• タグ別アーカイブ: 奴隷
  • 【漫画作品】『委員長は虐められています ~教室奴隷生活~』

     真面目な委員長が、クラスメイトに虐められ奴隷となり絶対服従する学校生活の様子です。
     すでに調教済みの今作では、戸惑いながらも嫌がること無く命令に淡々と従う哀れさにフォーカスしてみました。
     少しだけスカトロ表現がありますので、苦手な方はご注意下さい。。
     なお、本作品のシリーズは時系列順ではなくシチュエーションごとに切り取ったテーマの内容となっていますので、前作を知らなくてもお楽しみいただけると思います。

     本編はPDFファイルで32ページ。
    ・朝一番に登校して、クラスメイトたちを土下座で出迎え。
    ・男子たちのオナホールとして奉仕。
    ・女子たちのオモチャになって弄ばれる。
    ・授業中にオナニーしてイク。
    ・クラスメイトの便器として飲尿。
    ・トイレに行くことを許可してもらえず、教室で放尿。
    ・お弁当に唾と精液をかけられて、四つん這いで犬喰い。
    ・美術の時間に体に落描きされてモデルになる。
    ・教室を全裸掃除。
    ・トイレを全裸掃除。
    ・クラスメイトの便器として食糞。
    ・奴隷としての1日の反省会。
    ・人間を辞める方法を、クラスの皆に決めてもらう。

     オマケとして、本編のセリフ有りとセリフ無しのJPEGファイルを同梱。
     ペイントソフトなどで、ご自身の好きなセリフを書き込んだりして、お楽しみ下さい。

    https://b-crystal.booth.pm/items/871686
     

  • 妄想 01 (奴隷誓約書)

    私はソウルにいる○○女子高校を通っている平凡な少女です。
    学校の成績も悪くないし、交友関係も円満で、先生たちに信頼も受けています。
    お父さんは私が幼い時に亡くなったが、
    本当に良いお母さんがいて、お姉さんたちも良い人たちです。

    私は家でも、学校でも、いつもまじめで、
    そんな私に世の中は幸せなことだけいっぱいでした。

    しかし、ある日…私の人生は変わってしまいました。

    どの学校、どのクラスでも違わないが、
    私のクラスにも、いわゆる『チンピラ』と彼女の『群れ』があったんですよ。
    4月末頃の中間テストを控え、
    彼女たちは私に「あなたが委員長だから」と言って、勉強を教えてくれと言いました。
    純粋だった私は放課後に、そのチンピラの家に付いて行けたし…
    そこで無理やり服がはげて、恥ずかしい写真を強制的に数十枚も撮られるようになりました。

    「なぜこんなまねをしたの?」という私の言葉に、
    そのチンピラは「面白いだからね」と言って笑ったんです。

    その後で数日の間、
    彼女たちは「あなたの恥ずかしい写真をインターネットに公開する」と脅かしながら、
    私に「パンを買ってこい」とか、「ジュースを買ってこい」とか… おつかいをさせました。
    しかし、彼女たちはその程度では満足できなかったようです。

    結局、私は5月14日朝… ホームルームの前に…
    教卓の前で立って話にならない『奴隷誓約書』を朗読しなければならなかったです。

     

    ==========================================================

    奴 隷 誓 約 書

     

    <第1条. 誓い>
    1. 私、オナヨンは2018年5月14日から○○女高等学校1年生2組全員を私のご主人様たちとして仕えて、人間として享受できるすべての権利·肉体的自由·精神的自由をご主人様たちに譲渡することを誓います。
    2. 私、オナヨンは上記1項によって、365日24時間の間、ただ一瞬も自由な時間を持たずに、ご主人様たちの満足と楽しみのために生きていく事を誓います。
    3. 私、オナヨンは上記1項によって人間の名を捨てて、今から「オナホ-ル」という名前で生きていく事を誓います。 ご主人様たちの許可を受けた場合にのみオナヨンという昔の名前を使用することができます。

