• タグ別アーカイブ: 肛門破壊
  • ハードSM小説『奴隷姉妹』 第8章 – 運命

    📂投稿グループ📎タグ

    I:773号室

     

    5日後、七海は目を覚ました。寝ぼけまなこで周囲を見渡す。知らない天井、知らない壁、知らないベッド。89号室とも療養室とも異なる知らない部屋。ここ、どこ……?

    取り敢えず起き上がってみようと腹筋に力を入れた時、違和感に気づいた。お腹の方を見て思い出した。そうだ、私、出産したんだ。赤ちゃんを産んで、その後も酷いことされて…… えっと…………

    「美海っ!!!!」

    七海はガバッと飛び起きると、布団を無造作に撥ね退け、ベッドから降りて歩き出した。 ……身体が軽い。お腹に赤ちゃんがいないとこんなにも身体が軽いのか。七海は部屋の中を歩き回り、美海がいないとわかるとドアを開けて外に出た。鍵はかかっていなかった。勝手に部屋の外に出たら脱走したと見做されるかもしれないと一瞬考えたが、美海が心配で、いても立ってもいられなかった。

    ドアの外も部屋であった。ソファーや大きなモニターなどが置かれていて、どうやらリビングのようだ。リビングには沢山のドアあり、七海は片っ端から開けていく。調教部屋が複数、キッチン、ダイニング、風呂、トイレ、空の部屋、物置、拷問室……。色々な部屋がある。が、誰もいない。美海もいない。ここはいったいどこだろう。JSPFの施設内だとは思うが、未だかつてこんな所に来たこともない。男性客用の部屋だろうか。それにしても広すぎるが…… スイートルームというヤツだろうか? VIP客がここに泊まって、調教部屋や拷問室で奴隷たちをいたぶるんだろうか? それにしては内装が簡素で殺風景な感じだが…… でもなんで私がスイートルームなんかにいるんだろ??

    疑問に思いながら尚も美海を探していると、玄関らしいドアを見つけた。鍵がかかっている。見慣れた虹彩認証の端末があったので顔をかざしてみるが反応はない。このドアの向こうが、七海がこれまで生活してきたエリアだろうか。なんでこんな所にいるんだろう。美海はどこにいるんだろう…… ご主人様は私が育てていいって言ってくれたけど…… まさか養育施設に送られちゃったなんてこと、ないよね!? 会いたい。会いたい。美海に会いたいっ!

     

    ……新生児室にいた飯森のスマホが鳴った。七海の体内には各種センサーを搭載したマイクロチップが埋め込まれており、七海が起きたら鳴るように予めセットしておいたのだ。

    公開出産ショーの後、奴隷は数日間の休養に入る。出産は母体にとってかなりの負担がかかる。しかも産前産後に長時間の輪姦まで行うのだ。処置を行わずに放置すれば高確率で死亡してしまうほど、奴隷は生死の境ギリギリまで身体を消耗させられる。そこで産後数日間は睡眠薬と点滴が投与されて療養室で静養する決まりになっているのである。

    JSPFの奴隷の場合、産まれた子供は母親が寝ている間に養育施設へと送られ、母子が会うことは二度とないわけだが、七海は違う。育児は七海自身が行うことになっている。かと言って七海がこれまで寝起きしてきた89号室には育児を行うスペースはないし、周辺に育児スペースを設けたとしても、子育てを諦めた他の出産済み奴隷たちの前で七海に子育てを行わせれば、七海にとっても奴隷たちにとっても良くない結果となるのは明白だ。

    そこで飯森はJSPF幹部の堀田に頼んで七海専用の部屋を作ることにした。通称は「七海」をもじった「773号室」。奴隷居住区から遠い場所にある、使っていない大部屋をパーティションで細かく区切って、調教部屋や育児室、水回り設備等を設け、七海をそこに軟禁するのだ。大人気の七海の部屋ということで、多くの客から潤沢な寄付が集まり、趣向を凝らした調教部屋が幾つも作られた。そして産後の処置を終えた七海は寝室兼育児室で眠りに就き、先程目覚めたというわけである。

    ……玲香は飯森から連絡を受けて新生児室へと向かった。玲香はペロやポチの世話を含め雑用係を昨日で終了し、今日からは七海専属の世話係となる。773号室の一角で寝起きし、美海の育児サポートと各調教部屋の清掃をこなしながら、合間合間に客の相手もせねばならない。妹のような七海と四六時中一緒にいられるのは嬉しいが、七海の主人はあの飯森であるし、七海を気に入っている客の中には堀田を始め酷虐な客が幾人もいる。ペロやポチのことも気になる。これからの生活がどのようなものになるのか見当も付かず、玲香は不安を抱えたまま新生児室へと急いだ。

    新生児室で飯森から再度説明を受けると、玲香は美海を抱っこして、飯森とともに七海の部屋へと向かった。道中、玲香は自分の胸が張ってくるのを感じていた。息子を産んで1年半。息子は玲香が寝ている間にいなくなってしまったが、母乳はまだまだ出る時期なのだ。1年前に第2子を妊娠し、数カ月後に流産してからは母乳の出が悪くなり、最近では殆ど出ていなかったが、赤ちゃんを抱いたことで眠っていた母性本能が目覚めたらしい。

    「…………」

    玲香は切なかった。息子に、名前も知らないたった1人の自分の息子に、このお乳をあげたかった。七海のように自分で我が子を育てたかった。 ……1歳半になった息子は今頃どうしているだろう。今後どうなるのだろう。お乳がまた出るようになったところで、息子には飲ませてあげられない。会うことすらできない。これを飲んでいいのは男たちだけ。薄汚い口に黄ばんだ歯の男たちが乱暴にしゃぶりついてチューチュー吸っていくだけ。悲しい…… 会いたい…… 息子に会いたい…… お乳、飲ませてあげたいよ…… せめて美海ちゃんに…… 美海ちゃんにお乳、あげたい……

    玲香は飯森に気づかれないよう静かに涙を流しながら、ゆっくりと飯森の後に従いていった。

     

