• タグ別アーカイブ: 公開
  • ゲボジは、このような方式でオナニーをします。

     
    こんばんは。ゲボジです。
     
    本来は前ご主人樣との話を時間順に順次告白したかったんですが
    時間順を気を使っていたら、とても書くのが難しくなったので、結局放棄することにしました。(涙)
     
    以降の前ご主人樣との話は時間順を無視して思いつくままに告白します。
     
     
     
    それはそうと… 今日はゲボジが昨日したオナニーを告白しようと思います。
    クソマンコを持ったメス犬のオナニーについた決まりきった話なので、
    鬼畜共和国のご主人様達のお気に召すか知らないけど…
     
    ゲボジはほとんどの場合にこのような方式でオナニーをするから、
    「このバカメス犬はこのようにオナニーするんだよね」と思いながら、存分にあざ笑ってください。
     
    昨日仕事後、家に着くや否やゲボジはまず、服を全て脱ぎました。
    化粧を落として、束ねていた髪をほどいて、髪をもろに掻き乱すでした。
    そしてリップスティックを出して、両側頬に一文字ずつ「牝」、「犬」と新たな化粧をします。
     
    気ちがい女のように髪を乱して、全裸で、牝犬の化粧をした私の姿を鏡で見ながら…
    両手の人差し指でオッパイを優しくなでます。
    本格的な愛撫はしないで、
    「指先でオッパイの肌をすれすれに通り過ぎる」という感じで… 自分を焦らすます。
     
    十分焦らすてマンコがかゆくなったら、4足で伏せて、散歩を開始します。
    町の住民のみなさんに迷惑をかけないように家の外に出られないけど、
    目をつぶって街を散歩するゲボジの見づらいざまを妄想しながら、お尻を振りながら散歩を継続します。
     
    気分の赴くままに思う存分散歩をした後、トイレの前に置いた足のマットに座ります。
     
    脚をM字の形に広げて、ちんちんをするように2つの前足を胸に当てて….
    舌を長く差し出して、犬のように「はぁ、はぁ..」と荒い息遣いをしながら、頭の中に100を数えます。
    「待て」と命令を受けた犬のように100を数えている間、何もできなくて.. 100を数えて後、オナニーを開始します。
     
    最初は犬のように丸く握り締めた前足でマンコの表をこするオナニーです。
    ゲボジは、馬鹿げたメス犬であるために感じる場所を触るオナニーをすることができません。
    片方の前足でマンコと近くをやたらにこすって、もう1つの前足でオッパイをやたらにこすってることだけです。
     
    「イク」が来るのが感じられたなら、早く前足2つを体から離れて、再びちんちんの姿勢になります。
    マンコをひくひくとして、「待て」と命令を受けた犬のように「イク」が遠のくにつれてまで待つのです。
     
    ある程度「イク」が遠くなれば休憩時間です。
    冷蔵庫を開き、ミネラルウォーターのボトルを取り出した後、それを床に注ぎます。
    十分な量の水を出すと、休みの時間は終。ゲボジは再び犬がなって、床の水をなめて飲みます。
     
    水を飲むと、再びオナニを開始します。
    もちろん、少し前と同じようにトイレの前、足のマットに座ってするオナニーです。
     
    今回は指を思いっきり使って、望むところを触るます。
    マンコの外側、小陰唇、クリトリス、なんの役にも役に立たないオッパイ、発情してそびえているチクビ。
    しかし、マンコの中に指を入れることはありません。
    私はおいしい食べ物はいつも残しておいて後で食べるのが好きです(笑)
     
    しばらく遠ざかった「イク」はすぐにまた近づいて….
    「イク」が来るのが感じられたなら、今回もゲボジは簡単に「イク」しないでオナニーを中断します。
     
    そして今度は四足に伏せて、自分の手で尻を殴られます。
    殴る回数は、散歩を始めたときから今まで何分が掛かりれたのかによって違います。
    20分が経過したなら20回、40分が経過したなら40回、1時間が経過したなら60回…
    (昨日は47回を殴りました)
     
    ビシッ!
    「早く発情しなくて申し訳ありません」
     
    ビシッ!
    「早く発情しなくて申し訳ありません」
     
    ビシッ!
    「早く発情しなくて申し訳ありません」
     
    ビシッ!
    「早く発情しなくて申し訳ありません」
     
    お仕置が終わったら、ついにマンコに指を取り込むことができます。
    中指と薬指を一緒に、マンコの中に深くねじ込んで、狂ったようにオナニーを楽しみます。
    舌を長く差し出して、よだれをだらだら流して、大きく開けた太ももをぶるぶる震えて、マンコ汁をどくどくと流しながら…
     
    「行きます」
     
    「イク」がくると、めまいとともにそのまま体に力が抜けてしまいます。
    足のマットの上に座って気楽に足をのばして、指はマンコの中に入れておいたまましばらく「はぁ、はぁ..」
     
    絶頂の余韻が消えれば、再び4足でうつぶせになって私のマンコ汁がついた足のマットに鼻を当ててくんくんと嗅ぎます
    足のマットのみだらなにおいとともに、私の腐ったマンコの匂いを嗅ぎながら、
    私の分際をもう一度自覚することで、すべてのオナニーが終わります。
     
     
    001 (2)   001 (1)
     
    昨日のオナニーが終わった後に撮った写真です。
    お願いです。マンコ汁が汚れた指を撮って公開するこの気の抜けたメスをあざ笑ってください。
    私のマンコを指摘して罵倒してください。
     

     

  • 人間廃業請願書

     
    私、조유진は今から人間を辞めようと思います。
    人間として享受できるすべての人権と尊厳を放棄して、
    家畜以下、おもちゃ以下のメスになって、一生を生きることを望んでいます。
    お願い致します。どうか人間以下のメスになれるように、この請願を受けてください。
     
    ※ 請願の理由 : 私は5歳の時からお尻を打たれ、マンコをの蠢いていた淫乱な女です。
                          中学生の時は頭が狂った妄想にはまってオナニーしており、
                          高校生の時に強姦された経験を考えると、マンコが熱くなってたまらないのです。
                          公開オナニーショーをする妄想にはまって生きていきます。
                          一日中直接作った使い捨てのディルドをマンコの中に入れたりもしました。
                          正常な人間なら、このようなことをつくはずがないです。
                          そのため人間の人生を諦めて、人間以下のメスが経とうとしています。
                          私がずっと人間に残っていて、
                          他の人間様たちに迷惑をかけないようにどうかこの請願を受けてください。
     
    ※ 今から : 今から私の身分は世の中で一番下階級になります。
                   最も高い階級に人間様たちです。
                   その後階級に人間様たちのチンポ様です。
                   その後階級に人間様のペット様と家畜様がいます。
                   その後階級に人間様のおもちゃをはじめとするモノ様たちがいます。
                   その後階級に人間様が輩出したオシッコ様とウンコ様とゴミ様がいます。
                   そしてその下で、最も低い階級が「卑賤な私」です。
     
