• タグ別アーカイブ: 排泄
  • いじめの妄想で自慰

    はじめになのですがコメントでの銀貨様の言葉がすごくドキドキしちゃいますね。
    最近は、仕事に行くだけで、あまり外出もしないほうなので地味な服装が多く、異性から性的に見られていることもないので、遠慮なくえっちなこと書いて頂くとほんとにぞくぞくするぐらい感じてしまいます。ぜひ、出来るだけ綺麗じゃない言葉で色々罵っていただいたり、貶していただけたら嬉しいです。 

    今回は、いじめを受けていた頃の妄想を。

    いまだに想像して自慰をしていることもあります。今回も下半身は裸のままでご報告いたしますので聞いていただき、笑っていただければとおもいます。
    (もちろん、前回同様ほとんどは私の妄想で実際にこのようないじめをうけたわけではありません)

    朝、中学生の私が学校に着くと上履きに履き替えるために靴箱の前に向かいます。
    私の靴箱には自分のネームプレートは外され、あだ名の、「ぶたみそ」と記載されていました。
    上履きをとると、茶色いペースト状のもので汚れています。
    排泄物のようにも見えますが、匂いで、インスタントのお味噌汁のみそだとわかります。
    洗ったりするともっとひどい目にあうのでそのまま履き替えクラスへ向かいます。
    クラスメイトじゃなくても匂いで私が最低のみそっかす女だとわかり、顔をしかめたり、周囲の人と陰口を言っていました。

    クラスにつくと、クラスメイトは全て御主人様ですので、皆様にご挨拶にうかがいます。
    目の前で土下座でご挨拶するのですが、無視されるか、「みそ臭いから寄るな」と蹴飛ばされるかです。

    授業中には、通常は先生にばれないように特別何かされることはありません。何かあるとは思っているのでしょうけれど、基本的に、目の前で何かない限りは見て見ぬふりです。

    休み時間は毎回、私はフックがついている壁に背を付けフックを握って立ちます。
    そこで、男女問わずストレス発散のために私の身体を殴る、通称「壁ドン」をされたり、服を脱がされ晒し者にされたりするのです。

    時間割りは進み、昼食時間。
    私は母が用意してくれたお弁当を床にひっくり返されぐちゃぐちゃに踏みつけにされて床や靴にべったりくっついた物をなめとるように食べました。
    さらに、履いていた私自身の上履きにおしっこをして、「みそ汁」として飲まされたりしました。

    掃除の時間には全裸でお尻を高くあげてぞうきんがけする姿を笑われたり、陰毛をほうきに見立てて窓のサッシを掃除したり、おトイレを舌で掃除したりしたのです。

    すみません、ここで我慢できず自慰してしまいましたのでこの辺でおわります。
    昔の妄想と、最近の妄想がまざっているので、こちらの委員長いじめの影響がかなりでてしまっていますね(笑)
    私の想像力だけだと限界があるので、中学生の私をいじめるアイディアがあれば、教えていただけたら嬉しいです。

     

  • 野糞をした妻は、口での掃除を命じられる

     

    ※夫は妻を苦しめ、その惨めな様子を愉しむ権利を有する。

    夫「犬の糞だって人様に迷惑だから持ち帰るのがマナーなんだぞ」

    夫「自分のひり出した糞は自分の口を使って始末しろ」

    妻「…はい……、野糞をして…申し訳ありません」

    妻「自分のウンチを……口でお掃除…いたします……」

    ※妻の食事は、夫の許可した物だけが許される。自らが排泄した汚物も、夫に命じられれば食べなければならない。

    妻「うう……臭いぃ……」

    妻「うえェェ…」

    妻「キモチ悪い…」

    妻「うう…グス……」

    *********************************************************

    前回が【成年女性】+【私服】+【野糞をお口で掃除】というリクエストの前フリで、コチラが本編となります。
    野糞を許可されたのに、責められる理不尽な展開。(許可のフリした命令ですが)
    悪いのは私ではなく、リクエストした人です( ̄▽ ̄)
    そのわりには、作ってて愉しかったですが(爆)

    *********************************************************

    ※掲載している画像は、個人が愉しむ限り改変して構いません。
    The images posted may be modified as long as the individual enjoys them.