    ……七海は未だ玄関前にいた。あれからもう一度各部屋を隅々まで探し回り、悪趣味な調教部屋の数々に辟易した後、最初に寝ていた部屋に戻ったものの横になる気になれず、再び玄関前まで来て虹彩認証の端末をいじっているうちにドアが開いた。

    「おはよう、七海」

    唐突に開いたドアの向こうには、珍しく服を着た飯森が立っていた。

    「あ、ご主人様…… おはようござい……!!」

    七海は挨拶をしようとして、飯森の後ろに玲香が全裸で立っているのに気づいた。玲香に抱っこされているのは……

    「美海っ!!!!」

    もう美海しか見えなかった。七海は玲香の前に飛び出し、玲香から美海をそっと受け取った。

    「ああ、美海っ! 美海っ!!」

    七海は涙を流しながら美海を抱き締めると、優しく頬ずりした。体温が優しく温かい。ああ、やっと会えた。なんて可愛いんだろう。私の子。私の子……!

    「ぅぅぅぅぅぅふあぁああああぁああああああああああああん!!!!」

    「え、ええっと…… えっと……っ!」

    気持ちよく眠っていたのを急に起こされたからか、美海は大きな声で泣き始めた。動揺する七海。

    「ほら、中に入るぞ。うるさくてかなわん」

    飯森がそう言うと、七海は自分が廊下にいたことに気づき、慌てて部屋の中に戻った。玲香も中に入り、飯森がドアを閉める。玲香は物置からベビーベッドを持ってくると、育児室の一角に置いた。

    「そこに美海を置け」

    「…………」

    七海は渋々ベビーベッドに美海を寝かせた。しばらくすると美海は泣き止み、すぐに眠ってしまった。

    「やれやれ…… それでは七海。今後について話すからよく聞いておけ。玲香もな」

     

    II:運命

     

    「今日はお前に大事な話がある」

    ……それは773号室での生活が始まって8日目の朝のことだった。

     

    育児と調教の両立は、七海が思ったよりも遥かに大変だったが、玲香の献身的なサポートもあって、七海はどうにか日々の調教をこなしていた。臨月中は控えられていた過酷な調教が復活したため、七海の身体は再び鞭痕で覆い尽くされ、スカトロ調教なども以前よりさらに過激になっていった。

    それでも、美海を抱き上げ、あやしているうちに疲れは吹き飛んでしまう。牛の乳搾りのように自分の手で肥大化乳首を握って母乳を搾り出し、飛び散った母乳をかき集めて哺乳瓶に移し替える作業は今でも悲しくて堪らないし、飯森や男たちが横でニヤニヤ見ていると腹が立ったが、美海が美味しそうに母乳を飲んでいる姿を見ると、言いようのない喜びと幸せを感じるのだった。

    午前中は以前と同じく飯森の調教を受けたが、メス犬区画へ行くこともなく、七海は出産後ペロと未だ一度も会えていなかった。七海はそれが気がかりだったが、調教と育児で休む時のない七海に、ペロのことを考える余裕は全くなかった。

     

    今朝も玄関の前で土下座して飯森を迎え、寝室兼育児室にて、玲香が美海をあやしながら七海が朝イチの歯茎奉仕を終えたところだった。玄関でブザーが鳴り、女医が入ってきた。七海は、意外な人物の来訪にキョトンとし、美海か自分の定期検診かと思った。それ故に、飯森が次に言った言葉を、七海は当初理解できなかった。

    「ペロの身体は2ヶ月後に限界を迎える」

    「……………………??」

    「…………!!」

    玲香はすぐに理解した。昨秋、ペロとポチの世話を命じられた時に、ペロは胸や股間に危険な薬物を過剰に投与されており、寿命はそれほど長くないと聞いていたからだ。が、80歳の寿命が40歳くらいに縮まったんだと思っていた。その日1日を生き抜くことに必死で、数十年先のことなんてとてもじゃないが考える余裕などなかった。まさか…… まさかこんなに短かったなんて……!!

    玲香は、美海がベビーベッドの中で眠っているのを確認してから、七海の方を振り返った。せっかく新しい生活にも慣れ始めていたのに。初めての育児はわからないことの連続だったし、各調教部屋の掃除も大変だった。男たちに奉仕する時間は雑用係をしていた頃よりも格段に増えた。

    それでも七海との会話が増えたことは嬉しかったし、七海と一緒に試行錯誤しながら子育てをするのは充実した時間だった。七海は、自身が調教を受けている間は、玲香が美海に直接授乳してほしいと言ってくれた。直接授乳できない乳首に改造されてさぞ悲しいだろうに、息子と生き別れた玲香のことを七海は気にかけてくれるのだ。最初に美海にお乳をあげた時、あまりに嬉しくて悲しくて玲香は七海の前で大泣きしてしまった。そんな時も、七海は少し困った顔で優しく微笑んでくれた。私も頑張ろうと思った。七海の笑顔と美海を守るために。頑張っていたのだ。なのに…… なのに!

    ペロが…… 光希が限界を迎える。つまり死ぬ。半年以上ずっと世話してきた光希が。七海が誰よりも愛するたった1人の姉が! 玲香は知っている。七海が如何に深く光希を愛しているか。依存しているか。心の支えにしているか。その支えを失ってしまったら…… 七海はどうなってしまうんだろう。ダメ…… 怖くて考えられない! でも…… でもっ! 私が…… 私が七海を支えなきゃ……!!

