メス国民服従憲章

📂投稿グループ📎タグ

韓国には「国民教育憲章」ということがあります。

1960年代に独裁者「朴正熙」が国民を自分が希望する理念に洗脳するために作られたものです。

当時はすべての生徒がそれを覚えなければならず、覚えない人は先生に殴を受けたそうです。。

もちろん現在は完全に廃棄された「旧時代の憲章」です。

しかし、牝犬ゲボジは男性国民の皆様に尻尾を揺さぶるために、

その憲章をメス国民にふさわしい内容に変えました。

是非読んでくださって、この賤のメス犬の頭を撫でてください。

いや、言い間違いました。言葉のミスです….

頭ではなく、クリトリスを撫でてください。Gスポットを撫でてください。

[ メス国民服従憲章 ]

私たちは男性の皆様に必ず服従しなければならない使命を持ってこの地に生まれた。
クソよりもっと役に立たない私たちの体を最大に活用して
死ぬ日まで服従の姿勢を確立して、男性皆さんの性欲解消のために努力しなければならない。
したがって、我々の進むべきことを明らかにしてメスの指標にする。

誠実な心とわいせつな体で
男性の皆様を喜ばせてあげられる性技を学んで身につけて、
生まれつきの私たちの性感帯を開発して、
私たちのオマンコをオナホルに使用して、メス奴隷の義務に沿って服従の精神を育てる。

舌と口マンコを掲げて、男性の皆様のチンポ様を崇めて、
胸板に淫らにぶら下がっている、おっぱいの間を使用して、
柔らかくて暖かなパイズリ用の乳マンコでチンポ様たちの性欲を盛り上げる。

私たちの陵辱と性奉仕で男性の皆様が嬉しければ、
その喜びが私たちが生きていなければならない唯一の理由というのを悟り、
“非自由”と“無権利”に見合う責任と義務を尽くして、
自分からイジメをお願いして哀願するメス精神を高める。

“男女平等”というバカみたいなうわごとに一緒に抵抗しょう。
徹底した服従だけが私たちの進むべき道で、
私たちのオマンコをグショグショすることができる理想だ。

今もどこかでオマンコを濡らしながら生きている未来のメスたちと共にすることになる、
ごの素敵な「鬼畜主義」の未来を眺めながら、
チンポ様たちを入れるための穴だけが唯一価値のあるメスとして、
心を一つに意味を集めて限りない努力で新しい歴史を創造しょう。

2014. 8. 12
オマンコ運動家 ゲボジ

LINEで送る
Pocket

 
委員長はクラスで虐められています ~人間お別れ会~ 変態ファッション 婦警が性犯罪者の餌食になりました ~美緒と麻衣子~ 変態アイテム

メス国民服従憲章への2件のコメント

  1. 面白い憲章を考えたな。
    原文があるとはいえ、変更の仕方が変態の牝犬らしくて良いぞ。
    お前たち女は、俺たち男のオナホールだ。
    チンポを入れるための肉穴だ。
    クリトリスを撫でて、Gスポットを刺激してやる。
    そして、頬を叩いて、お尻を蹴ってやろう。

    ゲボジは投稿した時に、この憲章を目で読み返しただろうけど、家族がいない時に声に出して読み上げてみたらどうだ?
    多くの人が通っている町中で、全裸になって淫らな憲章を読み上げる変態女。
    通る人たちから、冷たい視線を浴びせられ、口汚く罵られ、頬を叩かれる。
    ゲボジは、それでマンコを濡らして、男たちから強姦されるんだ。
    強姦されたら、ちゃんとお礼も言うんだぞ。

    재미 헌장을 생각 했구나.
    원문이 있다고는해도, 변경 방법이 변태 암캐 답게 좋은거야.
    너희들 여자는 우리들 남자의오나 홀이다.
    자지를 넣기위한 고기 구멍이다.
    클리토리스를 어루 만져, G 스폿을 자극 준다.
    그리고 뺨을 두드려 엉덩이를 걷어 주자.

    게보지 게시했을 때이 헌장을 눈으로 다시 읽어 겠지만 가족이 없을 때 소리내어 읽어 보면 어때?
    많은 사람들이 다니는 길거리에서 알몸이되어서 음란 한 헌장을 읽어 변태 여자.
    지나는 사람들로부터 차가운 시선을 뒤집어, 口汚く 욕하고 뺨을 얻어 맞는다.
    게보지는 그래서 보지를 적셔 남자들로부터 강간하는거야.
    강간되면 제대로 감사도 말할거다.

     
    • はい。オナホールです。肉穴です。
      それを知っていながらも人間で生まれて申し訳ありません。

      投稿する前に何度も繰り返して読んでみました。
      一人で自炊生活をしているので、家族もないから、大きな声で読んだりしました。

      人が多い街で真っ裸で変態の憲章を大きな声で読むと…
      通行する人たちがすべて私を馬鹿にします。
      それでも私はマンコを濡らし、女たちに「一緒にメス犬がなりましょう」と訴えます。
      その女性たちと女の一行である男性が怒りながら私の頬をひっぱたき、
      お尻を蹴って、倒れた私をぐちゃぐちゃと足で踏みます。

      男たちの中で誰かが「それではまずお前からオナホールになれ」と言いながら強姦したら。。。
      私は狂った女のように嬌声をあげて強姦されて、
      「強姦してくださってありがとうございます。オナホールを使用してくださってありがとうございます。」と挨拶します。
      もちろんその以後には「誰かまたこの生オナホールを使用してくれる方いらっしゃいませんか?」と大声で言いながら
      強姦を哀願し、路頭を歩き回ります。