    ※作品を他のサイトに転載した場合は、このページを紹介して下さい。
    If you want to reprint it on another site, please introduce this page.

    続きを読む 投稿 ID 25740

     

  • トイレの使用を禁止された妻は、野糞をする許可を得る

    ※夫は奴隷である妻の排泄を管理し、その方法を命じる権利を有する。

    夫「なに? ウンコをしたいからトイレを使いたい?」

    妻「はい……、もう3日も溜まっていて」

    妻「…お腹が苦しいんです」

    夫「トイレが汚れるだろ!」

    夫「したけりゃ野糞でもしてろ」

    ※妻は人間のトイレを自由に使用する権利を持たず、 夫の命令に従って排泄しなければならない。

    妻「うう…、女のくせにトイレを使いたがって…申し訳ありません」

    妻「野糞の許可をしていただき……ありがとうございます…」

    妻「私は…臭くて汚いウンコを溜める……糞袋です」

    *********************************************************

    いただいたリクエストが、【成年女性】+【私服】+【野糞をお口で掃除】でしたので、まずは野糞をしてもらうことにしました(笑)
    成年女性をOLにしようかとも思ったのですが、私の作品の中では不遇な『女だから仕方ない ~人妻レイプ事件~』のキャラを使用しました。
    初めてのレイプ物かつ人妻モノと意気込んだものの、作品の人気としては惨敗でした(;^ω^)
    まぁ、漫画としての面白さか「実用性」に欠けていたということなのでしょう。
    それでも一部の読者さんからは、彼女の奴隷調教の要望を受けていたので、この機会に使ってみました。

    『女だから仕方ない ~人妻レイプ事件~』

    *********************************************************

    ※掲載している画像は、個人が愉しむ限り改変して構いません。
    The images posted may be modified as long as the individual enjoys them.

    ※作品を他のサイトに転載した場合は、このページを紹介して下さい。
    If you want to reprint it on another site, please introduce this page.

    続きを読む 投稿 ID 25740

     

  • 牝豚佐恥子の自画撮り写真集Vol.14「全裸で乳首を勃たせながら、オシッコをするところを見て下さい」

    自ら望んで牝豚奴隷になった佐恥子は、放尿だけでなく脱糞姿も晒します。
    気持ち悪くなる人もいるかもしれませんが、この馬鹿女の姿を嗤ってやって下さい。

    しかも、自分が排泄した臭くて汚いウンコを手に持ち記念写真まで撮っています。
    それでマンコを濡らしてパックリと広げてみせるんですから、やはり人間として生きる資格はありません。

    続きを読む 投稿 ID 25740

     

  • 変態馬鹿女・椿の自画撮り写真集Vol.1「全裸土下座で挨拶」

    過去に投稿された椿の自画撮りから、お蔵出しの写真を集めてみました。
    この全裸土下座での挨拶が、変態馬鹿女・椿の原点です。

    私は奴隷として奉仕するために生まれてきました。
    私の頭の中には脳味噌の代わりにマンコ汁がつまっています。
    そんな私の頭は踏みつけていただくくらいしか役に立ちません。

    私は這いつくばって生きる牝奴隷です。
    私の全ての行動は、命令によって決定されます。
    息を止めろと命じられれば、たとえ死ぬことになっても従います。

    私のオマンコはオチンチンを入れていただくための穴です。
    お尻の穴も、私の場合は精液を排泄していただくための便器です。
    ですから私は、ただ穴が開いてるだけの肉の塊です。

    続きを読む 投稿 ID 25740

     

  • 婚活メス豚 野良ケツまん仔の履歴書

    【名前】野良ケツまん仔

    【生年月日】1999年7月3日

    【血液型】B型

    【家族構成】一人暮らし

    【職業】学生

    【趣味】アナル開発♥️  豚獣姦動画視聴

    【特技】土下座  服従

    【得意なスポーツ】セックス♥️

    【好きな色】赤

    【得意な科目】文系科目

    【苦手な科目】理系科目

    【クセ】アナルに綿棒を入れたまま生活

    【性格】変態  マゾ♥️  結婚願望(オス豚)

