「お尻の穴に蝋燭を入れました」

命令者:ひでぼんず
 レミちゃんに命令します。
 肛門にろうそくを差し込んで火をつけなさい。
 10分間経ったら火を消す事を許してあげよう。
 やり終わったらすぐにここに報告を書き込む事。



報告者:レミ
 ひでぼんず様。命令を見ました。なんか、とても恥ずかしいです。
 でも、命令なので、今日学校から帰ってから、やりました。今でも、お尻の穴が痛いです・・・・・・。
 まず、ロウソクを探しました。
 家には仏壇があるのですが、仏壇のロウソクは、すごく細くて、これではひでぼんず様が許してくれないと思ったので、もっと太いのを探しました。
 それで、押し入れの中を探したら、非常用のロウソクが出てきました。太さは、直径1センチメートルくらいでした。
 これを使おうと決めました。
 私は、自分の部屋に戻って、扉に鍵をかけました。これなら、誰にも見つからないからです。
 深呼吸をしてから、スカートとパンツを脱ぎました。
 恥ずかしかったのですが、そのままの格好で、しゃがみました。
 足を開いて、お尻の穴を触ってみました。
 お風呂以外でここを触ったのは、初めてです。
 ロウソクを入れようとしましたが、全然入りません。ロウソクの根元が、細くなっていないから入らなかったのだと思います。
 どうすれば入るのか分からなかったので、ロウソクの根元をお尻の穴の所に当てて、指でぐいと押して入れました。
 そうしたら、お尻の穴がロウソクに無理矢理広げられて、すごく痛かったです。でも、血は出なかったみたいです。
 あまり奥まで入れるのは恐かったので、たぶん2センチメートルも入れなかったと思います。
 それから、ロウソクに火を点けようとしたのですが、手がふるえて、なかなか点けられません。四つん這いにもなりましたが、
 結局、ロウソクに火は点けられませんでした・・・・・・・。ごめんなさい・・・・。
 でも、お尻の穴にロウソクを差したまま、10分間、我慢していました。そのおかげで、お尻の穴は、今でも痛いです・・・・。
 そのあと、ロウソクを抜きました。ロウソクの根元が汚れているかなと思ったのですが、なにも付いていませんでした。
 そのまま、パンツとスカートを履いて、私はロウソクを元の場所に帰しました。これで報告を終わります。

Pocket
LINEで送る