• タグ別アーカイブ: 罵倒
  • ポンコツ奴隷の佐恥子です。

    銀貨様に「捨てる」と言われた佐恥子です( ;∀;)

    ダメダメです。

    捨てられて奴隷じゃなくなったら、本当に生ゴミです。

    共和国の皆様、こんな佐恥子を罵倒してください。

    罵倒されて悦ぶ佐恥子です。

    乳首を勃たせてます。

    虐められて罵倒されて惨めになる姿を見せたら銀貨様に可愛がってもらえるかな……( ;∀;)

     

  • 『委員長はクラスで虐められています~奴隷宣言~』マゾ奴隷宣言

     これにて、今回の作品は完成となります。
     奴隷の誓いのセリフが、地味に大変でした。
     でも愉しかったです(*´∀`*)

    『マゾ奴隷宣言』

    まず…マゾ奴隷となる…私の身分についてです

    私は自らの意思で、あらゆる人権を放棄するとともに、クラスの構成員から外れ皆様に絶対服従し積極的に虐めていただくマゾ奴隷となることを誓います

    虐められて快感を得るマゾ奴隷は変態であり、私は皆様から侮蔑と屈辱と苦痛とを与えてもらえるよう自ら努力いたします

    マゾ奴隷の私には人間として扱われる資格がありませんので、この世に生まれたことを深く反省し、生きていることへの贖罪の態度を示すため、皆様に次のように扱っていただきます

    私はいかなる命令にも絶対服従し、完遂できたかの判断は皆様に委ねます

    命令の遂行に御満足いただけなかった場合には、如何なる理由も問わず厳罰を課していただきます

    マゾ奴隷の私が人間としての尊厳やプライドを持つことの無いよう、常に蔑すんで罵倒していただきます

    マゾ奴隷の私は蔑まれることが悦びなので、皆様から悪口や罵倒を受けたさいには、全てを認めて復唱いたします

    マゾ奴隷である私の体の所有権は皆様にあるので、皆様の好きなように扱っていただきます

    マゾ奴隷の私の顔は、人間としての品位を欠いているので、同様に踏みつけたり叩いたりして醜く歪めていただきます

    マゾ奴隷の私は頭がおかしいので、頭を踏みつけたり叩いていただきます

    ……続きまして、マゾ奴隷の心と体についてです

    マゾ奴隷には内面の自由もありませんので、許可無く悦んだり泣くことは禁止とし、感情も皆様に支配していただいて命令に従います

    マゾ奴隷の私の口は、呼吸や飲食をするだけでなく、オチンチンを咥えキンタマをしゃぶりオマンコを舐める性玩具として使っていただきます

    また、マゾ奴隷の私は人間便器となって、皆様のオシッコを飲んでウンチを食べさせていただきます

    もしオシッコを飲みきれず、ウンチを食べきれなかった場合には、全身に浴びて頭からつま先まで汚していただきます

    その他にもマゾ奴隷の私には皆様と同じような人間としての価値は無いので、少しでもお役に立てるよう人間雑巾になって舌で掃除をしたり人間トイレットペーパーとして皆様がウンチをした後の肛門を舐めさせていただきます

    マゾ奴隷の私のお尻は淫猥なので、猿のように真っ赤になるまで特に痛めつけていただきます

    マゾ奴隷の私のオッパイは卑猥なので、叩いたり乳首を押しつぶしたりして痛めつけていただきます

    マゾ奴隷の私の体は弄んでもらう物なので、人間サンドバッグとして殴ったり、人間ボールとして蹴ったりと、殴る蹴るの暴行をしていただきます

    マゾ奴隷の私は、辱められるのが当然なので、顔や体に落描きをしていただきます

    マゾ奴隷の私の服装は、どのような恥ずかしい格好でも皆様の命令に従います

    そして…、マゾ奴隷の生活についてです

    マゾ奴隷である私の生活は全て皆様に管理していただき、一切のプライベートを持つ権利はありません

    ……マゾ奴隷の私のオマンコは、オチンチンを入れるだけでなく、ディルドやローターなどはもちろん、人間筆立てとして筆記用具を入れたり、人間ゴミ箱としてペットボトルなど様々な物を入れていただきます

