• タグ別アーカイブ: 人妻
  • 野糞をした妻は、口での掃除を命じられる

     

    ※夫は妻を苦しめ、その惨めな様子を愉しむ権利を有する。

    夫「犬の糞だって人様に迷惑だから持ち帰るのがマナーなんだぞ」

    夫「自分のひり出した糞は自分の口を使って始末しろ」

    妻「…はい……、野糞をして…申し訳ありません」

    妻「自分のウンチを……口でお掃除…いたします……」

    ※妻の食事は、夫の許可した物だけが許される。自らが排泄した汚物も、夫に命じられれば食べなければならない。

    妻「うう……臭いぃ……」

    妻「うえェェ…」

    妻「キモチ悪い…」

    妻「うう…グス……」

    *********************************************************

    前回が【成年女性】+【私服】+【野糞をお口で掃除】というリクエストの前フリで、コチラが本編となります。
    野糞を許可されたのに、責められる理不尽な展開。(許可のフリした命令ですが)
    悪いのは私ではなく、リクエストした人です( ̄▽ ̄)
    そのわりには、作ってて愉しかったですが(爆)

    *********************************************************

    ※掲載している画像は、個人が愉しむ限り改変して構いません。
    The images posted may be modified as long as the individual enjoys them.

    ※作品を他のサイトに転載した場合は、このページを紹介して下さい。
    If you want to reprint it on another site, please introduce this page.

    続きを読む 投稿 ID 25098

     

  • トイレの使用を禁止された妻は、野糞をする許可を得る

    ※夫は奴隷である妻の排泄を管理し、その方法を命じる権利を有する。

    夫「なに? ウンコをしたいからトイレを使いたい?」

    妻「はい……、もう3日も溜まっていて」

    妻「…お腹が苦しいんです」

    夫「トイレが汚れるだろ!」

    夫「したけりゃ野糞でもしてろ」

    ※妻は人間のトイレを自由に使用する権利を持たず、 夫の命令に従って排泄しなければならない。

    妻「うう…、女のくせにトイレを使いたがって…申し訳ありません」

    妻「野糞の許可をしていただき……ありがとうございます…」

    妻「私は…臭くて汚いウンコを溜める……糞袋です」

    *********************************************************

    いただいたリクエストが、【成年女性】+【私服】+【野糞をお口で掃除】でしたので、まずは野糞をしてもらうことにしました(笑)
    成年女性をOLにしようかとも思ったのですが、私の作品の中では不遇な『女だから仕方ない ~人妻レイプ事件~』のキャラを使用しました。
    初めてのレイプ物かつ人妻モノと意気込んだものの、作品の人気としては惨敗でした(;^ω^)
    まぁ、漫画としての面白さか「実用性」に欠けていたということなのでしょう。
    それでも一部の読者さんからは、彼女の奴隷調教の要望を受けていたので、この機会に使ってみました。

    『女だから仕方ない ~人妻レイプ事件~』

    *********************************************************

    ※掲載している画像は、個人が愉しむ限り改変して構いません。
    The images posted may be modified as long as the individual enjoys them.

    ※作品を他のサイトに転載した場合は、このページを紹介して下さい。
    If you want to reprint it on another site, please introduce this page.

    続きを読む 投稿 ID 25098

     

  • 【作品制作アンケート】漫画作品として以外に、もっと画像を見たいキャラは誰?

    ◆藤原奈津紀(委員長)
    「虐められると…発情する私は、……頭のオカシイ変態です。私には…人間として生きる資格も…価値も無いので……すべての人権を捨て……、人間を…やめました。人間をやめた私は……、生きているゴミ……生ゴミです。どうぞ私が……自殺したくなるくらいに悪口を言って……嫌がらせを…して下さい」

    ◆藤城麻衣子(女子大生)
    「せっかく……強姦してもらったのに、抵抗して…ごめんなさい。……女は…男の人の…オナホールであることを学びました。抵抗したことを…反省し……公共オナホールとして私の…オマンコと……アナルを使ってもらえるように……努力します。私を……毎日…犯して下さい」

    ◆大谷郁実(女子高生)
    「レイプしてもらって、ありがとうございます。おかげでチンポコが大好きになりました♪ 私のオマンコもお尻の穴にも、チンポコを入れて精子を下さい。女はみんな肉便器なんだって、セックスして良く分かりました。私の口も精液専用の便器にして、使って下さい。いっぱいチンポコを欲しいから、休まないで可愛がってね」

