた途端、二つの乳首を釣り針とゴムできつく締め上げられているだけでも耐えがたい苦痛なのに、そこに鉛の重さが加わり乳首がちぎれるような激痛でした。
    二つ、三つ、四つと掛けられました。
    ――ドドドドドドドド------
    「あ、ひやっ----ひやっ、ひやあーっ!」
    木馬はロープの運転音とは違う音を発しながら、小刻みに上下に揺れ始めました。
    それにつれて私の身体も上下に揺れ動き、分銅を上下に揺らしました。
    乳首に凄い痛みをもたらします。
    「ひゃっ、ひゃっ!------ひゃあーっ!」
    「どうした!まだ半分も残ってるぞ!」
    「いひまふ!いひまふ!--あひゃあっ-----!」
    さらに分銅が二つ追加されました。
    「ひゃあ、あひゃあっ!---ひやっ、ひんひゃいまひゅ(死んじゃいます)」
    女王様から提案がありました。
    「お前に許し乞いをさせてやる。奴隷の言葉できちんと言えたら許してやろう」
    「お客様に許しを乞いなさい」
    乳首の分銅を揺らしながら言われました。
    Aさんが通訳されたのですが、私が猿轡をされている事は皆さん知っています。
    「ああっ、おゆるひくははい、おひゃひゅひゃま」
    「おゆるひ、おゆるひ------おひゃひゅひゃま」
    私は不自由な口と舌を懸命に動かしました。
    「どうですか、お客様!お聞き取りいただけましたか?」
    お客様方は当然首を横に振ります。
    「おゆるひくははい!------ひーっ、ひいーんっ!」
    「まだまだプレゼントが欲しいようね」
    「お、おゆる------ひっ、ひゃっ!------ひゃーっ!」
    一生懸命にお許しを乞いましたが、重りが追加されました。
    「おひゃーっ、ひゃーうっ!」
    この苦痛は、狂ったように左右に振り動かす顔の表情と、ホール中に響く金切り声で、見ている方のも御理解されたと思います。
    ――ウィイイーン------
    ロープが動き始めました。
    「ひゃーっ、あひゃーっ!ひぬーっ!ころひて、ころひてぇっ!」
    ――ビシーッ------
    「ひゃうっ!------ひゃーんっ!」
    さらに恐ろしいゴム鞭が、腰や脇腹、乳房などに炸裂します。
    乳首を痛めつけられ、性器をロープで擦られ、鞭の雨を浴びながら三角木馬の上を、いざり歩かなければならなかったのです。
    私は苦痛に歪んだ顔を左右に振り、猿轡を噛まされた口から断末魔の叫び声を何度も上げていました。
    やっと木馬から解放された時、私はご主人様とAさんに支えられて立っているのがやっとでした。
    意識が薄れる中、女王様がお客様に何か話しています。
    それをAさんが私の耳元で囁きました。
    「皆さん、ご協力ありがとうございました」
    「ただ今の奴隷は今日から一月の間、当市場の調教部屋で監禁します」
    「本日のチケットをお持ちのお客様に限り、その部屋への出入りは自由でございます」
    「どうぞお好きな時にお好きなだけ嬲ってやってください」
    「甚振り尽くして生まれてきた事を後悔させてやってください」
    「一時間後より開放いたします」
    お仕置きは終わらなかったのです。
    一月の間、お客様だけでなく、市場のスタッフ、関係者からも凌辱の限りをつくされました。
    一月後、私はご主人様と帰国しました。
    それから10カ月後に麻衣(奥様)さん、麻紀(長女)さん、麻耶(次女)さんがAさんと帰国されました。
    麻代(三女)さんはいまだにお帰りではありません。

     