    「ペロは脱走未遂と度重なる反抗・奉仕拒否の罪で手足と歯を失ったわけだが、その際に規則で乳首とクリトリスに違法薬物を大量に投与されてな…… お前に使ったような安全な薬ではなく劇薬だ。さらに薬物の投与は続き、クリは今や長さ30cmを超えている。知ってるだろ? ……もう限界なんだ」

    「…………」

    「市川…… 検査結果が昨日出たんだろ?」

    「はい。ペロは妊娠機能を既に喪失しています。それとここ1週間ほど下痢が続いていて、体重が落ち始めています。つまり生殖系や消化器系の臓器に多数障害が出始めています。 ……余命2ヶ月です」

    「……ということだ」

    「…………」

    七海は飯森と女医の話を黙って聞いていた。みるみる血の気が引いていく。目が限界まで見開かれ、歯茎が震え、脈拍が跳ね上がる。

    おねえちゃんが限界ってどういうこと? 余命2ヶ月ってどういうことっ!? 冗談でしょっ!!? ……でも、わかる。いつになく真剣なご主人様の目。淡々と検査結果を話すお医者さん。強張った表情の玲香さん。冗談なんかじゃない。本当なんだ。おねえちゃん、し、死んじゃうんだ……っ!!!!

    「ぁぁあぁああぁぁあああぁあぁああぁぁぁ…………」

    七海が小さな声でうめき始めた。そして次の瞬間……

    「うあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああっ!!!!!!!! いやだあっ!! そんなんいやだああっ!! おねえちゃんっ!!! おねえちゃ

    んっ!!!! うわああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああっ!!!!!!!!」

    七海は絶叫した。「おねえちゃん」と呼ぶのを禁止されていることなど頭から完全に抜け去っていた。

    「ほぎゃああああああああああああっ!!!!」

    突然の大声に飛び起きた美海が、これまた大声で泣き出した。狭い室内に母娘の泣き声がこだまする。

    その時、玲香が動いた。鼓膜が破れそうなほどの大絶叫に怯むことなく七海の元に駆け寄り、肩を掴んだ。

    「七海っ! 七海っ!! しっかりっ!!!」

    「あああああああああああああああああああああああああああああああああああっ!!!!!!!!」

    「しっかりしなさいっ!!」

    パシンッ!!

    玲香が七海の頬を強くビンタする。

    「れいかさん……! おねえちゃんが! おねえちゃんがっ!! うあぁああぁあああ…………」

    一旦泣き止んだと思った七海が再び泣き始めそうになったので、玲香は七海を強く抱き締めた。 ……玲香の目にも涙が溢れていた。

    「しっかりして、七海。 ねっ? 落ち着いて……」

    「玲香さん…… ひくっ」

    「飯森様…… さっきの話は本当……なんですね?」

    「ああ」

    「おねえちゃ……」

    「あの…… 飯森様にお願いがあります」

    「なんだ?」

    「光希を…… ペロを…… ここに連れてきていただけませんか? あと、できれば陽葵ちゃんと今日子さんも……」

    「わかった」

    飯森はスマホを取り出すと裏沢に連絡を取った。 ……七海の反応も想定内なら、玲香の反応も期待通りだ。今日の午前中は仁科母娘の調教は、堀田と事前に打ち合わせをして中止にしてある。玲香が言い出さなければ飯森が彼女らを呼ぶ予定だったが、ここは玲香に任せた方がいいだろう。

    玲香は、一旦七海の側を離れると、泣き喚く美海をあやして寝付かせ、再び七海のもとに戻って強く抱き締めた。

    「あんまり泣いてばっかだと美海ちゃんが心配するよ? ね?」

    「あぅぅぅ…… ひっく…… 美海ぅ……」

    「しっかりしなきゃ。ね? お母さん」

    「ぐすっ……」

     

    数分後に陽葵と今日子が、その直後に裏沢が七海の部屋に現れた。キャリーケースの中から糞便臭とともにペロが姿を表す。ケースの中はこれまで以上に下痢便でまみれ、ペロは七海の出産の日に比べ明らかに痩せていた。その姿を見て、玲香も陽葵も今日子も、七海も、皆事態の深刻さを理解したようだった。

    ……ペロと仁科母娘が真実を知ったのも今朝だった。

    ペロは1週間ほど前に急に下痢になった。最初は風邪かと思ったが、下痢は止まらず、それどころかどんどん悪化し、体重は日に日に落ちていった。ポチと絡んでも以前のように体力が続かない。七海とは出産の日の朝以来会えていなかったが、体調が悪化するにつれて、早く会いたいのに、こんな弱った身体を見せて心配させたくないという、相反する気持ちを抱くようになっていた。

    そして先程、裏沢に自分の寿命が長くないことを聞いた。そういうことか、とペロはすんなりと運命を受け入れた。そしてそんな自分に少し驚いた。思えば、何度死にたいと思ったことか。ここに拉致されて処女を失った時、逃亡に失敗して手足と歯を失い両親と妹が死んだことを知らされた時、伯父の奴隷になった妹と再会した日の夜、叛逆に失敗したあの日…… その他数え上げたらきりがない。今後5年、10年、30年、50年、この暗く悪臭の籠もった地下室で惨めに生きていく地獄を思えば、余命2ヶ月の宣告は、何にも勝る最高のご褒美じゃないか。やっと…… やっと終わるんだ。今度こそこの地獄から逃げ出せる。やっと死ねるんだ、私……

    そう思いながらも嬉しいなどとは微塵も思えなかった。最愛の妹を地獄に置き去りにして、自分だけ抜け出すことへの罪悪感。未だ顔も知らぬ七海の娘・美海。可愛い姪の成長を見届けられないことへの未練。そして、もうすぐ自分が死ぬことを知ったら、七海はどうなってしまうのかという圧倒的な不安。それらが死への甘い誘惑に浮足立つペロを地獄の現世に固く縛り付けていた。 ……七海は恐らく相当ショックを受けるだろう。どんなにバケモノのような姿になっても、七海は姉を心の底から愛してくれていた。その最愛の存在がいなくなったら、七海は……

    ペロは裏沢が去った後、部屋の隅に転がりながら自分より妹のことを心配し続けた。新たな雑用係に綺麗にしてもらった肛門からは、下痢便が、栄養素が、体重がどんどん流れ出ていった。辺りには凄まじい悪臭が立ち込めたが、ペロは妹のことを心配するあまり臭いには全く気づかなかった。 ……嗅覚も衰え始めていた。

    しばらくして、裏沢がキャリーケースを持って再び現れた。七海の所へ連れて行ってもらえる。ペロは確信した。七海に会ったら何と言おう。何と言えばいいだろう。ペロはキャリーケースの中で下痢便にまみれながらずっと考えていた。

     

    陽葵は、出産以降七海が別の場所に移ってしまったのが残念でならなかった。午前中に七海やペロとの合同調教が行われることもなかった。そして今朝になって堀田からペロの話を聞かされたのだ。陽葵は激しいショックを受けた。

    ペロが調教の初期段階で逃げ出した結果メス犬になったということは、本人から聞いていた。陽葵もここから逃げたいと何度も思ったが、逃げたらどうなるかを知った時の恐怖と絶望は今でも忘れられない。だが、あんな姿になってもペロの心は普通の人と変わらなかったし、ペロはあの姿のままずっとここにいて、普通の人と同じように年を取っていくのだろうと思っていた。まさか寿命が1年もないだなんて……!

