• タグ別アーカイブ: 変態
  • 歪な逆三角

    作:変態女ぶたみそ

     私は、小浦美世(こうらみよ)と言います。
     見た目は、野暮ったい服装に、小柄な身体。染めたりもしていない髪色。
     決してスタイルがよくもない。
     どこにでも居そうな地味系な女です。

     私には二人の友人が居ました。
     一人は、笹川柚菜(ささがわゆな)。ギャルっぽいけど人懐っこい、男性がほっておかないタイプの女の子。
     見た目も私とは対照的に派手めの印象です。
     もう一人は、浜崎誠也(はまさきせいや)。
     クールな男性で、私の初恋の人でした。

     いた、というのは、いまは違うからです。
     ある時から私達は対等な関係では無くなってしまいました。
     それは、大学二年のとき。
     私が誠也への想いを告げたことが発端でした。
     誠也には、柚菜が好きだと断られ、柚菜には抜け駆けをなじられ、気まずくなり自然と離ればなれになりそうになっていたのですが、他に友人も居なくて、どちらのことも大好きだった私は、二人と離れたくなかった私は、必死で繋がりを保とうとしてご機嫌をとるようになっていきました。
     どれだけ冷たくあしらってもくらいついてくる私を二人はだんだんと「何をしてもいい存在」だと認識するようになり、精神的、身体的にいじめるようになりました。
     そんな関係は二人が付き合い始めても続き、そして、ある日。
    「ねえ、みーよ?これに署名して?そしたらずっと一緒にいてあげる」
     柚菜の言葉に、その書類を見ると、「奴隷契約書」と書いてありました。
     そこにはさまざまな決まりごとが書いてあり、さらにご主人さまの前ではすべての人権を放棄することや、自分の財産はご主人さまに譲渡することなどが書いてありました。
     そして、ご主人さまの名前はもちろん二人の名前。
     普通なら到底受け入れられない内容ですが、すべてが二人を中心に回っていた私は、迷わずサインしてしまったのでした。

     そこから先は転落していくばかりでした。
     大学を中退し、身体を売ってご主人さまへ貢ぐ日々。
     さまざまなことをご主人さまに強要され、日々人間としての尊厳を棄てられていきました。
     今となってはお二人の従順な奴隷です。

     今回は、そんな私のある日のことをお伝えしようと思います。
     その部屋に着いた私は鍵を開けて入るとすぐに準備を始めます。
     ここは大学を辞めて借りた部屋。ご主人さまとの色々な「思い出」が詰まっています。
     今日は、金曜日。
     明日から大学が休みのご主人さまが遊びに来られます。
     服を脱ぎ裸になった私は、料理をはじめます。
     お二人の大好きなドリアを、お二人が着く時間に合わせて焼き上がるようにします。
     そして、お二人が来る時間私は玄関の前で土下座でお待ちします。
     しばらくすると、ドアが開きお二人が入って来ます。
    「お帰りなさいませ、ご主人さま」
     そう伝える私ですが返答はありません。
     部屋のインテリアに声をかける人はあまりいませんから、当然です。
     お二人は、明日のデートの予定などを楽しげに話しながらリビングに向かいます。
     それを四つん這いの姿勢で追いかける私。

    「この匂いはドリアかー。あんたもわざわざ熱い料理ばっかり、ほんとに好きね。早く用意しなさいよ」
     言われて、食卓の準備に入る私。
     熱々のドリアを持って来ると、テーブルがいたまないように敷いた鍋しきに移します。
     鍋しきといっても、テーブルに寝転がった私の乳房と、腹部の上なのですが……。
     体感ではジュッという音がしたように感じるのですが、そんなことはありません。
     私は熱さをこらえながら涙目で「どうぞお召し上がりください」と伝えます。
     もちろん、お礼も、気遣いもありません。
     ドリア以外にはお鍋を用意したり、カレーを用意して鍋ごと置いたり、夏で冷たいものがいいときはドライアイスを用意したりと、毎度工夫をしていますが、別にご主人さまは、ほめたりすることも無く当然といったふうで、私には目もくれずにテレビ等を見ながら食事のひとときの会話を楽しんでいます。

