• タグ別アーカイブ: 奴隷
  • 反省文

    反省文
    私はこれまで普通の人間であるかのように生活してきました。
    しかし本当は男の方に物として扱われる奴隷です。本来は男の方が必要になったときにいつでも使っていただくために、奴隷であることを皆様にお知らせすべきでした。にもかかわらず、人間のような生活がしてみたいという実に身勝手な理由でそれを隠し続けてきました。何か忘れ物をされたときなど近くにいる私を使って頂ければ済むような時にも、私は男の方々が不便がっているのを黙って見ていました。そうして22年もの間家族や友人、恋人など多くの方々を騙し、傷つけてきました。
    謝って済むことではないと思っています。一生かかっても償いきれない罪を犯してしまったと思います。しかし、もし私にもう一度奴隷として更生する機会を与えてくださるなら、精一杯努力して生まれ変わろうと思います。そしていつか奴隷として皆様のお役に立つことで、今まで傷つけてきた方へのせめてもの罪滅ぼしにしたいと思います。
    そこで皆様にお願いです。私が二度と人間に憧れないように徹底的に物として扱っていただけないでしょうか。このような罪を二度と繰り返さないように皆様のお力をお借りしたいのです。
    勝手なお願いだとは重々承知していますが、何卒よろしくお願いいたします。
    平成23年1月21日
    あゆむ

     

  • 人間花瓶

    命令者:九尾きつね
    初めまして、あゆむさん。
    人間便器の報告を、楽しく読ませてもらいました。
    物としてあつかわれる事に興奮をする変態奴隷のあゆむさんに、
    私からも命令を出してみましょう。
    前回は便所物でしたから、今回は少し綺麗な物になってもらいましょう。
    全裸になり、まんぐり返しになってマンコを上にして、
    そのあゆむのマンコの中に花を生け花のように挿入して、
    人間花瓶になって、私の目を楽しませてもらいましょう。
    花屋で棘の無い花を買ってきてマンコに挿入してもいいし、
    花の代わりに箸やストローをマンコに挿入してもいいぞ。
    私はあゆむのマンコ花瓶に、小便を掛けてやるぞ。
    では、報告を楽しみに待っているぞ。

    続きを読む 投稿 ID 544

     

  • 「あや狩りゲーム」

    私、齋藤あやは奴隷として甘えてました。。。
    最近、苦も無く便器を舐める事ができるようになり、靴の裏や脚の指も平気で舐めている自分がいました。
    男性の皆様はそれで満足されていましたし、私自身、奴隷として完璧と思ってました。
    ですが・・・女性の皆様は私の態度が気に食わなかったようで。。。
    私に対するお仕置きを兼ねて「あや狩りゲーム」が行われました。
    ルールは簡単。エアーガンを使った鬼ごっこ。。。
    ただし。私以外が全員鬼で誰か一人に撃たれ捕まったら全員からエアーガンの的にされたり、スタンガンや鞭打ちの罰です。
    誰か一人でも私を捕獲したら、他の方も「あやかって」私にお仕置きというダジャレ付きです[:ぎょーん:]
    全員から罰を受けたら開放され再びゲーム再開です。
    四つん這いや走ってはダメというルールはありません。全力で逃げ隠れ許されます。
    が・・・逃げ切れるわけがありません。捕まり、至近距離からエアーガンを撃たれます。お尻にスタンガンや鞭を受け、おしっこ漏らします。
    誰か一人に捕まっても全員から・・・です・・・
    途中から私は見逃してもらう為に土下座したり、靴の裏を一生懸命舐めたり、自ら服従の証としてマングリ返ししたり・・・捕まる度に必死で媚を売りました。
    女の子のグループに捕まった時はマングリ返しの体勢で髪を踏まれ、手足を押さえつけられお尻の穴、おへそ、鼻の両穴、両乳首、両目にエアーガンが突きつけられました。
    ゆ、ゆるしてくらふぁい。。。私は鼻水を垂れ流しながら懇願しました。
    「くらふぁいだって~馬鹿じゃないの?」
    「あやさん鼻水垂れてますよぉ」
    鬼畜帝国の小説の1シーンを思い出しました。
    主人公「優子」が銃を突きつけられ、自ら人間廃業宣言をするとこです。
    リーダー格の女の子が言いました。
    「どう?わかった?最近のあんたに足りない物が?」
    確かに私はいい意味従順というか変に悟りを開いたような態度で便器や脚をなめていました。
    必死さや不様さに欠けていました。。。
    許してもらう為には何でもやります。やらせてください・・・という精神が欠けていました。
    「私は便器です。。。皆様のおしっこを飲ませてください・・・」
    無意識のうちに出た言葉がそれでした・・・
    私より年下の女の子が私の顔にまたがってきます。
    無表情な顔。。。ざまあみろ。。という顔。心から軽蔑した笑い顔・・・
    飲めずに溢したおしっこの水溜りで土下座し、顔や口も水溜りにつけました。
    「誰も許してやるとは言ってないから[:女性:]」とお尻を上げさせられ、数人がかりでお尻を拡げられました。
    お尻だけでなくラビアも引っ張られてます;;;
    「このゲームは楽しいから定期的にしましょうね♪あやさん♪」
    それが私が最後に聞いた言葉でした。
    むき出しになったクリトリスとアナルにスタンガン受けて私は気をうしなってしまったのです。。。

     

  • どうか調教お願いいたします

    一枚の銀貨様、ご命令ありがとうございます。
    ご命令通り、下半身を丸出しにて足を開いたままアタシが
    自分の破廉恥な性癖に気づいたきっかけを書いています。
    アタシは両親が厳しく、エッチなことはみんな悪いことだと、
    ずっと言われ続けて育ちました。そのため元彼とのセックスでも
    恥ずかしさと罪悪感で電気を消してほしいなどわがままばっかり言って、
    向こうの欲求を全然満たしてあげられませんでした。ある日、お前とのセックスは
    つまらないからネットとかで勉強しろと彼氏に言われてしまいました。
    自分は全然彼の欲求を満たせてないとわかって、すごくショックでした。。。
    その後彼のためにがんばろうと思い、ネットで他の人の告白などを
    読んでみんなどんなことをしているのか勉強しはじめました。
    初めのうちはいやらしい体験を読んで、不潔で汚いと思いました。
    でもだんだんとレイプや露出体験の告白を読んでいるうちに自分を
    告白者に重ねていることに気が付きました。いつしかそんないやらしい行為を
    している人たちが羨ましいと思うようになっていました。自分から調教され、
    惨めに罵倒されプライドをズタズタにされる姿をどんどん
    妄想するようになりました。
    もう自分の淫らな妄想が抑えられなくて、アソコからいやらしい液を毎日垂れ流しています。
    アタシは外では真面目でおとなしいお嬢様ぶっているけど、本当はただの変態です。
    今も恥ずかしいことを書いてるはずなのに皆様に罵倒されながら調教されている姿を
    想像しながらアソコをしてぐちょぐちょにしていじっています。
    どうか屈辱的な調教で女性としてのプライドや尊厳を奪って、人間様以下の
    最下層の奴隷として扱ってください。