    マゾ奴隷の私の肛門も排泄のためだけでなく、オマンコと同様にオチンチンの他に、異物を入れていただきます

    マゾ奴隷の私は、命令により援助交際という名目の売春を行ない、相手から受け取った金銭は、皆様に搾取していただきます

    マゾ奴隷の私は、命令によりクラス以外の人にも奴隷として奉仕いたします

    マゾ奴隷の私は、排尿排便の管理を皆様に委ね、もし排泄の許可を得ずにオシッコやウンチを漏らした場合には、厳しく躾けて
    いただきます

    排泄の許可をいただきましたら、皆様に愉しんでいただくとともに蔑んでもらうために、オシッコもウンチも恥ずかしい姿で
    披露いたします

    マゾ奴隷の私は、自分の排泄物の処理方法を皆様に決めていただきます

    便器や容器を使用したり床などを汚したさいには、舌で掃除いたします

    もちろん……命令されましたら、自分の排泄物を飲食いたします

    マゾ奴隷の私は飲食の管理を皆様に委ね、男子のザーメンや女子のオマンコ汁はもちろん、唾や痰なども感謝していただききます

    マゾ奴隷の私は最下層の存在なので、皆様に挨拶する時は両手をつき地面に額をつけて土下座をいたします

    マゾ奴隷の私は、人間扱いする必要がありませんので、牝犬や牝豚など命令された動物の真似をいたします

    マゾ奴隷の私は、虐めていただくためにいつ如何なる時も日常生活を中断して、皆様の足元に平伏し、歓迎と服従の意思を示します

    この宣誓を取り消せるのはクラスメイトの皆様のみとし、変態で頭の狂った精神異常者であるマゾ奴隷の私には一切の権限はありません

    Screenshot of booth.pm
     

  • オナホールの【人間廃業請願書】

    一枚の銀貨様が
    私に「オナホールには、人間の女として生きる資格は無い」とおっしゃいました。
    心から深く首肯して、人間としての生を廃業することに決心しました。

    『http://b-crystal.org/ecsm/342.html』の文書を参考にして
    人間廃業を請願したら、どうかもらうで下さい。

     

    請願の趣旨
    私ことオナヨンは、人間を廃業することを希望します。
    人間としての人権も尊厳も捨て、
    奴隷や家畜、あるいは玩具や道具、あるいは肉塊や汚物として、虐げられることを強く望みます。
    人々に使役され、忌み嫌われ、罵倒されたり、特に意味も無く暴行を加えられたり、
    痴漢や強姦といったあらゆる性的虐待を受け、辱められて、惨めな一生を送れるようにして下さい。

    請願の理由
    私は世界史の授業時間に’奴隷’という言葉だけ聞いてもチクビが立つなバカメスです。
    私は同じクラスの子たちにいじめられた妄想をしながらオナニーする変態です。
    私はセックス経験もないながらオナニーだけで雑巾マンコになったクソマンコめです。
    私はセックスしたくていつもマンコが濡れているマン汁たれです。
    私はノーパンでアナルに綿棒を8個も入れてコンドームを購入する恥知らずです。
    私は、二本の足で立っているよりも、四つん這いで歩いたり、土下座している姿が自然体だと感じます。
    以上のことから、私には人間として生きていく資格が無いと断言できます。
    人間に生まればならない汚物が、誤って人間になってしまった…と思います。

    2018年 5月 21日

     

     

    署名の捺印はチクビ拓としました。
    最初はマンコ拓とする考えでしたが、なんか細菌感染になることだって… 怖くて… (涙)

    これからは、本当に人間がなく奴隷、女性でなくメスです。 どうぞよろしくお願いします。

     