    七海と友達になる前、何度ここから逃げたいと思っただろう。一緒に逃げようと母の説得を試みたことも一度や二度ではない。それでも踏みとどまったのは、逃げたら大変なことになると堀田に脅されていたからだ。でもまさかその「大変なこと」っていうのが、手足を失うだけでなく、薬漬けにされた挙げ句に早死にしてしまうことだったなんて! ありえない! ありえないよそんなの!! やっぱ怖い…… ここ怖い…… 怖いよ…… 逃げたい…… 逃げたいのに…… 逃げたいのに……っ!!

    七海…… 七海、大丈夫かな…… お姉さんとすごく親しそうだったけど…… 会いたいよ、七海…… もし会えたら、なんて声をかければいいんだろ…… どうやって励ませばいいんだろ…… 学校ではヒドいことばっか言って傷つけちゃったけど…… ううん! だからこそ今度はちゃんと励まさなきゃ! 七海は大切な友達なんだから!!

     

    III:愛と友情

     

    そうして5人は一同に会した。七海の出産の日の朝以来だった。

    「おねえちゃんっ!!」

    七海が駆け寄り、四つん這いの体勢で下痢便まみれの光希をギュッと抱き締めた。

    光「七海……」

    七「おねえちゃん! おねえちゃん! おねえちゃんっ!!」

    光「七海ごめんね? 私、もう限界みたい……」

    七「謝らないで! おねえちゃんっ!!」

    光「でも……」

    七「おねえちゃんは悪くないっ! 悪くないよっ!!」

    光「ううん、私のせいだよ。私が逃げたからこうなったの。反抗的だったからこうなったの」

    七「そんなんちっともおねえちゃんのせいじゃ……」

    光「私が逃げずにちゃんと奴隷になってれば、今頃私も美海ちゃんのお世話、できたのにね」

    七「うぅうううう……!」

    光「泣いちゃダメだよ。七海はお母さんになったんだから。私よりも美海ちゃんのことを一番に考えなきゃ。ね?」

    七「でもぉ…… ひっく」

    光「大丈夫。七海にならできるよ」

    七「おねえちゃぁん……」

    光「玲香さん。子育てを手伝ってもらってるみたいで…… ありがとうございます」

    玲「うん…… あとは、任せて? ……ぐすっ」

    光「ありがとう…… 私の身体の世話も、長いことありがとうございました」

    玲「うんっ!」

    陽「あっ、あのっ! ペ…… お姉さんっ! アタシにも任せてくださいっ! ずっとずっと、七海と友達でいますから!」

    光「陽葵ちゃん、ありがと」

    陽「七海! 大丈夫だからね! アタシ絶対死なないし! 逃げないし! ずっとずっと一緒だから! 友達だから! ねっ!!」

    七「陽葵…… ひく…… 陽葵ぃ……」

    今「私、ご主人様に七海さんともっと一緒に調教を受けられるようお願いしてみます」

    光「今日子さんも…… ありがとうございます」

    今「大丈夫。七海さんは決して1人じゃありません。もう1人の頼れるお姉さんと、ずっと一緒にいてくれる親友と、何より、可愛い可愛い美海ちゃんがいるんだから。だから、ね? 泣いてばかりじゃだめよ、七海さん。お姉さんとの時間は残り少ないんだから。泣いてばかりいたら勿体ないわ?」

    陽「そうだよ、七海! ママの言うとおりだよ!」

    玲「うんうん!」

    七「うん…… うんっ…… みんなありがと…… ぐすっ…… ありがと…… ひっく」

    光「私からも、ありがとうございます。みんな七海を愛してくれて、本当にありがとう…… ぐすっ」

    七「ひくっ…… あの…… ご主人様……」

    飯「なんだ?」

    七「あの、2つお願いがあるんですけど……」

    飯「言ってみろ」

    七「今日から、また「おねえちゃん」って呼ばせてください。 ……その時まで。あとでお仕置きは受けますから。お願いします」

    飯「……いいだろう。あと1つは?」

    七「今日の午前中は、みんなこのままここにいさせてください。できればその…… ご主人様、抜きで」

    飯「…………」

    七「絶対逃げたりしません! 自殺したりしません! 誓います! お願いしますっ!!」

    飯「わかった。ただしモニターは続けるからな? 余計なことをしたらすぐにバレるぞ」

    七「わかりました。絶対余計なことはしません」

    飯「よし。じゃあな」

    七「ありがとうございます」

    ……こうして育児室は5人と美海だけとなった。

    結局5人は午後と夜の調教も休むことが許され、その日1日ずっと773号室にいた。すぐに光希の下痢便臭で美海がグズりだしたため、全員寝室兼育児室から風呂場(6畳程度)に移った。そこで光希は初めて姪の顔を知り、あまりの可愛さにたまらず号泣した。つられて七海が泣き出し陽葵が泣き出し、玲香も今日子も美海までもが泣き出した。光希を囲むように皆が抱き合ってただただ泣き合った。やがて泣き疲れると、少しずつ5人は会話をし始め、陽葵や玲香が茶化したりするうちに次第に明るい雰囲気になっていった。5人は1日じゅう風呂場で語り合った。