    【告白あるいは希望する調教】

    私の恋愛対象は豚様です。

    将来の夢はペット用の豚を買い、旦那様として愛し、オナホ妻として添い続けることです♥️

    皆様には、私がオス豚様の精液排泄嫁としてふさわしい最底辺へと至る花嫁修業をしていただきたいのです

    なので、現在は花嫁修業をつけていただく飼い主様を募集しています。鬼畜主義人民共和国の女性国民の方々には人権がありませんが、私は人ですらない豚として飼育・管理してください♥️

    よろしくお願いします♥️

    【その他メッセージ】

    希望調教の詳細です

    • アナル開発の指示
    • オナニーカレンダーの作成
    • 排泄タイムスケジュールの作成
    • メス豚花嫁修業♥️
     

  • 『委員長はクラスで虐められています~奴隷宣言~』マゾ奴隷宣言

     これにて、今回の作品は完成となります。
     奴隷の誓いのセリフが、地味に大変でした。
     でも愉しかったです(*´∀`*)

    『マゾ奴隷宣言』

    まず…マゾ奴隷となる…私の身分についてです

    私は自らの意思で、あらゆる人権を放棄するとともに、クラスの構成員から外れ皆様に絶対服従し積極的に虐めていただくマゾ奴隷となることを誓います

    虐められて快感を得るマゾ奴隷は変態であり、私は皆様から侮蔑と屈辱と苦痛とを与えてもらえるよう自ら努力いたします

    マゾ奴隷の私には人間として扱われる資格がありませんので、この世に生まれたことを深く反省し、生きていることへの贖罪の態度を示すため、皆様に次のように扱っていただきます

    私はいかなる命令にも絶対服従し、完遂できたかの判断は皆様に委ねます

    命令の遂行に御満足いただけなかった場合には、如何なる理由も問わず厳罰を課していただきます

    マゾ奴隷の私が人間としての尊厳やプライドを持つことの無いよう、常に蔑すんで罵倒していただきます

    マゾ奴隷の私は蔑まれることが悦びなので、皆様から悪口や罵倒を受けたさいには、全てを認めて復唱いたします

    マゾ奴隷である私の体の所有権は皆様にあるので、皆様の好きなように扱っていただきます

    マゾ奴隷の私の顔は、人間としての品位を欠いているので、同様に踏みつけたり叩いたりして醜く歪めていただきます

    マゾ奴隷の私は頭がおかしいので、頭を踏みつけたり叩いていただきます

    ……続きまして、マゾ奴隷の心と体についてです

    マゾ奴隷には内面の自由もありませんので、許可無く悦んだり泣くことは禁止とし、感情も皆様に支配していただいて命令に従います

    マゾ奴隷の私の口は、呼吸や飲食をするだけでなく、オチンチンを咥えキンタマをしゃぶりオマンコを舐める性玩具として使っていただきます

    また、マゾ奴隷の私は人間便器となって、皆様のオシッコを飲んでウンチを食べさせていただきます

    もしオシッコを飲みきれず、ウンチを食べきれなかった場合には、全身に浴びて頭からつま先まで汚していただきます

    その他にもマゾ奴隷の私には皆様と同じような人間としての価値は無いので、少しでもお役に立てるよう人間雑巾になって舌で掃除をしたり人間トイレットペーパーとして皆様がウンチをした後の肛門を舐めさせていただきます