     

  • 某SM雑誌にて。。。

     先日、チャットにて犬山しんのすけ様とスピカ様にはご報告させていただきましたが。。。私はとあるSM雑誌の取材を受けました。
     というのもいろんな雑誌社に私の今までの恥知らずなDVDーRと「私は露出狂の変態マゾ齋藤あやと申します。是非、貴社の雑誌にて私を全国の皆様へ晒し者にしていただけないでしょうか?」とビデオレターまでつけて8社に送付したのです。
    といっても勿論私自身の意思でなく、会社の寮に住む皆様の提案で行われました。
     そのうちの1社に赴いてインタビューを受けた時の事を皆様にご報告させていただきます。
     福岡にあるその出版社に電話で話がしたいから来ていただけますか?と連絡を受け行くことになりました。
     しかも幸か不幸か私一人でです。
     まずは受付で名前を名乗り、会議室に案内されました。
     この時気づいたのですが・・・私一人だけなのだから・・・寮の皆様には行ったと嘘をついてバックレる。。。そんな手もあったんですよね[:ぎょ:]
     もはや時遅しでした。。。
     そんな事を考えているとホームビデオを持った男性が二人入ってきました。
     まずはご挨拶をし、本当に本人なのか?自分の意思であんなDVDを送ってきたのか聞かれました。
     私の返事に「イエス」以外はありませんでした・・・
     本名であることの証明に免許も提出しコピーしてもいいか聞かれ・・やはり「イエス」と答えました。
     そんなやりとりをしていると
    コンコン・・・とノックが聞こえました。
     先程私を案内してくれた受付の女の子でした
    「木村課長が戻られました。」
     すると二人のうち一人が
    「では、今からインタビューに入りますがよろしいでしょうか?」
    (え?今までのは何だったの????もう終わりじゃないの??)
    そう思いつつ答えはやはり「イエス」しかありませんでした。
    その質問をした男性と入れ替わりに高級そうなスーツを着た綺麗な女性が入ってきました。
    ホームビデオを回してたもう一人の男性が
    「木村課長、こちらがビデオレターを送ってくれた齋藤あやさんです。斉藤さん、こちらが木村課長です。」
    とお互いを紹介してくれました。
    私は立ち上がって
    「初めまして。齋藤あやと申します。よろしくお願いします。」
    と挨拶しました。次の瞬間強烈な痛みが左頬を襲いました。[:がーん:]
    一瞬何が起こったのかわかりませんでした。。。ビンタされたのです。
    恐る恐る木村課長の顔を見ると
    「あなたは家畜なんでしょう?なんで人間様の椅子に偉そうに座ってるの?」
    私はすぐさま床に這い蹲り土下座しました。
    すると木村様は優しく私の顎を軽く持ち上げたかと思うとにっこり微笑みました。
    私も媚をうるように愛想笑いで返しました。
    次の瞬間、今度は唾を吐きかけられました。
    「だ・か・ら・ぁ[:怒:]貴方は家畜なんでしょ?なんで人間のふりして服なんて着てるの?」
    顔に吐きかけられた唾もそのままに私はストリップを始め、全裸になり再び土下座しました。
    「度重なる失礼申し訳ございません。改めて家畜の齋藤あやと申します。今日はよろしくお願いします。」
    「やれやれ・・・やっとインタビューが始められそうね」
    そう言って木村様は私の後頭部を踏みつけられました。
    この間もずっとビデオ撮影は続けられてました。
    横には大きな姿鏡がありました。
    何という屈辱的な姿なんでしょう?
    五分前に初めて会った女性に全裸で土下座して頭踏みつけられてます。
    しかもその女性は高級ブランドスーツを身にまとい、私は全裸なんです。。。
    「このままインタビューするけど何か文句ある?あなたみたいな変態にはお似合いの姿よね?」
    この時ばかりは「イエス」とは答えられません・・・
    しばらくその姿勢で屈辱的な質問が続けられました。
    「それにしても不様な格好ね?きっとあなたはこうやって私に踏みにじられるこの時の為だけに生まれてきたのよね?あ…てことは貴女の両親もこうやって踏みにじられる変態を生む為だけの存在だったのね?あなたの祖先も(笑)」
    私だけでなく両親やご先祖様まで侮辱されても私には言い返す権利はありません・・
    そうしているうちに最初にいた男性が首輪とリードを手に戻ってきました。
    私にそれを嵌め木村様は
    「さ、場所を移動するわよ」
    そう言って廊下に出られ、リードを引っ張られました。カメラは廻ってます。
    ザワザワと騒がしい部屋の前に連れて行かれました。
    つい、立ち上がって逃げようとしましたが、リードに繋がれてる為、にげられるわけありません[:しくしく:]
    そこは十人くらいの人達が忙しそうに仕事をしていました。
    「チンチン!」と木村様が私を見て言い放ちました。
    「チンチンよ!犬のチンチン!グズグズしない!」
    「私はお昼にいくから、あなたはここで皆さんの灰皿になって待っててちょうだい」
    そう言うとチンチンの姿勢の私の頭に灰皿を乗せて出て行かれました。リードはデスクの脚に結ばれました。
    放置プレイの始まりです。
    こんなことがありえるのでしょうか?
    間違いなくとある職場に私は全裸チンチンしています。
    たくさんの人が働いてる場所で私は全裸で頭に乗せられた灰皿をこぼさないよう両手で支え、足は可能な限り開脚しているのです・・・
    皆様はそんな私をジロジロ見るわけでもなく、まるで置物のようにシカトしています。
    きっとこういうことには慣れているのでしょう・・・
    たまにタバコを吸いに私の周りに集まりますが、あくまでも私は灰皿としての扱いでした。
    ずっとチンチンの姿勢を保っていましたが・・・この姿勢はおしっこを催してしまします。
    30分ほどすると木村様が戻ってきましたが。。。私を一瞥することもなくソファーに腰掛けられました。
    漫画を読まれてるようです。
    15分ほど経ちましたでしょうか?今度は私の目の前を素通りし、何か書類をとると再び素通りしていかれました。
    本当におしっこが限界に近づいた頃・・・ようやく木村様は私と目を合わせてくれました?
    「あら?何か臭いと思ったらあんたまだいたの?」
    「今までに来た変態ちゃんはみんな途中で逃げ帰ったわよ[:にひひ:]」
    (そんな・・・)私は愕然としました・・・
    ここでトイレに行かせてください・・・なんて発言は許されそうにありません・・・
    「木村様にオシッコ漏らすとこ見ていただきたくてお待ちしていました。牝豚あやがおしっこ垂れ流すとこ見て下さい」
    木村様は一瞬驚かれたご様子でしたが・・
    「こんな所で漏らされたらみんなに迷惑でしょ?」
    そう言われ、また外に引き出されました。
    おしっこが漏れそうでしたが、それよりも、ようやくチンチンの体勢を崩すことができ、助かりました。
    再び最初の会議室に連れて行かれ
    「あそこに放置されて逃げ出さなかったのは貴女が初めてよ。本当に真性のマゾなのね?」
    「見ててあげるからここにオシッコしてごらんなさい。」
    そう言ってバケツを差し出されました。
    私は右手を床に付き、右足を上げて左手で左のラビアを引っ張りました。
    木村様は不思議そうに
    「なんでそんな姿勢でするの?よく見えるけど(笑)」
    私は答えました。
    「片足をあげたままだとオシッコが後ろに飛んでうまくコントロールできないんです。ですから普段はラビアにおもしを吊らされてオシッコするんです」
    そういい終わらないうちにオシッコが溢れてきました。
    ここは意地でも全部綺麗にバケツにいれてみせるぞ!と気合をいれました。
    「へぇ♪本当だ。上手に入れるのね」
    初めて木村様に褒められました。
    この瞬間、間違いなく私と彼女の立場が確定してますよね?誰の目にも明らかに私が彼女に屈服しています。
    ですが・・・心の中では私は勝者の気分で勝ち誇ってました[:太陽:]
    (どうだ!見たか!綺麗にバケツにストライクでいれたぞ!)
    この後、改めて一緒に私のDVDを観賞いたしました。
    取材代としてなんと3万円いただきました。
    更に本名掲載で目隠しせず素顔を晒していいという条件で東京にて公開調教を行う約束をさせられました。
    公園の便器舐めとそこに入ってきた男性のおしっこを飲むというのも約束いたしました。
    もう一つ、誌上で奴隷契約書に本名でサインし、それも掲載OKと答えました。
    齋藤あやは来月上京します。

