• タグ別アーカイブ: 露出
  • 妄想 02 (クラス奴隷の朝)

    毎日夜明け4時50分に合わせておいたアラーム音を聞いて起きます。

    ご主人様たちが定めたオナホ-ルの起床時間は『タイムリミット : 未明5時』です。

    起きるやいなや携帯電話のカカオトークを開き、ご主人様たちがいたチャットルームに朝の挨拶をします。

    「おはようございます。今日は恥ずかしい一発芸を練習したいです。調教してください。お願いします」

    毎日朝の挨拶には、私からの調教お願いが含まれなければならないというのが規則です。

    私が頼むことができるメニューは計10つ。

    スパンキング、ビンタ、浣腸、アナル拡張、マンコ拡張、ピアス、

    便器調教、家畜調教、野外露出、羞恥一発芸の練習、連続オーガズム。

    この中に必ず一つ以上を、私が自らお願いしなければならないという規則です。

    朝の挨拶を終えると、急いでトイレに行きます。

    奴隷の義務として下着が禁止されたが、一日に一度パンツを着られる時間です。

    もちろん、ブラジャーは着られないが…… たんすの中から持ってきたパンツを早く着ます。

    携帯電話のカメラで自分の姿を動画撮影します。

    トイレの中で犬のチンチン姿勢ができます。そのままオシッコが出るまで待機。

    オシッコを出した後、動画撮影を終え、さっき撮った動画はご主人様たちがいたチャットルームにアップロードします。

    「6月4日、初のオシッコです。オシッコしてくれて、ありがとうございます」

    オシッコを終えた後には、そのパンツを頭にかぶって、自分撮りをしてチャットルームにアップロードします。

    その後、パンツを頭から脱いで、体をぬぐいながらマンコの毛をシェービングします。

    シャワーを終えた後、シェービングされた私のマンコに『チンポ大好き』と落書きします。

    一旦は油性マジックペンで落書きをしますが、1日経てば文字があいまいになって毎日落書きをしなければなりません。

    落書きまでも終わらせたら、私の部屋に帰って髪の毛を乾かして急いで学校へ行く準備をします。

    学校の校則は『7時40分以降の登校は遅刻』だが、奴隷の規則は『7時以降の登校は遅刻』です。

    お母さんが起きて朝食を作ってくれながら「ご飯を食べて、ゆっくり登校しなさい」と言うが、

    私は「朝の空き教室で勉強したら、集中がよくなるから」と述べて、急いで学校に行きます。

    登校をする時も、下校をする時も、バスや地下鉄に乗ることは禁止。

    1時間ほど歩いて学校に到着すれば、6時55分… やっと遅刻をしなかったです。

    教室に到着するやいなや、私が教室の中にある写真を撮ってチャットルームにアップロードします。

    「今の時間は6時55分。遅れないに登校しました」

    それから早く私の机に座って学校の課題をします。

    私がしなければならない課題は、私たちクラス全員の分け前… 私の分け前を含めて計32人の分け前です。

    少ない量ではないために、休まずしてもいつも時間がぎりぎりです。

    さらに… 授業が始まる前まで課題に100%に集中できもないですから。

    「オナホ-ル、おはよう」

    「あ、ご主人様、おはようございます」

    クラスのご主人様が一人ずつ登校をするたびに、私は席に起きてご主人様に近づきます。

    そしてスカートを捲り上げて無毛のマンコをその方にお見せします。

    奴隷誓約書の第2条9項『落書きされたパイパンマンコ』は忠誠の証。

    私のマンコを見たご主人様が私のマンコを触ってたら、私も席に帰って課題を続することができます。

    しかし、ご主人様の中では意地悪な方もあるし、もし私のマンコを見ない振りをしてなら…

    私はスカートを捲り上げた姿で、そのご主人様を付いて行きなければなりません。その方がマンコを触ってくれる時まで…

    ご主人様が私のマンコを触れたり前に、私の勝手に挨拶を終わらせれば罰を受けるようになるからです。

     

    午前8時、0時限の自習時間が開始されます。

    しかし、私たちクラスは、自習時間ではなく調教時間です。

    朝に起きて私がチャットルームに残した調教お願い… それによって0時限の調教は変わります。

    「今日はご主人様たちを楽しくしてのために一発芸を練習したいです。何かリクエストやアイディアありますか?」

    教卓の前に立って私が話を出せば、31人のご主人様たちがそれぞれ自分のアイディアを話します。

    「マンコでバナナ切るのはどう?」

    「全裸で踊って。 あほらしくて淫らにお尻を振りながら」

    「全裸で踊るのなら、アナルに花を生けているのではどう?」

    「めんどりショーを練習して。マンコとアナルで卵を生み、“コケコッコー”とするんだ」

    ご主人様たちこのアイデアを出せば、私を奴隷に落させた大主人(チンピラ)様が一つを決定します。

    「バナナとか、卵は準備ができていないから。今日は全裸ダンスにしよう。その代わり、踊りながら歌って。 バカみたいな歌詞に直して歌って」

    私は拒否できず、その場で服を脱いで踊り始めます。

    AOAという女性アイドルグループの 『짧은치마(ミニスカート)』という歌です。

    ( 韓国語の歌 : https://youtu.be/q6f-LLM1H6U / 日本語の歌 : https://youtu.be/cUZ_73aReb0 )

     