    もしこのような私がまた人間がなりたい心を持ったら、厳しく罰してください。
    二度と人間に戻れないように、徹底的に管理して頂きたくお願いします。
     
    2014年 9月 1日
    조유진 拜上
     
     
    01
    (文字がよく見えませんが、韓国語で自筆で書いた人間廃業請願書です。)
     

     

  • ゲボジは恥ずかしい告白をして、ご褒美にオナニーをしました

    こんばんは 。ゲボジです。
    私は以前に3人のご主人樣に仕えたことがあります。
    もちろん、同時に3人ではなく、1人ずつ順次3人を仕えました。
    今日告白するという内容は2番目のご主人樣に調教された事です。
    本来は時間順に少しずつ告白をしようとしたが、
    昨日一枚の銀貨様とチャットで告白した内容を、今に告白します。

     

    3人のご主人樣の中に2番目のご主人樣に、最も長い時間その方に調教を受けました。(大略 4年?)
    ご主人樣に調教を受ける時はよくラブホテルに行きました。
    もちろん、ラブホテル職員にお金を支払って部屋の鍵を受けるのは私の義務でした。
    とても恥ずかしいですけど、それでも仕方がないです。ご主人樣の命令は絶対的ですからね..
    私がお金を支払って鍵を受ける時は.. ご主人様はラブホテルの外で待っています。
    私が先に部屋に入って服を脱いで、
    ご主人さまに携帯電話文字メッセージ(日本では携帯電話メールですか?)をお送りします。
    「ご主人樣、xxx号の部屋に来ればいいです」
    もちろん、鍵を持っているのは私一人だけだから、
    ドアを閉め、鍵をかけていない状態でご主人様を迎える準備をします。
    準備というのは、裸でドアの前で、ドアを向けて伏せているのです。
    韓国では「큰절」と呼んで、日本では「土下座」と呼ぶ姿勢です。
    その姿勢で待っていたら、ご主人樣が入ってきたい時に部屋の中に来ます。
    すぐに入ってくる時にもあるし.. 10分? くらい遅く入ってくる時にもあります。
    ご主人樣が入ってくると、その足を眺めながら「頼みの礼」を話します。
    何を話せばいいのかご主人様は決めてくれなかったです。私が自ら言葉を作らなければなりません。
    しかし、必ず守るべき規則があります。「マンコ」と「チンポ」という言葉が入っていなければなりません。(恥)
    「いらっしゃいませ。ご主人樣。今日もチンポにマンコを苦しめてください」とか…
    「ご主人樣。私のマンコがご主人さまのチンポを入れたがります。こんなに発情した牝犬を罰してください」とか…
    最初はとても恥ずかしくてできませんとしたが、その度にたくさん怒られました。(涙)
    ご主人様は怒るたびに私の頬を殴りました。
    絶対私がお尻を殴されることを好きな変態の女だから、「お尻を殴るのはお仕置ならない」と考えたことです。
    ところが、ご主人樣か頬を殴ったのは本当にとても痛くて…怖いです。
    頬を殴が嫌いで、私は一生懸命にご主人樣を喜ばせる牝犬がならなければなりませんでした。
    とにかく… 「頼みの礼」を言えばご主人樣が服を脱ぎます。私はその服を受けて整頓します。
    その次のご主人様はシャワーをしに行って、私はご主人樣のバッグで道具を取り出します。
    綱、バイブ、ローター、蠟燭…
    私を苦しめるための道具を自ら整頓し、ご主人樣のいじめを待ちます。(恥)
    その後、犬の首輪を首にかけて正座して待っていれば、シャワーが終わったご主人様が私を調教してくれます。
    そのご主人様は自分が清潔なのを好きでした。でも私はご主人さ様許すべきシャワーすることができます。
    以前に一週間シャワー禁止したこともありました。
    なぜそういう命令をしたのか聞いたら、「俺の勝手だ」と答えました。(涙)
    そうです。自分がシャワーしたい時にシャワーができるのは人間だけが持った特権です。
    犬は自分の勝手にシャワーをすることがないからです。
    私はご主人様が承諾しなかったらシャワーすらできない人間以下のメスでした。
    推するに… 一週間シャワー禁止命令を受けている時、私は悪いマンコのにおいをたくさん撒いたはずです。(恥)
    空気を汚染させて、本当に申し訳ございません。(淚)
    とにかく、ラブホテルでやっていくプレーはご主人様の気分によって異なります。
    ラブホテルから出る時間がなるまで放置されて、四足で這いことばかりしていた事もあるし、
    鏡にディルドをつけてフェラチオ練習をしたこともあります。
    お尻を高く掲げ、ディルドをフェラチオしながら、鏡に映った私の顔を見なければなりません。(恥)
    ご主人様は私のお尻の後ろに立っています。
    少しでも私が鏡で視線を外したり、フェラチオ練習が消極的に変われば、私のお尻を打つます。
    そうすれば私はディルドを口にくわえている状態で「すみません」と話した後、一生懸命練習をします。
    とにかくプレーは… 本当に毎日異なります。
    しかし、そのご主人樣がよくやったものの一つが、「身体検査」です。
    もちろん、「身体検査」というのは、言葉だけ。。実はマンコ、アナル、乳の検事です。(恥)
    ラブホテルにテーブルがあれば、その上に登ります。
    テーブルがなければベッドでお尻を高く掲げて伏せています。
    その姿勢でご主人樣にお願いします。
    「ご主人樣、私のマンコを検査してください」
    ご主人樣はまず、私のマンコに指を入れます。そして数字をいいます。「いち、に、いち、に、いち、に…」
    私は「いち」でマンコを締めます。「に」でマンコを締めしません。(恥)
    ご主人樣が十分だと思えば 「いち、に、いち、に..」を止めます。そして指を取り出します。
    しかし、まだ終わったのではないです。その次はアナル検事です。
    「ご主人樣、私のアナルを検査してください」
    同じく「いち」でアナルを締めます。「に」でアナルを締めしません。(恥恥恥恥恥)

    続きを読む 投稿 ID 17449

     

  • 【漫画作品】 『委員長はクラスで虐められています ~人間お別れ会~』

     sample01
     真面目な委員長がクラスメイトに虐められ、ついには「人間を辞める」ことに。
     クラスメイトたちは『人間お別れ会』を開いて、「贈る言葉」で委員長を辱め、委員長は教室で公開排泄しながら「人間として最後の挨拶」をする。
     そんな異常なシチュエーションを、お楽しみ下さい。
     教室でのフェラチオや四つん這いでの徘徊、公開オナニーと輪姦の他に、排泄シーンが有ります。
     人間便器になって飲尿等をした過去を思い出すシーンも有りますので、スカトロが苦手な方は、ご注意下さい。
     なお、本作品のシリーズは時系列順ではなくシチュエーションごとに切り取ったテーマの内容となっていますので、前作を知らなくてもお楽しみいただけると思います。
     本編はPDFファイルで20ページ。
    ・クラスメイトによる開会の挨拶で、委員長を言葉責め。
    ・カップに射精された精液を飲み干す。
    ・フェラチオをしながら、精液が好きだと告白。
    ・飲尿等をした時の思い出話。
    ・下半身を丸出しにして、教室を四つん這いで徘徊。
    ・クラスメイトの前で公開オナニー。
    ・野外露出した時の思い出話。
    ・男子たちに輪姦されながら、女子による「贈る言葉」で言葉責め。
    ・放尿と脱糞をしながら、人間として最後の挨拶。
     オマケとして、本編のセリフ有りとセリフ無しのjpgファィル、pngファイルを同梱。
     本編に使用したカラー原画を同梱。
     ペイントソフトなどで、ご自身の好きなセリフを書き込んだりして、お楽しみ下さい。
     08 06

