「人には絶対言えない恥ずかしい性癖を皆様に公開」

メス奴隷・後藤あかね
 一枚の銀貨様、後藤あかねです。
 国籍を交付して頂きましてありがとうございます。
 当然パソコンの前の今の私は全裸です。
 したがって入国に際しても全裸と言う事になります。
「女性国民にはちょうどふさわしいじゃないか」と、マスターも仰せです。
 稚拙な告白メールですが、あかねの恥を今回も晒させて頂きます。
 前回の自慰告白から5日しか経っていませんが、またしても仕事上のミスを冒してしまった私は、昼間から自慰をしてしまいました。
 生理前と言う事もありますが、精神的に不安定になると私はいけない事をしてしまいます。
 お昼前に銀行に行ってそのまま外で昼食を済ませて来る事にして会社を出て、用事を済ませた後最近出来た公園のトイレに入りました。
 ここは普段から人が少ないのですが、今日は雨だったので誰もいませんでした。
 今日は自分でもどうしようもないほど自慰をしたくなる程昂ぶっていました。
 服を脱いでパンティーだけになって自慰をしてしまいました。
 手を使った自慰はできませんので、洋式便座の蓋を起こした時のストッパーが壁から10cmぐらい突き出て先端にゴムが付いている部分にパンティー越しに股間を擦り付けていきました。
 まるでリンボーダンスの様な格好です。
 すでにオマンコ汁で濡れていたパンティーは表まで染みてゴムの部分を湿らせていました。
 クリトリスを強く擦り付けながら、両乳首も壁に擦り付けていきました。
 3点を刺激していると5分もしない内にイッテしまいました
 昼間の公園のトイレでパンティー1枚の姿で自慰でイクなんて、そして午後はその汚れたパンティーのまま仕事をするなんて、あかねはなんて恥ずかしい女なんでしょう。
 しかもそれを全裸でマスターに報告し、皆様に公開され辱められる事を望むなんて。
「それはお前がマゾだからだよ、今もオマンコをこんなに濡らして!」とマスターがあかねのオマンコでピチャピチャと音を立てられています。
「はいそのとうりです。あかねはマゾです。マスターの性奴隷です。そして人には絶対言えない恥ずかしい性癖を皆様に公開させて頂く、鬼畜主義人民共和国の女性国民・メス奴隷です」。
 この後いつもの様に性器結合でマスターの性処理を務めさせて頂きます。
 コンドームはあかねで自身の手でマスターのペニスに装着しています。
 最初はとてもむずかしくて失敗も多かったのですが、最近はだいぶうまくなってきました。

LINEで送る
Pocket