    マンコ広げたが あなたのチンポが遠い

    (날 따먹는 네 자지가 전혀 단단하지가 않은걸)

    優しくしないで 愛が欲しいんじゃないから

    (내 보지는 걸레라서, 맛없는 보지라 정말 미안해)

    どこにいてもマンコグショグショ

    (항상 발정하네 언제 어디든지)

    いくらブサメンたちが隣にきても

    (너무 섹스 하고파 씹물 항상 질질질~)

    望んでいるレイプ 流れるマン汁

    (똥걸레 나의 씹보지, 껌딱지 젖탱이)

    レイプで妊娠されたいから 止めないで

    (똥구멍, 입보지도 자지 대환영 말리지마)

    マンコヒクヒクして 誰かのチンポにメチャクチャなっても

    (씹물 질질싸며 내가 길을 걸으면 모두 강간해줘요)

    このマンコは満たされないの 変態マンコから

    (씹물 질질싸는 보지 따먹어주면 난 정말 행복해)

    ああん~ チンポください ああん~ ザーメンください

    (아앙~ 자지를 주세요 아앙~ 좃물도 싸주세요)

    ああん~ レイプが欲しい ああん~ わたしを犯して

    (아앙~ 강간해주세요 아앙~ 임신할지도 몰라)

     

    ダンスも、バカみたいな歌詞も、すべて大主人(チンピラ)様の命令で、以前から練習してきたものです。

    私は0限目が終わるまで、全裸で歌とダンスをして… またして… またして… またします。

    16回ほど繰り返して全裸のダンスと歌をしますと…. やっと0限目が終わっているチャイムが鳴ります。

    私は服を一枚一枚取り上げて着て… ご主人様たちは『面白い』と『つまらない』を挙手投票します。

    31人のご主人様たち中に『面白い』が16票以上出ると、私はあの日のトイレ使用を許可されることになります。

    しかし… 16票を超えて『面白い』を受けるのはとても難しいです。

    今も、『面白い』はわずか2票だけです。

    「かわいそう~ でも、規則は仕方ないね~」

    そう言いながら、その日の当番であるご主人様が私に与えるのは、成人用おむつです。

    しかし、おむつをつけたとして、オシッコやウンコを勝手にできることもありません。

    私は少し前からウンコからしたい考えが切実したために、

    おむつをつけてすぐにキムダウン様に言葉をかけます。

    今日は6月4日だから、出席番号4番のキムダウン様に許可を受けなければならないからです。

    「あの… ご主人様、わずらわせてすみませんが、オナホ-ルがウンコしたいです。ウンコしてもいいですか?」

    「だめ」

    「ぜひお願いいたします。 ウンコしたいです」

    「少し前、あんたの踊りがつまらなかったから、これは罰だよ。1限目が終わっ時まで我慢して」

    「あ… そんな… ご主人様…..」

    「しきりにうるさくしたら、4限目が終わっ時まで許可してくれないだろう。 それでもいい?」

    「ち、違います。ごめんなさい。1限目が終わっ時まで我慢します」

    キムダウン様は2週前の放課後にカラオケにも一緒に行った友達だったが….

    奴隷になった私はもはやキムダウン様に友情や慈悲を要求できなくなりました。

    1限目が始まって… 授業の間、冷や汗をだらだら流しながらやっとウンコを我慢しました。

    私は休憩時間が始まるやいなやキムダウン様に駆けつけ、土下座で哀願します。

    「ご主人様、わずらわせてすみませんが、オナホ-ルがウンコしたいです。ウンコしてもいいですか?」

    キムダウン様は私を見ることもないし、めんどくさいというように言いました。

    「いいよ。ウンコ発射のカウントダウンは10秒でするよ」

    「はい! ありがとうございます」

    私はすぐにあいさつをして,教卓の前に飛び出しました。

    おむつにウンコをするのもご主人様たちが定めた規則に従わなければならないために、

    私は気をつけの姿勢で右手を高く掲げながら、大声で言いました。

    「オナホ-ル、10秒後にウンコ発射します! 臭いにおいから避難してください! 10… 9… 8… 7… 6… 5… 4… 3… 2… 1… 6月4日、初のウンコです。ウンコしてくれて、ありがとうございます」

    おむつをつけた気をつけの姿勢で、私は教卓の前に立ってウンコをしました。

    ウンコを終えた私はその日の当番であるご主人様に行って話しました。

    「ご主人様、わずらわせてすみませんが、オナホ-ルがウンコしました。 おむつを交代してもいいですか?」

    「ああ」

    「はい! ありがとうございます」

    その日の当番であるユンビョル様は、おむつの交代もよく許してくれてありがたい方です。

    先週金曜日、ユソンファ様は一日中おむつ交代を許してくれなかったです。

    彼に比べると… ユンビョル様は本当に天使のようです。

     

    休みの時間が終わって… 2時間目が始まると、1年生2組は再び平凡な教室に戻ります。

    2限目が終わって休みの時間になると、私は校内売店に駆けつけました。

    そこでパン2個、カップラーメン2個、緑茶(500ml)2個を買って、がつがつ食べ始めます。

    朝ごはんを食べなくてお腹が空いたのは事実だが、こんなにたくさん食べるぐらいにお腹がすいていません。

    しかし、奴隷である私は毎休む時間ごとにパンとカップラーメンと緑茶を1個ずつ食べように命じられました。

    1限目が終わった休み時間にはウンコをしておむつを着替えたから、売店に来られなかったから….