    そう。死を免れえないのなら、せめてそれまでを陽気に過ごそうじゃないか。そしてその日になったらもう一度皆で泣いて、そして陽気に見送ろう。 ……そうしよう。

    ……モニターを眺めながら飯森は安堵していた。どうやら上手くいきそうだ。あの場に美海しかいなかったら、七海は恐らく壊れてしまっていただろう。飯森は玲香・陽葵・今日子の3人に感謝しつつ、彼女らを使ったさらなる調教計画を練るべく、スマホで堀田に電話を掛けた。

     

  • ハードSM小説『奴隷姉妹』 第6章 – 計画

    📂投稿グループ📎タグ

    I:小さな懸念と大きな懸念

    4月20日、出産予定日まで1ヶ月を切ったある日。七海は既に臨月を迎えていた。流石に臨月の状態で過激なSMプレイを行うわけにもいかず、1ヶ月少し前の叛逆の際に行われた苛烈な折檻をピークに被虐系のプレイは徐々に減り、最近では3穴奉仕の割合が多くなっていた。スカトロプレイだけは過激になる一方であったが……。

    奉仕中の七海の妖艶っぷりはJSPF内でも評判で、昼の集団調教でも夜の少人数調教でも七海は大人気。集団調教では4時間ずっと3P〜4Pが続き、少人数調教でも4回の内容が全て複数人プレイなんて日もあった。被虐系プレイでの体力の消耗はなくなったものの、連日の快楽責めで七海はいつもフラフラの状態。それでも尚、独特な表情と腰使いで必死に奉仕する姿に、鬼畜外道ばかりのJSPFの客たちもみな彼女の虜になってしまっていた。 ……七海からすれば、男を誘惑しようという意図など毛頭なく、飯森や客たちに必死に奉仕しようと頑張っているだけなのだが。

    火傷の治療が終わったペロは、身重の七海の分も過激プレイを一手に引き受けていた。先日ある客がペロの肛門に足2本を突っ込んで以来、脱肛はさらに酷くなり、括約筋も完全に破壊されてしまった。ペロの尻穴は、もはやペニスを挿入しても何の快楽ももたらさず、肛門としてもケツまんことしても無価値の、糞を垂れ流すだけの壊れた下水管だった。

    クリトリスは違法薬物によってさらに膨れ上がり、今や七海の腕よりも太く、長さは30cmを優に超え、短い後ろ足よりも長く伸びて、まるで第3の足とでも言うべき有様だ。乳首も乳房もさらに膨れ上がり、ペロの短い腕で四つん這いになると、乳首どころか乳房までも床に接するまでになった。床に接している部分を「肢」と定義するなら、ペロは既に7本肢のバケモノであった。 ……クリトリスへの薬物過剰投与の影響で女性ホルモンのバランスが崩れ、ペロの子宮は既に妊娠能力を失っていたが、本人含めそのことを誰も知らない。

    次第に壊れていくペロの身体。だが、心は今も変わっていない。互いに糞を漏らしながらポチの膣や肛門に巨大なクリペニスを挿入して、下品な犬後尾で客を楽しませつつも、心のなかでは常に臨月の七海を心配していた。七海と玲香との朝の会話と、その後の姉妹同時調教の時間だけがペロの生き甲斐だった。

    その姉妹同時調教では、姉妹ともにすっかり飯森に隷従し、命令があれば妹は姉を鞭で叩きのめし、姉は喜んで妹の糞を頬張った。レズプレイを命令された場合は、七海は小柄な身体を激しく動かしてペロのクリペニスを膣壁や腸壁でキツく締め付けるのだが、その際七海は、ペロに対しても例の妖艶な視線を送るものだから、ペロは興奮のあまり凄まじい勢いで七海を犯しまくり、結果七海を失神寸前にまで追い込んでしまうのだった。

    陽葵と七海は、午前が特殊調教、午後が集団調教、夜が少人数調教と、同じルーティーンなので顔を合わせる機会が多く、調教以外にも朝の身だしなみチェックや夕飯後のシャワーなど、会うたびに話をするようになった。学園の教室では席が隣同士だったにも関わらず会話が殆どなかった2人だったが、親密の度合いは急速に深まっていった。

    大人気の七海の友人ということで、男たちの陽葵への関心も高く、少人数調教で2人(または今日子を含めた3人)同時に指名されることも徐々に増えてきた。七海の抜群の奉仕テクニックには陽葵も今日子も驚嘆するばかりだったし、特に陽葵は、普段とまるで違う奉仕中の七海の妖艶な姿にすっかりまいってしまっていた。初めて七海とレズプレイを求められた時は、ペニバンで突いた時の七海の表情があまりにエロくて、元々レズっ気など皆無だったはずの陽葵が、興奮のあまり鼻血を吹いてしまったほどだ。

    飯森もまた、七海がこちらに来てからできた友人に関心があり、姉妹同時調教の際に堀田と仁科母娘を呼んで合同調教を何度か行った。ペロは、陽葵が昔七海をイジメていたことを、飯森を介して聞いていたのだが、七海が楽しそうに陽葵と話している姿を見て安堵し、辛い過去や過酷な現実を乗り越えていく妹の勇姿に感動していた。陽葵は手足を切られたメス犬という存在を初めて知って激しいショックを受け、ポチとの下品な後尾にドン引きし、壊れた肛門から絶えず漏れ出る悪臭に辟易としたものの、話してみるととてもいい人だったので安心し、調教前に玲香を含めて5人で話をするのが楽しみになった。

    一方で、母娘の食糞調教も少しずつ進んでいた。酷虐な堀田の調教は相変わらず滅茶苦茶で、度々陽葵にトラウマを植え付けていったが、調教師たちの執拗な調教と、七海の献身的なアドバイスやサポートのおかげもあって、見ず知らずの中年の醜男の毛むくじゃらの肛門に口を付けて直接糞便を貪るくらいは、母も娘もなんとかできるようになった。 ……泣きながらではあったが。

     

    飯森は、絶対服従を誓って以降の七海が可愛くて可愛くて仕方がなかった。どんな酷い命令にも忠実に従うのみならず、命令の根底にある飯森の意図をも正確に把握して、それを実現すべく精一杯努力する。どんなに痛くても苦しくても臭くても不味くても、健気に耐えて耐えて耐え続ける。絶対服従と言いつつ、時に飯森に意見してくるのだが、これがいちいち正鵠を射ていて、なのに七海が言うと不思議と不快にならない。たまに意見を採用してやると、誠実だが無感動そうに「ありがとうございました」と言うのだが、直後の歯茎奉仕ではいつも以上に激しくピストンしてきたりするのが何ともいじらしい。そして喉奥に射精してやると、七海はケホケホと咳込みながら涙目で言うのだ。「ご主人様、ザーメンごちそうさまでした」と。その時の表情……!