  • 競り市7「あひゃあ、ひぬうっ(死ぬ)!」

    私以外の三匹の奴隷はそれぞれ引き取られていきました。
    私は正座させられ首輪を付けられました。
    その首輪にはいくつかのリングと手枷がついていて両手を頭の後ろで組むような形で拘束されました。
    女王様が何か言ってます。Aさんが通訳されました。
    「何か言う事はあるか?」
    「弁明の機会を与えてやるから言ってみな!」
    そう言われたのですが私には何の事かわかりません。
    「えっ!何の・・・・」
    「ビシーッ!」
    ビンタが飛んできました。
    私は身体を後ろに倒してしまいました。
    後ろにいた女王様が私の髪の毛を掴んで元の位置へ戻し押さえつけます。
    前に居る女王様が無数のビンタを・・・・・。
    凄いスピードで連打され悲鳴すら上げる事が出来ません。
    「うっ……………!」
    歯を食いしばり耐えていましたが、連打が一旦止むと、
    「あっ、あっ、ああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ……………」
    声を出して号泣してしまいました。
    「ビシーッ!ビシーッ!ビシーッ!ビシーッ!ビシッ!」
    再びビンタの嵐、息を止め、歯を食いしばって耐えるしかありませんでした。
    顔は涙と鼻水、脂汗でグチョグチョでした。
    気が付くとステージの中央に高さ1m長さ2m程の三角柱の台が置かれていました。
    日本で言う三角木馬です。
    しかしその頂上は尖っていなくて、幅5cm程の平面になっていました。
    そしてその平面の部分の上には一本のロープがピンと張られていました。
    ロープの端はそれぞれ木馬の支柱を通って内部に入っていて一本で繋がっていました。
    ロープの表面はテカテカに黒光りしていて、何度も使用されているようでした。
    しかも何箇所かにコブが作られていました。
    私は女王様に引き起こされ木馬の所へ連れていかれました。
    それに乗るように言われ、踏み台を使って木馬に跨りました。
    ピンと張られたロープが私の股間に食い込みました。
    跨ったままで足は床に付きません。
    全体重を股間で支えているようでした。
    女王様は私のカカトが太股の裏に付くように膝を折り曲げさせ拘束具で固定しました。
    そしてその足首にロープを結び、首輪のリングを通してもう片方の足首に結びました。
    つまり左足首から出発したロープは一旦上に向かって首輪に達しリングで折り返して右足首に接続されたのです。
    首輪の後ろを下に引っ張られ顔を天井に向けるようになります。
    私は常にお客様に顔を晒すようになります。
    そして大きなボールの猿轡をされました。
    ――ウィイイーン-----
    「あっ! ?……ひゃあー! !」
    股間に食い込んだロープがゆっくりと動き始めました。
    ロープは電動で動く仕組みなんです。
    私は恐怖と苦痛の入り混じった悲鳴を上げ、ロープから逃れようと必死で体を浮かせようとしました。
    だけど脚を折り曲げられていてどうにもなりません。
    それでも木馬の斜面を太股を締め付けて少しでも浮かせようとしましたが、斜面にクリームでも塗っているのかツルツルなので不可能です。
    「大事なところを擦られる気分はどうだ?」
    Aさんが耳元で囁きました。
    一旦動きが止まり、女王様は私の乳首を抓みながら
    「この罰から逃れるには、このまま這って木馬の一番前まで行く事だよ」
    「そしたら許してやる!どうだ、たったニメートルだから簡単だろ?」
    「---------!」
    簡単なわけがありません!
    ツルツルの斜面に股間のはロープが--------------。
    オマンコをロープで擦られながら三角台を移動するなんてとても無理です。
    ――ウィイイーン-----
    「ひっ、お、おゆるひ----おひゃあー」
    「ほら、早く行かないか!時間がたてばたつほど、痛い目をみるんだよ」
    私が動こうと動くまいとロープは股間を擦っていきます。
    女王様がスイッチを切らない限り、永遠に続くのです。
    その苦痛から解放される唯一の方法は、そのままの格好で木馬の先端まで行く事しかないのです。
    「おひゃ、ひゃーっ!」
    苦痛に顔を歪ませながら、身をもがき、懸命に前に進もうとしました。
    「ハッハッハッハッハッハ」
    お客様から笑い声が聞こえてきます。
    片方の脚を前に出すと、繋がれているもう片方の脚が上に吊られたしまいます。
    その滑稽とも言える姿を皆さんで笑われているのです。
    哀れな姿です。
    不自由ないざり歩き(座ったままお尻と足でよいしょよいしょと移動する事)ではいくらやっても空回りです。
    ――ピシーッ!
    「あひゃあっ、ひゃう!------」
    股間嬲りに加え、女王様が鞭を振るわれました。
    私の後ろから、もがき続けている身体に容赦なく鞭の雨が降ってきました。
    頭の後ろに手を組まされているので、脇の下や脇腹が無防備になっています。
    ――ピシーッ!
    「ひゃあ、お、おゆるひ-----」
    ――ピシーッ!
    「あひゃあ!----あひゃ、ひゃっ!----」
    股間の苦痛だけでなく鞭の苦痛が私を襲います。
    乳首に釣り針が刺されました。
    二つの乳首には釣り針が刺され、お互い引っ張り合うようにゴムで結ばれました。
    女王様の鞭は脇腹に炸裂するだけではなく、しなりながら乳房にまで達します。
    ――ピシッ!-----
    「ひゃあ、あひゃあ!-----」
    阿鼻叫喚、大量の涙、身体を狂ったように悶えさせながら悲鳴を上げていました。
    一刻も早くこの拷問から抜け出したい一心で、不自由な脚を懸命に動かして前え進もうとします。
    その姿を見てお客様に失笑されました。
    「なにをグズグズしてるんだ、ほとんど進んで無いじゃないか!?」
    Aさんのお叱りの声
    「のんびりしたいのなら、ロープのスピードを上げて楽しませてやると言ってるぞ」
    「ひや!ひや!ひや!」
    Aさんの言葉を聞いて、女王様を見て一生懸命に首を横に振りました。
    「ほれらけは、おゆるひ----おゆるひくははい---」
    「じゃあ、ちゃんと進む?」
    「ふふみまふ、ふふみまふ、-------ひっ、ひゃっ!」
    「ちゃんと喋れ!」
    「ひゅひゅみまひゅ!」
    Aさんを介していますが女王様のお言葉は恐怖を覚えます。
    「さっさと行きな!」
    ――ピシーッ!
    「あひゃあ、ひぬうっ(死ぬ)!」
    鞭に追い立てられ、失笑をかいながら懸命に脚を動かしました。
    口に入れられたボールの呼吸孔から涎が垂れ、乳房の上に落ちています。
    脇腹から乳房にかけて、赤く無残なミミズ腫れが出来ていました。