    仕方なく今はパンとカップラーメンと緑茶を2個ずつ食べなければなりません。

    今すべて食べられなければ、3限目が終わった後には、

    パン3個とカップラーメン3個と緑茶(500ml)3個を食べなければならないからです。

    精神なしに食べ物を口の中に突っ込んで、再び教室に戻った時…

    ご主人様の一人が周りにいた友達(他のご主人様)と話をしていました。

    「ほら。 あいつ、今の売店に行って来たんじゃない。確かに体重を増やしているんだよ…」

    「ハハハ… そうだね。 日が経つにつれて、ブス豚になる奴隷を見るのも面白そう」

    「奴隷の分際で、ご主人様たちよりすらりとしてきれいというのは許せないから」

    ご主人様たちは私に毎月5kgずつ体重を増やしと命令しました。

    私が休み時間に売店に行ってパンやカップラーメンを食べなければならない理由は、まさにそのためです。

    『あなたは私たちより太って不細工なければならないから』ということ。

    もちろんたくさん食べると、ウンコとオシッコもたくさんするようになるから… という理由もあります。

    水ではなく緑茶を飲まなければならないのも、緑茶にある利尿作用で私を苦しませているのでしょう。

    「しかし、あまりにもブスになれば、見るの嫌だろ? 後に援交でお金を稼いで来いとさせる時も、ブス豚は商売がだめじゃない?」

    「大丈夫なの。 その時は再び減量するよう命令すればいいから。 減量をできなければ、それはあいつが不誠実ためだ。 いっぱい罰を与えたらいいんだ」

    私は、このような私の立場があまりにも悲しくて、今にも泣きたい気分だったが….

    「あれ? オナホ-ルちゃん、泣きそうね?」

    「あ! ち、違います! オナホ-ルは、ブス豚になることができてとても嬉しいです! ハハハハ….」

    私は偽の笑顔ににこにこ笑いながら私の位置に戻って、次の3限目の授業を準備します。

     

    韓国のメス高校生です。まだバージンです。
    セックスの経験はないが、オナニーはたくさんします。
    いじめられっ子になることが私の願ですが、
    現実では行われていないし、皆さんにいじめを受けたいです。

     

  • 私の幼時の写真を見ながらオナニーしました

     

    こんにちは。 ゲボジです。

    韓国は5月5日が『子どもの日』です。
    日本も5月5日は、似た休日があると知っていますが….
    韓国と日本の違いがあるとすれば『韓国は5月5日が”男の子と女の子”の日』であり、
    『日本は”男の子の日”と”女の子の日”が違う』というのでしょう。

    とにかく、休日だから出勤しないゲボジは、朝からオナニーのオカズを捜し回りました。 (笑)

    満足できるオカズは見つからなかったが、
    『子どもの日だから、幼いゲボジを陵辱してみよう』というグッドアイデアが浮かびました。
    幼時の写真を取り出して、コンピューターで落書きプレイをしてみました。

    続きを読む 投稿 ID 20417

    韓国で住んでいる、韓国のメスです。
    日本のメスでも… 韓国のメスでも… 汚い変態マンコというのは同じだ、と思います。

    私は男様たちに服従するために生まれて,
    皆様のオナニーのオカズになるために生きていきます。 よろしくお願いします。

     

  • リリ(ゲボジ)とビビは一緒に調教を受けました。

     

    こんばんは。本当に久しぶりに来た、ゲボジです。

    その間、よくおすごしでしたか? ゲボジにも多くの事がありました。
    仕えていたご主人様に捨てられて、数ヵ月間、泣きながら何もできず、再び鬼畜共和国に戻りました。
    (何の理由であろうか、これまでログインが全然できなくて… 投稿を残したくてもできませんでした。)

    久しぶりに帰って来て、『再開』という感じでこの前の告白を引き継いで書くのが良いと思いました。

    当時のご主人様は「Asura様」、当時の奥様は「Eliade様」と呼称します。

     

     

     

    この前の告白で述べたように、私はビビと一緒に同居しながら、しばしば一緒に調教を受けました。

    最も多く受けた 『一緒調教』のメニューは野外露出です。
    野外露出はEliade様が一番好きな調教のメニューだったし、Asura様も恥ずかしがる私とビビの顔を見るのが好きたからだと思います。

    Asura様やEliade様は一緒に外出する時に、私とビビが着られる服はいつも一着の外衣だけでした。
    冬には無条件にコート、夏には無条件にワンピース…
    Asura様やEliade様が命令すれば、いつどこでもコートを繰り広げたり、ワンピースをたくし上げなければなりませんでした。

    ほとんど人がないところで命令するときが多かったが、
    たまには人がいるところでコートを繰り広げたり、ワンピースをまくり上げた時もありました。

    『一緒調教』というのは本当にすごいだと思います。
    一人では絶対にできないような命令も、一緒に遂行すればなんだかすることができました。
    釜山に旅行を行って四足でビビと散歩をした時も… もし私一人だったら到底できなかったはずと思います。

    競争心としなければなりませんか? シナジー効果としなければなりませんか?
    ビビよりもっと可愛さを受けたいという気持ちも、ビビがするのに私がしないことはできないという気持ちもありました。

