妄想 01 (奴隷誓約書)

私はソウルにいる○○女子高校を通っている平凡な少女です。
学校の成績も悪くないし、交友関係も円満で、先生たちに信頼も受けています。
お父さんは私が幼い時に亡くなったが、
本当に良いお母さんがいて、お姉さんたちも良い人たちです。

私は家でも、学校でも、いつもまじめで、
そんな私に世の中は幸せなことだけいっぱいでした。

しかし、ある日…私の人生は変わってしまいました。

どの学校、どのクラスでも違わないが、
私のクラスにも、いわゆる『チンピラ』と彼女の『群れ』があったんですよ。
4月末頃の中間テストを控え、
彼女たちは私に「あなたが委員長だから」と言って、勉強を教えてくれと言いました。
純粋だった私は放課後に、そのチンピラの家に付いて行けたし…
そこで無理やり服がはげて、恥ずかしい写真を強制的に数十枚も撮られるようになりました。

「なぜこんなまねをしたの?」という私の言葉に、
そのチンピラは「面白いだからね」と言って笑ったんです。

その後で数日の間、
彼女たちは「あなたの恥ずかしい写真をインターネットに公開する」と脅かしながら、
私に「パンを買ってこい」とか、「ジュースを買ってこい」とか… おつかいをさせました。
しかし、彼女たちはその程度では満足できなかったようです。

結局、私は5月14日朝… ホームルームの前に…
教卓の前で立って話にならない『奴隷誓約書』を朗読しなければならなかったです。

 

==========================================================

奴 隷 誓 約 書

 

<第1条. 誓い>
1. 私、オナヨンは2018年5月14日から○○女高等学校1年生2組全員を私のご主人様たちとして仕えて、人間として享受できるすべての権利·肉体的自由·精神的自由をご主人様たちに譲渡することを誓います。
2. 私、オナヨンは上記1項によって、365日24時間の間、ただ一瞬も自由な時間を持たずに、ご主人様たちの満足と楽しみのために生きていく事を誓います。
3. 私、オナヨンは上記1項によって人間の名を捨てて、今から「オナホ-ル」という名前で生きていく事を誓います。 ご主人様たちの許可を受けた場合にのみオナヨンという昔の名前を使用することができます。

<第2条. オナホ-ルの義務 (奴隷の十戒)>
1. オナホ-ルはご主人様たちの奴隷になったことに対して感謝する心を持たなければならない。
2. オナホ-ルはご主人様たちの全ての命令について、ためらいしたり拒否せずに絶対服従しなければならない。
3. オナホ-ルは自分の精神と肉体はご主人様たちの所有物ということを心に銘じて、考え·呼吸·食事·排泄の生理的行為もご主人様たちの指示に従わなければならない。
4. オナホ-ルはご主人様たちを楽しませるための喜び組だから、常にご主人様たちを楽しませる方法を研究して悩まなければならない。
5. オナホ-ルは下着を着ることができない。下着を着なければならないと、先にご主人さまの許しを受けなければならない。
6. オナホ-ルはご主人様たちの許諾なしに性的に興奮してはいけない。 だから、ご主人様たちの許諾なしに、性的な満足を得られるすべての行為をしてはならない。
7. オナホ-ルのオナラ··ウンコ·メンスなど各種の排泄行為は、先にご主人様たちの許可を受けて、ご主人様たちが指示した方法にしなければならない。
8. オナホ-ルはご主人様たちの許諾なしに片恋や恋愛してはいけない。恋愛はご主人様たちが指定する人と付き合わなければならない。
9. オナホ-ルは自分のパイパンのマンコとパイパンに書かれた『チンポ大好き』の落書きがご主人様たちに対する忠誠の証であることを記憶して、いつも落書きされたパイパンマンコを維持しなければならない。
10. オナホ-ルは先生や家族のような第3者に、この主従関係が発覚しないよう努力しなければならない。発覚される場合、すべての責任をオナホ-ルが負わなければならない。

