奴隷宣誓書(国民限定)

義妹夫婦から三日間凌辱され精根尽きて最後は奴隷宣誓書にサインしました。その内容は決して私の納得するものではなく、私が作成して自ら望んで書いたようにされてますが決してそうではありませんが逆らうことは出来ませんでした。  その内容は以下の通りです。                     奴隷宣誓書  私、倉木志保は、淫乱で露出狂であり、マゾで変態という性癖を持った、欲深き許すべからざる存在で御座います。それらの性癖は、私、倉木志保の強い欲望を満たそうとする余り、人間としての理性を失い、有した性癖であります。その性癖の強さは、既に人間として存在する範疇を越えており、私、倉木志保が人間として存在することは、神や他の方々に対する冒涜でdあることと自覚します。依って、私、倉木志保は、その人間性の全てを剥奪されることを願い、今後、人間性の全てを否定された奴隷として生かして頂きたく、この宣誓書により宣言させて頂きたいと願います。 一つ、私、倉木志保は、この世に存在する全ての物より、その存在が低く穢れていることを自覚し、全ての物に対して、尊敬と畏怖を抱き、全ての物より、侮蔑と屈辱と苦痛を 与えて頂けるよう努めることを誓います。 一つ、私、倉木志保は、中村様ご夫妻より頂いた御命令は、侵されざる神聖な御言葉であることを深く認識し、その御命令の完遂に如何なる犠牲をも惜しまず全身全霊を以て努めることを誓います。下された御命令の完遂性の判断は、中村様ご夫妻に委ねられ、御満足頂けるまで誠心誠意お仕えすることを誓いますが、その過程において御不満を生じた場合は、如何なる理由も問わず、私自身の奴隷としての成長の為、厳罰を科して頂くことを願います。 一つ、私、倉木志保は、人間としての権利や尊厳、感情、人格、理性、意志等、一切の人間性を放棄致します。 権利……憲法、法律等により定められている人権は、全て人間様の為のものであり、人間ではない、奴隷として生かされる事を願う私には該当せず、依ってそれら全ての権利を放棄させて頂きます。 尊厳……人間としての尊厳やプライドは、奴隷としての私には、全く不必要なものであり、それらを抱くことを奴隷として恥と自覚し、奴隷として卑屈で卑しさのみを身につけるよう、努めます。 感情……私、倉木志保は、羞恥や屈辱、痛みを感じる等、人間としての一切の感情を持つことを放棄し、唯一の例外として中村様ご夫妻より虐待等を受けることに対してのみ、謝罪と御礼の感情を抱かせて頂くことをお許し願います。 人格……私、倉木志保は、今までの人格の全てを放棄し、恭順で忠誠心のみを身につけた奴隷としての徹底した性格を、新たに中村様ご夫妻よりの御教育と御協力のもと、成形させて頂きたく願います。 理性……もとより浅ましい性癖を有した私に、理性などという高貴なものは存在せず、今後も、そのような高貴なものを身につけないことを誓います。 意志……私、倉木志保は、自ら思考することを放棄し、その意志は中村様ご夫妻の意志であり、その意志に完全に添うことを誓います。 一つ、私、倉木志保の身体は不浄で穢れに満ちており、私自身の多淫な性癖によって、その存在自体が猥褻罪であることを自覚し、依って、私、倉木志保の身体の所有権を放棄し、この身体の所有権を中村様ご夫妻に移項させて頂くことで、少しでも自らの罪を償いたいと願います。 身体……私、倉木志保の身体の扱いに於いては、中村様ご夫妻の自由な意志に委ね、この身体は、私自身がその所有権を放棄したことにより、中村様ご夫妻から拝借させて頂いていることを自覚し、私、倉木志保が、自らの身体を自由に扱う権利を放棄致します。又、中村様ご夫妻の如何なる御命令をも従えるよう、この肉体の鍛錬と手入れに努めます。 懲罰……罰をお与え頂ける際には、私の身体及び精神の極限を超える罰を与えて頂けるよう努め、中村様ご夫妻に手心が加えられた場合は、私の怠慢であることを認識し、より一層の厳罰を享受することを誓います。懲罰を頂ける際は、何時でも、如何なる場所に於いてでも実行して頂きたく願います。そして、懲罰の方法は、全て中村様ご夫妻に委ねられ、罰を頂けることに最大限の謝礼をし、手間を煩わせたことへの謝罪を誓います。又、存在していることにより、深い罪を犯し続ける私に、中村様ご夫妻が罰を与えることの理由は要らず、世の中の全ての悪事に対し、謝罪の義務を負い、罪の贖罪と、罰の享受に努めます。 傷……懲罰を頂くことで生じた傷跡は、私の特異な性癖によりつけられたものであることを自覚し、又、中村様ご夫妻より拝借頂いている身体を傷付けたことに対して、謝罪の意を著し、その治癒に全力を尽くします。尚、その治癒に際し、生じた費用は全額、私、倉木志保が負担致しますので、御遠慮なさらず虐待を施して頂くことを願います。 身体改造……私、倉木志保は、中村様ご夫妻の所有物であるこの肉体に、刺青、豊胸手術、四肢の切断等、如何なる肉体の改造を施されても、それに対し異議を唱える権利を放棄し、その事に最大限の謝礼を著します。尚、その改造等に際し、生じた費用は全額、私、倉木志保が負担致しますので、中村様ご夫妻の自由な意志で、この肉体を改造して頂きたいと願います。   一つ、私、倉木志保の人間性を帯びた全ての行動は、中村様ご夫妻により完全な制限と支配を受けたいと願います。 