     15 09
    ※国民向けの作品は、自主規制により性器にのみモザイク処理を施しています。

     国籍申請のご案内
    続きを読む 投稿 ID 17449

     

  • 制作中……『委員長はクラスで虐められています』 全裸で立ちションのマネ

     あいにく、今のところアンケートでは『公開放尿』のリクエストが無いんですよねぇ。
     嫌いな人は少ないと思うんだけど。(ドコ調べだ)
     という訳で、とりあえず本作では立ちションのマネだけさせてみました。
     なお、立ちションを見せてくれる女性は常時募集中です(o ̄∇ ̄)o
     委員長はクラスで虐められています
    ※『委員長はクラスで虐められています』のリクエストアンケート

     

  • 制作中……『委員長はクラスで虐められています』 教卓の上で全裸の後ろ姿

     アンケートの方では、『人間お別れ会』に票が入っていますね。
     この屈辱のポーズで、「今日で人間の自分にお別れします」とか「これからは友達だと思わないで下さい」とか挨拶させたら面白そうです。
     公開脱糞もさせてみたいけど、教室で脱糞だと臭すぎるかな(笑)
     委員長はクラスで虐められています
    ※『委員長はクラスで虐められています』のリクエストアンケート

     

  • 奴隷としての報告 「一体どこの世に犬に全裸で土下座してお尻の穴を犯して下さい・・・という女性がいるのでしょう?」

    私は斉藤綾28歳です
    私は会社の後輩の女の子直美様(仮名)と一緒に会社の寮兼マンションに住んでいます
    私は直美様の命令に絶対服従の家畜以下の存在です
    朝ご飯は毎朝私が用意します。
    私の朝ご飯は直美様が咀嚼されて床に吐き捨てられたモノでしたり、踏み潰されてスリッパに張り付いたモノを舌で舐め取らせていただきます。
    また。。。残飯に自分自身でおしっこをかけ、食べさせられる事もあります
    マンションでも会社でも舌と口を使用しての便器掃除も私の日課です。
    職場では男性は全員営業に出るため勤務中は女性ばかりです。
    他の皆様も私が奴隷以下の存在と知っているため、時にはストレス解消の玩具として、時には小便器として使用していただいてます
    先日、直美様の友人の舞様へ呼び出され、舞様のお宅へお邪魔いたしました。
    舞様のお宅には先客があり、20代前半の女の子達がいらっしゃいました。
    舞様が私を皆様に紹介され、私も「はじめまして。斉藤綾と申します」
    と言い終わらないうちに舞様の平手打ちが私の頬を撃ちぬいてました・・・
    「何人間のふりしてんの?あんたは家畜でしょ」
    他の皆様はニヤニヤ笑っています・・・
    (ああ・・そういうことか・・・みんな私の素性知ってるんだ。。)
    私は全てを悟り、着ている物を全て脱ぎ、土下座いたしました。
    「皆様初めまして 私は奴隷の綾と申します。どんな命令でも服従いたしますのでよろしくお願いいたします」
    どっと笑い声が響きました・・・ウケる~。土下座って初めて見た。私も。
    口々に私を嘲笑する声がします・・・
    試しに顔踏んでみたら?
    舞様がおっしゃいました
    え~?かわいそうじゃん?こうすんの?
    かわいそうという言葉とは裏腹に一人の女の子が私の後頭部を踏まれました
    いや~ん なんかゾクゾクする♪
    私も踏みたい~
    すると舞様がまた口を開きました
    「違うわよ!頭じゃなくて顔踏むの!」
    そうおっしゃって私の髪を鷲掴みにすると ぺっ。。。と私の顔に唾を吐き、スリッパで顔を踏まれました。
    うわ~惨め~(笑)
    さらに。。。「こいつはマゾだから、むしろ楽しんでのよ」と言い放ちました。
    「誰かトイレ行きたくない?こつの口が便器だから使ってあげてね」
    すかさず「はい。私は小便器です。御用の際はいつでもお申し付けください」
    と再び土下座しました。
    ですが、この時はどなたもまだおしっこは出ない様子でした。
    そのかわりに・・・忠誠を誓うという意味で三人のお尻にキスをさせられました・・・・
    まだ22か23くらいの女の子達に28歳の私が全裸で彼女達のお尻の穴にキスをさせられました。
    これが奴隷なんだ・・・私はしみじみ自分の立場を痛感しました。
    もちろんそれだけでは終わりませんでした。
    今度はその人たちの見てる前で犬のカイザー様に土下座いたしました
    「カイザー様・・・私の汚くて臭いケツの穴にカイザー様の高貴なおチンチンをぶち込んでください」
    一体どこの世に犬に全裸で土下座してお尻の穴を犯して下さい・・・という女性がいるのでしょう?
    もう皆様おかしくてたまらないという感じで大爆笑でした
    一番惨めだったのはお尻の穴を貫かれてる最中に、普通に話かけられ、自己紹介だけでなく両親の名前いわされた事でした。
    お父さん、お母さんごめんなさい。。。私は変態なので犬にケツの穴貫かれて感じています。。とも言わされました・・・
    これが家畜としての私の日常です。。。
    日時や時間を指定していただけましたらチャットで公開恥晒しで皆様の玩具になることもお約束いたします。
    行けなかったときは罰もご用意してくださいませ・・・

     