  • 私のケツマンコを品評してください

     
    こんにちは。 ゲボジです。

    ご主人さまがない野犬のゲボジは、日々に発情した体を抑えきれず生きています。
    悪口を聞きたくて、罵倒されたいです。
    誰でも良いから、私をあざ笑ってくれるように願います。

    それ故に、私のケツマンコを皆さんにお見せしようとします。

    私の本心は本当のマンコを見せてあげたいですが、
    本当のマンコはモザイク処理をしなければならないからです。 (涙)
    けれど日本のAVでケツマンコはモザイク処理なしで出ているのをたくさん見ました。

    だから私のマンコをモザイクなしにお見せするために、ケツマンコをお見せ致します。

     

     <- 前のご主人様が撮ってくれた、私のケツマンコです。 (2017年08月)

     <- さっき撮った、生々しいケツマンコ写真です。

     

    鬼畜共和国の国民の方でなくてもいいです。
    この写真をを見た人様は誰でもいいから、私のケツマンコを品評してください。
    悪口を言って、罵倒して、笑って、恥をください。

    ゲボジはみなさんの悪口を、マンコをひくひくとして待ってます。

     

    P.S: 私のすごく汚いケツマンコを見てくれてありがとうございます。

     

     

  • 旧正月には間に合いました!謹賀新年

    新年のご挨拶が遅れました。
    あけましておめでとうございます。

    共和国のみなさま、今年も佐恥子を罵倒したり、犯してください。

    DSC_1050
    DSC_1056
    DSC_1304

    今年も恥ずかしい格好や淫乱な変態佐恥子をどうぞ便器としても使ってください。
    よろしくお願いします。

     

  • 罵倒されて感じた佐恥子です

    コメントで罵倒されて発情したことを銀貨様に報告したら、オナニーを許可してもらいました。

    でも、オナニーは公開しなきゃ駄目だって……。

    うう……恥ずかしいよう……。

    馬鹿にされて佐恥子の乳首が勃ってます……うう。

    乳首を捻り上げられたいです……いやらしい佐恥子の乳首を引っ張ってください……あうう。

    続きを読む 投稿 ID 21189

     

  • ゲボジは職場でも発情がとまりません。

    こんにちは。ゲボジです。

    ゲボジは今の職場に来ています。
    しかし、ほとんどの職員の皆さんが休暇や外勤に出て、
    現在ゲボジの事務室には私と他の職員の一人がいらっしゃるだけです。

    ゲボジはその方に会議室を掃除すると話して、事務室を出て会議室に入ります。
    そして会議室のテーブルの上に上がってスカートをまくり上げて写真を撮ります。

    01 02 03

    実はオナニーがしたいが.. ご主人樣がお許諾してくれなくてオナニーはできません。

    でも… 職場の会議室でスカートをまくり上げて
    びしょ濡れたパンティーをあらわにしながら、
    マンコをひくひくとすることも十分に馬鹿な真似と思います。

    どうですか? ゲボジがバカみたいですか?
    ゲボジは本当に不快したメスと思いませんか?

    どうか、ゲボジに多くの嘲弄と罵倒をお願いします。

     

     

  • お仕置きを受けました。

    00

     

    1. せっかくの実家に行って、ご両親の家を汚した罪。
    2. ご主人様の命令を受けた後、1時間以内に投稿していなかった罪。
    3. 投稿の内容がご主人様に満足させなかった罪。
    4. 汚いマンコ写真と映像で鬼畜主義人民共和国を汚した罪。
    5. 人間様たちが使用するテーブルの上でオナニーをした罪。
    6. テーブル様を私のマンコ汁と尿で汚した罪。
    7. 雑巾様を私の小便を拭くときむやみに使用した罪。
    8. イクときにちゃんと「イキマス」と話していない罪。
    9. 多くの人間様たちの嘲弄と罵倒を受けなかった罪。
    10. 鬼畜共和国の国民の皆様に
       「オナニーショーを観覧してくださってありがとうございます」という礼を言わなかった罪。