<第3条. ご主人様たちの権利>
1. ご主人様たちはオナホ-ルの肉体·精神·感情·生命、そのすべてのことを所有する。
2. ご主人様たちは時間と場所にこだわらず、オナホ-ルのすべてのものを自由に使用することができ、好みによってオナホ-ルの精神と肉体を調教したり、改造することができる。
3. ご主人様たちはオナホ-ルが第2条の義務を違反した場合、処罰することができる。
4. ご主人様たちは上記3項の違反かどうかを勝手に判断することができ、判断をためにオナホ-ルを拷問することができる。
5. この主従関係のために発生する全ての悪い結果について、ご主人様たちはまったく責任を負わない。

<第4条. 誓約の更新·変更·破棄>
1. この誓約は毎年1回1学期の始業式に合わせて更新される。 高校卒業後は毎年3月1日を更新日とする。
2. ご主人様たちは学級会議を通じて、この誓約書の内容を変更することができる。 ただ、この学級会議でオナホ-ルは発言権や投票権を持つことができない。
3. 誓約の破棄は下記の三つの場合のみ可能だ。
   (A) ご主人様たちの全員が満場一致でオナホ-ルを捨てることにした場合
   (B) ご主人様たちの全員が死亡する場合
   (C) オナホ-ルが死亡する場合

2018年 5月 14日

 

==========================================================

 

最初は「信じられない」とか、「その誓約書は話にならない」と言っていた『ともだち』もいました。
しかし、私がチンピラたちの命令で教卓の上に立ってオナニーをした後、
その『ともだち』はみんな『ご主人様たち』になってしまいました。

 

これから私はどうなるんですか? 私の人生はどのようになって、私の未来はどうなるんですか?
私は何も分からないです。
しかし、一つは知ることができます。
『オナホ-ル』は永遠に、ご主人様たちの支配を抜け出すことはできないというの, です。

 

 

P.S 1 : タイトルで話しましたが、これは実話ではなく “妄想” です。 (笑)

P.S 2 : タイトルを修正しました。 それに、第2条9項の内容も少し修正しました。 (マンコ汁が忠誠の証 -> 落書きされたパイパンマンコが忠誠の証)

 

韓国のメス高校生です。まだバージンです。
セックスの経験はないが、オナニーはたくさんします。
いじめられっ子になることが私の願ですが、
現実では行われていないし、皆さんにいじめを受けたいです。

 

妄想 01 (奴隷誓約書)への4件のコメント

  1. なかなかに、面白い妄想だった。
    特に、『委員長は虐められています』の虐めのキッカケは、まだ考えていなかったから参考になった。
    奴隷契約書の内容も、俺が考えたことの無い言い回しがあって愉しめた。

    꽤나 재미있는 망상이었다.
    특히 “위원장은 학대되어 있습니다”의 학대의 계기는 아직 생각하지 않았기 때문에 도움이되었다.
    노예 계약서의 내용도 내가 생각해 본 적이없는 표현이 있고 즐거움 메타.

     
    • 愉しくみてくださって、ありがとうございます。
      多様た妄想をこのように文で書こうとしたら.. 話が整理されてもっと良いみたいです。
      早いうちに妄想をさらに書いてみます。

       
  2. 何かプロローグのような感じだね
    뭔가 프롤로그 같은 느낌이네?

    奴隷誓約書を朗読して、教卓の上に立ってオナニーをして… その次の内容がもっと面白いんだけど… (笑)
    노예서약서를 낭독하고, 교탁 위에서 서서 자위행위를 하고… 그 다음의 내용이 더 재밌을 거 같은데.. ㅎㅎㅎ

    とにかく面白く読んだ。 また、書いてちょうだい~ ^^
    암튼 재밌게 읽었어. 또 써줘~ ^^

     
    • 奴隷誓約書だけでも”オナホルが今後どうなるか?”の妄像する楽しさはありませんか?
      노예서약서만으로도 “오나홀이 앞으로 어떻게 될까?” 하는 망상을 하는 재미가 있지 않나요? ㅋㅋㅋ

      ゲボジ先輩の妄想も聞きたいです。 先輩はどんな妄想をしながらオナニーをしていますか?
      개보지 선배님의 망상도 듣고 싶어요. 선배님은 어떤 망상을 하면서 자위를 하시나요?