「洗濯バサミを20個ほど用意しました」

報告者:えつこ
 はじめまして、このたび鬼畜主義人民共和国の男性国民の皆様へのご奉仕をさせて頂く為に入国を許されました淫乱マゾ・えつこと申します。
 昨日、入国を許されましたばかりで、どのような事を書いたらいいのかまだわかりませんが、私の嗜好としましては羞恥や露出はもちろんの事、鬼畜に責めて頂くのが何よりも大好きです。
 男性国民の皆様にはえつこの淫乱な肉体でしたらどこをご調教頂いても拒否をする事はございませんが、特に とても淫乱なクリトリスとアナルのご調教をお願い申し上げます。
 協和国内で男性国民様といつお会いしても良い様に致しますので、これからよろしくお願いいたします。


命令者:一枚の銀貨
 淫乱マゾのえつこは、洗濯バサミでクリトリスを弄られるのが好きなんだな。
 じゃあ、今までにこんな事もしたのか?
≪命令≫
 洗濯バサミにタコ糸を付けて、それを複数用意しろ。
 土下座をして、「虐めて下さい」とお願いしたら、洗濯バサミを体に付けるんだ。
 、乳房、舌、そしてマンコにもな。
 そのまま後ろに倒れ掛かるようにして、洗濯バサミが外れる瞬間の苦痛を味わうがいい。


 
報告者:えつこ
 お返事が遅くなりまして申し訳ありません。
 一枚の銀貨様、ご命令をありがとうございます。
 本日、実行いたしましたのでご報告いたします。
 ご命令を頂き、お風呂で身体をお清めしましてから、自室に戻りご命令通りに長めのタコ糸を結んだ洗濯バサミを20個ほど用意しました。
 パソコンの前でこちらの掲示板を開き、土下座をして「虐めて下さい」とご挨拶をさせて頂きましてから、パソコンを乗せているテーブルの左右の足に10個ずつ洗濯バサミを結びつけ、タコ糸がピンと張るようにしながら、乳首を1つの洗濯バサミで挟み、乳房には乳首を囲むように6つずつの洗濯バサミを挟み、土下座をしている足を思い切り開き、マンコのビラビラに左右2つずつ、計4つを取り付け、舌に2つの洗濯バサミを挟んで、そのまま後ろに倒れ洗濯バサミが外れる瞬間の苦痛を味あわせて頂きました。
 外れた瞬間は上半身から痛みが走り、間髪を入れずに下半身からの痛みが心地よくて身体の隅まで痺れた感じがしてとても気持ちよかったです。
 その直後にクリトリスを触ってみましたら、クリトリスがいやらしく勃起していました。
 今回のご命令の中にはクリトリスを挟むようにとはありませんでしたので、クリトリスには洗濯バサミは付けませんでした。
 次回のご命令を頂く時には、クリトリスに洗濯バサミを付けるようにご命令が頂ければとてもうれしいです。
 ご命令頂きましてありがとうございました。


命令者:一枚の銀貨
 洗濯バサミの数は指定しなかったが、20個も用意するなんて本当に変態だな、えつこは。
 乳首の周りに施した洗濯バサミが、変態の牝奴隷にはお似合いのアクセサリーだ。
 自分でクリトリスを責める事を求めながら、命令に無いからと遠慮したのも良いな。
 これから開発していくのも楽しみだ。
 次の命令を待っていろ。

LINEで送る
Pocket