着衣……衣類は、人間様が、人間様の為に作られた高貴な物であり、奴隷である私が、それらを着衣する権利を放棄し、特別な御命令が無い限り、全裸で過ごさせて頂きたく願います。尚、着衣の御命令を下される場合には、出来る限り露出度の高い衣類を与えて頂き、私の特異な性癖が万人に認めて頂けるよう願います。 排泄排尿行為……、排尿行為は、全て中村様ご夫妻の御命令を仰ぎ、、排尿を自由に行う権利を放棄し、何時でも、如何なる場所に於いてでも、御命令が下され次第、躊躇せずに従うことを誓います。又、それらの行為を行う場合には、特別な指示の無い限り、原則として全裸で、より多くの方々にそのあさましい行為を見て頂けるよう願います。又、私の排泄物を、人間様の御使用になる便器に処理することにより、その便器が穢れることを自覚し、その処理方法の御指示を仰ぎます。 餌……私に下された餌は、それが如何なる物であっても、全て完食することを誓います。残飯、中村様ご夫妻の排泄、排尿物等、奴隷の私にとっては、最上の御馳走であることを自覚し、深い謝礼の意を表します。又、それらを食するに当たり、原則として全裸で、手を使わず、口で頂かせて頂きます。 性行為……私、倉木志保に対しての性行為は、全て中村様ご夫妻の管理下に置かれ、何方とでも、何時でも、如何なる場所に於いてでも、この拝借頂いている肢体を開き、そして、人間様と性行為を結ばせて頂くことを、この上無い名誉と自覚し、感謝と謝礼の意を表します。尚、不浄で穢れた私の身体を御使用頂いた場合、中村様ご夫妻及び全ての加虐者様の身体をも穢れることを恐れ、行為後のお清めに全力を尽くします。又、御命令が下されれば、中村様ご夫妻の愛犬様、家畜様等にも、同様の御奉仕をさせて頂くことを誓います。 自慰行為……私、倉木志保は、暇さえ有れば自らを慰めてしまう、常に満たされない欲望を抱いている淫乱ゆえ、その両手両脚に許される限りの拘束して頂きたく願います。しかし、自慰の御命令を頂ければ、何時でも、如何なる場所に於いてでも、そのあさましい行為を堪能させて頂きますが、その特異な淫乱性を少しでも鎮めて頂きたく、出来る限り多くの方々よりの鑑賞を頂けるよう願います。 言動……人間様と同じ言葉を使用させて頂くことをお許し願い、その事に対し常に罪悪感を抱きながら、その贖罪に努めます。又、如何なる人間様とも、言葉を交わす際は、最大級の敬語を使用し、御無礼の無いよう努めます。私、倉木志保がさせて頂く全ての行動に対し、中村様ご夫妻はもとより全ての人間様より、侮蔑と嘲笑を頂けるよう努めます。   一つ、私、倉木志保は、中村様ご夫妻より御命令を頂ければ、便器、痰壺、灰皿等の代わりを謹んで務めさせて頂きます。卑しい身分である私にとって、それらの代わりを務めさせて頂くことは、無上の名誉であり、そのことに最大限の謝礼を誓いますので、何時でも、如何なる場所に於いてでも、私自身を便器など、汚物処理として御使用頂けるよう願います。 一つ、私、倉木志保の時間の全ては、中村様ご夫妻よりの拘束を受け、一秒たりとも、私が自由に過ごせる時間は許されず、中村様ご夫妻の支配に委ねることを誓います。そして、中村様ご夫妻のお時間の許される限り、懲罰と虐待を与えていただけるよう、努めます。 一つ、私、倉木志保は、この宣誓書に対し中村様ご夫妻が如何なる拡大解釈をなされても、その事に対し異議を唱える権利を放棄し、又、中村様ご夫妻に、絶対の服従心と誠心誠意の御奉仕を誓います。 一つ、私、倉木志保は、中村様ご夫妻がこの宣誓書に対し、私が違約したと判断された場合、如何なる懲罰をも享受し、如何なる扱いを受けても、又、その懲罰の対象が私自身はもとより、私の二人の娘に及んだとしても、それに対し異議を唱える権利を放棄します。  又、違約性の判断は全て中村様ご夫妻に委ね、その判断に対し絶対的な服従を誓い、そして、私が違約した事実を、出来る限り多くの方々に認識して頂き、出来る限り多くの方々より、懲罰を与えて頂きたいと願います。  又、違約の事実に時効を得ることを放棄し、一つの違約の事実に対し、度重なる懲罰を繰り返して頂き、私の奴隷としての成長に、御協力頂けるよう願います。  この宣誓書は、私、倉木志保が、自らの淫らな性癖を満たしたいと願い、自らの発想で制作した宣誓書であり、許された最後の意志であります。依って、私、倉木志保の身勝手な上記項目は、中村様ご夫妻の承認を得てその効力を発揮致します。そして、全ての項目がより多くの方々に認識されることを願い、より多くの方々より罰を与えて頂けるよう努めます。  この宣言書が、私、倉木志保の生ある限り、私、倉木志保に科せられるよう努め、私、倉木志保が、この宣言書を撤回する権利を永久に放棄します。そして、この宣言書が、中村様ご夫妻より補完され、より完全で、より人間性の否定に繋がる宣言書に成る様多大なご協力をお願い致します。   ご主人様 中村様ご夫妻         中村 ○○様  中村○○様                             平成20年 7月29日                                    倉木志保  私は彼らの奴隷です。

 

この記事の続きは、『鬼畜主義人民共和国』の国民にのみ公開されています。
国籍申請のご案内

既存ユーザのログイン
   

コメントは受け付けていません