【佐恥子調教】牝豚に鼻枷と口枷をして鞭打ち

 佐恥子は牝豚のくせに、すぐに人間の真似をして人間の言葉を話そうとします。
 その言葉は決まっていて、「変態じゃないもん」とか「痛いのは嫌です」といった抵抗の言葉です。
 しかし普通の人間なら、ションベンを飲んだりウンコを咥えたりして発情するはずがありません。
 そこで佐恥子に、牝豚としての自覚を持たせるため、鼻枷と口枷をしてやりました。
 P1270887 P1270883

この記事の続きは、『鬼畜主義人民共和国』の国民にのみ公開されています。
国籍申請のご案内

既存ユーザのログイン
   

コメントは受け付けていません