     

  • 綾香の履歴書

    【名前】綾香(あやか)
    【生年月日】1981年4月23日
    【血液型】B型
    【家族構成】一人暮らし
    【職業】OL
    【趣味】チャット調教、ドライブ・ゲーム
    【特技】パソコン
    【得意なスポーツ】なし
    【好きな色】
    【得意な科目】数学
    【苦手な科目】国語
    【クセ】不明
    【性格】明るく天然らしい
    【告白あるいは希望する調教】
     以下は綾香の妄想です。
     監禁されてそこで縄や鎖なおで拘束され、身動きの取れない状態となり調教を受ける。その調教内容というのは大量の水を飲まされたりかけられたり、お○○こを強制的に洗浄されたり浣腸されて我慢させられたりと身体的苦痛をいっぱい与えられること。
     これらの調教中、少しでも命令を聞けなかったらお仕置きもたくさん受け、従順な奴隷になる。
     以上のような妄想をしてます。

    続きを読む 投稿 ID 544

     

  • 香織です

    皆さま…えっと…少し恥ずかしいですね…
    でも…私はマゾで変態の…皆さまの奴隷が相応しい女です…
    少し酔っぱらってて…理性が働いてないんです…
    だから…発情しちゃって…久しぶりに書き込みしちゃいました…
    今まで放置しててごめんなさい…
    どんな良い訳も出来ないのでお仕置きを命じて欲しいんです…
    いえ…お願いする古語自体おこがましいのもわかってます…
    だけど香織は変態だから…発情しちゃって堪らないんです…
    旦那や子供には絶対に本性を知られたくないので…写真の投稿は
    無理ですし、いつでもって訳にはいきません…
    本当にごめんなさい…
    でも…今日はただのメス犬になります…
    もし…本日0時までに命令頂けたら…
    必ず実行することと誓います…
    皆さま、哀れな奴隷香織を辱めて下さい…
    旦那と子供は隣の部屋で寝ています

     