    マゾ奴隷の私のお尻は淫猥なので、猿のように真っ赤になるまで特に痛めつけていただきます

    マゾ奴隷の私のオッパイは卑猥なので、叩いたり乳首を押しつぶしたりして痛めつけていただきます

    マゾ奴隷の私の体は弄んでもらう物なので、人間サンドバッグとして殴ったり、人間ボールとして蹴ったりと、殴る蹴るの暴行をしていただきます

    マゾ奴隷の私は、辱められるのが当然なので、顔や体に落描きをしていただきます

    マゾ奴隷の私の服装は、どのような恥ずかしい格好でも皆様の命令に従います

    そして…、マゾ奴隷の生活についてです

    マゾ奴隷である私の生活は全て皆様に管理していただき、一切のプライベートを持つ権利はありません

    ……マゾ奴隷の私のオマンコは、オチンチンを入れるだけでなく、ディルドやローターなどはもちろん、人間筆立てとして筆記用具を入れたり、人間ゴミ箱としてペットボトルなど様々な物を入れていただきます

    マゾ奴隷の私の肛門も排泄のためだけでなく、オマンコと同様にオチンチンの他に、異物を入れていただきます

    マゾ奴隷の私は、命令により援助交際という名目の売春を行ない、相手から受け取った金銭は、皆様に搾取していただきます

    マゾ奴隷の私は、命令によりクラス以外の人にも奴隷として奉仕いたします

    マゾ奴隷の私は、排尿排便の管理を皆様に委ね、もし排泄の許可を得ずにオシッコやウンチを漏らした場合には、厳しく躾けて
    いただきます

    排泄の許可をいただきましたら、皆様に愉しんでいただくとともに蔑んでもらうために、オシッコもウンチも恥ずかしい姿で
    披露いたします

    マゾ奴隷の私は、自分の排泄物の処理方法を皆様に決めていただきます

    便器や容器を使用したり床などを汚したさいには、舌で掃除いたします

    もちろん……命令されましたら、自分の排泄物を飲食いたします

    マゾ奴隷の私は飲食の管理を皆様に委ね、男子のザーメンや女子のオマンコ汁はもちろん、唾や痰なども感謝していただききます

    マゾ奴隷の私は最下層の存在なので、皆様に挨拶する時は両手をつき地面に額をつけて土下座をいたします

    マゾ奴隷の私は、人間扱いする必要がありませんので、牝犬や牝豚など命令された動物の真似をいたします

    マゾ奴隷の私は、虐めていただくためにいつ如何なる時も日常生活を中断して、皆様の足元に平伏し、歓迎と服従の意思を示します

    この宣誓を取り消せるのはクラスメイトの皆様のみとし、変態で頭の狂った精神異常者であるマゾ奴隷の私には一切の権限はありません

    Screenshot of booth.pm
     

  • 妄想 01 (奴隷誓約書)

    私はソウルにいる○○女子高校を通っている平凡な少女です。
    学校の成績も悪くないし、交友関係も円満で、先生たちに信頼も受けています。
    お父さんは私が幼い時に亡くなったが、
    本当に良いお母さんがいて、お姉さんたちも良い人たちです。

    私は家でも、学校でも、いつもまじめで、
    そんな私に世の中は幸せなことだけいっぱいでした。

    しかし、ある日…私の人生は変わってしまいました。

    どの学校、どのクラスでも違わないが、
    私のクラスにも、いわゆる『チンピラ』と彼女の『群れ』があったんですよ。
    4月末頃の中間テストを控え、
    彼女たちは私に「あなたが委員長だから」と言って、勉強を教えてくれと言いました。
    純粋だった私は放課後に、そのチンピラの家に付いて行けたし…
    そこで無理やり服がはげて、恥ずかしい写真を強制的に数十枚も撮られるようになりました。

    「なぜこんなまねをしたの?」という私の言葉に、
    そのチンピラは「面白いだからね」と言って笑ったんです。

    その後で数日の間、
    彼女たちは「あなたの恥ずかしい写真をインターネットに公開する」と脅かしながら、
    私に「パンを買ってこい」とか、「ジュースを買ってこい」とか… おつかいをさせました。
    しかし、彼女たちはその程度では満足できなかったようです。

    結局、私は5月14日朝… ホームルームの前に…
    教卓の前で立って話にならない『奴隷誓約書』を朗読しなければならなかったです。

     

    ==========================================================

    奴 隷 誓 約 書

     