    この前の告白で話したとおり、ビビと一緒に同居しながら、私たちはレズビアン恋人のように愛情を積むことができました。
    しかし、基本的には『一緒調教』で競争する関係だったため、本当の恋人はなれなかったのだと思います。

    ビビと私の競争関係は、お客を接待する時にはもっと分明になりました。
    Asura様やEliade様は SM playerの知人に会う時はいつも私とビビを呼びして、ふたりを競争させました。

    同時にオナニーをして先に行ってしまうメスが勝利、とか…
    同時に浣腸をしてもっと長い間我慢するメスが勝利、とか…
    69の体位でお互いを愛撫して先に行ってしまうメスが敗北、とか…
    お客のチンポに1分ずつフェラチオ奉仕をしてザーメンを受けるメスが勝利、とか…
    カラオケの酒店で、尻を振りながら歌詞を淫語に変えて歌うのは、こっけいだけでした。

    ビビと私は、ほとんど一緒に助教受けて、一緒に管理を受けました。
    体つきの管理、化粧、ヘアスタイル、そしてマンコの毛の管理も一緒にでした。
    Asura様に髭剃りを受けた後、お互いのマンコを広げてくれ、一緒に写真を撮ったこともあります。

     

    そんな日々が苦しい時もあったが、ほとんどは幸福だったのも事実です。
    メスとしてご主人樣の調教を受けながら、
    同じ境遇のメスと同居しながら、24時間ご主人樣のことだけ考えながら生きていく畜生…
    断言できます。それは明らかにメスにとっては、地上の楽園だ、と。

    Asura様、Eliade様、ビビ、リリ(私)…
    このように二人と二匹はその後もしばらく一緒にしたが、残念にも永遠に一緒にすることはできませんでした。

    詳しく話せば少し複雑な話になりますが、ビビが同じ職場の男と浮気をして、それを私も知って、
    それを私たちだけの秘密にすると約束して、それをEliade様の知人にばれて、結局、ビビと私が一緒に捨てられたのです。
    平凡に言えば、信頼を破ったもので、正確に言えば、メス奴隷の分際でにご主人樣をだました不敬罪でした。

     

     

    ご主人さまを失った野良犬になった今、最も懐かしいのはAsura様(それに加えてEliade様も)を仕えた時です。
    今は、いろいろな意味で戻ることができなくなったが、
    今日もこの告白を書きとめながら、3回もオナニーをしたほどです。それだけ幸せだった頃です。

    ここまで読んでくれて、ありがとうございます。

     

    韓国で住んでいる、韓国のメスです。
    日本のメスでも… 韓国のメスでも… 汚い変態マンコというのは同じだ、と思います。

    私は男様たちに服従するために生まれて,
    皆様のオナニーのオカズになるために生きていきます。 よろしくお願いします。

     

  • ゲボジのケツを叩かれるショー

    こんにちは。ゲボジです。

    この前に投稿した文で、一枚の銀貨様がこのようなコメントを書いていだきました。

    こうやって見ると、ゲボジはオッパイは小さいがケツはデカイな。
    ブルンブルンと揺れるこのケツなら、叩きがいがありそうだ。
    ケツを叩かれると、発情した声で鳴くんだろ。

    以前にも告白したことがあるが、ゲボジはケツをたたかれることを好きな狂ったメス犬です。
    しかし、打たれ弱いので、痛いのはどうしても痛いと思います。 (涙)
    微妙な話ですが… 「痛い」を好きじゃなくて、「痛いのを受ける状況」を好きです。
    特にケツを露出して殴られていれば、私が正常な女がないということを自覚することができてもっと好きです。

    まぁ、雑談はここまでにして。

    ご主人様が銀貨様が書いてコメントをお読みいただき、「リクエストに応じなければならない」と言いました。
    ゲボジのケツがどんなに良い音が出る鼓なのか自慢したいとおっしゃって、
    叩かれるショーの動画を撮影して、50回のケツ叩きをしてくださいました。

    あれこれいろんな事があったので、結局ここに投稿する動画は最後の10回しかありませんが、
    それでもゲボジのケツ鼓の音を聞いて、少しでも楽しんてくださればありがたいです。

    前置きが長くなりました。
    それでは、ゲボジのケツを叩かれるショー、見てください。

    gebogi_spanking01  gebogi_spanking02

    続きを読む 投稿 ID 20417

    韓国で住んでいる、韓国のメスです。
    日本のメスでも… 韓国のメスでも… 汚い変態マンコというのは同じだ、と思います。

    私は男様たちに服従するために生まれて,
    皆様のオナニーのオカズになるために生きていきます。 よろしくお願いします。

     

  • 【佐恥子調教】着衣野外露出

     待ち合わせ場所に遅れてきた罰として、合流する前にノーブラノーパンになるように命じました。
     そして外でオッパイとオマンコを露出させた後にホテルに連れ込むと、オマンコはグショグショに濡れていて、服を脱いだ途端に我慢できずにオナニーを初めてしまいました。
     発情を止められない牝豚で、困ったものです。
     もちろん、この勝手なオナニーについてはまた罰を与えることになります。
     そんなことも考えられないくらい、佐恥子は馬鹿で淫乱な変態女です。

