『生も死も捧げて……』 ~宣誓~

宣誓

 私は一枚の銀貨様の奴隷です。
 心も、身体も、銀貨様のものです。
 銀貨様のご命令は、なんでも聞きます。
 奴隷になれたことを幸せに思っています。
 銀貨様の思うとおりに、使っていただきたいです。
 銀貨様の奴隷として、国民の皆様に椿のみだらな姿を見ていただくよう、御命令いただきました。
 銀貨様に喜んでいただけるよう、国民の皆様に提供された私を存分に虐めてください。
 銀貨様のために、皆様のご命令を実行していきます。
 銀貨様の奴隷として、どんなみだらな事も実行いたします。
 銀貨様所有の奴隷椿を皆様の性玩具として、精液処理の肉穴として、お使いください。

2001年2月21日 大統領直属奴隷・椿

 椿は土下座してまで奴隷になることを誓いました。
 椿の頭の中には脳味噌は入っていないのかもしれません。
 そんな椿の頭を踏みつけてあげて下さい。
 私は奴隷として奉仕するために生まれてきました。
 私の頭の中には脳味噌の代わりにスケベ汁がつまっています。
 そんな私の頭は踏みつけていただくくらいしか役に立ちません。
dogeza01
 土下座しすぎて、椿の足が鬱血してきました。
 しかし椿は、命令が無ければ頭を上げることは許されません。
 少しでも椿が命令に背く時には、思い切り蹴飛ばしてかまいません。
 私は這いつくばって生きる牝奴隷です。
 私の全ての行動は、命令によって決定されます。
 息を止めろと命じられれば、たとえ死ぬことになっても従います。
dogeza02
 椿のマンコはチンポを咥えるためにあります。
 肛門も、椿のは排泄するためではなくチンポを咥えるためにあります。
 だからこそ椿は、肉穴奴隷なのです。
 私のオマンコはオチンチンを入れていただくための穴です。
 お尻の穴も、私の場合は精液を排泄していただくための便器です。
 ですから私は、ただ穴が開いてるだけの肉の塊です。

dogeza03
【名前】 糞豚奴隷・椿
【生年月日】 1971.10.17
【血液型】 A
【家族構成】
【職業】 飲食店経営
【趣味】
【特技】
【得意なスポーツ】
【好きな色】青
【得意な科目】
【苦手な科目】
【クセ】 顔をさわる
【性格】
 人前ではしっかりしている所を見せるけれど、実は、ぼーっとしていて、いやらしい事ばかり考えている。
 負けず嫌い。素直じゃない。けれど、”この方なら”という方には、服従します。

【告白あるいは希望する調教】
  本格的にSMをしたことはありません。
 が、羞恥、露出、緊縛に興味があります。
 露出は、ノーパン、ノーブラ、上はフリースのジャンパーだけで外に出て、胸を出しながら(ほんの数メートルですが)歩いた事があります。
 太ももまでぬるぬるになるぐらい濡れていました。

Pocket
LINEで送る