    <第1条. 誓い>
    1. 私、オナヨンは2018年5月14日から○○女高等学校1年生2組全員を私のご主人様たちとして仕えて、人間として享受できるすべての権利·肉体的自由·精神的自由をご主人様たちに譲渡することを誓います。
    2. 私、オナヨンは上記1項によって、365日24時間の間、ただ一瞬も自由な時間を持たずに、ご主人様たちの満足と楽しみのために生きていく事を誓います。
    3. 私、オナヨンは上記1項によって人間の名を捨てて、今から「オナホ-ル」という名前で生きていく事を誓います。 ご主人様たちの許可を受けた場合にのみオナヨンという昔の名前を使用することができます。

    <第2条. オナホ-ルの義務 (奴隷の十戒)>
    1. オナホ-ルはご主人様たちの奴隷になったことに対して感謝する心を持たなければならない。
    2. オナホ-ルはご主人様たちの全ての命令について、ためらいしたり拒否せずに絶対服従しなければならない。
    3. オナホ-ルは自分の精神と肉体はご主人様たちの所有物ということを心に銘じて、考え·呼吸·食事·排泄の生理的行為もご主人様たちの指示に従わなければならない。
    4. オナホ-ルはご主人様たちを楽しませるための喜び組だから、常にご主人様たちを楽しませる方法を研究して悩まなければならない。
    5. オナホ-ルは下着を着ることができない。下着を着なければならないと、先にご主人さまの許しを受けなければならない。
    6. オナホ-ルはご主人様たちの許諾なしに性的に興奮してはいけない。 だから、ご主人様たちの許諾なしに、性的な満足を得られるすべての行為をしてはならない。
    7. オナホ-ルのオナラ·オシッコ·ウンコ·メンスなど各種の排泄行為は、先にご主人様たちの許可を受けて、ご主人様たちが指示した方法にしなければならない。
    8. オナホ-ルはご主人様たちの許諾なしに片恋や恋愛してはいけない。恋愛はご主人様たちが指定する人と付き合わなければならない。
    9. オナホ-ルは自分のパイパンのマンコとパイパンに書かれた『チンポ大好き』の落書きがご主人様たちに対する忠誠の証であることを記憶して、いつも落書きされたパイパンマンコを維持しなければならない。
    10. オナホ-ルは先生や家族のような第3者に、この主従関係が発覚しないよう努力しなければならない。発覚される場合、すべての責任をオナホ-ルが負わなければならない。

    <第3条. ご主人様たちの権利>
    1. ご主人様たちはオナホ-ルの肉体·精神·感情·生命、そのすべてのことを所有する。
    2. ご主人様たちは時間と場所にこだわらず、オナホ-ルのすべてのものを自由に使用することができ、好みによってオナホ-ルの精神と肉体を調教したり、改造することができる。
    3. ご主人様たちはオナホ-ルが第2条の義務を違反した場合、処罰することができる。
    4. ご主人様たちは上記3項の違反かどうかを勝手に判断することができ、判断をためにオナホ-ルを拷問することができる。
    5. この主従関係のために発生する全ての悪い結果について、ご主人様たちはまったく責任を負わない。

    <第4条. 誓約の更新·変更·破棄>
    1. この誓約は毎年1回1学期の始業式に合わせて更新される。 高校卒業後は毎年3月1日を更新日とする。
    2. ご主人様たちは学級会議を通じて、この誓約書の内容を変更することができる。 ただ、この学級会議でオナホ-ルは発言権や投票権を持つことができない。
    3. 誓約の破棄は下記の三つの場合のみ可能だ。
       (A) ご主人様たちの全員が満場一致でオナホ-ルを捨てることにした場合
       (B) ご主人様たちの全員が死亡する場合
       (C) オナホ-ルが死亡する場合

    2018年 5月 14日

     

    ==========================================================

     

    最初は「信じられない」とか、「その誓約書は話にならない」と言っていた『ともだち』もいました。
    しかし、私がチンピラたちの命令で教卓の上に立ってオナニーをした後、
    その『ともだち』はみんな『ご主人様たち』になってしまいました。

     