    IMG_20160716_015058  IMG_20160716_015116

    うう……銀貨様の命令でノーパンノーブラになることはあったけど、外でそれを見せるよう命令されたのは初めてで………うう、感じました。
    オマンコが濡れて、乳首も勃っちゃってます……うう。
    ブーブー、チンポを恵んでもらうまで我慢できずに………ブヒブヒ、オナニーしてごめんなさい……。
    淫乱な牝豚で………ごめんなさい。
    うう………、でもオナニー姿も見られたいです。
    見られながらオナニーして、余計に感じてしまいました……ブヒブヒ。

    続きを読む 投稿 ID 20417

    鬼畜主義人民共和国の終身大統領。
    主に女性を便器として使用し、家畜として虐待するのを好む。
    趣味で、イラストや漫画の作成、短編小説を書くことも。

     

  • 『委員長はクラスで虐められています ~食糞便器~』 4-6P

    004

    それでは、
    委員長の食糞の
    練習を始めまーす

    結局、
    みんな来てんじゃん

    委員長の初食糞
    見てみたいし♪

    委員長以外の女子が
    ウンコするのも
    見てみたいしね

    バッカ

    はいはい
    みんな静かに

    騒ぐと委員長に
    叱られち
    まうな(笑)

    さぁ
    委員長、
    みんな集まって
    くれたんだから
    挨拶して

    今日は、
    わ…私が……
    大便を食べる練習に
    集まっていただき……
    ありがとう……ございます

    立派な便器……うう、
    人間便器になれるように
    ……頑張ります……

    吐いたら
    許さないからね

    はい……

    出されたモンは
    全部喰えよ!

    分かり
    ……ました

    足りなかったら、
    おかわりも
    させてあげる♪

    ありがとう
    …ございます

    005

    じゃあ委員長は、
    床に寝て
    口を大きく
    開けていてね

    はい……

    暁美
    お願いねぇ

    うえぇ、
    委員長は
    どうでもいいけど
    男子に見られながらは
    やっぱ恥ずかしいわ

    そうねぇ
    男子は後ろに回ってあげて。
    その方が
    委員長の嫌がる顔が見れて
    イイでしょ

    まぁ
    しょうがないか

    あいよ

    じゃあ、
    いっくよ~♪

    「うう……
    他人の肛門が
    こんなに目の前に……」

    「ウンチを
    食べるのなんて嫌」

    「惨めな姿を
    見られるのも嫌」

    「誰か……
    助けて…」

    006

    委員長は、
    みんなに
    見られながら
    ウンチするのも
    好きだよね~

    は、はい……
    見られながら
    脱糞するのも
    恥ずかしくて……
    大好き…です

    アタシわね、
    委員長みたいに
    露出狂じゃなければ
    変態でもないの!!

    委員長のせいで、
    こんな恥ずかしい思い
    させられてるんだから
    迷惑なの!

    うう……、
    私のせいで
    恥ずかしい思いをさせて
    ごめんなさい……

    ちゃんと、
    お礼を言ってよね

    わた…私のために、
    恥ずかしいことを
    してくださり………
    ありがとう
    ……ございます

    こうして…
    本物の便器に
    なれることを……
    心…から……
    感謝して…います

    鬼畜主義人民共和国の終身大統領。
    主に女性を便器として使用し、家畜として虐待するのを好む。
    趣味で、イラストや漫画の作成、短編小説を書くことも。

     

  • 『委員長はクラスで虐められています ~食糞便器~』 1-3P

    001

    「私はクラスで
    虐められています」

    「クラス委員長で
    あるのと同時に、
    クラスの奴隷と
    なった私は、」

    「みんなの前で
    全裸になって、
    公開オナニーや
    公開排泄はもちろん、
    野外露出もさせられ」

    「犬として
    恥ずかしい芸を
    仕込まれたり、
    豚や鶏のモノマネで
    辱められた挙句、」

    「男子たちに輪姦され、
    精液便所として
    扱われています……」

    は~い委員長、
    今日も放課後は
    トイレ係ね♪

    はい……、私は
    クラスみんなの
    トイレです

    糞するから
    先に行って
    用意しとけよ

    はい…矢作様、
    男子トイレで
    お待ちしています

    お待ちして
    いました
    矢作様……

    どうぞ
    この人間便器を
    お使いください

    あの……
    オチンチンは
    おしゃぶり
    いたしますか?

    糞するって
    言っただろ!?

    チンポなんか
    便器には
    贅沢なんだよ!
    ケツの穴を舐めろ!!

    ……贅沢を言って
    ごめんなさい

    肛門を
    舐めさせて
    いただきます

    へへっ、
    委員長の舌は
    気持ちいいぜ

    私も…肛門を
    舐めると舌が
    気持ちいいです

    矢作様の肛門、
    とても
    美味しいです

    便器には、
    俺の糞も
    旨いだろうよ

    はい、
    矢作様のウンチを
    美味しく
    いただきます

    便器にはウンチが
    ご馳走です。
    私の口の中に直接、
    たっぷりとウンチを
    排泄してください

    「でも最近では……、
    私とのセックスにも
    飽きた男子からは、
    本物の便器として、
    大便の排泄に使われる
    ようになりました」

    002

    「宮野明日香さんが
    中心になって、
    私からの告白という形で
    虐めのメニューを
    強制的に懇願させられます」

    は~い、
    みんな聞いてェー!!
    変態な委員長から、
    皆にお願いが
    あるそうでーす!