     

  • 競り市6「ご主人様、お許しください、怖いです」

    四匹の奴隷は両手を天井の鎖に繋がれ、頭上に高々と上げてステージへと歩いて引き出されました。
    私は一番後ろからついて行きました。
    四匹がステージに並ぶと足に開脚棒(1m程の棒の両端に足枷が付いている物)が嵌められました。
    すると天井の鎖が電動で引き上げられます。
    爪先立ちになる位引き上げられました。
    二人の女王様が登場しました。
    お二人とも凄く背の高い方でした。
    順番に奴隷の説明をしながら身体を嬲っています。
    私の番になりました。
    両側に女王様がお立ちになりました。
    お客様に何か話しながら左側の女王様が既に固くなっている乳首をコリコリと・・・・・。
    「あぁっ!」
    私が声を上げると両方の乳首を抓ったり引っ張ったりします。
    「あっ…あぁぁぁっ!」
    私の声が大きくなります。
    そこへ「ビシーッ!」鞭がお尻に・・・・。
    「ぎゃっ!」
    私の不安定な身体がのけ反り、悲鳴を上げてしまいます。
    一本鞭が私の身体めがけて飛んできました。
    「ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!」
    かなりの激痛でした。
    女王様がお客様に何か話しています。
    するとお客様がたくさんステージに上がってきました。
    奴隷を取り囲み、お客様同士、あるいは女王様と何か話しながらあちこち触ってきます。
    多分、品定めをしているのだと感じました。
    たくさんのお客様に混じってご主人様がいました。
    「ご主人様、お許しください、怖いです」
    「何を言ってるんだ。こんなに濡らしおって!」
    ご主人様の指がオマンコからアナルへと這っていき私のツボへ、
    「あっ…ああっ….」
    たまらず声を上げます。
    ご主人様は耳元で、
    「いいか!お前の言葉は通じないから身体で表現しろ!」
    どういう意味か分かりませんでした。
    「これから奴隷を躾けなおす為にお客がお前達四匹から一匹を選ぶ」
    「言葉ではお願い出来ないから身体で表現しないと選んでもらえないぞ」
    「誰もお前を選ばなければお仕置きだからな」
    「今までのお仕置きとは違うからな、覚悟しろよ」
    そう言うと隣の奴隷の所へ行ってしまいました。
    ステージの床に下ろされ足枷を外されました。
    女王様が大きなペ二バンを付けて登場しました。
    私は女王様にアナルを犯されながらお客様の所まで四つん這いで歩かされ、その状態のままフェラをさせられました。
    お客様を10人程回ったところでステージに戻りました。
    ステージ上でお客様の投票が始まりました。
    南米系の奴隷が7人、黒人が4人、麻衣(奥様)が1人の方が再調教に名乗りを上げられました。
    麻衣さんは決定、他の奴隷二匹はお客様の話し合いで決定しました。
    私はゼロでした。