  • 変態女子大生処女マンコ菜々の公開オナニーショー

    犬山しんのすけ>濡れマンコ丸出しの奈々さんと”φ(・ェ・o)~メモメモ[2月26日0時27分]
    菜々>せっかくだから足を広げてます♪[2月26日0時28分]
    一枚の銀貨>見せなくてもイイから、自分では携帯で撮るか鏡を使って、濡れマンコを確かめてみてはどうか。>菜々さん[2月26日0時31分]
    菜々>写真とってみました元の体制に戻るとき何が起こったかわからないけど気持ちよくて濡れるのが分かりました<写真とって[2月26日0時35分]
    一枚の銀貨>痛いのが苦手だと、洗濯バサミが使えないな( ̄▽ ̄)[2月26日0時35分]
    一枚の銀貨→スピカ>なぜ泣く(笑)[2月26日0時36分]
    菜々>今日は明日暇なんで起きてられますよ部屋にあるものは基本の勉強道具たちとかです[2月26日0時36分]
    一枚の銀貨>体を動かすことで、血流が刺激されたか?<何が起こったかわからないけど気持ちよくて[2月26日0時36分]
    菜々>あと洗濯バサミはベランダにしかないので厳しいです[2月26日0時37分]
    犬山しんのすけ>その写真は、自身で何度も見返すようにΨ(`▽´)Ψ[2月26日0時37分]
    一枚の銀貨>ではでは、試してみますか。勉強道具で弄ぶってことで、【玩具倉庫】に移動を。>菜々さん[2月26日0時38分]
    菜々>こういうのはちゃんと報告するべきなんだろうけど、今日お風呂で洗面器に放尿しました☆[2月26日0時38分]
    ご案内>「一枚の銀貨」さんが第2公民館【玩具倉庫】に入室![2月26日0時38分]
    菜々>今日やけにテンション高くてエロいですいつもこんなんじゃないので[2月26日0時39分]
    「菜々」さんが入室![2月26日0時40分]
    一枚の銀貨>洗面器に放尿は、ちゃんと報告しろ(笑)>菜々[2月26日0時40分]
    「犬山しんのすけ」さんが入室![2月26日0時40分]
    犬山しんのすけ>久々だなぁ。[2月26日0時40分]
    菜々>なにしたらいいですか?[2月26日0時40分]
    菜々>あと今日お風呂で洗面器に放尿しました☆[2月26日0時41分]
    一枚の銀貨>今日は、発情してたのか菜々は。[2月26日0時41分]
    菜々>そうですね<銀貨様(*^_^*)[2月26日0時41分]
    一枚の銀貨>今どんな恰好なのか、教えてもらおうか。>菜々[2月26日0時42分]
    菜々>ノーパンブラありでワンピース型のパジャマです[2月26日0時42分]
    犬山しんのすけ>お風呂でオシッコする発情期の奈々と・・・”φ(・ェ・o)~メモメモ [2月26日0時43分]
    犬山しんのすけ>ブラも邪魔だな( o  ̄∀ ̄)o [2月26日0時43分]
    菜々>とりますか?ずらしますか?[2月26日0時43分]
    一枚の銀貨>部屋は鍵がかかってるのか?[2月26日0時43分]
    犬山しんのすけ>ずらすのが好みo(*・ω・)ノ ァィ[2月26日0時44分]
    菜々>鍵なしでまさかの和室です[2月26日0時44分]
    一枚の銀貨>鍵なしだと、全裸は危ないか。畳にマン汁のシミを作るなよ(笑)[2月26日0時45分]
    菜々>ずらしましたこのままだとベット濡れそうです[2月26日0時45分]
    犬山しんのすけ>ベッドが濡れるほど、マン汁たらしてるのか。[2月26日0時46分]
    一枚の銀貨>対策が必要なら、雑誌なりビニールなりを敷くがいい。[2月26日0時46分]
    菜々>あ畳のささくれひっかかったらやばそうなのでパンツ脱いだときにべっとにいどうしました[2月26日0時46分]
    菜々>タオル敷きました[2月26日0時48分]
    一枚の銀貨>菜々は処女マンコのくせに、SMに興味があるんだな。変態処女マンコめ。[2月26日0時48分]
    菜々>はい変態です[2月26日0時48分]
    一枚の銀貨>ボールペンがあるなら、それでマンコの近くを撫でてみな。そうしながら、自分を変態だと意識したキッカケなんかを教えろ。[2月26日0時49分]
    犬山しんのすけ>菜々は変態処女マンコ”φ(・ェ・o)~メモメモ [2月26日0時50分]
    一枚の銀貨>オナニーの仕方は分からないくせに、マンコ汁は垂れるくらいだと言うんだから呆れた女だ。[2月26日0時51分]
    菜々>きっかけは普通の掲示板でコピペかなんかのエロい体験をみて自分もこういうことされてみたいとおもったことです[2月26日0時51分]
    菜々>ペン気持ちいいです[2月26日0時52分]
    犬山しんのすけ>ボールペン使ってマンコ弄りか。気持ち良いんだ。[2月26日0時53分]
    一枚の銀貨>その「自分もされたい」と思ったエロい体験の書き込みというのは、痴漢や強姦なんかか? それとも、チンポをしゃぶったりお漏らししたりのプレイみたいのか?[2月26日0時53分]菜々>はい[2月26日0時53分]
    菜々>たしかレイプされて写真撮られるのだったような[2月26日0時54分]
    一枚の銀貨>ははははは、そういうのを読んで自分を変態だと意識したのか。[2月26日0時55分]
    菜々>手で触ったらいままでにないほど濡れてます[2月26日0時55分]
    一枚の銀貨>なら、太ももにボールペンで書いてみろよ。「レイプして下さい」と「変態処女です」と。[2月26日0時56分]
    菜々>ボールペンあんまりつかないです他の探します。・゜゜⌒(TOT)⌒゜゜・。[2月26日0時57分]
    一枚の銀貨>ほほう、今までにない濡れ方か。「マンコが濡れ濡れです」というのも書き足しておけ。[2月26日0時58分]
    一枚の銀貨>( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \ ちゃんと「書きたい」のか。[2月26日0時58分]
    菜々>3本めにしてやっと肌につくの見つけました右に1個左に2個書きました[2月26日0時59分]
    一枚の銀貨>ボールペンのインクが肌に乗らないのは分かってるよ。その冷たさと硬さで感じる女なのか試したんだ。確かに、変態の素質があるようだな、菜々は。[2月26日0時59分]
    犬山しんのすけ>みんながその姿を見たら、どう思うんだろうねぇ?[2月26日1時0分]
    一枚の銀貨>おっ、インク違いがあったか。<肌につくの[2月26日1時0分]
    菜々>でも若干かすれて見えにくいです[2月26日1時1分]
    菜々>変態とおもうとおもいます[2月26日1時1分]
    一枚の銀貨>今の学校の友達や、中高の同窓生に会ったらノーパンでマンコを開いて挨拶すればイイよ。<変態と思うと[2月26日1時2分]
    犬山しんのすけ>菜々はみんなが認めるど変態♪[2月26日1時2分]
    菜々>はい実際には言えなくても心のなかでは絶対いうとおもいます[2月26日1時3分]
    一枚の銀貨>ペンの他には、どんな物があるんだ? 定規とかハサミ、レポート用紙やセロテープなんかもあるのか?[2月26日1時4分]
    犬山しんのすけ>言わなくても、気づいてる人も少なくないんじゃない?[2月26日1時5分]
    菜々>セロテープ以外はあります[2月26日1時5分]
    犬山しんのすけ>ハサミかぁ( o  ̄∀ ̄)o[2月26日1時6分]
    菜々>たぶん変態って気づかれてる樹がします[2月26日1時6分]
    一枚の銀貨>気づかれてる気がするのか。何か思い当たるコトがあるのか?[2月26日1時7分]
    一枚の銀貨>定規でマンコを優しくこすりながら言ってみろ。<思い当たるコト[2月26日1時7分]
    菜々>コチョコチョがだいぶ聞くのでその時の反応でばれてるかと[2月26日1時7分]
    一枚の銀貨>なるほど、感じやすい訳だな。それなら、みんなに体を押さえられてマンコを定規でイタズラされるのを想像してみろよ。[2月26日1時9分]