    <第2条. オナホ-ルの義務 (奴隷の十戒)>
    1. オナホ-ルはご主人様たちの奴隷になったことに対して感謝する心を持たなければならない。
    2. オナホ-ルはご主人様たちの全ての命令について、ためらいしたり拒否せずに絶対服従しなければならない。
    3. オナホ-ルは自分の精神と肉体はご主人様たちの所有物ということを心に銘じて、考え·呼吸·食事·排泄の生理的行為もご主人様たちの指示に従わなければならない。
    4. オナホ-ルはご主人様たちを楽しませるための喜び組だから、常にご主人様たちを楽しませる方法を研究して悩まなければならない。
    5. オナホ-ルは下着を着ることができない。下着を着なければならないと、先にご主人さまの許しを受けなければならない。
    6. オナホ-ルはご主人様たちの許諾なしに性的に興奮してはいけない。 だから、ご主人様たちの許諾なしに、性的な満足を得られるすべての行為をしてはならない。
    7. オナホ-ルのオナラ·オシッコ·ウンコ·メンスなど各種の排泄行為は、先にご主人様たちの許可を受けて、ご主人様たちが指示した方法にしなければならない。
    8. オナホ-ルはご主人様たちの許諾なしに片恋や恋愛してはいけない。恋愛はご主人様たちが指定する人と付き合わなければならない。
    9. オナホ-ルは自分のパイパンのマンコとパイパンに書かれた『チンポ大好き』の落書きがご主人様たちに対する忠誠の証であることを記憶して、いつも落書きされたパイパンマンコを維持しなければならない。
    10. オナホ-ルは先生や家族のような第3者に、この主従関係が発覚しないよう努力しなければならない。発覚される場合、すべての責任をオナホ-ルが負わなければならない。

    <第3条. ご主人様たちの権利>
    1. ご主人様たちはオナホ-ルの肉体·精神·感情·生命、そのすべてのことを所有する。
    2. ご主人様たちは時間と場所にこだわらず、オナホ-ルのすべてのものを自由に使用することができ、好みによってオナホ-ルの精神と肉体を調教したり、改造することができる。
    3. ご主人様たちはオナホ-ルが第2条の義務を違反した場合、処罰することができる。
    4. ご主人様たちは上記3項の違反かどうかを勝手に判断することができ、判断をためにオナホ-ルを拷問することができる。
    5. この主従関係のために発生する全ての悪い結果について、ご主人様たちはまったく責任を負わない。

    <第4条. 誓約の更新·変更·破棄>
    1. この誓約は毎年1回1学期の始業式に合わせて更新される。 高校卒業後は毎年3月1日を更新日とする。
    2. ご主人様たちは学級会議を通じて、この誓約書の内容を変更することができる。 ただ、この学級会議でオナホ-ルは発言権や投票権を持つことができない。
    3. 誓約の破棄は下記の三つの場合のみ可能だ。
       (A) ご主人様たちの全員が満場一致でオナホ-ルを捨てることにした場合
       (B) ご主人様たちの全員が死亡する場合
       (C) オナホ-ルが死亡する場合

    2018年 5月 14日

     

    ==========================================================

     

    最初は「信じられない」とか、「その誓約書は話にならない」と言っていた『ともだち』もいました。
    しかし、私がチンピラたちの命令で教卓の上に立ってオナニーをした後、
    その『ともだち』はみんな『ご主人様たち』になってしまいました。

     

    これから私はどうなるんですか? 私の人生はどのようになって、私の未来はどうなるんですか?
    私は何も分からないです。
    しかし、一つは知ることができます。
    奴隷『オナホ-ル』は永遠に、ご主人様たちの支配を抜け出すことはできないというの, です。

     

     

    P.S 1 : タイトルで話しましたが、これは実話ではなく “妄想” です。 (笑)

    P.S 2 : タイトルを修正しました。 それに、第2条9項の内容も少し修正しました。 (マンコ汁が忠誠の証 -> 落書きされたパイパンマンコが忠誠の証)

     

    韓国のメス高校生です。まだバージンです。
    セックスの経験はないが、オナニーはたくさんします。
    いじめられっ子になることが私の願ですが、
    現実では行われていないし、皆さんにいじめを受けたいです。