    ◆天堂美緒(婦人警官)
    「私、天堂美緒巡査は、男性の皆様に絶対服従する変態マゾ警察犬奴隷です! 女性への性犯罪を取り締まってしまい、大変申し訳ありませんでした!! 愚かで未熟な私は、自らの行ないを反省し、この身も命も捧げる所存です。どうぞ痛めつけられると感じる私に、殴る蹴るの暴行を加えてお愉しみ下さい!」

    ◆狩原麻衣子(婦人警官)
    「私、狩原麻衣子は、オチンチンが大好物の淫乱変態警察犬です! 女性は男性に犯されないようでは、生きる資格はありません!! 私の口もオマンコも臭くて汚いお尻の穴も、オチンチンを入れていただくための物です。どうか卑しいこの牝犬に、精液を餌としてお恵み下さい!!」

    ◆新藤香菜(鋼鉄少女)
    「私は……、体が強靭で…力があるだけの……頭の悪い正義のヒロインでした。自分の弱さと…、反抗したことを反省して……奴隷になることを誓います。女としては役立たずの私は、……耐久力だけはあるので、どうぞ新しい武器の試験にお使いいただき……、惨たらしく…処刑して下さい」

    ◆宮野明日香(女子高生)
    「バカ! エッチ! 変態! アタシにこんなことさせて覚えときなさいよ!! 絶対に許さないんだから! チンポなんか噛み千切ってやるわよ!! べ、別に虐められたくてこんなこと言ってるんじゃないんだからね! 男ならチンポで女を屈服させてみなさいよ!! アタシが泣いて謝っても許しちゃ駄目なんだから!」

    ◆リアーナ・ゼンガ(元剣士)
    「わ、私は…自分の実力を見誤ってモンスターに挑んで敗北した……愚かな怪物狩人の剣士…です。モンスターに飼育され、…奴隷にも劣る……家畜に堕として……いただきました。ゴブリンに種付されて……ゴブリンの…子供を産んだ汚れた体ですが、……母乳を垂れ流しますので乳搾りも…愉しんでいただけます。どうぞ家畜の私を……蹂躙して皆様の…慰み者に……して下さい」

    ◆ジェシカ・ゼンガ(元巫女)
    「私……は、巫女ですが…迂拙(うせつ)で浅墓(あさはか)な私は…愚鈍なお姉様と怪物狩人(モンスターハンター)をした挙げ句……、モンスターに処女を奪われて……非処女になり…ゴブリンの子供も産み落としました……。穢(けが)れて……、もう神様の声を聞けない私は、……奴隷よりも下層の家畜として…生きていくしか……ありません。お乳も出しますので……どうか卑俗で劣等な私を……飼育して…下さい……お願いします」

    ◆菊池エミリ(弁護士)
    「男性には、女性を好きに扱う権利があります。もし痴漢したり強姦したりして罪を問われるようなことがありましたら私にお任せ下さい。あらゆる性犯罪を無罪にしてみせます。ワタクシも男性の皆様の奴隷となってご奉仕いたします。男性の命令には絶対服従し、便器にも家畜にもなります。玩具のように壊されて命を失っても
    男性を歓ばせることが女性の務めです」

    ◆伊藤晴子(人妻)
    「人妻の私は……夫に操を立て、…レイプしていただいたのに逃げようとしてしまい、……相手の方には土下座して心からの…謝罪を…いたしました。女が……男の人の性欲処理に使われるのは…当然のことだと……深く反省してします。口マンコも…オマンコも肛門も…オナホールにして……使って下さい。人妻なので…遠慮なく子宮に中出しして……妊娠させて下さい。私をザーメンまみれにしたら、…ヤリ捨てしていただいても構いません……」

    ◆瓜谷愛優美(小学生)
    「うう……、わたしは……、ロリコンのお兄さんに……アソコを……見られるのがイヤで…泣いちゃいました。あうう…、ごめんなさい……ゆるして……ごめんなさい。ロリコンのみなさんの……オモチャになります。はだかも…はずかしいところも……ぜんぶ見せます。言われたことは……ちゃんとやります。うう……、はずかしいよぅ……。もう…いじめるのやめて……うう…ごめんなさい」

    【作品アンケート】漫画作品として以外に、もっと画像を見たいキャラは誰?