    犬山しんのすけ>そのときの反応が気になるねぇo(*・ω・)ノ ァィ[2月26日1時9分]
    菜々>定規でこすってみました冷たくて気持ちいいです[2月26日1時10分]
    犬山しんのすけ>冷たいのが気持ち良いんだ。[2月26日1時12分]
    一枚の銀貨>今日は、感じるのを我慢しなくてもイイんだから、そうやって正直に言いな。皆の顔を思い浮かべてな。[2月26日1時12分]
    一枚の銀貨>「もっと定規でマンコをこすって」と、「私をオモチャにして虐めて」と。[2月26日1時13分]
    菜々>想像してみましたみんなに抑えられてコチョコチョされながらイタズラされてそしたら濡れてきて感じてんのか?みたいなこと言われるの想像したら恥ずかしいけど気持ちいいです[2月26日1時13分]
    菜々>はいもっといじめてください。もっと定規やペンでこすってください[2月26日1時14分]
    一枚の銀貨>皆もただイタズラして眺めてるだけじゃないだろうな。「馬鹿みたい」とか「変態だって。不潔」とか言われるだろ。[2月26日1時16分]
    菜々>そしてみんなに罵られてさらに感じてしまいます[2月26日1時17分]
    一枚の銀貨>レポート用紙に、皆から言われるだろう悪口を書いてみろ。自分の本名も入れて、「○○の変態女」とか「キチガイの○○さん」とか。[2月26日1時18分]
    菜々>かみにかいたら恥ずかしいけどどんどん気持ちよくなってきます[2月26日1時20分]
    一枚の銀貨>どんどん気持ちよくなるなら、レポート用紙に、「毎日チンポをしゃぶれよ!」・「近寄らないで!!」・「サイテーの汚物女」・「人間の言葉を話さないで!」・「淫乱」とかも書いてみろ。[2月26日1時22分]
    菜々>書きましたやっぱり気持ちいいです[2月26日1時23分]
    一枚の銀貨>なるほど、、菜々は「オナニーの仕方が分からない」訳じゃなくて、「変態オナニーの方が感じる」訳だな。[2月26日1時24分]
    菜々>いまのはオナニーですか?[2月26日1時24分]
    一枚の銀貨>こうして菜々の体をオモチャにしているが、直接は触っていないからな。菜々は、変態的なことを妄想してオナニーしてるんだよ。[2月26日1時25分]
    菜々>直接さわりたいです[2月26日1時25分]
    一枚の銀貨>いわば今してるのは、公開オナニーショーだ。[2月26日1時26分]
    一枚の銀貨>あはははは、俺が直接と言ったのは、菜々の手のことじゃなくて、「俺達が」というコトだ。[2月26日1時26分]
    一枚の銀貨>だが、自分の体を直接触りたいなら、俺達に、そして皆にお願いしてみろよ。[2月26日1時27分]
    菜々>じゃあ手でさわっていいですか?[2月26日1時27分]
    一枚の銀貨>「皆の前でオナニーしたいです」「私のオナニーショーを見て下さい」と。[2月26日1時28分]
    菜々>皆さん淫乱で変態な菜々にどうかオナニーをさせて下さい[2月26日1時28分]
    犬山しんのすけ>きつねさんも、こちらへ誘ったよ( ´∀`)σ[2月26日1時28分]
    菜々>皆の前でオナにーしたいです[2月26日1時28分]
    菜々>私のオナニーショウをみてください[2月26日1時29分]
    犬山しんのすけ>みんなの前でしたいって、やっぱ変態だΨ(`▽´)Ψ[2月26日1時29分]
    一枚の銀貨>はははは、じゃあココからはオナニーの実況中継といこうか。[2月26日1時30分]
    菜々>はい![2月26日1時30分]
    一枚の銀貨>オナニーしながら、自己紹介をするんだ。本当のプライバシーはボカしていいから、「××に通っている○○です」と。[2月26日1時31分]
    菜々>いま指をいれました濡れてたのでするっと入りました[2月26日1時31分]
    菜々>大学に通っている菜々です[2月26日1時31分]
    一枚の銀貨>そうそう、そうやって実況していくんだ。それこそ、大きな声を出しているつもりでな。[2月26日1時32分]
    一枚の銀貨>マイクからスピーカーに声が響いて、壁にも反響している菜々のヤラシイ声で解説するんだ。[2月26日1時33分]
    菜々>いま指を抜いたり入れたりしています皆に見られてるとおもったらとても興奮します[2月26日1時34分]
    一枚の銀貨>指に絡んだマンコ汁の匂いを嗅いでみろ。[2月26日1時35分]
    菜々>ぐちょぐちょ言っているのがスピーカーで部屋中に響いています[2月26日1時36分]
    菜々>匂いかいでみました臭いです[2月26日1時37分]
    一枚の銀貨>ほら、ROMで菜々の痴態を見学してる人もいるぞ。[2月26日1時37分]
    一枚の銀貨>やっぱり臭いか(嘲笑)[2月26日1時37分]
    一枚の銀貨>そしたら、見てる人、特に男友達に「マンコ汁でグチョグチョいってる臭いマンコを近くで見て下さい」とお願いしろ。[2月26日1時38分]
    菜々>マンコ汁でぐちょぐちょ言っている臭いマンコを近くでみて下さい[2月26日1時39分]
    一枚の銀貨>乳首の様子はどうなってるんだ? マンコのように、何か反応してるのか?[2月26日1時41分]
    菜々>乳首は全く触ってないのでとくにありません[2月26日1時41分]
    「九尾きつね」さんが入室![2月26日1時42分]
    菜々>こんばんは[2月26日1時42分]
    一枚の銀貨>オモチャにされて虐められるなら、当然、乳首も触られるだろうな。つまみ上げられたり、ひねられたり。[2月26日1時42分]
    一枚の銀貨>ほら、菜々の臭いマンコの匂いに誘われてイジメに来てくれた人がいるぞ。「こんばんは」だけじゃなくて、「辱めて下さい」と挨拶するんだ。[2月26日1時43分]
    九尾きつね>こんばんは。菜菜のオナニーを覗かせてもらっていた、九尾きつねです。[2月26日1時43分]
    菜々>乳首触ったら簡単に勃起してしまいました[2月26日1時44分]
    菜々>こんばんは皆さん私のことをいじめてください[2月26日1時45分]
    一枚の銀貨>この菜々という女子大生は、「オナニーの仕方が分からない処女」だと言っておきながら、虐められることを想像するとマンコをグチョグチョに濡らす「変態処女マンコ」だと判明しました。>九尾きつねさん[2月26日1時45分]
    九尾きつね>女子大生の変態さんですか。(苦笑)[2月26日1時46分]
    菜々>f^_^;)[2月26日1時47分]
    一枚の銀貨>そこで照れて、どーする(笑)>菜々[2月26日1時48分]
    一枚の銀貨>簡単に乳首を勃起させて、淫乱の素質充分じゃないか。[2月26日1時49分]
    菜々>はい[2月26日1時49分]
    九尾きつね>・・・で、今はマンコに指を入れて、マンコを嬲っている最中ですか?。変態女子大生さん。[2月26日1時50分]
    一枚の銀貨>どうせなら、強姦なんかで暴行されて、無理やり処女を奪われたいだろう。[2月26日1時51分]
    菜々>はい[2月26日1時52分]
    一枚の銀貨>ほら、マンコに指がどれくらい入ってるのか、教えるんだ。オナニーショーだろ。[2月26日1時54分]
    菜々>人差し指の第1関節くらいまでです[2月26日1時56分]
    一枚の銀貨>処女マンコだと、それくらいか。それでも、マンコを広げることはできるんだろ。見せてみろよ、変態。[2月26日1時57分]
    九尾きつね>マンコからは、イヤらしい汁が出ているのかな?。菜々>人差し指の第1関節くらいまでです[2月26日1時57分]
    菜々>広げましたヌルヌルしていてつかみにくかったです[2月26日1時58分]
    九尾きつね>おやおや。変態菜々の処女マンコがよく見えるぞ。>広げました[2月26日2時0分]
    一枚の銀貨>つかみにくいなら、指一本と言わず手のひら全体でマンコを舐めるように撫でてみたらどうだ。>菜々[2月26日2時3分]