     

  • 『委員長は虐められています ~奴隷生活編~』女子のオモチャ

     女性の虐めは手加減がありませんね。
     よく知りませんが(笑)

     アクセス解析を見ると、委員長のいじめシリーズは女性の閲覧者が多いようです。
     虐める側と虐められる側、どちらの視点で見られているのか、あるいはまた別な見方をしているのか興味深い(*´∀`*)

    https://booth.pm/ja/items/589195

    鬼畜主義人民共和国の終身大統領。
    主に女性を便器として使用し、家畜として虐待するのを好む。
    趣味で、イラストや漫画の作成、短編小説を書くことも。

     

  • 『委員長は虐められています ~奴隷生活編~』 委員長は淫乱

     今作では、すでに調教済みなので嫌がる描写は基本的にありません。
     命令には、絶対服従します。

    鬼畜主義人民共和国の終身大統領。
    主に女性を便器として使用し、家畜として虐待するのを好む。
    趣味で、イラストや漫画の作成、短編小説を書くことも。

     

  • 『委員長は虐められています ~奴隷生活編~』 委員長はオナホール

     奴隷として、男子の性欲処理は当然のことです。
     奴隷にはセックスなんて贅沢なことは許されません。
     オナニーの道具として使われるだけです。

    鬼畜主義人民共和国の終身大統領。
    主に女性を便器として使用し、家畜として虐待するのを好む。
    趣味で、イラストや漫画の作成、短編小説を書くことも。

     

  • 『委員長は虐められています ~奴隷生活編~』 朝は土下座挨拶

     制服が汚れるから経ったまま挨拶と、どちらにしようか迷いました。

     でもまぁ、やっぱりクラスメイト相手に毎日土下座で挨拶するほうが惨めで良いだろうと(´∀`)

    http://b-crystal.org/co/pss/19300.html

    鬼畜主義人民共和国の終身大統領。
    主に女性を便器として使用し、家畜として虐待するのを好む。
    趣味で、イラストや漫画の作成、短編小説を書くことも。

     

  • 『委員長は虐められています ~奴隷生活編~』製作開始!

     私の作品の中では人気シリーズとなった、『委員長はクラスで虐められています』の続編を作り始めました。
     続編と言っても、お話は時系列順ではなくシチュエーションごとになっているので、これまでの経過を知らなくても楽しんでいただけると思います。
     今回は主に、奴隷としての学校生活を追ってみることにしました(´∀`)

    http://b-crystal.org/co/pss/19300.html

    鬼畜主義人民共和国の終身大統領。
    主に女性を便器として使用し、家畜として虐待するのを好む。
    趣味で、イラストや漫画の作成、短編小説を書くことも。

     

  • 『委員長は虐められています ~奴隷生活編~』製作開始!

     私の作品の中では人気シリーズとなった、『委員長はクラスで虐められています』の続編を作り始めました。
     続編と言っても、お話は時系列順ではなくシチュエーションごとになっているので、これまでの経過を知らなくても楽しんでいただけると思います。
     今回は主に、奴隷としての学校生活を追ってみることにしました(´∀`)

    http://b-crystal.org/co/861.html

    鬼畜主義人民共和国の終身大統領。
    主に女性を便器として使用し、家畜として虐待するのを好む。
    趣味で、イラストや漫画の作成、短編小説を書くことも。

     

  • リリ(ゲボジ)とビビは一緒に調教を受けました。

     

    こんばんは。本当に久しぶりに来た、ゲボジです。

    その間、よくおすごしでしたか? ゲボジにも多くの事がありました。
    仕えていたご主人様に捨てられて、数ヵ月間、泣きながら何もできず、再び鬼畜共和国に戻りました。
    (何の理由であろうか、これまでログインが全然できなくて… 投稿を残したくてもできませんでした。)

    久しぶりに帰って来て、『再開』という感じでこの前の告白を引き継いで書くのが良いと思いました。

    当時のご主人様は「Asura様」、当時の奥様は「Eliade様」と呼称します。

     

