美少女戦士セーラーマーキュリーに反省させる

📂投稿グループ📎タグ

セーラームーンより手間が掛かってるのは思い入れの差です。

まぁ、オシッコを浴びるシーンゆえ、手間が掛かるのは仕方のないところなのですが。
床に広がったオシッコを描くためには、背景とキャラを別々なSSにして合成しないと、余計に面倒くさいことになるからです。
以前に、背景とキャラが一体になった普通のSSをレタッチした時には、床に広がるオシッコを描いてからキャラの周囲に合わせて消すのが難しくて、何度もやり直すハメになりました。
また、背景とキャラの色味を変更したい場合も、一体になってると選択範囲の指定が大変。
そんな訳で、SSを何枚も撮ることになりました。
構図の検討のために撮ったSSも含めて、お愉しみ下さい。

2ページ目は、「反省しました」と「反省させられました」のどちらにするか迷いました。
国語に詳しい人なら分かると思いますが、「お仕置きよ」なら「お仕置きされました」に、「折檻よ」なら「折檻されました」となるのに、「反省しなさい」は違うんですよね。
お仕置きと折檻は、強制であり本人の意志は無視されます。
でも、反省というのは自立した意志によって行なわれるもの。
強制という意味では「反省させられました」の方が適しているものの、強制でありながら本人の意志として反省したことを示すために「反省しました」という文を添えました。

それにしても、マーキュリーが水属性だから浴尿責めというのは、単純すぎましたかねぇ。
武内先生は占星術や陰陽道などのスピリチュアル系に造詣が深いそうですから、おそらく「木火土金水(もっかどぼんすい)」の【相生(そうじょう)】や【相克(そうこく)】も知っているはずで、それを取り入れた責め方も考えました。
でも、やっぱり最初は属性に合わせたほうが自分が創りやすいと思って、分かりやすい責め方を選んだ次第。
じゃあ、なんでセーラームーンを鞭打ちにしたのかといえば、お姫様には鞭打ちが似合うと思ったからという、これまた単純な理由です。

この記事の続きは、『鬼畜主義人民共和国』の国民にのみ公開されています。
国籍申請のご案内

既存ユーザのログイン
   


コメントは受け付けていません。