強姦に抵抗した疑いで女子大生を逮捕【藤城麻依子】

 警察庁は5月6日、集団強姦された際に抵抗して相手の男性に軽傷を負わせた疑いで、藤城麻依子(19)を逮捕した。
 事件が起きたのは、6日午後11時ごろ、アルバイト先の飲食店から帰宅途中の女子大生・藤城麻依子は、河川敷で建設作業員の男性2人に暴行されたさい、激しく抵抗して相手の顔や腕などを殴りつけたという。
 警視庁によると、河川敷で犯された後、藤城麻依子は自宅に2人を案内し輪姦してもらったものの、泣き続けて性的な奉仕を自らしなかったため、男性からの通報を受けた警察官に現行犯逮捕された。
 調べに対し、藤城麻依子は「心の準備ができておらず、つい抵抗してしまった。お詫びに自宅に招いて、好きな様に犯してもらおうと思っていた」と供述し、従順に奉仕しようとしたと容疑を否認しているという。
 藤城麻依子の通う鬼畜大学奴隷学部の学長は、「本校の女子学生が女性の本分を忘れ、おとなしく強姦されなかったことをお詫びいたします。抵抗する素振りは、あくまで男性を喜ばせるためであって、決して犯されるのを逃れるためではないということを、しっかり教えていきたいと思います」とコメントしている。

2F420E0A 2F41D37C 2F41D17E 2F41CE54

鬼畜主義人民共和国の終身大統領。
主に女性を便器として使用し、家畜として虐待するのを好む。
趣味で、イラストや漫画の作成、短編小説を書くことも。

Pocket
LINEで送る

 

強姦に抵抗した疑いで女子大生を逮捕【藤城麻依子】への1件のコメント

  1. アバター 木村
    木村 コメント投稿者

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/30.0.1599.101 Safari/537.36
    何度読んでもおもしろい物語だ。