     食後は、お酒を飲むので、冷蔵庫から用意していたビールとおつまみを用意します。
     用意が終わると楽しい時間をお邪魔しないよう、部屋の隅で土下座で控えています。
     昔は楽しく食卓を囲んだりしていた私達でしたが、その輪に私が入ることは今後一切無いのでしょう。
    「おい、奴隷、トイレ」
     誠也さまが私にそう呼び掛けると顔をあげる私。ズボンのファスナーをあけ立派なモノを私の眼前にだし、ためらいもなく用を足されます。
     そして、何事もなかったようにソファに戻り柚菜さまと仲むつまじい会話に戻ります。
     しばらくすると、柚菜さまも同様にされます。
     柚菜さまは大概、終わると私の顔に唾をはきかけていかれるので、根っこの部分ではまだ私への嫌悪感があるのかもしれません。
     それは、食後の私への行為でもわかるのでした。

     食後しばらくして、
    「あー、もうカロリーとりすぎ。デブるから運動するよ。奴隷、準備しなさい」
     そう、柚菜さまに言われて準備する私。
     部屋に作られたボクササイズ用のスペースに移動し、用意します。
     といっても、私が首吊り自殺するように首に縄をかけつま先立ちでギリギリ足が着く台の上に立つだけなのですが。
     柚菜さまは私の身体をサンドバッグに見立て殴りつけたり蹴ったりします。
     そのたびに台から足が離れ首がしまるので、必死で台に戻るようにもがきます。
     白熱してくると台に戻る暇など無くなり私は窒素寸前になり口から泡をふき、白目をむきはじめます。そんな姿を笑いながら苛烈に責める柚菜さまはとても美しく見えました。
     ちなみに誠也さまはというと太らない体質らしく、ソファでくつろぎスマホでゲームでもしているようでした。
     一通り汗をかかれた柚菜さまは、誠也さまとゲームのオンライン対戦に誘われたらしくそちらへ行ってしまい、息も絶え絶えな私だけが残されたのでした。

     一通り盛り上がったゲームの時間も終わり、そこからはカップルの時間です。
     私は、お二人がシャワーを浴びている間部屋を片付け、脱がれたお洋服を洗濯したりします。

     そして、寝室で二人が性行為をされてるのを、見ることは許されないので土下座の姿勢で聞きながら自慰をします。
     興奮してという訳ではなく、そういう命令だからですが、この時間はお二人と繋がっているようで至福の時間です。

     そうこうしているうちに、声が聞こえなくなり、お二人が休まれたようです。
     私は部屋に散乱したコンドームやティッシュなどをゴミ箱である私の口の中に捨て、飲み込むと、ベッドに眠るお二人に布団をかけ、おトイレの床にうずくまり眠りに着くのでした。
     お二人に押し潰される私という歪な逆三角形の関係はいつまで続くのか。
     願わくば永遠にこのままで……。

     

  • 職場の人間ペンたてに

    ぶたみそです。
    人間ペンたてとして職場で使われることを想像しながら自慰をいたしました。
    まずは、準備として、コンドームを購入いたしました。
    薬局で自分ひとりでコンドームを購入するのは、初めてだったので、それだけでどきどきだったのですが、色々考えてドラッグストアの店員さんに、
    「たくさんペンをいれても破れないコンドームありますか?」
    って聞いてから購入するというのをやってみました。
    眼鏡のおとなしそうなかたを選んで聞いたのですが
    「すみません、聞き取れなくて。たくさん、何でしょうか?」みたいに聞き返され、断念。
    普通にコンドームのありかを聞いて逃げるように店を出ました。