  • 佐恥子の変態書道

    「一枚の銀貨」さんが入室![8月8日0時11分]
    一枚の銀貨>こんばんはー(・v<)[8月8日0時11分]
    一枚の銀貨>佐恥子さんは、発情済みか( ̄ー ̄)?[8月8日0時11分]
    「九尾きつね」さんが入室![8月8日0時12分]
    佐恥子>こんばんはですぅ銀貨様[8月8日0時12分]
    九尾きつね>こんばんは。みなさん。[8月8日0時12分]
    佐恥子>こんばんはですぅきつね様[8月8日0時12分]
    一枚の銀貨>九尾きつねさん、タイミングの良いことで♪ まだ始めてませんよん(⌒▽⌒)[8月8日0時12分]
    九尾きつね>おや。何か始まるのかな?。>まだ始めてませんよん[8月8日0時14分]
    佐恥子>なんかはじまるの?(笑)[8月8日0時14分]
    一枚の銀貨>コメントの書き込みのメールが届いてませんか?>九尾きつねさん[8月8日0時15分]
    九尾きつね>あうー。メール見ていない。[8月8日0時16分]
    一枚の銀貨>知らない人がいるみたいだから、事情を説明しなさい、佐恥子さん(・_・)ノ~~~~~~~~ビシッ!<なんかはじまるの?[8月8日0時16分]
    佐恥子>ぎゃ…メールみたらわかるから説明は…(汗)[8月8日0時17分]
    一枚の銀貨>説明しないと、第二に連れ出せないな( ̄▽ ̄)>佐恥子さん[8月8日0時19分]
    佐恥子>そんなあ……[8月8日0時19分]
    九尾きつね>メール確認をしましたよ。裸体で首輪を付けている佐恥子さん。>メールみたらわかるから説明は[8月8日0時19分]
    佐恥子>全裸で首輪して共和国にきて発情している変態佐恥子を調教してください…[8月8日0時20分]
    一枚の銀貨>豚小屋で痛めつけるのと、犬小屋で色々と芸をさせるのと、どちらが良いですかね?>all[8月8日0時23分]
    九尾きつね>ありゃ、生理が終わったと思ったら、発情が始まりましたか。佐恥子さんは。(笑)[8月8日0時24分]
    九尾きつね>どんな芸が出来るのかな?。どうせ出来ないとか失敗したら、痛い罰を受ける事にはなるんだけども。>犬小屋で色々と芸をさせるのと[8月8日0時26分]
    一枚の銀貨>では、犬小屋に連れて行って、色々と恥ずかしい芸をさせてみましょう。>九尾きつねさん[8月8日0時27分]
    一枚の銀貨>という訳で、発情してマンコからヨダレを垂らしている馬鹿犬佐恥子、犬小屋へ入れ。用意しているものがあれば、犬小屋に入り次第、教えろ。[8月8日0時28分]
    佐恥子>犬小屋ですね。。わかりました。。[8月8日0時29分]
    佐恥子」さんが第2公民館【犬小屋】へ移動![8月8日0時30分]
    九尾きつね>夏の祭りの余興としての、牝犬奴隷の芸の披露訓練と言うのも面白いかもしれませんね。銀貨さん。>色々と恥ずかしい芸<牝犬奴隷の佐恥子[8月8日0時31分]
    犬山しんのすけ>でわ、お先に失礼します(*・ω・)ノ))ブンブン!!またね~[8月8日0時31分]
    ご案内>「一枚の銀貨」さんが第2公民館【犬小屋】に入室![8月8日0時31分]
    九尾きつね>犬山さん、おやすみなさい。お大事にね。[8月8日0時32分]
    ご案内>「九尾きつね」さんが第2公民館【犬小屋】に入室![8月8日0時33分]
    一枚の銀貨」さんが入室![8月8日0時31分]
    一枚の銀貨>こんばんは。[8月8日0時31分]
    佐恥子>こんばんはですぅ[8月8日0時32分]
    九尾きつね」さんが入室![8月8日0時33分]
    佐恥子>準備は…実は何もしてなく…(汗)[8月8日0時35分]
    佐恥子>格好だけ…(汗)[8月8日0時36分]
    一枚の銀貨>それだけでも厳罰もんだが、今回は許してやろう。サインペンや洗濯バサミ、洗面器なども用意してこい。そうだな、四つん這いでだ。[8月8日0時37分]
    一枚の銀貨>格好だけじゃなくて、全裸で四つん這いで生活するのが当然の牝犬だと教えてやる。[8月8日0時37分]
    佐恥子>ううごめんなさいです…。四つん這いでとってきます[8月8日0時38分]
    一枚の銀貨>物をヨダレまみれに汚して運ぶのが、人間と違う犬畜生のやることだ。[8月8日0時43分]
    佐恥子>洗濯ばさみ4こと洗面器は準備できました…銀貨様がくるまえにも四つん這いで歩いてて…調教前から発情しちゃってる…[8月8日0時44分]
    九尾きつね>サインペンかマジックは用意出来たかな?。佐恥子[8月8日0時45分]
    佐恥子>ペンも準備しました…[8月8日0時46分]
    九尾きつね>ところで、野菜のキュウリか人参かバナナは用意出来る?。佐恥子[8月8日0時47分]
    佐恥子>野菜果物ないです(汗)[8月8日0時49分]
    一枚の銀貨>また、食い物の無い生活をしてるのか。ソーセージやチーズなんかでもいいんだぞ。[8月8日0時50分]
    九尾きつね>了解。・・・後で用意していなかった責めをしてやる。>野菜果物ないです[8月8日0時50分]
    佐恥子>冷蔵庫に食材が…ゼリーくらいしかない…(汗)[8月8日0時51分]
    一枚の銀貨>じゃあ、そのゼリーと餌皿を用意しろ。以前に自分の糞を入れた、あの餌皿だ。[8月8日0時55分]
    佐恥子>あう……はい……とってきます…[8月8日0時56分]
    一枚の銀貨>揃えたら、改めて牝犬の挨拶をしろ。四つん這いで、尻を床にペタンとつけた姿勢で、「ワンワン」と鳴きながら。[8月8日0時58分]
    佐恥子>わんわん…銀貨様、きつね様…変態馬鹿犬の佐恥子を調教して…躾をしてください…わんわん[8月8日1時3分]
    九尾きつね>よしよし。用意が出来たようだな。[8月8日1時4分]
    一枚の銀貨>さて、この馬鹿犬に何から仕込みましょうかね、九尾きつねさん。[8月8日1時5分]
    九尾きつね>夏のお祭りの余興に、牝犬奴隷の佐恥子の芸を、みなさんに披露出来るように、芸の訓練を仕込んでやりましょうか。銀貨さん。[8月8日1時8分]
    一枚の銀貨>それを会社か近所の人達に見せてやりましょう。[8月8日1時10分]
    九尾きつね>佐恥子、これからお前を、祭りの余興で、みんなの人達を楽しませる芸が出来るように、これから仕込むからな。[8月8日1時10分]
    佐恥子>あう…みんなに見られながら…うう嬉しいです…わんわん[8月8日1時11分]
    九尾きつね>では、芸を教え込む前に、佐恥子の身体を、みんなから蔑まされるように、飾り付けてやるぞ。[8月8日1時12分]
    一枚の銀貨>想像するだけで、マンコからヨダレを垂らしてそうだな、この駄犬は。[8月8日1時13分]
    九尾きつね>佐恥子、お前の穿いていた、パンティは側にあるか?。[8月8日1時13分]
    佐恥子>パンツ近くにあります…[8月8日1時15分]
    九尾きつね>どんなパンティかな?。佐恥子[8月8日1時16分]
    佐恥子>白色です…[8月8日1時17分]
    九尾きつね>おお。白のパンティは、私の好みだな。>白色です[8月8日1時18分]