    これから私はどうなるんですか? 私の人生はどのようになって、私の未来はどうなるんですか?
    私は何も分からないです。
    しかし、一つは知ることができます。
    奴隷『オナホ-ル』は永遠に、ご主人様たちの支配を抜け出すことはできないというの, です。

     

     

    P.S 1 : タイトルで話しましたが、これは実話ではなく “妄想” です。 (笑)

    P.S 2 : タイトルを修正しました。 それに、第2条9項の内容も少し修正しました。 (マンコ汁が忠誠の証 -> 落書きされたパイパンマンコが忠誠の証)

     

     

  • 【漫画作品】 『委員長はクラスで虐められています ~食糞便器~』

     真面目な委員長がクラスメイトに虐められ、人間便器として「食糞」をすることに。
     クラスメイトたちが、次々と委員長の口に体にとウンチを排泄し、嫌がっていた委員長が食糞でイク。
     そんな異常なシチュエーションを、お楽しみ下さい。

     本作品は食糞がメインですので、スカトロが苦手な方は、ご注意下さい。
     なお、本作品のシリーズは時系列順ではなくシチュエーションごとに切り取ったテーマの内容となっていますので、前作を知らなくてもお楽しみいただけると思います。

     本編はPDFファイルで36ページ。
    ・嫌がる委員長に女子たちがウンチを排泄。
    ・ウンチを浴びて気絶した委員長に、女子たちがオシッコを浴びせる。
    ・ウンチを食べられなかった委員長に、お仕置きとしてお尻叩き。。
    ・男子たちで輪姦し、男性器を欲しがる委員長にウンチをおねだりさせる。
    ・口にウンチを排泄されながら輪姦でイッた委員長に、男子たちがオシッコを浴びせる。
    ・ウンチを食べいずにイッた委員長に、お仕置きとして陰部に洗濯バサミを付ける。
    ・委員長の頭に、ウンチを排泄して記念のポーズをとらせる。
    ・委員長の掌にウンチを排泄して、強制的に食べさせる。
    ・委員長に、下痢便のシャワーを浴びせる。
    ・委員長は、ウンチを食べ全身に浴びながらイク。
    ・委員長は、四つん這いで床に落ちたウンチも食べながらイク。
    ・委員長は、男子にお願いをしてウンチの排泄に口を使ってもらい悦ぶようになる。
     オマケとして、本編のセリフ有りとセリフ無しのJPEGファイルを同梱。
     ペイントソフトなどで、ご自身の好きなセリフを書き込んだりして、お楽しみ下さい。

    ※国民(会員)は、国民専用ページにてダウンロード出来ますので、購入しないようご注意下さい。

    続きを読む 投稿 ID 25740

     

  • 『委員長はクラスで虐められています ~食糞便器~』 16-18P

    じゃあ今日は、
    委員長に男子トイレに
    なってもらいまーす

    このあいだは、
    ちゃんとウンチを
    食べられなかった
    んだから
    今度は頑張ってね

    ほら、
    挨拶しろよ

    「私の口に
    ウンコを出して
    ください」ってな

    私が…大便を食べる
    練習を手伝うために
    集まってくれて…
    ありがとう…
    ございます

    今日は……
    男子便所として
    …男子のウンチを
    食べさせて……
    いただきます

    ……私の口に
    ウンチを排泄して
    ください………

    なんか委員長
    乳首が
    勃ってね?

    裸を見られて
    感じてるんだろ

    …はい、
    感じて……
    います…

    こっちも
    見てたら
    チンポが勃って
    きちまったぜ

    ああ、
    一発やりてえな

    まーだ
    委員長との
    セックスに
    飽きないの?

    それこそ委員長は
    精液便所なんだし

    それに
    委員長はフェラ
    上手いしな

    もう、
    男子ったら
    ヤルことしか
    頭に無いんだから

    委員長、
    男子たちが
    ウンコの前に
    大好きなチンポを
    くれるってよ。
    お礼を言ったら?

    は…はい……
    ありがとう
    ございます……

    委員長、
    精液が大好物
    だもんねぇ 続きを読む 投稿 ID 25740