    私……藤原奈津紀は、
    クラス委員長を……
    務めていますが………、

    人間便器に…なりたくて、
    ……トイレ係も………
    兼任して…います

    で、でも……
    小便を飲ませて
    いただいているだけで、
    まだ大便を……
    食べたことが
    ………ありません

    そんなんじゃ、
    トイレとして
    役に立たないわねぇ

    で…ですから……
    立派な人間便器に
    なれるように……
    私に……大便を
    ……うう、
    ウンチを食べさせて…
    ください……

    うわっ、
    キモチワル~イ

    聞いてるだけで
    吐き気が
    してくるわ

    キチガイね
    委員長

    どうしたら、
    委員長みたいに
    頭おかしく
    なっちゃうの?

    勉強のしすぎが
    いけないんじゃ
    ねーの(笑)?

    やっぱり委員長、
    変態なんだぁ

    はい……
    変態…なんです
    だ……
    だから………

    皆のウンチを……
    食べさせて…ください。
    ……私を……
    便器として………、
    ウンチを排泄するのに
    ……使ってください

    003

    「男子たちからは、
    毎日のように
    輪姦されて
    『精液便所』と呼ばれ」

    「クラス全員の
    オシッコは、
    もう何回
    飲まされたのかさえ
    覚えていません」

    委員長は
    私たちの奴隷に
    なることを誓って
    真面目に
    役に立とうと
    考えてくれてる
    ようです

    せっかくなので、
    協力してあげたいと
    思いますが、
    みんなはどうですか?

    それ、
    みんなの前で
    ウンコするってこと
    でしょう?

    他の女子の
    ウンコするとこ
    見てみてぇ

    委員長みたいに、
    みんなに見られながら
    排泄するのが
    好きなんて変態
    普通いないでしょ

    それじゃあ今回は、
    希望者だけ
    参加ってことでどう?

    じゃあ、
    そういうことで

    良かったわね
    委員長

    ウンチを
    食べられるって

    もっと
    喜べよ
    委員長さ~ん

    キャハハッ、
    頑張ってね~

    は…い……

    みんな
    委員長のことを
    応援してるから

    ありがとう……
    ございます…

    「そんなの…嫌……、
    ウンチを……
    食べるなんて…嫌……」

     

     

    鬼畜主義人民共和国の終身大統領。
    主に女性を便器として使用し、家畜として虐待するのを好む。
    趣味で、イラストや漫画の作成、短編小説を書くことも。

     

  • SMサークルの話3

    今回は監禁プレイの話です。あと、汚い話しなので苦手な方はお許しください。

    需要があるか分かりませんが、自分がした変態行為で誰かが興奮してくてると思うと興奮してしまいますので書きますね。すみません。

    監禁されたいというのは多分小学校高学年くらいの時に芽生えた性癖です。アニメ(確かポケモン…?)でなんか捕らえられるシーンがあってそれで興奮してました。

    なのでやってみたかったプレイとしては最高ランクだったのです。

    そこで、会長と話をして、夏休みの時に二泊三日で、ある防音のあるマンションで監禁してもらえることに。

    このマンションはサークル全体で所有してる所なんですが、あんまり詳しく書くと流石にばれてしまうと思うので説明しません。

    そして、当日、お財布とケータイだけ持っていきました。急にさらわれたら持ち物なんてそんなに無いかなっと思ってお泊まり用の着替えとか化粧道具とかもなんにも持たないで行きました。

    部屋に入ると三、四人もういて、すぐいじめてもらいました。服を脱がされ、ベランダでオナニーしてろ、と命令されました。

    カーテンも閉められたのですが向こうからはこちらが見えるのでマジックミラーみたいになってました。わたしは何も見えないし、外だしですごく緊張感のあるオナニーでした。露出というか野外はやはりいつまでたっても慣れませんでした。

    3回くらいいったころには入れてもらえました。初日集まったのはわたしを抜いて五人くらいでした。

    最初は想像通り普通にまわされたのですが、口にギャグボール、頭に紙袋を被せられて犯されました。

    これは精神に来ましたね…。お前の顔とかどうでもいいからやらせろと言われてるような、女としての価値や尊厳が全部無しになった気がしました。それにちょっとした目隠しにもなってました。

    終わったら外してもらえましたが、酷く喉が渇いてまして、水が飲みたいですと言ったら、お茶が飲めるわけもなく、洗面器にした自分のおしっこを飲まされました。

    この時に、芽衣ちゃんがマンションに入ってきました。芽衣ちゃんというのはこのサークルで知り合った子で、一つ下のMの人です。年が近い女の人は芽衣ちゃんしかおらず、自然と友達になってました。

    あれ?芽衣ちゃんも監禁プレイするのかなっと思ってたら料理を作りに来たとのことでした。ただ、この時妙に不自然な様子でした。

    材料を買ってきていて、すぐ作り出したのですが、ある人が、「お前も材料出して手伝え」と言って卵をといたボウルをわたしに突きつけて、「この中にマン汁を入れろ」と言ってきました

    もしかして、そういうもの食べさせられるのかな…とちょっと怖くなりましたが、またがって一生懸命オナニーしました。見ると芽衣ちゃんも服を脱がされてフェラチオをしてました。わたしのボウル待ちかなと思い、頑張ってマン汁をボウルに落としました。