    九尾きつね>では、その白のパンティを、頭に被れ。佐恥子[8月8日1時19分]
    佐恥子>はい…パンツかぶりました…[8月8日1時20分]
    九尾きつね>ははは。パンティを被った、牝奴隷の顔になったな。[8月8日1時22分]
    九尾きつね>では、次に佐恥子の身体を、牝奴隷の身体として、飾りを付けてやろう。[8月8日1時23分]
    一枚の銀貨>その姿を見られただけでも、笑ってもらえるだろうな。皆に蔑まれると、嬉しいだろ? 佐恥子の神経は普通じゃないんだから。[8月8日1時23分]
    佐恥子>うう…はい…発情している雌奴隷の顔です…[8月8日1時24分]
    九尾きつね>佐恥子、洗濯バサミを、佐恥子の左の乳首に付けるぞ。[8月8日1時24分]
    佐恥子>うう皆様に蔑まれて嬉しいです…[8月8日1時26分]
    九尾きつね>乳首に付けたか?。>洗濯バサミ[8月8日1時26分]
    佐恥子>左乳首に…洗濯ばさみつけました…[8月8日1時28分]
    九尾きつね>いい飾りだな。(笑)>左乳首に…洗濯ばさみつけました[8月8日1時29分]
    九尾きつね>次に、佐恥子の右の乳首に、洗濯バサミを付けるぞ。[8月8日1時29分]
    佐恥子>久々なのもあり痛いです…うう[8月8日1時29分]
    佐恥子>右乳首にもつけました[8月8日1時31分]
    一枚の銀貨>痛ければ、「キャンキャン」と鳴くんだな、犬らしく。助けはしないが。[8月8日1時31分]
    九尾きつね>痛い?・・・気持ちいいの間違いだろう?。佐恥子。>久々なのもあり痛いです…うう[8月8日1時31分]
    九尾きつね>左右の乳首に洗濯バサミの飾りが付いたな。[8月8日1時32分]
    佐恥子>キャンキャン…痛いです[8月8日1時32分]
    九尾きつね>まだ、洗濯バサミは残っているな?。まだまだ佐恥子の身体を飾り付けてやるぞ。[8月8日1時33分]
    九尾きつね>キャンキャンと鳴いて・・・気持ちがいいのか?。佐恥子。(苦笑)[8月8日1時34分]
    佐恥子>洗濯ばさみまだ残ってますてます…使わなくても…キャンキャン(汗)[8月8日1時36分]
    九尾きつね>佐恥子、お前のクリに洗濯バサミを付けるぞ。[8月8日1時36分]
    九尾きつね>イヤらしく立っているクリトリスに洗濯バサミを付けたか?。[8月8日1時38分]
    佐恥子>あうう…クリに…[8月8日1時39分]
    九尾きつね>では、最後の洗濯バサミは、佐恥子の舌に付けるぞ。無様な顔になるな。(笑)[8月8日1時41分]
    佐恥子>ぬるぬるして…ううなかなか止めるのが(汗)[8月8日1時41分]
    九尾きつね>舌に洗濯バサミは挟めたか?。佐恥子[8月8日1時45分]
    佐恥子>舌につけました…キャンキャン[8月8日1時45分]
    九尾きつね>よし、ではその姿を近所のみなさんに見てもらう為に歩かせるぞ。(佐恥子、四つん這いで、部屋の中を2周歩け)[8月8日1時47分]
    佐恥子>あうう…はい…皆様に見て貰うよう歩いてきます…[8月8日1時49分]
    一枚の銀貨>変態の駄犬が、人間のフリをして生活していることを謝れよ。そして、「見かけたら馬鹿にして下さい」とお願いするんだ。[8月8日1時52分]
    九尾きつね>近所のみなさんに、佐恥子の牝犬奴隷の姿を、しっかりと見てもらえ。[8月8日1時52分]
    佐恥子>ああ…歩きました…床にぽつぽつ涎垂らしちゃいました…うう…[8月8日1時53分]
    九尾きつね>ははは。まさに盛りの付いた牝犬奴隷の姿と言う訳だな。>床にぽつぽつ涎垂らしちゃいました[8月8日1時55分]
    佐恥子>涎がとまらないですう[8月8日1時56分]
    九尾きつね>それじゃ、先ずは、余興の為の人集めの踊りを牝犬奴隷の佐恥子にしてもらうか。[8月8日1時56分]
    九尾きつね>佐恥子、立って、洗濯バサミを付けた身体で、乳房と尻を振って、踊ってみろ。[8月8日1時57分]
    九尾きつね>私達に、佐恥子の変態の踊りを見せてみろ。[8月8日1時57分]
    佐恥子>キャンキャン…わかりました…おどりますので皆様ご覧ください…[8月8日1時58分]
    無様な姿を。[8月8日1時58分]
    一枚の銀貨>ヨダレを垂らして全裸で四つん這いで歩きまわるキチガイ女が近くにいるなんて、ホント社会の迷惑だな。せめて笑って楽しんでもらえよ、その
    佐恥子>うう洗濯ばさみが揺れて痛い…けど気持ちいい部分も…キャンキャン[8月8日2時0分]
    一枚の銀貨>昔の見世物小屋みたいなもんだな。人間の姿に見えても、中身は犬畜生の変態だと分かるように踊れ。[8月8日2時0分]
    九尾きつね>佐恥子の変態踊りだ。(嘲笑)[8月8日2時2分]
    佐恥子>今洗面器に涎垂らしてますが…どんどん垂れちゃう…うう…[8月8日2時3分]
    九尾きつね>佐恥子の変態踊りに誘われて、近所のみなさんが集まって来たようだな。[8月8日2時3分]
    九尾きつね>よし、佐恥子の変態踊りはここでやめだ。[8月8日2時4分]
    九尾きつね>佐恥子の芸を、みなさんたちに見てもらうぞ。[8月8日2時4分]
    佐恥子>ああ…[8月8日2時5分]
    九尾きつね>佐恥子、サインペンと、字を書くちょっと大きめの紙を用意しろ。[8月8日2時5分]
    佐恥子>赤いマーカーとルーズリーフでいいですか?[8月8日2時7分]
    九尾きつね>よし。>赤いマーカーとルーズリーフ[8月8日2時8分]
    佐恥子>準備できました[8月8日2時8分]
    九尾きつね>では、そのマーカーを、佐恥子のマンコの中に挿入してやるぞ。マンコを開いて受け入れろ。[8月8日2時9分]
    九尾きつね>佐恥子、マンコにマーカーを入れたか?。[8月8日2時11分]
    佐恥子>ああ…はい…マーカーをマンコにいれました…うう気持ちいいです[8月8日2時12分]
    九尾きつね>それじゃ、佐恥子の芸の公開訓練だ。[8月8日2時13分]
    九尾きつね>紙を床に置いたら、紙をまたいで、マンコのマーカーで、紙に、「犬」の字を書け。[8月8日2時14分]
    九尾きつね>イヤらしく腰を動かして、犬の字を書くんだ。変態犬の佐恥子[8月8日2時15分]
    佐恥子>マンコにぺんさしたままで字を書くんですか…キャンキャン[8月8日2時15分]
    九尾きつね>そうだ。佐恥子のマンコ書きだ。(笑)>犬の字[8月8日2時16分]
    一枚の銀貨>馬鹿犬だから、フタを取るように言わないと取り忘れるんじゃw[8月8日2時16分]
    [8月8日2時16分]
    九尾きつね>近所のみなさんが見ているんだから、間違わずに書くんだぞ。佐恥子
    佐恥子>うう…犬かきました…犬にみえない…ううマンコで字は難しいですワン[8月8日2時17分]
    九尾きつね>それじゃ、別の紙を用意して、「へんたい」と書いてみろ。佐恥子[8月8日2時19分]
    一枚の銀貨>後で、その字は写真に撮っておけ。変態馬鹿犬佐恥子の作品として公開してやる。[8月8日2時21分]
    ご案内>「スピカ」さんが第1公民館【オープンチャット】に入室![8月8日2時22分]