    そう、七海の表情だ。臨月を迎えたということもあって、最近は測位や後背位で奉仕させることが多いのだが、激しい奉仕の合間に時々こちらを振り向いてきたときの潤んだ瞳が、儚げな表情が堪らない。強烈な快感に翻弄されながら、ペロのように下品な獣声を喚き散らすのではなく、高く細い声で短く喘ぎつつ、何かを訴えるような目でこちらを見てくる。口で言わずに目で、表情で訴えてくる。

    もっとこの表情が見たい。もっと声を聞きたい。こっちも動いたらどんな表情に、声になるんだろう。見たい! 聞きたい! そうやって最近では七海の奉仕に全て任せず、飯森の方からも動くことが多くなった。向こうに奉仕させている最中なのに、気づいたらこちらが奉仕している。でもそんなことどうだっていい。七海も、こちらの動きとシンクロし、増幅させるような独特な動きをしながら奉仕しているのだから。互いが互いに奉仕し奉仕される。その中で七海の表情はどんどん切ないものになり、声も次第に大きく長くなっていくが、下品にはならずにひたすら可愛い声で泣き続ける。そして始まる連続絶頂。だが絶頂が始まっても彼女はピストンを止めず、筆舌に尽くしがたい目で、声で、表情で必死にこちらを見つめてくる。互いに興奮の極致に至って精を彼女の体内に放った後、ゆっくりと絶頂の波が引いていくと、七海はおもむろにこちらを振り返って、荒い息の合間に掠れた小声で言うのだ。「ご主人様、気持ちよかったですか?」と。その妖艶な顔、声。言葉とは裏腹に、目は別のことを控えめに訴えているように感じる。「ご主人様、もう1回してくれませんか?」 ……その顔があまりに可愛くて、すぐにペニスが復活し2回戦が始まる。最近は毎朝これの繰り返しだ。

    飯森だけではない。JSPFの客たちも、奴隷の玲香や仁科母娘、果てはペロやポチですら七海の虜になっている。七海のことを魔性の女だとか天然のサキュバスだとか言う者もいる。意図してやっているのではなく無意識でやっているから魔性で天然というわけだ。飯森もそう思う。奴隷が主人に奉仕させるとは何事かと思うのだが、あの表情が見られるならそれもいいかとも思ってしまう。何しろあの表情は、元々七海が持っていたものではなく、9ヶ月間飯森が調教してきた結果、身に付いたものなのだから。それに、どうせ被虐系の調教は、今は無理なのだ。ならば出産までの1ヶ月、魔性の七海を楽しむのも悪くない。

    その七海の表情。あれの意味するものも飯森はだんだんとわかってきた。快楽に耐えて奉仕を優先しようという奴隷的義務感と、奉仕をおざなりにして快楽に浸っていたいという性的欲求、2つが七海の中でせめぎ合っている時に、無意識のうちにああいう顔になるらしい。 ……何とも理想的な状態だ。機械的に奉仕するだけの奴隷人形になってもつまらないし、快楽のみを求めて奉仕を軽視するようでは奴隷失格だ。ちょうど真ん中にいる今がベストだ。そう思う。そう思うのだが……

    問題は七海よりむしろ男たちの側にあった。あの顔をされると、飯森も客たちも、陽葵やペロでさえ理性が吹き飛んでしまう。七海の自発的奉仕を遮って、自らの欲望の赴くままに犯しまくりたくなる。そうして身体中を滅茶苦茶に蹂躙されながら、七海も快楽を存分に味わって絶頂を繰り返し、さらに切ない声と儚げな顔で男たちを追い込んでくる。どこまでも深まっていく快楽のスパイラル。七海が大人気なのも頷ける。

    ……だが。男たちがすぐに沸騰してしまうものだから、このところ七海は奉仕している時間よりも犯されている時間の方が明らかに増えてきている。1ヶ月前、飯森に絶対服従を誓った頃はほぼ同じくらいだったのに。それが七海の心の葛藤にも影響を与え、最近では男への奉仕よりも自らの快楽を優先する考えが優勢になりつつあるような気が、飯森はしていた。そして尚悪いことに、あの表情さえすれば自分が奉仕せずとも男たちが快楽を与えてくれるということに、七海は気づきつつあるのではないか……?

    七海は賢い。絶対服従以降明らかに賢くなった。自分の表情で相手がどう変わるかを冷静に分析しつつ、露骨にあの表情を作ったら誘惑していることがバレるので、自分は無意識でやってますという雰囲気を演出しながら、計算された控え目な表情で男たちを意のままに操って快楽を貪っているのではないか? ……だとしたら、それこそサキュバスだ。天然ではなく本物の。

    流石にそんなことはないと思う。あり得ない。だが、ふとそんなことを考えてしまうほどに、最近の七海は蠱惑的だった。天然は天然でい続けることはできない。特に七海のような賢い人間は。 ……今のところ七海のあの表情は無意識の天然だと飯森は確信している。しかしこのままだと近い将来、七海がサキュバス化することもまた確実であるように飯森には思われた。

    だが、奴隷が主人を誘惑するなど決して許されない。奴隷にとっては主人の快楽こそが常に最優先なのであって、自分の快楽は二の次、三の次。それが逆転するなど言語道断だし、そうなることを目論んで色目を使って誘惑してくるようになっては興醒めも甚だしい。