    部屋に帰ると、家の中のペンを集めてみました。マジック、ボールペン、筆ペン、修正液など、合わせて7本でした。
    コンドームに入れて形を整えます。
    マジックで下腹部にペンたてと書いてそのマジックもコンドームへ。
    準備段階で濡れていた陰部にはすんなり入りました。
    そのまま壁に腰を預ける感じで天井に陰部を向けるようにすると、周囲が職場だと想像して
    「皆様、私は価値のない変態ぶたみそ女なのにこの店の皆様を騙していました。今から、人間ペンたてとして勤めますのでお使いくださいませ」
    と口にしました。
    想像の中では、店長や、同僚、そして、後輩さまが軽蔑したように見下ろしますが、体や顔を踏んだり蹴ったりするだけでペンをとりません。
    皆様の名前を一人一人読んで使ってくださいと懇願しますが、誰も使ってくれません。
    後輩さまが呆れたように
    「こんな汚いペン誰も使いませんよ」
    とおっしゃいました。店長も、
    「ペンとペンたて新しく買ってきて、これ、捨てちゃうから」
    と、指示をだします。
    私は、店のゴミ箱に突っ込まれ見向きもされないなか陰部のペンをかき回しながら誰か使ってくださいと呟きながら絶頂に達したのでした。

    いつもなのですが、興奮しすぎると、妄想がなんか飛躍して思いもよらない方向に行ってしまいます。
    まさか使われもせず棄てられてしまうとは…
    でも、そんな扱いの方がふさわしいのかも、ですね。

     

  • 心を込めて謝罪いたします

    ぶたみそです。
    昨日、銀貨様にコメントに書いていただいた通り、私のような変態が頭の中で汚してしまって、後輩さまにはご迷惑をおかけしました。
    ゆうべ、土下座で謝罪いたしましたのでご報告いたします。

    まずは、写真などは持っていないため、スマホで後輩さまのLINEアカウントが表示されっぱなしになるようにしておきました。
    それを後輩さまだと思って、その前で全裸で土下座しました。
    そして、あらかじめ考えて謝罪文を口にします。

    謝罪文
    ○○様(後輩さまの本名)
    いつも、妄想の中で汚してしまって申し訳ございません。
    ○○(私の本名)は、普段は、先輩ぶって生意気にも色々仕事を教えたりしていますが、本性は見ての通りの最低の変態女でございます。
    ○○様に蔑まれることを夢見ながら自慰をするような変態をお許しくださいませ。

    その言葉に頭をぐりぐりと踏みつける後輩さま(想像のために仕事に履いていっている靴を頭に載せてみました)
    「最低」
    「ごみくず」
    「雌豚」
    などと言葉をかけられたり、唾をはきかけられたりするのを思い浮かべ、つい発情してしまうと
    「は?なんでそれで興奮してるの?反省がみられないから、もういっかい」
    と、再度謝罪文を口にさせられます。
    再び口にしたら、
    「やっぱ反省してるようにみえないな。
    あ、そっか、豚のくせに人語で謝るから伝わらないんじゃない?豚語でもういっかい」
    と指示。
    謝罪文を思い浮かべながら、すべて、ブヒブヒやら、ブーブーと言い換えて謝罪します。
    しかし、
    「いみわかんない」と嘲笑され
    お尻を高く上げるよう命令をされ、まだ発情している私のあそこを踏みつけにしたのでした(実際は靴をあそこにおしあてたりしながら自慰しただけです。結局単なる自慰のためにまた後輩さまを利用して汚してしまって、謝罪になっているか微妙ですね)

    そのまま疲れていたのかしばらく床で寝てしまって身体が痛いですが、不思議と充足感がありますね。

    銀貨様、ありがとうございました。
    今日は休日なので、指示のあったものを買い物に出かけようと思っています。

     

  • 身体をメモ帳にして

    こんばんは。
    本日は、銀貨様からいただいたご命令を実行いたしましたのでご報告いたします。
    毎日自慰をするはしたないみそっかす女で申し訳ありません。