    菜々>みてくださったら嬉しいです[2月26日2時3分]
    九尾きつね>マンコの中は、イヤらしい汁で、テカテカと光っているぞ。菜々[2月26日2時3分]
    ご案内>「犬山しんのすけ」さんが第1公民館【オープンチャット】から退室![2月26日2時4分]
    菜々>撫でてみましたこれも気持ちいいです[2月26日2時4分]
    一枚の銀貨>イヤラシイ汁をいっぱい出して、「私を見かけたら強姦して下さい」とお願いするんだ。[2月26日2時5分]
    菜々>わたしを見かけたら強姦してください[2月26日2時6分]
    一枚の銀貨>処女とは思えない淫乱さで。>九尾きつねさん  このスケベな女は、もともとはエロ系の掲示板でレイプの告白を読んで感じたらしいですよ。[2月26日2時7分]
    九尾きつね>菜々のマンコだけでは無く、菜々の尻の穴も、私のチンポで犯してやりたいものだ。[2月26日2時9分]
    一枚の銀貨>ケツの穴を直接触らなくてもイイから、肛門の周りを撫でてみろ。>菜々[2月26日2時11分]
    菜々>はい犯してください[2月26日2時11分]
    九尾きつね>処女の顔をしていても、結構変態どころか、淫乱女子大生ですね。(苦笑)>エロ系の掲示板でレイプの告白を読んで感じたらしいですよ[2月26日2時11分]
    菜々>なでてますすこしくすぐったいです[2月26日2時11分]
    一枚の銀貨>はははは、くすぐったいか。しかし、くすぐったい所は性感帯でもあるからな。ケツの穴で感じれば、マンコとケツ穴と口で、チンポ3本同時で犯してもらえるぞ。[2月26日2時13分]
    菜々>はい[2月26日2時13分]
    九尾きつね>菜々の穴と言う穴を犯して、私の精液を注ぎ込んでみたい物だ。[2月26日2時13分]
    菜々>はいぜひ下さい[2月26日2時14分]
    一枚の銀貨>「精液飲み人形」として使われる性玩具になるがいい。>菜々[2月26日2時16分]
    菜々>なりたいです[2月26日2時17分]
    九尾きつね>いいね。菜々の乳房に、私の精液を掛けて、それを指ですくって精液を舐める姿を見てみたい物だ。>精液飲み人形[2月26日2時20分]
    一枚の銀貨>オッパイにボールペンで、「精液をかけて」と書いてみろ。[2月26日2時21分]
    菜々>はい飲ませてください[2月26日2時21分]
    一枚の銀貨>「精液飲ませて」とも書くんだ。[2月26日2時22分]
    菜々>かきおわりました少し見えにくいけれど一応読めます[2月26日2時22分]
    九尾きつね>ただの人形では無く、菜々の首に首輪を填めた、奴隷の精液飲み人形として、扱ってやりたいぞ。[2月26日2時24分]
    菜々>お願いします[2月26日2時24分]
    一枚の銀貨>それほど見えるように書きたいなら、そのうち水性サインペンを買っておけ。それで卑猥な落書きを体にしてやる。>菜々[2月26日2時24分]
    菜々>分かりました[2月26日2時25分]
    一枚の銀貨>菜々は、今までオナニーでイッたことはあるのか?[2月26日2時26分]
    一枚の銀貨>チャット調教でイッて、そのまま失神する例もあるからな。[2月26日2時27分]
    菜々>ないですあと本当にオナニーをしたのは今日が初めてです[2月26日2時27分]
    九尾きつね>菜々に犬の首輪も買わせますかな。奴隷人形になりたいのなら。(苦笑)[2月26日2時27分]
    一枚の銀貨>そうか。処女の初めてのオナニーを愉しませてもらえるとは嬉しいね。[2月26日2時28分]
    九尾きつね>した事も無いオナニーを、強制的にさせると言うのもいいな。[2月26日2時29分]
    一枚の銀貨>いいですね、後で菜々の履歴書のコメント欄で、ぜひ命令を。>九尾きつねさん<犬の首輪の買い物[2月26日2時29分]
    九尾きつね>いいですね。久しぶりの命令だ。>首輪[2月26日2時31分]
    一枚の銀貨>よし、イクようになるのは何回か繰り返してだろうから、マンコを触りながら「目標」をレポート用紙に書いていけ。[2月26日2時32分]
    一枚の銀貨>どんな「目標」を書かせてやりましょうかね。>九尾きつねさん[2月26日2時32分]
    菜々>はい[2月26日2時32分]
    一枚の銀貨>・強姦で処女を奪われる[2月26日2時33分]
    一枚の銀貨>・複数の男の人に輪姦されて、体中の穴に精液を注いでもらう[2月26日2時34分]
    菜々>書き終わりました[2月26日2時36分]
    九尾きつね>男のチンポを口に入れて、しゃぶって、精液をたらふく飲み込む。>目標[2月26日2時36分]
    菜々>無理なものは洗濯バサミとスカトロです[2月26日2時36分]
    一枚の銀貨>俺が菜々を使うなら、鞭打や殴る蹴るの暴行で人間サンドバックにするか、目の前でションベンやウンコをさせる羞恥責めか、オシッコを飲ませたりウンコを頭からかけてやる便器プレイなんかだがな。[2月26日2時37分]
    一枚の銀貨>なるほど、スカトロは無理と。覚えておこう。だが、そのうち少しずつ調教してやる。[2月26日2時38分]
    一枚の銀貨>少なくとも、洗面器に小便をするのは実行したようだしな( ̄ー ̄)[2月26日2時39分]
    九尾きつね>羞恥系だと、野外での露出や下着無しでの外出もありかな。これから暖かくなるし。>無理なものは洗濯バサミとスカトロです[2月26日2時40分]
    一枚の銀貨>・ノーパンノーブラで外出[2月26日2時42分]
    菜々>わかりました[2月26日2時42分]
    一枚の銀貨>これからは、オシッコをするたびに人に見られることを意識するんだ。>菜々[2月26日2時42分]
    九尾きつね>いずれは、菜々の裸体の身体にロープでの緊縛もありかな。>少しずつ調教[2月26日2時43分]
    一枚の銀貨>・人に見られながらオシッコやウンチをする[2月26日2時43分]
    菜々>わかりました[2月26日2時43分]
    「菜々」さんが退室![2月26日2時46分]
    一枚の銀貨>ひとまずは、コレくらいかな。そして、目標はこれからも増えていき、そして達成したものは共和国で報告していくんだ。[2月26日2時46分]
    九尾きつね>菜々さん、落ちちゃった?。[2月26日2時48分]
    九尾きつね>これから暖かくなる季節になりますから、野外露出の調教が出来たらいいですね。>菜々さん[2月26日2時50分]
    一枚の銀貨>いつもは寝ねてる時間だから、寝落かもしれません(笑)[2月26日2時50分]
    一枚の銀貨>それとも、果てたかな?[2月26日2時51分]
    一枚の銀貨>ログを記録したので、後で掲載します。その時には、コメントで辱めてやって下さい(・v<)[2月26日2時51分]
    九尾きつね>いいですね。>コメントで辱めてやって[2月26日2時52分]
    一枚の銀貨>首輪の命令、出してやって下さい。私の方からは、全裸でトイレのドアを開けての放尿を命令しようと思っています。[2月26日2時52分]
    一枚の銀貨>ではでは、今日のところは解散しましょうか。[2月26日2時53分]
    九尾きつね>ホームセンターで、ノミ取り粉の付いていない、犬の首輪を買わせるのですね。>首輪の命令[2月26日2時54分]
    九尾きつね>菜々さん戻ってこないよね。>今日のところは解散しましょうか[2月26日2時55分]
    一枚の銀貨>ちゃんと、店員に話しかけられるかどうか(^m^)[2月26日2時57分]
    一枚の銀貨>ではでは、おやすみなさい(^0^)/~[2月26日2時58分]
    九尾きつね>ホームセンターの店員に、菜々さんが自分の首に合う物を、と聞くのは出来るかな?。>買う首輪[2月26日2時58分]
    九尾きつね>おやすみなさい。銀貨さん。[2月26日2時58分]
    「九尾きつね」さんが退室![2月26日2時59分]

