• タグ別アーカイブ: マンコ汁
  • 変態馬鹿女・椿の自画撮り写真集Vol.17「御主人様の誕生日のお祝いに、私の全てを捧げます」

    御命令を実行いたしましたので、報告します。

    まず、お店の中に

    ~メニュー~
    牝豚奴隷料理
    変態・(本名)のオッパイの刺身
    牝豚・(本名)の太ももの串焼き

    糞豚・(本名)のお尻肉のハンバーグ
    変態奴隷のオマンコサラダマン汁ドレッシング
    牝豚の内臓の炒め物
    糞豚奴隷の子宮の唐揚げ

    と書いたものと、

    「いやらしい変態奴隷(本名)の店
    変態奴隷の糞豚料理をお召し上がりください。
    代金は、精液でお支払いください。
    変態糞豚奴隷の口にたくさん出してください。」

    と書いたもの、

    それからトイレには、人間便器になっている写真、お店の壁に鼻水を出して泣いている写真を貼りました。

    準備している間に、オマンコが濡れてきているのが分かりました。

    お店の床に、レジャーシートを敷き、全裸になって、首輪をしました。
    赤いペンで体に
    「変態牝豚奴隷」「お祝いに全身を使ってご奉仕いたします」と書きました。

    正座をして、「ブヒブヒ。今日は、銀貨様のお誕生日をお祝いして、変態牝豚奴隷のオナニーをご覧に入れます。牝豚奴隷馬鹿女・椿のいやらしい姿をご覧ください。ブーブー」と御挨拶しました。
    穴あきゴルフボールで作ったボールギャグをして、垂れてくる涎をグラスに受けるように床に置き、コンドームをかぶせたビールの空き瓶をオマンコに入れました。
    まだ触ってもいないのに、すでに濡れているオマンコに、ビンは抵抗もなく入っていきました。
    床に置いたビンの上で、腰を動かしました。
    涎がレジャーシートの上に、だらだらとこぼれます。
    (涎を垂らしながら、ビンでオナニーをする変態奴隷の姿をご覧ください、ブヒブヒ)と、心の中で言いながら、ビンでオマンコを犯しました。
    (糞豚の、ケツ穴も使ってオナニーします。ブーブー)と言って、アナルスティックを入れました。
    両方は上手く動かせなかったので、ビンの上に深く座り、アナルスティックを出し入れしました。
    涎まみれになりながら、(ブヒーッ、イッてしまいます……)と、すぐにイッてしまいました。
    グラスに、涎がたまっていました。
    そのグラスをオマンコに擦りつけて、オマンコ汁を入れようとしましたが、上手く入らず、口の所に付いただけでした。

    続きを読む 投稿 ID 26749

     

  • 漫画版『歪な逆三角』11ページ目

    好きな人の精液をもらえるからって喜び過ぎなところに、狂気を感じますねぇ。
    恋敵のマンコ汁をもらうのも喜んでますし。
    今回の作品では土下座とか四つん這いになるとか、できるだけ美世が低い姿勢をするようにしています。
    このオナニーのシーンも、エロとしてはM字開脚のほうが画としては映えるのですが、美世が虐げられていることを示したかったので。

    国民の皆様には、今回のページのコマに配置する前の構図違いの差分画像と、校門の上や学校内の広場でオナニーしているシーンを用意しましたので、どうぞお愉しみ下さい。

    *********************************************************

    ※掲載している画像は、個人が愉しむ限り改変して構いません。
    The images posted may be modified as long as the individual enjoys them.

    ※作品を他のサイトに転載した場合は、このページを紹介して下さい。
    If you want to reprint it on another site, please introduce this page.

    続きを読む 投稿 ID 26749

     

  • 牝豚佐恥子の自画撮り写真集Vol.22「下着を履いたままオモラシした私は、汚れたパンツを頭にかぶってオナニーもします」

    佐恥子には、排泄するときには芸としてやるように命じています。
    そこで佐恥子が考えたのは、下着を履いたままの放尿でした。

    そして、自分のオシッコで汚れたパンツを頭にかぶるのですが、洗面器からこぼれてしまったオシッコを這いつくばって舐めました。
    牝豚には、四つん這いが似合いますね。

    オシッコを美味しそうに舐めると、そのまま佐恥子はオナニーを始めます。
    立ちションが気持ち良かったのか、汚れたパンツをかぶって発情したのか、それとも四つん這いになりオシッコを舐めて興奮したのか、オマンコからはマンコ汁が溢れています。

    続きを読む 投稿 ID 26749

     

