妄想オナニーショーをしました

昨日一枚の銀貨様とチャットをした後、一枚の銀貨様が…
ゲボジさん、さっきの告白も、また投稿を楽しみにしています
投稿して発情したら、オナニーしていいんですよ
…と仰いました。

 

そしてここに告白の掲示物を捧げたのだから… オナニーしてもいいです >o<

許可を受けたものです…!!!!

 

しかし、少し悩みです。
私は鬼畜主義人民共和国のメスになることにした体です。
単に私一人だけ楽しんではならないと思います。
私のオナニー告白が多い男の方たちのチンポを堅くすることができなければならないと思います。

 

それで少し特別なオナニーをすることに決めました。
幸い、国会図書館に良い文がいて、それをすることにしました。

 

一番先に外衣を脱ぎました。ブラとパンティーを着たまま、私の部屋の片側に立ちました。
想像をします… あの部屋のドアを開けて、多くの男性たちが入ってきます。
60歳以上のようなおじいさんもあり、中学生とみられる男の子もいます。
そのすべての人々が私を陰険な目つきで眺めています。
狭い部屋の中に30人ほどの男が入って座って。私はパソコンでSam Brownが歌った「Stop」をplayしました。
韓国のTVプログラムでHな状況になる時、背景音楽でよく出ている歌です。
私はその音楽に合わせて、ゆっくりとダンスをします。
初めは軽く腰を振って、体を回して男たちに向かって尻を突き出して左右に振ったりもします。
一番先にブラジャーを脱いで…男たちが見る前で自ら胸を愛撫します。
想像の中で私は乳首を上に引っ張って、自分の乳首をなめたりします。
(現実ではできません。ㅜㅜ 私の胸は大きくありません。)
その状態で少し踊っているので、男の人たちが騒ぐ始めます。
「パンティーを脱ぎなさい」「パンティーを脱ぎなさい」
その言葉を聞いて私はパンティーもゆっくり降ります。お尻をあれこれと振りながら男たちの性欲を飼っています。
パンティーをすべて脱いだら。音楽が終わりました。
私はその状態に腰を曲げ、挨拶しながら言った..
「皆さん、お待たせしました。これからゲボジのオナニーショーを始めます。」
男の中に誰かが言います。
「ええ。。。時間がかなり遅くなった。私たちはもう帰らなければならない」
私が言います。
「ああ、私がぐずぐずして申し訳ありません。しかし、これからが本格的なショーです。お願いします。オナニーショーを見てください」
他の男が言います。
「お前のマンコは腐ったマンコだ。私たちがなぜそのような腐ったマンコのオナニーショーを見なければならないのか?」
私は直ちに土下座になって男たちにお願いします。
「合います。私のマンコは腐ったマンコです。クソマンコです。しかし、オナニーショーを必ず見せてあげたいです。お願いです。私のオナニーを観覧してください」
私は少し泣きながら哀願しました。
その時一番年上のおじいさんの観客が話しました。
「じゃ…少し見てくれるのだろう?」
「ありがとうございます」
私はオナニーショーを見せてくれることができるというのがとても嬉しくて早く起きました。
「自己紹介します。私の本名は犬のオマンコという意味のゲボジです。人間のように暮らしているが、実は男の方たちの性欲処理用オナホル用途以外には使い物にならないメス犬です。一応社会では 조유진 という名で、社会福祉系OLとして勤務しておりますが…気を使わないでください。それはただ人間の真似をしているだけです。」
「うるさい。そんなことは関心がない。オナニーをしなさい」
「あ、すみません。私のようなメスに関心を持つ理由がないのに、余計なことをしました。それでは今からゲボジのオナニーショーを始めます。」
私はその席に座ってM字開脚をしました。
そして左手で乳房を触りながら、右手に2番目の指だけを利用してクリトリスをぎゅっとぎゅっと押します。
そしてオナニーショーにふさわしく、最大限わいせつした嬌声を大きな声で出します。
「ん…ん…ああん…気持ちいい…ん…ん……」
左と右の乳房を互い違いに触っます。
2本の指で乳首を皮肉ったりもして、ぴちゃぴちゃと胸を殴ったりもします。
マンコ汁がだくだくと流れています。
「皆さん、ゲボジのマンコが十分濡れたかどうかを確認してください」
何人の男たちが近づいてきて、頭を突き付けて私のマンコを見ます。
「まだ不足している」
「ああん… すみません。少し待ってください。早くグショグショマンコを作ります。」
今回はクリトリスだけ押すのではなく、マンコの外側をゆっくり触っます。
マンコから出たマンコ汁が私の手を潤ませるのが感じられます。
「皆さん、ゲボジのマンコが十分濡れたかどうかを確認してください」
しかし、今回も男たちは「まだまだ」と話します。
「ああん…..いやだ。今では指入れたい…..」
「それじゃ早くグショグショマンコになれ」
「かしこまりました。早くグショグショマンコになります。」
…..そうです。観客男の方たちが「濡れた」と認めてくれないと、指を入れることはできません。
それがルールです。だから指を入れたければ必ず観客男の方たちに認定を受けなければなりません。
マンコ汁が床まで流れます。今回は両手でマンコの左右両脇を握りました。
そして引っ張って、引っ張っておらず、引っ張って、引っ張っておらず.. 繰り返しながら、男たちに哀願します。
「皆さん、ゲボジのマンコが濡れてひくひくとしています。見てください。もうグショグショマンコになったとしてください。お願いします。」
男たちは満足げにうなずいます。
「そうだ。グショグショマンコになった。今では指を入れてもいい。」
「ありがとうございます。」
私は四足でうつぶせの状態になって尻を男たちに向いています。
その状態で肩と頭で上半身を支えながら、両手をマンコに持っていきます。
左手でマンコを広げて、右手をマンコ中に入れます。
「ああん… 気分いい…ん…ん…ん…..気持ち良い….ん…..」
私は瞬く間に「イク」が来るのを感じます。
「皆さん、「イク」が来ます。カウントダウンをお願いします。」
男たちは口をそろえてカウントダウンを開始します。
10….9….8…7….6….5….4….3…….2……1……
「行きます」
カウントダウンの終了に合わせて、私は盛大に「潮吹き」を振り掛けながらオルガスムスを味わうます。
オルガスムスの余韻が消える前に、私は「はあ、はあ…」と荒い息をしながら、両手で尻を取って広げます。
数秒前にオルガスムスに行ったマンコが男性たちの目の前に完全に見えるようになります。
「ゲボジの2014年通算548番目「イク」でした。観覧してくださってありがとうございます。私の腐ったマンコとともに記念撮影する方々は順に出てください。」
観客たちと一緒にいたショーのスタッフ男性が1人出て、
私のお尻にサインペンで「2014年通算548番目のイク」と記録します。
そして、その記録とお尻とマンコを背景に…男らは、順番に記念写真を撮ってから、帰ります。

