牝奴隷のサツキ『オマンコ切腹で死にます!』の巻 (C.V斎藤千和)(国民限定)

 皆様、初めまして。牝奴隷のサツキです。
 今夜はこのサツキの屠殺に御立ち会い頂けるんですね。
 はぁ、もうすぐ屠殺されるのかと思うと、興奮で手が震えます。
 オマンコもぐっしょり濡れてます。
 興奮しすぎて、失敗しちゃうと困りますね。サツキの最後の晴れ舞台ですもの。
 落ち着ける様、少しお話を聞いて頂けますか?
 サツキも今まで、何人も先輩牝奴隷の屠殺を間近で見ました。
 みんな、とても綺麗でしたよ。
 ロープで首を絞められたり、ギロチンに掛けられたり。
 電気椅子で感電死させられる先輩も居たナァ……。
 でも、サツキはやっぱりオマンコ切腹が大好きでした。
 刃物を使って、自分で自分のオマンコを突き刺すんですよ。
 オマンコから血が噴出して、ホント、凄いナァって思いました。
 だからサツキも、オマンコ切腹で死ぬ事に決めました。
 勿論、御主人様に介錯をお願いしましたけどね。
 なんだか、話していると、余計に興奮しちゃいますね。
 これじゃ、逆効果ですね。
 あ、御主人様の準備も出来たみたいです。
 それじゃ、オマンコ突き刺して死ぬところ、良く見てて下さいね。
 では、サツキ死にます!  seppuku01b

Pocket
LINEで送る