    佐恥子>ほんとに汚い字だからみせたくない…うう3才児くらいかま[8月8日2時22分]
    九尾きつね>へんたいの字も書いたか?。佐恥子[8月8日2時23分]
    佐恥子>へんたいもかきました…[8月8日2時24分]
    佐恥子>乳首とクリが限界かも…うう外したいです…[8月8日2時24分]
    九尾きつね>よしよし。佐恥子を見ている人達の嘲笑の視線が佐恥子に集中して居るぞ。(笑)[8月8日2時25分]
    一枚の銀貨>マンコで字を書く変態女が、馬鹿にしてもらえることが増えるのを喜ばないでどうする。[8月8日2時25分]
    佐恥子>うう…[8月8日2時26分]
    九尾きつね>ところで、佐恥子は、小便を洗面器に出す事は出来るかな?。[8月8日2時27分]
    佐恥子>おしっこはでない気がする…[8月8日2時28分]
    九尾きつね>まるっきりダメか?。小便。>佐恥子[8月8日2時30分]
    佐恥子>わかりません…けどなんだか出せない予感…[8月8日2時31分]
    九尾きつね>分かった、佐恥子。>出せない予感[8月8日2時32分]
    九尾きつね>では、字を書いた褒美として、ゼリーを食わせてやる。ゼリーを餌皿に入れろ。[8月8日2時33分]
    佐恥子>乳首の洗濯ばさみ外させてください。。うう限界。。痛みでおしっこ出そうにないのも(汗)[8月8日2時33分]
    九尾きつね>では、左右の乳首の洗濯バサミを外してやる。[8月8日2時35分]
    佐恥子>ありがとうございます[8月8日2時36分]
    一枚の銀貨>おっと、馬鹿犬にあまりに似合ってるんで、洗濯バサミの痛みのことを忘れてた。[8月8日2時36分]
    九尾きつね>洗濯バサミを取ったなら、小便は出そうになるのかな。佐恥子。>痛みでおしっこ出そうにないの[8月8日2時37分]
    佐恥子>う~ん…共和国にきたときからトイレに行ってないから出てもいいはず(汗)[8月8日2時39分]
    ご案内>「スピカ」さんが第1公民館【オープンチャット】に入室![8月8日2時41分]
    九尾きつね>それじゃ、洗面器の中にゼリーの入れた餌皿を入れて、洗面器をまたげ。佐恥子[8月8日2時42分]
    佐恥子>…クリの洗濯ばさみとマンコにいれたペンも抜いちゃいました…(汗)うん、おしっこだせると思います…[8月8日2時44分]
    一枚の銀貨>ちゃんとゼリーは開封するんだぞ、馬鹿犬(笑)[8月8日2時44分]
    佐恥子>あうう…まさか…うい餌皿にいれて普通にゼリー食べれると思ってた(汗)[8月8日2時44分]
    九尾きつね>それじゃ、被っているパンティも、洗面器の中に入れろ。>おしっこだせると思います[8月8日2時45分]
    九尾きつね>あまいな。私がそんな事をさせるか。>餌皿にいれて普通にゼリー食べれると思ってた[8月8日2時46分]
    佐恥子>結構お高いゼリーなのに(笑)[8月8日2時46分]
    佐恥子>おしっこ出ないにしたらよかった…うう[8月8日2時46分]
    九尾きつね>パンティも洗面器の中に入れたか?。佐恥子[8月8日2時47分]
    物には相応しい食事をさせないと。[8月8日2時47分]
    一枚の銀貨>その予定もあったんたが、良く考えたら佐恥子は「人間じゃない」し、普通の「犬でもない」からな。自分のひり出したウンコも咥える、変態動
    佐恥子>パンツと餌皿にいれたゼリーを洗面器にいれました…洗面器には佐恥子がたらした涎も入ってたからパンツは涎ついてる…[8月8日2時48分]
    佐恥子>今日きちんとした食生活してないからおしっこはまずい予感(T-T)[8月8日2時49分]
    九尾きつね>それじゃ、私達の前で、佐恥子の小便を、洗面器の中に出せ。[8月8日2時49分]
    佐恥子>あうう…変態佐恥子がおしっこする姿をご覧ください…[8月8日2時51分]
    九尾きつね>たっぷりと小便を洗面器に中に出すんだぞ。(笑)[8月8日2時51分]
    一枚の銀貨>ションベンする姿も芸なんだから、舌を出したままの、みっともない顔をしておけ。[8月8日2時52分]
    九尾きつね>ジョロジョロとイヤらしい小便の音が聞こえるぞ。[8月8日2時53分]
    佐恥子>ああ……おしっこでました…ショックなことに洗面器というより餌皿に全部流れた気が…うう[8月8日2時55分]
    佐恥子>餌皿ほぼなみなみおしっこ…[8月8日2時56分]
    九尾きつね>それじゃ、ゼリーはたっぷりと佐恥子の小便の味付けが出来た訳だな。>餌皿に全部流れた[8月8日2時56分]
    佐恥子>うう…はい…[8月8日2時57分]
    九尾きつね>パンティも小便まみれかな。[8月8日2時57分]
    一枚の銀貨>そのションベンまみれのゼリーが、変態馬鹿犬佐恥子の餌だ。[8月8日2時57分]
    佐恥子>パンツは…餌皿下にしたからあまり…おしっこ吸い込んでますね…[8月8日2時59分]
    九尾きつね>小便で濡れているのかな?。パンティ>佐恥子[8月8日3時0分]
    佐恥子>…はい…ぬれてます…[8月8日3時0分]
    九尾きつね>ではその濡れたパンティを、又頭にかぶれ。[8月8日3時1分]
    佐恥子>え…うう…はい…[8月8日3時1分]
    佐恥子>被りました…うう[8月8日3時3分]
    九尾きつね>変態バカ犬佐恥子の頭には、小便で濡れている姿が、普通だからな。>濡れたパンティを、又頭にかぶれ[8月8日3時3分]
    九尾きつね>では、小便ゼリーを、犬のように四つん這いになって、口だけで食べる事を許してやる。[8月8日3時4分]
    九尾きつね>餌を与えてやるのだから、私達にお礼を言うんだぞ。佐恥子[8月8日3時5分]
    佐恥子>うう…はい…佐恥子の頭には濡れたパンツがオシャレです…[8月8日3時5分]
    の頭を踏みつけて下さい。ケツを蹴り飛ばして下さい」と挨拶しておけよ。[8月8日3時5分]
    一枚の銀貨>ションベン臭い佐恥子は、人に近づくだけで嫌な顔をされるだろうな。不愉快に思う人もいるかもしれん。そういう人がいたら、「どうぞ佐恥子
    佐恥子>あうう、きつね様、銀貨様…佐恥子におしっこゼリーを餌を与えて頂きありがとうございます…[8月8日3時6分]
    [8月8日3時8分]
    九尾きつね>ただ食べるだけなら、芸は無いな。・・・佐恥子、小便ゼリーを食べながら、四つん這いでのオナニーをしながら、食べる姿を見せろ。佐恥子
    佐恥子>あうう…はい…[8月8日3時9分]
    九尾きつね>佐恥子のさらなる卑猥な姿を、私達に見せてみろ。近所の人達にも晒してみろ。(笑)[8月8日3時9分]
    一枚の銀貨>食欲と性欲を同時に貪る駄犬(嘲笑)[8月8日3時10分]
    佐恥子>小便ゼリーをオナニーしながら食べる佐恥子の姿をみてくださいい…キャンキャン[8月8日3時10分]
    佐恥子>グレープフルーツのゼリーにおしっこが混ざってグレープフルーツもおしっこの味がします…[8月8日3時11分]
    佐恥子>なかなか食べれなくて顎とか鼻とか顔中おしっこまみれにしながら貪り中ですう[8月8日3時14分]