    View Results

    読み込み中 ... 読み込み中 ...
     

  • 【作品制作アンケート】2020年度作品企画アンケート

    アレも創りたいコレも創りたいと迷ってしまうため、皆さんのリクエストも参考にしたいと思います。
    各企画をご覧いただき、興味のある作品に投票して下さい。

    続きを読む 投稿 ID 25098

     

  • 『女だから仕方ない ~JS猥褻事件~』全裸で買い物

    ゲストキャラに女子大生の【藤城麻依子】を出しましたが、今のところまとまった形で作品化していません。
    『女だから仕方ない』のシリーズに加えようと思いましたが、“~人妻レイプ事件~”の反応が芳しくなかったので保留中です(^_^;)
    よろしければ、初出作品をリンク先でご覧下さい。

    ※「強姦に抵抗した疑いで女子大生を逮捕」

    Screenshot of b-crystal.org

    ※「オナホール実習」

    Screenshot of b-crystal.org

    Screenshot of b-crystal.org
     

  • 『女だから仕方ない ~JS猥褻事件~』裸ランドセル

    お待たせしました、“裸ランドセル”です。
    何か特別な響きがありますね(´∀`)

    ランドセルが、やや大きくなりすぎてしまいましたが、愛優美ちゃんの幼さを強調しておきたかったので。
    合成に予想以上に手間がかかって、やり直しができなかったというのもあります(^_^;)

    挨拶した相手の女性は、『女だから仕方ない ~人妻レイプ事件~』の被害者です。
    大人の女性の方も、愉しんでもらえると嬉しいです(・´з`・)

    Screenshot of b-crystal.org
     

  • 【国民限定】『女だから仕方ない ~人妻レイプ事件~』

    ※国民向けの作品は、自主規制の処理のみを施しています。
     ログインしてダウンロードして下さい。  続きを読む 投稿 ID 25098

     

  • 【作品制作アンケート】『女だから仕方ない ~人妻レイプ事件~』の被害者をさらにどうしたい?

    Screenshot of b-crystal.org

    【作品制作アンケート】『女だから仕方ない ~人妻レイプ事件~』の被害者をさらにどうしたい?

    View Results

    読み込み中 ... 読み込み中 ...

    ※追加したい項目がある場合は、似た項目が無いか確認したうえでコメント欄に書き込んで下さい。

     

  • 【漫画作品】『女だから仕方ない ~人妻レイプ事件~』

     性犯罪は現実では許されないことですので、妄想により愉しんでいただくための作品です。
    「女だから仕方ない」をテーマに、人妻がレイプされる内容となっています。

     本編はPDFファイルで36ページ。
    ・ルールを守らずにゴミ捨てをする近所の男に注意をしたことから、逆恨みを受けてレイプされる。
    ・レイプをした男の前に謎の女弁護士が現れ、事件にならないよう示談をすることを持ちかける。
    ・レイプされた人妻と示談をする女弁護士は、女なのだからレイプされるのは当然と主張。
    ・レイプされた人妻の方が、相手の男に逃げたことと抵抗したことを土下座して謝罪。
    ・女弁護士と不思議な示談書を交わした人妻は、婦人警官に助けを求めるも、やはり女はレイプされるのが当然と諭される。
    ・他の男たちにもレイプされ、旦那さんからは不特定の男と性交渉をしたことで非難され離婚を突きつけられる。
    ・オマケとして、本編のセリフ有りとセリフ無しのJPEGファイルを同梱。
     ペイントソフトなどで、ご自身の好きなセリフを書き込んだりして、お楽しみ下さい。

    ※本作は、下記の作品のおかけで制作することができました。
     作者の皆様に深甚の謝意を表します。
    ・「MetaLogic」様
    ・「はこにわ」様
    ・「3Dポーズ集」様
    ・「カスタム×カスタム」様
    ・「Angel Cure」様
    ・「NEOZ LABO」様

    ※国民(会員)は、後日に国民専用ページにてダウンロード出来るようにしますので、購入しないようご注意下さい。

    ◆販売サイト

    Screenshot of booth.pm
     

  • 『人妻レイプ』逃げたこと、抵抗したことを謝罪

     この作品は、このシーンを描きたいがために始めたようなものです。
    「ラストシーンが完成してないな」
    「ラストシーンなんて、あんなもの飾りです。エライ人には、それが分からんのです」