  • 変態馬鹿女・椿の自画撮り写真集Vol.16「変態赤ちゃんの私はオムツを履いて脱糞しました」

    “おしゃぶり”を買いに行きました。
    「へー、いろいろあるんだなぁ。」と思いながら見て、色が可愛かったので、オレンジのおしゃぶりを買いました。
     レジにおしゃぶり1つだけを持っていきました。とても子供がいるようには見えなかったと思うので、「レジのオバサン、不思議がってるだろうな。まさか、私が使うなんて思ってないよなぁ。」なんて考えながら、お金を払いました。

     家に帰り、オムツと首輪を準備しました。
     裸になり、オムツを穿いて、赤い首輪をつけ、先ほど買ってきたおしゃぶりを出しました。

     うんちをしなければいけなかったので、今日1日、我慢をしていました。
     でも、急に出るものでも無いので、お薬を使う事にしました。
     座薬の便秘薬をいれ、おしゃぶりを咥えながら、うんちがしたくなるのを待ちました。
    「おしゃぶりって、好きかもしれない………。」
     などと思いながら、数分後、便意をもよおしてきました。
     おしゃぶりを咥えてるので、声には出さず、心の中で
    「あっ、銀貨しゃま……。うんちしたくなりまちた・・・。オムツの中でうんちさせてくだしゃい……。」と言って、うんちをしました。

     ムニムニムニ……。

     お尻が温かくなりました。
     オムツが重くなり、変な感触があります。が、においはしてないような気がします。
    「銀貨しゃま、変態馬鹿奴隷のおもらししたうんちを見てくだしゃい。」と言った(思った)ところで、はさみが無いのに気が付きました。
     うんちをしたオムツを穿いたまま、はさみを探しに歩きました。
     がに股で、変な歩き方です。
    「うんちがお尻にくっつく~……」と、気持ち悪さを感じながらはさみを探しました。

     オムツの横を切り、うんちが見えるようにしました。
     オムツに、オマンコ汁がついて、糸をひいていました。
    「くちゃ~い」と思いながら、うんちだけは、トイレに捨てました。
     うんちのついたオムツを横において、
    「銀貨しゃま、馬鹿奴隷のオナニーをご覧くだしゃい。」と言って(思って)、オナニーをしました。
     おしゃぶりを咥えて、うんちのにおいの中、「私は、赤ちゃん以下の馬鹿でしゅ。馬鹿奴隷でしゅ。」
    「今日、変態の赤ちゃんになりまちた。これから、立派な変態に成長していきましゅ。立派な変態になるため、赤ちゃんからやり直しましゅ。」と繰り返しながら、オナニーをしました。
     オムツについたうんちを舐めてみました。美味しくありませんでした。
    「銀貨しゃまのうんちはおいちかったのに……。」
     グチュグチュに濡れたオマンコに指を2本入れ、クリトリスも刺激しながら、「あっ、イキましゅ……」と言い(思い)ながら、いきました。
     おしゃぶりを咥えたままのオナニーだったので、とても、静かでした(笑)

    続きを読む 投稿 ID 26749

     

  • マンコを振りながら暑中お見舞い申し上げます

    こんにちは。ゲボジです。

    暑い夏ですね。
    コロナも心配ですが、この暑さで体調を崩すのも心配です。

    それで、鬼畜共和国の男性国民の皆様が
    涼しくなることを心から願い、マンコを振って扇いであげます。

     
    実はご主人様にお届けするために撮影した映像です。
    ご主人様を楽しませてあげるための豚の無様な仕草です。
    (ご主人様の許可を得て鬼畜共和国にも投稿します)

    続きを読む 投稿 ID 26749

     

  • 変態馬鹿女・椿の自画撮り写真集Vol.15「変態女の私は、奴隷の目標を書き初めしました」

    変態で馬鹿な椿は、自分の体を書道用紙にして書き初めをしました。
    自分がウンコと間違えて生まれてきた「糞女」だと、自覚してるのは偉いですね。
    馬鹿ですが(笑)

    奴隷としての「目標」も書いていました。
    奴隷としては向上心がありますが、人間としては最低な目標です。

    人間としてし生きる資格が無いので、四つん這いにもなります。
    マンコもケツ穴も晒して生きるのが、牝犬ですからね。

    そして、開いたオマンコにはマンコ汁が溢れています。
    恥知らずなことを書いているうちに、発情してマンコが濡れたそうです。

    続きを読む 投稿 ID 26749

     

  • 牝豚佐恥子の自画撮り写真集Vol.18「自己緊縛して、パンツを履いたままお漏らししました」

    パンツを履いたまま自己緊縛をした佐恥子は、乳首に洗濯バサミを付け、ローターを使ってオナニーをしました。
    ローターを入れロープを食い込ませたマンコが気持ち良いのか、うっすらとマンコ汁が染みてきています。