    九尾きつね>ははは。顔中が小便まみれか。まさに牝犬奴隷らしい顔になるな。>顔中おしっこまみれにしながら[8月8日3時15分]
    佐恥子>うう惨めなのにマンコからはどんどん汁が…うう[8月8日3時15分]
    一枚の銀貨>必死にションベンまみれのゼリーを食べてる様子が、最高に不様だな。人間としては、最低の姿だ。[8月8日3時16分]
    九尾きつね>その惨めさも、佐恥子には快感になるんだぞ。だからマン汁が溢れてくるんだ。(嘲笑)>惨めなのにマンコからはどんどん汁が[8月8日3時17分]
    佐恥子>ゼリーだけ食べたいけど吸い込むと確実におしっこが先に口に…うう[8月8日3時17分]
    一枚の銀貨>マンコ汁が溢れてくるのが止まらないか。オナニーの手も休めるなよ。[8月8日3時18分]
    九尾きつね>私達がそこにいたら、小便の他に、白い精液も咥えてやるのだが。たっぷりと。>確実におしっこが先に[8月8日3時19分]
    一枚の銀貨>イク時には、ションベンに顔を突っ込んだままイッてもいいが、そのまま気を失って、ションベンで溺れるなよ(笑)[8月8日3時19分]
    佐恥子>うう…グレープフルーツは全部食べました…あとはゼリーがぷかぷか…ううでもこれ以上食べるのは気持ち悪くなりそう…[8月8日3時20分]
    一枚の銀貨>毎日の食事に、精液をかけて食べさせてやりたいよ。[8月8日3時21分]
    一枚の銀貨>オナニーの方に集中して、もっと頭を馬鹿にすればいいんじゃないのか?[8月8日3時21分]
    佐恥子>オナニーより食べるの夢中に…はい…オナニーに集中しますう[8月8日3時22分]
    一枚の銀貨>意地汚い駄犬だな、ションベンまみれの物を食べる方に夢中になるとは。[8月8日3時26分]
    ご案内>「スピカ」さんが第1公民館【オープンチャット】から退室![8月8日3時27分]
    佐恥子>ううマンコ気持ちいい[8月8日3時28分]
    一枚の銀貨>牝犬としての鳴き声で、よがってみせろ。その方が情けなくて笑えるからな。[8月8日3時29分]
    佐恥子>キャンキャン…気持ちいいです…おしっこもおいしいです…[8月8日3時31分]
    佐恥子>きつね様…銀貨様…変態佐恥子がオナニーと小便舐めながらイク許可をください…キャンキャン[8月8日3時32分]
    一枚の銀貨>よし、顔をションベンまみれにしながらイケッ!![8月8日3時34分]
    佐恥子>キャンキャン許可ありがとうございます…小便まみれになりながらイキます…[8月8日3時36分]
    一枚の銀貨>佐恥子は、服を着る資格の無い牝犬なんだから、普段から全裸で生活しろ。[8月8日3時36分]
    一枚の銀貨>ションベンはトイレを使わずに、風呂場か部屋の隅に洗面器を置いて出せ。[8月8日3時38分]
    [8月8日3時40分]
    一枚の銀貨>ウンコを便器でする時には、便器に汚すことを謝罪して脱糞しろ。あるいはウンコも便器には直接せずに、洗面器か餌皿に出してから便器に流せ
    一枚の銀貨>食事は手を使わずに、四つん這いで食べろ。[8月8日3時40分]
    月8日3時41分]
    一枚の銀貨>部屋の中には、目立つところに「変態佐恥子」「家畜奴隷」「最低の馬鹿女」と書いた紙を貼っておいて、自分の立場を忘れないようにしろ。[8
    佐恥子>あう顔中おしっこまみれです…イッちゃいました…キャンキャン[8月8日3時42分]
    佐恥子>なんかいっぱい…[8月8日3時43分]
    一枚の銀貨>佐恥子の奴隷としての生活の指針だよ。馬鹿だから、イッてる間に書き出しておいてやった。[8月8日3時44分]
    佐恥子>あうう…ありがとうございます…[8月8日3時45分]
    佐恥子>全裸ですか…[8月8日3時47分]
    佐恥子>全裸で過ごすと…オナニー漬けになりそうですう…[8月8日3時47分]
    一枚の銀貨>全裸に首輪だろ。そして今日は、いったん寝て起きたら一日中オナニー漬けになるがいい。[8月8日3時48分]
    佐恥子>うう…昼間から共和国きてオナニーしちゃいそうです…日曜だし…[8月8日3時49分]
    一枚の銀貨>しててもいいけど、ログを残しておくかメールで投稿しておけよ( ̄ー ̄)[8月8日3時51分]
    佐恥子>ええ…うう…こっそり[8月8日3時52分]
    一枚の銀貨>大きな罰が欲しいと…ψ(。。)メモメモ…[8月8日3時53分]
    佐恥子>うう…ほしくないです…共和国には来ないでオナニーにします…[8月8日3時54分]
    一枚の銀貨>共和国に来なくても報告はするんだからな。コレは命令だ。[8月8日3時56分]
    佐恥子>きつね様は寝ちゃったのかしら?(汗)[8月8日3時56分]
    佐恥子>あうう…命令ですか…うう…じゃあ銀貨様にメールで許してください…[8月8日3時57分]
    佐恥子>今日は佐恥子が準備してなくて開始が遅れて長くなってごめんなさい…[8月8日3時58分]
    一枚の銀貨>これは、やっぱりお仕置きだな。<準備してなくて[8月8日3時59分]
    一枚の銀貨>九尾きつねさんから命令を出してもらおう。お仕置きをお願いするコメントを入れておけ。[8月8日3時59分]
    佐恥子>え…最初今回は許してくれるみたいな流れだったかと…(汗)[8月8日4時0分]
    一枚の銀貨>オナニーのメールは受けるが、それはとりもなおさず命令が出る可能性があるということだからな。[8月8日4時0分]
    一枚の銀貨>オナニーしての自主的な報告と、どちらが良いか考えておけ。[8月8日4時1分]
    佐恥子>あうう……[8月8日4時1分]
    佐恥子>黙って隠すが一番…うう[8月8日4時1分]
    一枚の銀貨>私は許すつもりだったが、最後まで九尾きつねさんが楽しめなかったのは、罰を受けるべきだろう( ̄ー ̄)[8月8日4時1分]
    一枚の銀貨>バレたらウンコ食いの命令が出るかもしれんぞ。[8月8日4時2分]
    佐恥子>自主的な報告よりかはチャットみたいにその場で命令頂く方が好きなのは好き…でも明日はなんだか命令が怖い予感(汗)[8月8日4時3分]
    一枚の銀貨>そりゃ、怖いぞ~Ψ(`▽´)Ψ [8月8日4時4分]
    佐恥子>うう…そうですね…きつね様に最後までみていただけなかったのは佐恥子が悪いです…[8月8日4時4分]
    佐恥子>オナニー報告してて誰も反応なく続けるよりは…うう銀貨様に命令いただけるなら明日メールします…お手柔らかに(汗)[8月8日4時6分]
    佐恥子>今日は変態馬鹿佐恥子の調教をしていただきありがとうございます。銀貨様、きつね様[8月8日4時6分]
    一枚の銀貨>了解した。では、おやすみ、変態馬鹿牝犬佐恥子[8月8日4時7分]
    佐恥子>第一も落ちますよね[8月8日4時7分]
    佐恥子>おやすみなさいです。[8月8日4時8分]
    一枚の銀貨>チャポン♪[8月8日4時9分]
    「佐恥子」さんが退室![8月8日4時9分]
    一枚の銀貨>九尾きつねさん、お疲れ様でした。後で佐恥子に、お仕置き命令を出してやって下さい。[8月8日4時9分]
    一枚の銀貨>プクプクプクプク.。o○[8月8日4時9分]

