【佐恥子調教】 チンポを舐めるのが大好きな淫乱女

 佐恥子は、フェラチオが好きらしく、こればかりは調教で仕込んだ覚えがありません。
 その点で、佐恥子は生まれながらにして性奴隷となる素質を備えていたのでしょう。
 なにしろ、目の前にチンポを見せてやると、命じなくてもむしゃぶりついてきます。
 そして、チンポに顔をうずめてキンタマまで舐めつくします。
 まったくもって、卑しい牝豚です。

うう…乳首を触りながら…ブーブー、チンポを舐めました……。
佐恥子は……ブヒブヒ、チンポ舐めるのが…大好き…です。
ブーブー…佐知子が好きなことは……、チンポを舐めて奉仕すること…です。
卑しい牝豚にチンポを…恵んで下さい……うう…ブヒー。
「銀貨様…佐知子に銀貨様のチンポに奉仕させてください…ブヒブヒ」…とお願いしました……うう…。
頭を掴まれて、口の中でチンポを深く突かれた時は、苦しかったです…、嘔吐しそうになります……。
でも、何故か平気な時もあります…。
ブーブー…チンポを舐めてると……、マンコ汁が溢れてきます…ブヒーブヒー。
…ビショビショに…うう…濡らしてごめんなさい…。
臭い匂いさせてごめんなさい…ブヒブヒ……。
ブーブー…臭いマンコ汁を垂らす佐知子を…ブヒブヒ…厳しくお仕置きしてください…うう……。
うう……佐知子は牝豚として…檻で飼育されたいです…ブーブー。
by変態牝豚奴隷佐恥子

この記事の続きは、『鬼畜主義人民共和国』の国民にのみ公開されています。
国籍申請のご案内

既存ユーザのログイン
   

コメントは受け付けていません