     

  • 松井麻実の脱糞刑

     麻実は、震える手で持ったチョークを黒板に当てた。
     これで何度目だろうか、こんな淫らで恥ずかしい罰を受けるのは。
     初めて罰を受けた時には、本当に死にたいとさえ思ったのに。
     また罰を受けるような事をしてしまった。
     分かっているのに。叱られるのは分かってるはずなのに……。
     次第に期待するようになってしまった。
     次第に求めてしまうようになっていた。
     辱められることを。罵られることを。
     そして、これから自分がしなければならない事を、先生に言われた通りに『反省文』を書いている間にもアソコが濡れてくるのが分かる。

    「反省文

    2年A組 三十五番 松井麻実

     私はトイレに行くと嘘をついて授業をサボりました。
     当然まだ出していないので、罰としてみんなの前でウンチを漏らします。
     でも私は本当は露出狂の変態なので、反省せずにまた同じ事をしてしまうかもしれません。
     だから私がウンチを漏らしたら、思いっきりバカにして下さい。
     そして、また同じような悪い事をした時には、もっと恥ずかしい罰を与えて下さい。
     心からお願いします。」

     書き終えた麻実はノソノソと、しかし胸はドキドキと激しく鳴らしながら教壇の上に乗った。
     パンティーを脱いで傍らに置き、用意された浣腸を手にする。
     今までに受けた罰でも強制排泄させられた事はあるが、その時は両手を後ろに縛られて本当に『強制』だった。
     しかし今は、違う。自分で浣腸して自分で出さなければいけない。
     ドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキ………。
     一個目の浣腸をお尻の穴に入れてギュッと押しつぶす。
     続けて二個めの浣腸を入れる。
     その間もクラスメイトの視線が自分に注がれてると感じるだけで、アソコからイヤラシイ液が溢れてくるのが分かる。
     やがて、お腹がゴロゴロと鳴って便意をもよおしてきた。
     グッとこらえてみたが無駄な事だ。ウンチはもう、すぐソコまで来ている。
     そして、「ぶっ!!!」と大きなオナラがして、浣腸液が飛び出してきた。
     しばらくオナラと浣腸液が続き、いったん止んだ後にお尻の穴がモコッと膨らんだ。
     いよいよだ。
     本当のウンチがムリムリと出てくる。途中で切りたかったが、自分の意志では止められなかった。
     しかもオシッコまで出てきてしまった。
     だが、アソコを濡らしているのはオシッコだけではない。
     ソレに気づいたクラスメイトの女子が声をかけた。
    「やーね、麻実ったらアソコ濡らしてるじゃない」
     男子生徒も罵声を浴びせる。
    「みんなに見られて感じてんのかよ。変態 !」
     麻実は「ヒック……ヒック」としゃくりあげて泣きながらも、快感を感じながら残りのウンチを出し続けた。 続きを読む 投稿 ID 17449

     