     

    aaaa

    申し訳ありません、皆様。ゲボジは、心から反省しています。
    それでは… ゲボジはまだ残ったお仕置きを受けに行きます。 (涙)

     

     

  • 居間のテーブルの上でオナニーして…

     

    お久しぶりです ゲボジです。
    お元気ですか? ゲボジは最近もご主人様にいじめを受けながら元気にやっています。

    「鬼畜主義人民共和国のホームページに行ってみると面白い投稿が多く掲載されていた。
    しかし,佐恥子さんや, 坂本陽依さんや, サリーさんたちと比較してみても、
    おまえも決して遅れをとらない淫乱メスじゃないか。
    だからおまえも,何か面白いことを投稿しなさい。
    全ての人たちが君が狂った女だということを知ることができるほどで,面白いことを期待する。」

    …と, ご主人様の携帯メールを受けました。

    「今日の夕方までに準備して投稿します」と申し上げたら、
    「だめ。今から1時間以内に投稿しろ」 と追加された命令まで…. (涙)

    ゲボジは私が狂った女ということを誇示するために、居間のテーブルの上でオナニーしました。
    そしてオナニーして, オシッコもお漏らししました。

     

    00

     

    続きを読む 投稿 ID 21189

     

  • SMサークルのはなし

    1. 大学生の頃、地域密着(?)型のSMサークルに入ってました。

    コンセプトはここと大体同じ感じで、女は都合のいいオナホ、男は偉い!というやつでした。

    でも、やはりMの女性は少なく、割とちやほやされる雰囲気でした。

    それが少し嫌で、そういう扱いをしないで本当に都合のいいオナホとして扱ってほしいという旨を、自己紹介のときとか、普通に話すときとか、ことあるごとにそれとなく醸し出していきました。

    そうしていたらある日、メールにある男性から

    車で〇〇まで10分以内に来い。

    ときました。

    アパートからどんなに車で急いでも10分は確実に無理な場所。

    結局、信号に捕まったりして20分以上はかかったと思います。

    その場所について呼び出した男性を探すと、サークルの人達と一緒にお話ししてました。

    遅れてすみません。と謝罪して、挨拶すると、みんなからすごい罵倒されました。

    女のくせに調子にのるな

    やれと言われたこともできない家畜

    無駄な時間過ごした

    とか言われました。もし、周りに人がいたらカツアゲされてるようにしか見えなかったかもしれませんね

    私が、おもちゃになって皆さんを楽しませるので許してください。と言いました。

    そして、私の車に全員乗せてホテルに行くことに。

    履いていたパンツとショーツを取り上げられて下半身裸で運転をすることに。

    緊張で汗だくになったのを覚えてます。

    そして、着いたら服を履いて部屋の中へ

    お風呂にさえ入れてもらえせんでした。

    そして、全裸になって面白いオナニーを見せろ、との命令が。どうしたら面白いかは自分で考えろ、と言われパニックになりました。

    とっさに思いついたのが、自分の足を舐めながらオナニーすることでした。

    そうすると、皆さん笑ってくださいました。

    嬉しかったです。

    そのまま一度いったあと、うつ伏せでみんなに手や足、背中をおさえ付けられました。

    そして、電マを当てられました。正直、刺激が強すぎて少し痛くも感じるので苦手です。暴れてしまったと思うんですが、身動きひとつできませんでした。

    そのあとは、多分なんどもいかされて、やっと解放されました。

    私だけが裸でベッドの上でぐったりしてて、皆さんはお話しに夢中になってました。

    ふと、急にある一人が、

    ひよちゃん、自分のマン毛食ってよ。

    って言いました。

    なんどもいかされたあとでしたので、完全にMモード(?)になっていたので、口答えもえ?と聞き返すこともなく、自分の陰毛を一本むしって下にのせました。

    そして、口の中に入れてもぐもぐしたら、爆笑が起きました。笑われると心臓が子宮が震える感じがして、発情してしまいました。

    こんな感じで、私の努力の甲斐もあって、晴れて私は都合のいいオナホ、都合のいいおもちゃになることができました。