    まず、実行する内容が、先日の後輩様で妄想した時の内容を自宅で実行することでした。
    まずは、下準備としてゆうべのうちに下腹部の陰毛を剃りました。筆記具については考えて、指示とは異なりますがいつも職場で利用しているペンをいくつかこっそり持ち帰りました。
    業務指示は、いつも口頭で朝礼時行っていることを箇条書きにまとめました。
    帰宅すると、すぐに全ての着衣を脱ぎました。
    自分のネームだけは付けました。
    まずは、ネームに記載された私の名前に×印をつけ、変態みそかす女と書き直します。
    次に、右乳房にヘンタイ、左乳房に生ゴミ、おでこにバカと記載しました。
    申し訳ありませんが、逆に書くのは意外と大変なので、ここで断念しちゃいました。
    なので業務連絡は、性器の側からおへそに向かって書きました。
    お客様への電話予定、入出庫処理、取引先へのご連絡、そして、最後に
    「最低ぶたみそ女○○(本名)による女神○○様(後輩様の本名)へのOJT」
    と、記載いたしました。
    その姿を写真におさめ、各部位のアップも撮影いたします。
    その画像を見ながら明日朝礼といって私の身体の業務連絡をお見せするのを想像したり、ペンでクリトリスや、乳首を刺激し、
    後輩様に読みにくいからと逆立ちをさせられている想像の時にイッてしまいました。

    明日は少し勇気を出して朝礼のとき、ばれないようにこの写真を見ながら業務連絡してみようかと思っています。
    あと、前回もそうでしたが、後輩さまの顔を見ると少し思い出して濡れてしまいそうなのと、しばらく職場でペンを使うたびに思い出しそうですね。

    今回は、素敵なご命令ありがとうございました。妄想が現実になったかのようでかなりどきどきしちゃいました!

     

  • 変態馬鹿女・椿の自画撮り写真集Vol.14「レイプ後に殺される自分を妄想してオナニー」

    これまでの中で、最高に頭がオカシイ写真集です。
    変態で馬鹿な椿は、生理中にレイプされ、しかしオマンコにはタンポンが入ってるためケツ穴を犯されることを妄想したそうです。
    自分で服を切り刻み、レイプされた後にゴミのように捨てられた様子を自撮りしている馬鹿な姿をお愉しみ下さい。

    さらに欲情した椿は、レイプされたあとも体を弄ばれることを妄想しながら、アナルステックの他にローターも使いオナニーをしました。
    最後には、レイプ犯に絞殺されて死体を木に吊るされるのを妄想して自画撮りしたというのだから、本物のキチガイ女です。

    続きを読む 投稿 ID 25806

     

  • 自画撮り動画ライブラリー【佐恥子】Vol.2「オシッコいっぱい出ました」

    お風呂場で放尿する、佐恥子の姿です。
    お風呂場で放尿する女性は一定数いるようですが、それを自分で撮って人に見せるような馬鹿は、あまりいないでしょう。
    しかも、そんな恥ずかしい姿を見られると感じてしまう変態には、人権など必要ありませんね。
    オシッコを出し終わった後の、ニンマリとした満面の笑顔を見てやって下さい。

    続きを読む 投稿 ID 25806

     

  • 牝豚佐恥子の自画撮り写真集Vol.19「変態小学生コスプレプレイ」

    大学を卒業して新社会人になったのに、 小学生の格好をしてこんな写真を撮っています。
    人事担当者も、まさか入社したのがこんな馬鹿で変態な女だとは思いもしなかったでしょう。 

    続きを読む 投稿 ID 25806

     

  • 牝豚佐恥子の自画撮り写真集Vol.18「自己緊縛して、パンツを履いたままお漏らし」

    パンツを履いたまま自己緊縛をした佐恥子は、乳首に洗濯バサミを付け、ローターを使ってオナニーをしました。
    ローターを入れロープを食い込ませたマンコが気持ち良いのか、うっすらとマンコ汁が染みてきています。

    そして、恥ずかしい姿を見られるのが大好きな変態なので、蔑んでもらえるようにパンツを履いたままオシッコを漏らしました。
    オシッコで汚れたパンツに、さらにマンコを食い込ませて興奮した佐恥子は、洗面器に入った自分のオシッコを舐めます。
    オシッコは、変態牝豚の餌でもあります。

    続きを読む 投稿 ID 25806

     