  • 某SM雑誌にて。。。

     先日、チャットにて犬山しんのすけ様とスピカ様にはご報告させていただきましたが。。。私はとあるSM雑誌の取材を受けました。
     というのもいろんな雑誌社に私の今までの恥知らずなDVDーRと「私は露出狂の変態マゾ齋藤あやと申します。是非、貴社の雑誌にて私を全国の皆様へ晒し者にしていただけないでしょうか?」とビデオレターまでつけて8社に送付したのです。
    といっても勿論私自身の意思でなく、会社の寮に住む皆様の提案で行われました。
     そのうちの1社に赴いてインタビューを受けた時の事を皆様にご報告させていただきます。
     福岡にあるその出版社に電話で話がしたいから来ていただけますか?と連絡を受け行くことになりました。
     しかも幸か不幸か私一人でです。
     まずは受付で名前を名乗り、会議室に案内されました。
     この時気づいたのですが・・・私一人だけなのだから・・・寮の皆様には行ったと嘘をついてバックレる。。。そんな手もあったんですよね[:ぎょ:]
     もはや時遅しでした。。。
     そんな事を考えているとホームビデオを持った男性が二人入ってきました。
     まずはご挨拶をし、本当に本人なのか?自分の意思であんなDVDを送ってきたのか聞かれました。
     私の返事に「イエス」以外はありませんでした・・・
     本名であることの証明に免許も提出しコピーしてもいいか聞かれ・・やはり「イエス」と答えました。
     そんなやりとりをしていると
    コンコン・・・とノックが聞こえました。
     先程私を案内してくれた受付の女の子でした
    「木村課長が戻られました。」
     すると二人のうち一人が
    「では、今からインタビューに入りますがよろしいでしょうか?」
    (え?今までのは何だったの????もう終わりじゃないの??)
    そう思いつつ答えはやはり「イエス」しかありませんでした。
    その質問をした男性と入れ替わりに高級そうなスーツを着た綺麗な女性が入ってきました。
    ホームビデオを回してたもう一人の男性が
    「木村課長、こちらがビデオレターを送ってくれた齋藤あやさんです。斉藤さん、こちらが木村課長です。」
    とお互いを紹介してくれました。
    私は立ち上がって
    「初めまして。齋藤あやと申します。よろしくお願いします。」
    と挨拶しました。次の瞬間強烈な痛みが左頬を襲いました。[:がーん:]
    一瞬何が起こったのかわかりませんでした。。。ビンタされたのです。
    恐る恐る木村課長の顔を見ると
    「あなたは家畜なんでしょう?なんで人間様の椅子に偉そうに座ってるの?」
    私はすぐさま床に這い蹲り土下座しました。
    すると木村様は優しく私の顎を軽く持ち上げたかと思うとにっこり微笑みました。
    私も媚をうるように愛想笑いで返しました。
    次の瞬間、今度は唾を吐きかけられました。
    「だ・か・ら・ぁ[:怒:]貴方は家畜なんでしょ?なんで人間のふりして服なんて着てるの?」
    顔に吐きかけられた唾もそのままに私はストリップを始め、全裸になり再び土下座しました。
    「度重なる失礼申し訳ございません。改めて家畜の齋藤あやと申します。今日はよろしくお願いします。」
    「やれやれ・・・やっとインタビューが始められそうね」
    そう言って木村様は私の後頭部を踏みつけられました。
    この間もずっとビデオ撮影は続けられてました。
    横には大きな姿鏡がありました。
    何という屈辱的な姿なんでしょう?
    五分前に初めて会った女性に全裸で土下座して頭踏みつけられてます。
    しかもその女性は高級ブランドスーツを身にまとい、私は全裸なんです。。。
    「このままインタビューするけど何か文句ある?あなたみたいな変態にはお似合いの姿よね?」
    この時ばかりは「イエス」とは答えられません・・・
    しばらくその姿勢で屈辱的な質問が続けられました。
    「それにしても不様な格好ね?きっとあなたはこうやって私に踏みにじられるこの時の為だけに生まれてきたのよね?あ…てことは貴女の両親もこうやって踏みにじられる変態を生む為だけの存在だったのね?あなたの祖先も(笑)」
    私だけでなく両親やご先祖様まで侮辱されても私には言い返す権利はありません・・
    そうしているうちに最初にいた男性が首輪とリードを手に戻ってきました。
    私にそれを嵌め木村様は
    「さ、場所を移動するわよ」
    そう言って廊下に出られ、リードを引っ張られました。カメラは廻ってます。
    ザワザワと騒がしい部屋の前に連れて行かれました。
    つい、立ち上がって逃げようとしましたが、リードに繋がれてる為、にげられるわけありません[:しくしく:]
    そこは十人くらいの人達が忙しそうに仕事をしていました。
    「チンチン!」と木村様が私を見て言い放ちました。
    「チンチンよ!犬のチンチン!グズグズしない!」
    「私はお昼にいくから、あなたはここで皆さんの灰皿になって待っててちょうだい」
    そう言うとチンチンの姿勢の私の頭に灰皿を乗せて出て行かれました。リードはデスクの脚に結ばれました。
    放置プレイの始まりです。
    こんなことがありえるのでしょうか?
    間違いなくとある職場に私は全裸チンチンしています。
    たくさんの人が働いてる場所で私は全裸で頭に乗せられた灰皿をこぼさないよう両手で支え、足は可能な限り開脚しているのです・・・
    皆様はそんな私をジロジロ見るわけでもなく、まるで置物のようにシカトしています。
    きっとこういうことには慣れているのでしょう・・・
    たまにタバコを吸いに私の周りに集まりますが、あくまでも私は灰皿としての扱いでした。
    ずっとチンチンの姿勢を保っていましたが・・・この姿勢はおしっこを催してしまします。
    30分ほどすると木村様が戻ってきましたが。。。私を一瞥することもなくソファーに腰掛けられました。
    漫画を読まれてるようです。
    15分ほど経ちましたでしょうか?今度は私の目の前を素通りし、何か書類をとると再び素通りしていかれました。
    本当におしっこが限界に近づいた頃・・・ようやく木村様は私と目を合わせてくれました?
    「あら?何か臭いと思ったらあんたまだいたの?」
    「今までに来た変態ちゃんはみんな途中で逃げ帰ったわよ[:にひひ:]」
    (そんな・・・)私は愕然としました・・・
    ここでトイレに行かせてください・・・なんて発言は許されそうにありません・・・
    「木村様にオシッコ漏らすとこ見ていただきたくてお待ちしていました。牝豚あやがおしっこ垂れ流すとこ見て下さい」
    木村様は一瞬驚かれたご様子でしたが・・
    「こんな所で漏らされたらみんなに迷惑でしょ?」
    そう言われ、また外に引き出されました。
    おしっこが漏れそうでしたが、それよりも、ようやくチンチンの体勢を崩すことができ、助かりました。
    再び最初の会議室に連れて行かれ
    「あそこに放置されて逃げ出さなかったのは貴女が初めてよ。本当に真性のマゾなのね?」
    「見ててあげるからここにオシッコしてごらんなさい。」
    そう言ってバケツを差し出されました。
    私は右手を床に付き、右足を上げて左手で左のラビアを引っ張りました。
    木村様は不思議そうに
    「なんでそんな姿勢でするの?よく見えるけど(笑)」
    私は答えました。
    「片足をあげたままだとオシッコが後ろに飛んでうまくコントロールできないんです。ですから普段はラビアにおもしを吊らされてオシッコするんです」
    そういい終わらないうちにオシッコが溢れてきました。
    ここは意地でも全部綺麗にバケツにいれてみせるぞ!と気合をいれました。
    「へぇ♪本当だ。上手に入れるのね」
    初めて木村様に褒められました。
    この瞬間、間違いなく私と彼女の立場が確定してますよね?誰の目にも明らかに私が彼女に屈服しています。
    ですが・・・心の中では私は勝者の気分で勝ち誇ってました[:太陽:]
    (どうだ!見たか!綺麗にバケツにストライクでいれたぞ!)
    この後、改めて一緒に私のDVDを観賞いたしました。
    取材代としてなんと3万円いただきました。
    更に本名掲載で目隠しせず素顔を晒していいという条件で東京にて公開調教を行う約束をさせられました。
    公園の便器舐めとそこに入ってきた男性のおしっこを飲むというのも約束いたしました。
    もう一つ、誌上で奴隷契約書に本名でサインし、それも掲載OKと答えました。
    齋藤あやは来月上京します。