『生も死も捧げて……』 ~食用家畜奴隷・椿鍋~(国民限定)

 私は体を切り刻まれる事を妄想してイクような変態女です。
 こんな私には人間として生きる資格はありません。
 いえ、そもそも人間として生まれてきたのが間違いです。
 きっとウンチと間違えて生まれてきてしまったんです。
 ですから、私を本物の大便にして下さい。
 私の体を切り刻んで食べて下さい。
 私の血を飲んで肉を噛み砕いて下さい。
 内臓も脳味噌も引きずり出して、私を食べ尽くして下さい。
 そして私を皆様の胃でドロドロに消化して、ウンチへと変えて下さい。
 皆様の肛門から、臭くて汚い糞としてひり出して下さい。
 こんな汚らしい糞の私ですが、お庭に肥料として埋めていただければ、きっと奇麗な花を育ててみせます。
 私のような変態女は、糞になるぐらいしか能がありませんが、皆様のお役に立てれば幸せです。

食肉用家畜奴隷・椿

この記事の続きは、『鬼畜主義人民共和国』の国民にのみ公開されています。
国籍申請のご案内

既存ユーザのログイン
   

コメントは受け付けていません