 

……..想像の中で述べた「通算548番目」というのはうそです。(笑)
数えてみなくて知らないです。とにかく…良いオナニをできるようにしてくださってありがとうございます。

 

 

韓国で住んでいる、韓国女子です。
言語が違って住んでいるところが違って、加入できないと考えていました。
しかし、日本のメスであれ… 韓国のメスであれ…結局発情するのを我慢できないメスというのは同じだと思います。

Pocket
LINEで送る

 

妄想オナニーショーをしましたへの1件のコメント

  1. ゲボジのオナニーは、男を楽しませるためにやるんだったな。
    しかし、恥ずかしい姿を男に見せて、発情するんだろ?
    そして牝犬は、オシッコやウンコを排泄する姿を見せるのも当たり前だ。
    排泄する時には、見られていることを意識しろ。
    トイレに全裸で入って、オシッコをする時には足を開いて「腐れマンコから、オシッコを漏らすところを見て下さい」と声に出して言え。
    ウンコをする時には、「臭くて汚いウンコをする姿を見て下さい」と声に出して言え。
    お風呂場や部屋で、洗面器や皿を置いてオシッコできるなら、やってみるがいい。
    四つん這いになって、放尿してみろ。
    それで発情するようなら、「妄想オナニーショー」で放尿しながらオナニーする自分を妄想してみろ。

    게보지의 자위는 남자를 즐겁게 할꺼 었지.
    그러나 부끄러운 모습을 남자에게 보여 발정하는 걸까?
    그리고 암캐는 오줌이나 똥을 배설하는 모습을 보이는 것도 당연하다.
    배변한다 때에는 볼 수있는 것을 의식하라.
    화장실에 알몸으로 들어가 오줌을 할 때에는 다리를 열고 “썩어 보지에서 오줌을 흘리는 모습을보세요”라고 소리내어 말할.
    똥을 할 때에는 “수상하고 더러운 똥을하는 모습을 봐주세요」라고 소리내어 말할.
    욕실이나 방에서 물동이와 접시를두고 오줌 수 있다면, 해 보지만 좋다.
    네 발로, 방뇨 감히.
    그래서 발정하도록한다면, “망상 자위 쇼”에서 방뇨하면서 자위하는 자신을 망상 봐라.

     

    • アバター ゲボジ(犬のマンコ)
      ゲボジ(犬のマンコ) コメント投稿者

      はい。発情しました。
      私は男の方たちを楽しくするために存在するメスだが、我が儘にオナニーショーを妄想しながら発情してしまいました。
      本当にごめんなさい。

      反省しながら、今日からは四足で伏せて、片足を上げて、浴室の壁に放尿します。
      ちょうど浴室に使用しない洗面器があります。それを糞専用おまるに使用します。
      異常がない水洗便器を目の前にして使用できない卑賤のメス犬を嘲笑ってください。