    もともとマン汁とか分泌されやすいほうなのでしばらくやってるとたくさん出たと思います。

    それを芽衣ちゃんに渡して、料理の続きをしてもらいました。私はテーブルの前で正座してろと言われておまんことあなるにバイブとパールを刺して正座して待ってました。

    しばらくすると芽衣ちゃんがお皿を持ってきました。簡単なサラダとオムレツでした。でも、オムレツは私のマン汁入りと思うと少し怯みます。

    周りのみんなは妙ににやにやして「食べなよ」と言ってきます。

    いただきますの挨拶をして、スプーンを手にとって食べようとすると、芽衣ちゃんが「ごめんね…。まだ…その完成じゃないんだ…」ってすごく小っちゃい声で言いました。

    「え?」っ返事をしたら、芽衣ちゃんがテーブルの上に乗って皿の上にうんこ座りをして、踏ん張り出しました。

    この時点ですごく動揺してました。そして芽衣ちゃんのうんちがオムレツの上に置かれると同時にほとんどパニックになってました。初めての食糞、しかも唐突ですからかなり焦りました。

    頭が真っ白になってるうちに横のサラダに芽衣ちゃんがおしっこをかけて、「召し上がれ」って泣きながらいってきました。

    恥ずかしさと申し訳なさで泣いちゃったのでした。芽衣ちゃんは優しい子です。ちなみに周りは終始笑ってました。悲しいです

    オムレツだけ食べると、普通のオムレツなんですが、私のマン汁がだまになってたのか、部分部分生臭いにちゃっとした感じのところがありました。

    うんちを食べるのをためらっていると、15分で完食しなかったら、芽衣と一緒に鞭打ちのお仕置きと言われました。

    芽衣ちゃんはMなんですが、痛いのはダメなほうでした。

    私はこの一言で焦ってしまい、うんちを食べました。

    ものすごく臭くて苦くて吐いてしまいました。

    それでも食べなきゃと思い、二口目で噛んで飲み込めましたが、3口目くらいで胃の中から吐いてしまいました。

    悪戦苦闘してるととっくに30分経ってました。

    それでも、45分経過ころには3分の2とサラダは食べれました。

    周りのみんなはもう飽きてたんですが、一人の方が思いつきで、

    「こいつ食うの遅いから、芽衣ちゃんが噛んで口移ししてあげなよ笑」

    と言いました。

    その結果芽衣ちゃんと二人で泣きながら口をうんちまみれにしながらディープなキスをしまくることになりました。

    芽衣ちゃんは自分のうんちを食べることはめになりましたし、私は自分のマン汁を食べるはめになったのでおあいこでしょうか?

    結局食べ終わったあと鞭打ちでしたが、芽衣ちゃんはバラ鞭で5回ですんでましたが、私は最終的に50分くらいのオーバーでしたので50回打たれました。

    芽衣ちゃんが私の鞭打ち役にされて、遠慮がちに打ってはまたやり直しさせられて、というふうに結局は50回以上は打たれました。

    その後、その流れで芽衣ちゃんが女王様役でSMレズプレイショーをさせられました。

    芽衣ちゃんがすごく遠慮がちに

    「ここがいいんでしょう?」

    「どうして欲しいか言ってごらん?」

    みたいにテンプレみたいな言葉責めを恥ずかしがりながら言うので見てるみんなも責められてる私もがいいなあと思いながら楽しみました。

     

     

     

     

     

  • SMサークルの話2

    一枚の銀貨様に褒められたので続き報告しますね

     

    たくさんあるので、最初にした露出の話をします。

    その日はラブホテルで皆さんにおまんこを使っていただいてました。

    全員で五人の方にまわしてもらってました。

    その時にAさんが露出させようって言いました。

    私は露出は怖かったので、おまんこでご奉仕するのでそれは許してくださいって言いました。そしたら、Aさんに軽くビンタされながらうるさいって言われました。

    ベッドで寝ながら黙ってることにしました。

    私が会話に入らないまま、私の露出計画は進んでいきました。

    Aさんの家に私の身体が隠れるくらいのロングコートがあるから車で行って取ってから行く。

    車でちょっと遠くの海沿いにあるでっかい公園に行ってそこでやらせよう。

    一時半にこのホテルを出発。

    ということに。

    一時半まで、私がオナニーをして楽しませたり、おしっこを飲まされたりして時間を潰しました。

    そして、出発。今回はBさんの車でBさんの運転で、行くことになりました。

    私は後部座席で全裸でAさんとCさんと乗ってました。

    でも、通報されたらまずいので、足を下ろすところで寝そべってお二人に踏んでもらう形で乗ってました。お尻を踏まれたり、頭を踏まれたりして濡れてしまうほど興奮しました。

     

    そして、公園に着きました。私が裸と靴にロングコートをきて、周りに皆さんがいるというフォーメーションで公園を散歩しました。

    人はいませんでしたが、時折コートを没収された時は心臓が破裂するほど緊張しました。

    ベンチの上でしゃがんでオナニーをしてイくまで没収されたり、犬のマーキングの格好しておしっこが出るまで没収されたりしました。

     