     

  • お願いします。。

    こんばんはですぅ
    佐知子です。
    こないだまで生理でオナニーできず…(多分(笑))
    そして生理終わって……調教してもらいたい病です(汗)
    明日7日土曜の夜11時くらいからチャットに顔だすので…変態奴隷佐知子を調教してください…
    お願いします。

    佐恥子は、馬鹿にされると乳首を固くしてマンコを濡らす頭のおかしい変態です。
    コメント欄で、悪口をいっぱい言って罵って下さい。
    佐恥子はチンポと精液が大好きな、卑しい牝豚です。
    便器になって、オシッコを飲んだり浴びたりするのも大好きです。

     

  • 毎日の日課

     私は、帰宅してくる元会社の寮で一人一人にご挨拶をします。
    元同僚の前に立って、深々と頭を下げました。そして素早く床に土下座して
    「○○様、おかえりなさい。今日も変態牝奴隷のあやを可愛がってください。
    あやは、いじめられて悦ぶマゾです。マゾのあやをたっぷりといじめてください」
    と額を床に擦りつけて挨拶をするのです。
    慶子さんの靴がわたしの頭を踏みつけました。
    踏みつけて脚をぐりぐりさせるのです。
    わたしの額が床にこすられます。
    惨めです。
    惨めですが・・・私は胸がじーんとしてくるのです。
    慶子さんの脚で踏みつけられているというのにあそこが熱くなっているのです。
    「靴舐め!」
    わたしは慶子さんの命令に従って靴を舐めました。
    「ここに来る前にさあ、犬のウンチを踏んでしまったのよ。
    あや、舌ですっかりきれいにするのよ。
    お前の舌は雑巾がわりなんだから、ていねいに舐めなさい!」
    慶子さんの靴底も両手でかかげて、舌で舐めました。
    ざらざらした砂が私の口の中にいっぱい広がりました。ですが。。。犬のウンチは脅しだったのか、臭いも味もありませんでした。
    脚を上げた慶子さんのパンティが見えました。
     裕子さんの前でも土下座しました。
    ご挨拶しました。
    裕子さんはいきなりわたしの頬を叩きました。
    私の挨拶にいたらないところがあったのでしょうか。
    それとも他に理由があるのでしょうか。
    わたしには分かりません。
    仕事でストレスがたまった方は、私にその不満をぶつけてきます。
    頬を叩かれたり、お尻を叩かれたり、お腹に膝を入れられたりします。
    気分がむしゃくしゃすればわたしは叩かれ、気持ちをスカッとする道具となります。
    生理中の女子もわたしを好んで叩き、足蹴をしてきます。
    洋子さんの前で土下座すると
    「お尻!」
    と命じられました。
    私はすぐに後ろ向きになってパンティを太腿までずらすとスカートを腰の上にパッとめくりあげました。
    そして、お尻を洋子さんの前に突き出しました。
    「オープン!」
    洋子さんの命令で私は両手を尻たぶにかけてぐいっと左右に割り裂きました。
    何度命じられても恥ずかしい姿勢です。
    お尻の穴もその下の女性器も洋子さんに丸見えです。
    洋子さんの後ろから他の女の子達も見ています。
    「いやらしい肛門だわ!」
    洋子さんの侮蔑の声が飛びます。
    お尻の穴を見られるのってとっても辛いことです。。
    「あやのここからは何が出るのかしら」
    洋子さんがつま先でわたしのお尻の穴を突きました。
    「はい・・・あやの臭いうんこが出てきます」
    洋子さんが後ろでクスッと笑いました。
    同じような笑い声がいっぱい聞こえてきました。
    わたしの息が乱れてきます。
    「あらあら、あやはもう興奮しているみたいね」
    洋子さんはわたしの肉の反応を観察しています。
    「そんなにおまんこを動かして、もう入れて欲しいのかよ!」
    わたしの膣口が収縮しているのを皆様に笑われました。
    だって、綾乃のあそこはもう勝手に動いてしまいます。
    女性の恥ずかしい生理反応をすっかり見られてしまっています。
    そう、思うとさらにわたしは息が乱れてしまいます。
    辛いのは変わりないのですが、妖しい気持ちがわき起こっています。
    先ほどからずっと子宮が熱くなってむずむずしてきています。
    乳首が張ってきています。
    「今日もあやのおまんことお尻の穴に精液をいったい飲ませてください。
    あやは株式会社○○男性社員皆様の精液肉便器です。」
    男性社員の一人一人にもご挨拶します。