    取り敢えず、5月18日の出産予定日までは無理もさせられないので、天然・魔性の七海を皆で楽しむとしよう。そして出産後、まずはハードプレイを解禁して様子を見る。もし何らかの演技をしているのだとしたら、ハードプレイで余裕がなくなればボロが出てくるだろう。七海が意図的に男を誘惑していたと判明すれば、激しい折檻を加えて再調教する必要がありそうだ。それによって現状の理想の七海が変わってしまうのが惜しい気持ちと、どんなふうに変わるか楽しみな気持ち。だが、飯森の懸念はただの杞憂に過ぎず、ハードプレイが再開されても七海は魔性のままでい続ける可能性もある。その場合は、苛烈な責めの合間にどんな表情を見せてくれるのか楽しみでならない。

    取り敢えず出産前後の予定は決まったし、七海のあの表情に対する対処も決まった。だが、その後については……。やはり考えざるを得ない。もう先送りにはできない。タイムリミットはそこまで迫ってきているのだから。

     

    ……ペロの身体の限界というリミットが。

     

    ペロの身体は間もなく限界を迎える。JSPFが作成した拷問マニュアルを読んだ結果、ペロは近い将来妊娠能力を失うだろうと飯森は予測していた。否、もう既に失っているかもしれない。そうして子宮にまで、内臓にまで薬物の影響が出始めたら、あとは加速度的に体調が悪化し、下痢が続いて体重は激減、歯が残っている場合は全て抜け落ち、脳にも異常が現れて精神と身体機能に様々な障害が起きていく。JSPFでは、そうなったメス犬は価値なしとして四肢を根元から切断し、便槽に落として余生を過ごさせた後、処分することになっていた。 ……飯森はマニュアルを熟読し、ペロが便器となるのは4ヶ月後と予想した。そして便槽に落としてしまえば1ヶ月は保たない。

    4ヶ月後、8月。8月11日。七海の処女を奪ったあの日からちょうど1年後の記念日……。

    飯森は、3月に七海が叛逆した時点では、8月の調教1周年記念日に合わせて七海の四肢を切断し、ペロと同じメス犬にする予定でいた(ただし寿命が激減する違法薬物は摂取させない)。だが叛逆は1日で終わり、その18日後に七海は完全服従し、以降七海は、飯森が思い描いていた理想の奴隷になった。完全服従後の七海はJSPFの客にも大人気で、最近では七海を調教した主人である飯森も、客たちに一目置かれるようになっている。こうなってくると、七海をメス犬にするのが惜しい。8月以降も理想の七海を皆で愛でていきたい。

    だが、ペロの寿命は確実にやってくる。そしてその時、七海はこれまでとは比較にならないほどの衝撃を受けるだろう。昨年の8月に七海が飯森の奴隷となって以来、ペロは七海にとって常に最も大きな存在であり続けた。七海が飯森の調教を受け入れたのも、放課後や登下校時に教師や警察に相談しなかったのも、JSPFでの過酷な調教生活に耐えてきたのも、飯森に完全服従を誓ったのも、理想の奴隷・魔性の女・天然のサキュバスとなったのも、全てはペロの、最愛の姉・光希の存在ゆえだ。そのペロがいなくなる。全ての前提が崩れ去る。そうなれば今の理想の七海も儚く消え去ってしまうに違いない。だが、それだけでは終わるとは思えない。ペロの死によって七海の心が壊れてしまう可能性はかなり高いと飯森は見ている。だが、それだけは絶対に避けねばならない。

    飯森は、七海をペロと再会させるというアイディアを思いついた昨年の秋から、さらに言えば、光希が逃亡罪によって手足を失い、同時に例の違法薬物を過剰投与されたと聞いた時から、このペロの寿命問題についてずっと考えてきた。だがいくら考えても答えが出ない。そうこうしている間に姉妹の絆はさらに強固なものになってしまった。……そろそろ本腰を入れて熟考しなければならない時が来たようだ。

    ……堀田氏に相談してみるか。あの人ならJSPFの幹部だし、七海を大層気に入っている。調教歴は自分よりも遥かに長いから、七海に姉の死を受け入れさせる何らかのアイディアを持っているかもしれない。うむ、明日にでも聞いてみよう。

    ああ、七海。愛しい七海。もっと…… もっともっと愛してあげるからね……!

     

    II:計画

     

    いよいよ七海の出産予定日が近づいていた。

    奴隷にとって妊娠は不可避である。JSPF専属の奴隷たちの場合、奉仕の際に避妊は一切行われないので(ただし専属調教師はパイプカット済み)、奴隷たちはあっという間に客の子供を妊娠する。途中で流産してしまう場合もあるが、専属奴隷は100人を超えるため、毎週のように公開出産ショーが行われており、奴隷は激痛と快楽と羞恥と絶望の果てに赤子を産んでいく。出産後、赤子は直ちに親元から離され、彼(女)らは両親の顔も知らぬままJSPF内の養育施設(男女別)へと送られて、奴隷2世として徹底的な教育・調教が施された後、6〜12歳頃に全世界に向けて出荷されるのだ。

    玲香は出産を1回・流産を1回経験しており、今日子は学園での調教中に堀田の子を孕んで現在妊娠3ヶ月目、陽葵は昨日名も知らぬ中年客の精子によって受精したが、本人含めその事実を誰も知らない。ペロは、メス犬となってから短期間に3回妊娠しているがいずれも初期に流産し、現在は妊娠能力を失っている。

    専属奴隷でない会員客の個人奴隷の場合、公開出産ショーへの参加・出産後の母子の処遇等は会員客に一任されている。ショーには参加せず、小さな分娩室を借りて自分一人で赤子を取り上げる主人もいれば、JSPFのショーよりもさらに過激な拷問出産ショーを開催して、妊婦や胎児を死亡直前まで追い込む主人もいる(稀に死亡するケースもある)。産まれてきた赤子については、自宅に引き取ってメイドに世話をさせたり、JSPFの養育施設で育てた後に引き取ったり、そのまま売却して大金を入手し次の奴隷調教のための資金にしたり、こちらも色々である。中には我が子を食材と捉え、フォアグラよろしくエサを過剰摂取させた上で数年後に生きたまま解体し、肥大化した幼児の肝臓を食すという外道行為を平然と行う食人マニアもいる。奴隷の子は奴隷。所有「物」だ。売ろうが食べようが全て主人の自由なのである。