  • 変態馬鹿女・椿の自画撮り写真集Vol.13「アナルスティックでオナニー」

    変態馬鹿奴隷・洋見

     お風呂上りに何も着ないで、首輪だけをつけました。
     今日使うアナルスティック、ロープ、洗濯バサミ、デジカメを用意しました。
     紙に“私のいやらしいケツ穴に咥えこむために購入したアナルスティックです”と書きました。
     その紙にアナルスティックを乗せ、写真を撮りました。
     皆様に知って頂くための、紹介写真です。

     アナルスティックを咥え、部屋の中を廻りました。
     口がふさがっているので声には出せませんが、「これが、私のケツ穴を犯していただくためのアナルスティックです」と、紹介しながら歩いている気持ちで、部屋を廻りました。
     そして、ちんちんのポーズで、写真を撮りました。

     鏡の前に立ち、以前購入して、使ったことが無かった“赤いロープ”で自己緊縛をしました。
     次は、乳首とオマンコに洗濯バサミをつけました。
     乳首に洗濯バサミをつける時、「いっ……」と、声を出してしまいましたが、「痛いなんて、生意気な事をいうな」と、銀貨様にいわれた言葉を思い出し、言葉を飲みました。
     左右の乳首に一つずつ、オマンコのビラニラに三つ、洗濯バサミを付けました。
     その格好で、部屋の中を歩きました。
     足を閉じると、洗濯バサミにあたって痛いので、がに股で歩きます。
    「私は、乳首やオマンコに洗濯バサミをつけて喜ぶ変態です。
     変態女のおしゃれは、イヤリングなどではなく、洗濯バサミで充分です。
     ロープで縛られ、洗濯バサミを乳首とオマンコにつけて喜んでマンコを濡らす、変態女です。」と、姿身の前で、自分を鏡に映し、知っている人に“自己紹介”をするつもりで言いました。
     声に出し、何度も何度も繰り返して言いました。
    「銀貨様、変態女の姿をどうぞご覧ください」とも言いました。
     洗濯バサミにあたって「痛ッ」と言いながら、オマンコを触ってみました。
     ヌルヌルに濡れていました。


     アナルスティックにコンドームをかぶせ、オマンコ汁をケツ穴に塗り、アナルスティックにもオマンコ汁を塗りつけて、四つん這いの格好になり、ケツ穴に挿入しました。
     ゆっくりゆっくり、挿入していきました。
     濡れているからか、“慣れ”てきたからか、抵抗なく入っていきます。
     スティックの“くびれ”に“ゾクゾクッ”としながら、何度か出し入れしました。
     アナルスティックを奥までしっかりと入れ、ロープで挟んで、四つん這いで歩きました。
     少しでも力が入ると、アナルスティックが押し出されます。
     挿入しなおして、四つん這いで歩きますが、なかなかうまく歩けません。
     ロープでしっかりと抑えるようにして、ケツを高く上げて、四つん這いで歩きました。
    「“椿”のいやらしいケツ穴をご覧ください。ケツ穴を犯されて喜ぶ変態女の姿を見てください」と言いながら、部屋を歩きました。
     ベッドに上がり、股のロープを左右に広げてアナルスティックを出し入れし易いようにしました。
     四つん這いの体勢で身体をよじると、乳首の洗濯バサミに腕があたって、声も出ないぐらいの痛みが走ります。
     痛みを感じながら、アナルスティックの出し入れをします。

    続きを読む 投稿 ID 25806

     

  • 牝豚佐恥子の自画撮り写真集Vol.17「自分の放尿姿を晒して、自分のオシッコを飲む」

    ローターでオナニーをした佐恥子は、ローターのスイッチを体を縛っているロープに引っ掛けたまま、コップにオシッコをしました。
    ローターを使ってオナニーをする女性は珍しくないかもしれませんが、自分がオシッコする姿を晒して悦ぶ変態は、なかなかいません。

    しかも、出したオシッコを嬉しそうに飲んでいる頭のオカシイ佐恥子です。
    この飲んでいる様子は動画もあるので、国民の皆様には後日に公開いたします。

    続きを読む 投稿 ID 25806