    そして、恥ずかしい姿を見られるのが大好きな変態なので、蔑んでもらえるようにパンツを履いたままオシッコを漏らしました。
    オシッコで汚れたパンツに、さらにマンコを食い込ませて興奮した佐恥子は、洗面器に入った自分のオシッコを舐めます。
    オシッコは、変態牝豚の餌でもあります。

    続きを読む 投稿 ID 26749

     

  • 変態馬鹿女・椿の自画撮り写真集Vol.13「アナルスティックでオナニーする姿を見て下さい」

    変態馬鹿奴隷・洋見

     お風呂上りに何も着ないで、首輪だけをつけました。
     今日使うアナルスティック、ロープ、洗濯バサミ、デジカメを用意しました。
     紙に“私のいやらしいケツ穴に咥えこむために購入したアナルスティックです”と書きました。
     その紙にアナルスティックを乗せ、写真を撮りました。
     皆様に知って頂くための、紹介写真です。

     アナルスティックを咥え、部屋の中を廻りました。
     口がふさがっているので声には出せませんが、「これが、私のケツ穴を犯していただくためのアナルスティックです」と、紹介しながら歩いている気持ちで、部屋を廻りました。
     そして、ちんちんのポーズで、写真を撮りました。

     鏡の前に立ち、以前購入して、使ったことが無かった“赤いロープ”で自己緊縛をしました。
     次は、乳首とオマンコに洗濯バサミをつけました。
     乳首に洗濯バサミをつける時、「いっ……」と、声を出してしまいましたが、「痛いなんて、生意気な事をいうな」と、銀貨様にいわれた言葉を思い出し、言葉を飲みました。
     左右の乳首に一つずつ、オマンコのビラニラに三つ、洗濯バサミを付けました。
     その格好で、部屋の中を歩きました。
     足を閉じると、洗濯バサミにあたって痛いので、がに股で歩きます。
    「私は、乳首やオマンコに洗濯バサミをつけて喜ぶ変態です。
     変態女のおしゃれは、イヤリングなどではなく、洗濯バサミで充分です。
     ロープで縛られ、洗濯バサミを乳首とオマンコにつけて喜んでマンコを濡らす、変態女です。」と、姿身の前で、自分を鏡に映し、知っている人に“自己紹介”をするつもりで言いました。
     声に出し、何度も何度も繰り返して言いました。
    「銀貨様、変態女の姿をどうぞご覧ください」とも言いました。
     洗濯バサミにあたって「痛ッ」と言いながら、オマンコを触ってみました。
     ヌルヌルに濡れていました。


     アナルスティックにコンドームをかぶせ、オマンコ汁をケツ穴に塗り、アナルスティックにもオマンコ汁を塗りつけて、四つん這いの格好になり、ケツ穴に挿入しました。
     ゆっくりゆっくり、挿入していきました。
     濡れているからか、“慣れ”てきたからか、抵抗なく入っていきます。
     スティックの“くびれ”に“ゾクゾクッ”としながら、何度か出し入れしました。
     アナルスティックを奥までしっかりと入れ、ロープで挟んで、四つん這いで歩きました。
     少しでも力が入ると、アナルスティックが押し出されます。
     挿入しなおして、四つん這いで歩きますが、なかなかうまく歩けません。
     ロープでしっかりと抑えるようにして、ケツを高く上げて、四つん這いで歩きました。
    「“椿”のいやらしいケツ穴をご覧ください。ケツ穴を犯されて喜ぶ変態女の姿を見てください」と言いながら、部屋を歩きました。
     ベッドに上がり、股のロープを左右に広げてアナルスティックを出し入れし易いようにしました。
     四つん這いの体勢で身体をよじると、乳首の洗濯バサミに腕があたって、声も出ないぐらいの痛みが走ります。
     痛みを感じながら、アナルスティックの出し入れをします。

    続きを読む 投稿 ID 26749

     

  • 牝豚佐恥子の自画撮り写真集Vol.7「牝豚の醜い下着姿を見て下さい」

    醜い駄肉を晒して恥ずかしい思いをするのが好きな佐恥子の、下着姿です。
    写真では分かりにくいですが、3枚目のブラシャーは片方をハサミを使って自分で切ってます。
    馬鹿ですねぇ。

    ブラジャーのもう片方も切り取りオッパイを丸出しにすると、マンコ汁とオシッコで汚れたパンツを裏返して見せ発情した変態の佐恥子は、やっぱりマンコも晒したくなったようです。

    続きを読む 投稿 ID 26749

     

  • 牝豚佐恥子の自画撮り写真集Vol.4「脱ぎたてのパンツを舐める意地汚い牝豚です」

    発情しやすい佐恥子は、いつでもパンツを臭いマンコ汁で汚しています。

      

    その汚れたパンツを舐めたり頭にかぶったりするよう命令すると、喜んで実行する馬鹿女です。

    続きを読む 投稿 ID 26749