    七海の場合は、JSPFの公開出産ショーで出産させ、産まれた子供はJSPFの養育施設で6歳くらいまで育ててもらった後、女児なら引き取って母娘奴隷とする、男児なら売ってカネに換える…… というのが、七海をJSPFに連れてきた頃に飯森が思い描いていた未来であった。直後に七海の胎内にいるのが女児であることが判明した。

    だがこの未来は、飯森が堀田に相談したことで大きく変わることとなった。

    「なるほど…… 七海のあの表情にはそういう事情があったのか。なかなか面白い話だな」

    「ええ…… ですが……」

    「ああ。もう1つの方は難問だ。今ペロが死ねば、七海は恐らく壊れるだろう……」

    「そうですよね……」

    「そうだなぁ…… うーむ…………」

    「…………」

    「ふむ…… ん? おう、そうか! 「人質」役をペロから産まれてくる女児に引き継がせるというのはどうかね?」

    「……! そうか! 娘を人質に取ればいいのか!!」

    「これまではペロがいたから七海という奴隷が成り立っていた」

    「その役を娘にやらせればいいわけですね」

    「そうだ。そのためにはまず、七海が娘を溺愛するようにならんといかんが…… 現状はどうなのかね? 七海は君との娘をどう思っているのかな……」

    「妊娠当初は絶望していたようですが、絶対服従を誓って以降は愛情が日に日に増していっているようです」

    「ふむ…… だが姉の代わりとしては、まだ弱いな」

    「ですね」

    「出産後すぐに養育施設に預けず、七海に子供の面倒を見させるか……。ベッドルームで育児をさせたら他の奴隷の反感を買うだろうから、出産以降は七海専用の部屋を用意して、そこで育児をさせつつ、食事や就寝、調教も全てそこで行う」

    「なるほど。そこで娘に対する愛情を深めさせ、七海の母性本能を高めさせるわけですね」

    「うむ。調教と育児の両立は難しいだろうから、育児のサポートを行う者が必要になるな……」

    「玲香はどうでしょう。ペロとポチの世話をしている雑用係です。七海とも仲が良いようです」

    「あいつか…… 使えるな。ペロとポチの世話を他の雑用係にやらせれば、かなりの時間が確保できる。まぁ、ペロは便器になってしまえば世話は不要だがな。その時間で玲香に育児のサポートをやらせよう」

    「そうやって玲香のサポートを受けながらも毎日娘の育児を自ら行うことで娘への愛情が膨らんでいけば、別れ別れになるのを恐れるようになりますね」

    「その通り。言うことを聞かなければすぐにでも娘を養育施設に送る。そうなれば娘とは永遠に会えない。そのうちどこぞの飼い主に買われて酷使された挙げ句、幼くして惨殺されるだろう。 …そう言えば良い」

    「まさに人質ですね」

    「娘の方は正直何とでもなるが…… ペロの方は難しいぞ。最も重要なのは、ペロの死は寿命であって七海のせいではないということを本人にきちんと認識させることだ。ペロの寿命が縮まったのは薬物のせい、ペロが逃げ出したせい、つまりは自業自得だと」

    「まあ、本を糺せば全部私のせいですが(笑)」

    「それでも良い。君のせい、もしくはJSPFのせいということになれば、怒りの感情が湧くだろう。それならば御しやすい。怖いのは、姉の死を自分のせいだと思い込み、自責の念で押し潰されて自我崩壊するパターンだ。これだけは避けねばならぬ」

    「ええ。となると出産の後、なるべく早い段階で、ペロの寿命が近いことを2人に明かした方が良さそうですね」

    「だな。女医を同席させて、医学的見地から回復も延命も不可能であることを説明させる。実際不可能だしな……」

    「午前中の特殊調教は毎日ペロを七海の部屋に運ばせます。日に日に体調が悪化していくペロを目の当たりにすれば、七海もペロの死期が近いことを悟らざるを得ないでしょう。ペロは恐らく、死は自分のせいだと言って七海を諭すと思います。まあ、私のせいだとは言うかもしれませんが。少なくとも七海のせいだとは言わないでしょうし、思ってもいないでしょう」

    「うむ。あとは自殺と逃亡だな。自殺に関しては、お前が死ねば娘が悲惨な人生を歩むと言って脅す」

    「逃亡は…… 七海を専用の部屋に軟禁してしまえば防げそうですね」

    「だな。それと、七海と仲の良い玲香や陽葵も使えるかもしれん」

    「確かに。これも考えてみます」

    「次に我々だ。我々も耐えねばならんことがある」

    「??」

    「ふふっ…… 七海のあの表情だよ。私も含めて、どうもあの目を見てしまうとレイプ衝動が高まってしまうのだが…… しかしここは心を鬼にして、七海にもっと奉仕させないと駄目だ」

    「別れの悲しみを忘れさせるためですか」

    「そうだ。我々に犯されている間、七海は好きなだけ悲しみに浸れることができる。悲しみはどんどん膨れ上がっていき、やがては破裂して再起不能となってしまうだろう。そうならないためには常に自発的に奉仕させて、悲しみを忘れさせることが肝要だ。」

    「奴隷としての務めを果たさずに悲しみに浸ってばかりいたら、娘ともお別れだぞと脅せば、より効果的ですね」

    「くくく…… そうだな」

    「ご助言ありがとうございました。おかげでなんとかなりそうです!」

    「それは良かった。七海は壊すには勿体ない逸材だからな。ペロの件は難問だが、調教師としての君の腕の見せ所でもある。楽しみにしているよ」

    「ありがとうございます。これで七海も、娘も、末永く愛してやることができそうです」