     

     

    この前の告白で述べたように、私はビビと一緒に同居しながら、しばしば一緒に調教を受けました。

    最も多く受けた 『一緒調教』のメニューは野外露出です。
    野外露出はEliade様が一番好きな調教のメニューだったし、Asura様も恥ずかしがる私とビビの顔を見るのが好きたからだと思います。

    Asura様やEliade様は一緒に外出する時に、私とビビが着られる服はいつも一着の外衣だけでした。
    冬には無条件にコート、夏には無条件にワンピース…
    Asura様やEliade様が命令すれば、いつどこでもコートを繰り広げたり、ワンピースをたくし上げなければなりませんでした。

    ほとんど人がないところで命令するときが多かったが、
    たまには人がいるところでコートを繰り広げたり、ワンピースをまくり上げた時もありました。

    『一緒調教』というのは本当にすごいだと思います。
    一人では絶対にできないような命令も、一緒に遂行すればなんだかすることができました。
    釜山に旅行を行って四足でビビと散歩をした時も… もし私一人だったら到底できなかったはずと思います。

    競争心としなければなりませんか? シナジー効果としなければなりませんか?
    ビビよりもっと可愛さを受けたいという気持ちも、ビビがするのに私がしないことはできないという気持ちもありました。

    この前の告白で話したとおり、ビビと一緒に同居しながら、私たちはレズビアン恋人のように愛情を積むことができました。
    しかし、基本的には『一緒調教』で競争する関係だったため、本当の恋人はなれなかったのだと思います。

    ビビと私の競争関係は、お客を接待する時にはもっと分明になりました。
    Asura様やEliade様は SM playerの知人に会う時はいつも私とビビを呼びして、ふたりを競争させました。

    同時にオナニーをして先に行ってしまうメスが勝利、とか…
    同時に浣腸をしてもっと長い間我慢するメスが勝利、とか…
    69の体位でお互いを愛撫して先に行ってしまうメスが敗北、とか…
    お客のチンポに1分ずつフェラチオ奉仕をしてザーメンを受けるメスが勝利、とか…
    カラオケの酒店で、尻を振りながら歌詞を淫語に変えて歌うのは、こっけいだけでした。

    ビビと私は、ほとんど一緒に助教受けて、一緒に管理を受けました。
    体つきの管理、化粧、ヘアスタイル、そしてマンコの毛の管理も一緒にでした。
    Asura様に髭剃りを受けた後、お互いのマンコを広げてくれ、一緒に写真を撮ったこともあります。

     

    そんな日々が苦しい時もあったが、ほとんどは幸福だったのも事実です。
    メスとしてご主人樣の調教を受けながら、
    同じ境遇のメスと同居しながら、24時間ご主人樣のことだけ考えながら生きていく畜生…
    断言できます。それは明らかにメスにとっては、地上の楽園だ、と。

    Asura様、Eliade様、ビビ、リリ(私)…
    このように二人と二匹はその後もしばらく一緒にしたが、残念にも永遠に一緒にすることはできませんでした。

    詳しく話せば少し複雑な話になりますが、ビビが同じ職場の男と浮気をして、それを私も知って、
    それを私たちだけの秘密にすると約束して、それをEliade様の知人にばれて、結局、ビビと私が一緒に捨てられたのです。
    平凡に言えば、信頼を破ったもので、正確に言えば、メス奴隷の分際でにご主人樣をだました不敬罪でした。

     

     

    ご主人さまを失った野良犬になった今、最も懐かしいのはAsura様(それに加えてEliade様も)を仕えた時です。
    今は、いろいろな意味で戻ることができなくなったが、
    今日もこの告白を書きとめながら、3回もオナニーをしたほどです。それだけ幸せだった頃です。

    ここまで読んでくれて、ありがとうございます。

     

    韓国で住んでいる、韓国のメスです。
    日本のメスでも… 韓国のメスでも… 汚い変態マンコというのは同じだ、と思います。

    私は男様たちに服従するために生まれて,
    皆様のオナニーのオカズになるために生きていきます。 よろしくお願いします。