• タグ別アーカイブ: 洗脳
  • 『スーパーヒロインは敗北したい』18/36

    主人公の「おかしなセリフ」は、色を変えるか黒丸を付けて強調することも考えたのですが、自然な方が歪(いびつ)さが不気味で良いかなと思い直して、やめました。
    自分が変わってしまっていることに本人が気づいていないという滑稽さを、読者の視点を蝙蝠女の方へ変更する導線にしたつもりです。
    ……なんだか、自分で解説してるのが滑稽な気がしてきました(;´∀`)

    *********************************************************

    ※掲載している画像は、個人が愉しむ限り改変して構いません。
    The images posted may be modified as long as the individual enjoys them.

    ※作品を他のサイトに転載した場合は、このページを紹介して下さい。
    If you want to reprint it on another site, please introduce this page.

    続きを読む 投稿 ID 25468

     

  • メス国民服従憲章

    韓国には「国民教育憲章」ということがあります。

    1960年代に独裁者「朴正熙」が国民を自分が希望する理念に洗脳するために作られたものです。

    当時はすべての生徒がそれを覚えなければならず、覚えない人は先生に殴を受けたそうです。。

    もちろん現在は完全に廃棄された「旧時代の憲章」です。

    しかし、牝犬ゲボジは男性国民の皆様に尻尾を揺さぶるために、

    その憲章をメス国民にふさわしい内容に変えました。

    是非読んでくださって、この賤のメス犬の頭を撫でてください。

    いや、言い間違いました。言葉のミスです….

    頭ではなく、クリトリスを撫でてください。Gスポットを撫でてください。

    [ メス国民服従憲章 ]

    私たちは男性の皆様に必ず服従しなければならない使命を持ってこの地に生まれた。
    クソよりもっと役に立たない私たちの体を最大に活用して
    死ぬ日まで服従の姿勢を確立して、男性皆さんの性欲解消のために努力しなければならない。
    したがって、我々の進むべきことを明らかにしてメスの指標にする。

    誠実な心とわいせつな体で
    男性の皆様を喜ばせてあげられる性技を学んで身につけて、
    生まれつきの私たちの性感帯を開発して、
    私たちのオマンコをオナホルに使用して、メス奴隷の義務に沿って服従の精神を育てる。

    舌と口マンコを掲げて、男性の皆様のチンポ様を崇めて、
    胸板に淫らにぶら下がっている、おっぱいの間を使用して、
    柔らかくて暖かなパイズリ用の乳マンコでチンポ様たちの性欲を盛り上げる。

    私たちの陵辱と性奉仕で男性の皆様が嬉しければ、
    その喜びが私たちが生きていなければならない唯一の理由というのを悟り、
    “非自由”と“無権利”に見合う責任と義務を尽くして、
    自分からイジメをお願いして哀願するメス精神を高める。

    “男女平等”というバカみたいなうわごとに一緒に抵抗しょう。
    徹底した服従だけが私たちの進むべき道で、
    私たちのオマンコをグショグショすることができる理想だ。

    今もどこかでオマンコを濡らしながら生きている未来のメスたちと共にすることになる、
    ごの素敵な「鬼畜主義」の未来を眺めながら、
    チンポ様たちを入れるための穴だけが唯一価値のあるメスとして、
    心を一つに意味を集めて限りない努力で新しい歴史を創造しょう。

    2014. 8. 12
    オマンコ運動家 ゲボジ