    最後に、海沿いの砂浜でウミガメの産卵ごっこをさせられました。

    それは、浣腸してもらい、四つん這いになって波打ち際らへんでうんちをするというものです。

    当然その時はコートは没収され、すごくはずかしかったですし、うんちは許可制で許可無しに出したら置いていくとか言われました。

    なんどもなんども、皆さん産卵させてくださいお願いしますと懇願し、やっとお許しをもらいました。その頃には汗でびっしょりになってました。

    Aさんがここで、海を汚したらだめだと言って、私のお尻の下に私が今日着てきていた服を敷きました。

    そのことに気づいて止めようとしたのですが、もう我慢できず服の上にうんちをしてしまいました。

    私はすごく惨めで泣きました。

    皆さんはそんな私を見て大笑いし、足で小突いたりして、体が砂まみれになりました。

    そんな扱いを受けても興奮して濡れてしまってましたので私は狂ってるのかなとその時に思いました。

    服を洗ってこい、と言われてトイレに行ったのですが、使っていい水は男子トイレの大便器に溜まってる水だけだと言われて、泣きながらアライグマのように洗いました。

    帰りに頑張ったご褒美ということで、Aさんの家にあったおかしを貰いました。なんだかすごく嬉しかったです

    これが初めての露出体験です。

     

  • マゾに目覚めたきっかけと、ご主人様との日々

    長文失礼します。

    私がSMと出会ったきっかけ、マゾに目覚めてからの事です。

     

    私自身PCが普及し始めた世代であり、また父親が仕事の関係でPCを持っていたこともあって、早い段階からPCに触れる機会がありました。
    思春期真っ只中の中学生の頃、興味本位で怪しいサイトに色々検索して、SMについて知りました。
    その頃はまだ漠然としていましたが、自分はM側の立場であるという自覚は何となくありました。
    それ以降、乳首を抓って見たり、裸になって大きく股を開いてみたり、オマンコを限界まで広げて見たりと、覚えたてのオナニーが少しずつ変化していきました。
    ネットで読んだSM調教物の投稿体験談で妄想しながら、少しでもマゾらしくなるようにと、半ば自己暗示に近かったのかもしれません。

    アナルにもその頃から手を出し始めました。お尻の穴を開発されたらもうノーマルじゃない、マゾ女の仲間入りだって思い込んで。
    指やペン、プラスチック製の玩具などを入れていましたが、次第に物足りなくなってきて…。
    高校生になってしばらくして始めたアルバイトの初給料の一部を使って、通販でアナル用の玩具とアナル用のローションを買ってしまいました。
    その時はまだアナルで感じるまでは行っていませんでしたが、アナルに物を入れてオナニーすることで普通にオナニーするよりもずっと気持ち良くて。
    完全に嵌ってしまって、ボールが繋がったものやバイブ機能があるものなど、その後も色々購入して。
    今はもう普通のディルドくらいなら入りますし、三日に一度くらいの頻度でアナルが疼くのを合図にオナニーするようになりました。

    またアナルとは別に、露出と拘束にも興味を持ちました。
    露出も同じくネットの画像を見て、どうしてもやりたくなってしまって。
    試験勉強と偽って家族が寝静まった深夜、服を全部脱ぎ捨てて、靴だけ履いて勝手口から外に出ました。
    今まで感じたことのない不安と緊張に恐怖感にドキドキしながら、身体を隠しながら門をそっと開けて外に出ました。
    もうそこからは頭が混乱状態で、ずっと暴走していました。
    身体を隠すのを止めて手を後ろで組み、足を開きながら家の前の道路を歩き始め、家を数件挟んだ先にある自販機の前で飲み物を購入して飲み。
    それだけじゃ満足できず、そこからは犬のように四つん這いで帰り、途中で犬らしく電柱におしっこしたり、道路の真ん中でうんちをしたりしました。
    最後は自分のうんちを前にして、大きく股を開いてオナニーまでして…。
    してる最中はずっとドキドキが止まらなくて、でも翌日おしっこの跡や車に潰されたうんちの残骸を見て、すごく恥ずかしくなって。
    何より見つかったら家族に迷惑がかかると今更思いつき、それ以降は止めてしまいました。

    ここまでが自分でやっていたことで、次に好きになったのはご主人様に勧められた拘束具です。
    首輪、アイマスク、緊縛、口枷、鼻フック、乳首クリップなどです。
    一つ一つ装着していく毎に自分が生まれ変わる感じがして、きつく出来るものはきつく締めて、痛かったり苦しくてもそれが気持ち良くて。
    感じる苦痛と快楽が、自分がよりマゾに、より変態になったんだと実感できて心地よい刺激となっています。

    それと、最近では土下座オナニーも始めてしまいました。
    服を全部脱いで、拘束具を装着して、アナルに玩具を入れて。
    床に跪いて、ご主人様に土下座するんです。
    そのまま両手をオマンコに持っていき、足も大きく開いてがに股になります。
    当然自重で前のめりになるので、顔面が床に押し付けられます。
    フックで吊られ醜く歪んだ豚状態の鼻は押し潰され、唇も同じく床に目いっぱい力強く強制キス。
    呼吸が不安定になる中、ご主人様への服従宣言と自分を辱める言葉を言いながら、オマンコとアナルを弄ります。
    頭の踏つけやお尻叩きをして頂きながら、より惨めになるように腰をヘコヘコさせ、「ブヒ」や「フゴ」と豚のように叫び果てます。
    このオナニーは本当に惨めで恥ずかしくて、でもすごく感じてしまい、この後ご褒美でご主人様に犯して頂けるんです。

    長々と長文失礼しました。
    以上で終わりです。