魔族躰 隷子(まぞた れいこ)と申します

   皆さんコンニチハ!
 このたび国民にさせていただいた 魔族躰 隷子(まぞた れいこ)と申します。
 どうぞ宜しくお願いします。
 簡単な自己紹介をさせていただきます。
 私は1985年9月20日 鹿児島県鹿屋市生まれの24歳A型です。三人姉妹の真ん中です。
 父は転勤族で最長でも2年位で転勤して、宮崎、長崎、福岡、大阪、東京と次々に引越ししました。父は「行く先々で友達がたくさんできて良いだろ」といってましたが私には逆で全然出来ませんでした。友達が出来始めるとすぐ転校、真の友達なんか出来るわけありませんでした。
 私が小6になってすぐ父が亡くなりました。父が亡くなり母は大変だったと思います。
 父が亡くなった東京で仕事を探していましたがなかなか決まらなくて「困った。困った。」と口癖のように言うようになりました。
 私は何とか母を助けたくてアルバイトを探しました。そんな時街で配られていたチラシにアルバイト募集年齢不問と言うのがありまして、同級生2人と面接にいきました。
 最初の面接の時、その事務所の掃除をしてお金を貰ったので「簡単なんだ」と思いました。次の日曜日にまたアルバイトをしたいと連絡して今度は一人でいきました。
 前回とは別の場所に連れて行かれて大勢の人にレイプされそのまま一週間程監禁されました。その間入れ替わり立ち代りレイプされました。
 ある日大勢の人がダダダッとなだれ込んできて、それは警察の人たちでした。
 私がいなくなり母が警察に相談し届けを出して捜査が始まり、同級生の話からチラシを調べてココに辿り着いたとのことでした。
 もう少し救出が遅れていたらどこかに売られていた(国内外問わず)とのことでした。
 私たち親子は東京を離れ母の実家のある熊本に引越ししました。
 私は熊本の小学校に転校し熊本の中学校に入学しました。
 初めは平和な日々が続いていましたが中1の終わりの頃私が東京で起こした事件の事が噂になり(私が起こしたわけではないんですがこういう噂は噂をする人たちに都合の良いように解釈されて伝わるんですね)学校でも白い目で見られるようになりました。
 そのうち不良たちに「やらせろよ!」とか「誰とでもやるんだろ!」とかいわれるようになり帰宅途中に襲われるようになりました。
 レイプされても誰にも相談が出来ず、ヅルヅルと彼らの性奴隷のようになっていました。
 ますます周りからは敬遠され、彼らの仲間達から良いように扱われました。
 高校受験の時、私は母にお願いして他県の遠い学校へ生かせてもらいました。
 それは広島県の高校です。5歳違いの姉が広島で就職していたのでそれを頼って広島の高校(女子高)にいかせてもらいました。
 私にはイジメられオーラでも出ているのでしょうか、高校入学してすぐにレスボス(レズのグループを仕切っていた人)に早々と目を付けられそのまま引きずり込まれました。
 私はその後卒業まで中学と同じように性奴隷となり様々な要求に応えました。
 自分から行かせて欲しいと母にお願いした以上辞める事は出来ませんでした。
 卒業後、私は病院に就職し働きながら準看の資格を取り、母も熊本で仕事が無かったため妹と共に広島に来て今は家族4人一緒に暮らしています。
 病院でも私のイジメられオーラが出ているのか後輩からも下に見られ、何でも命令口調で指示されています。
 私のミスでないのに私のミスだとなじられたり、一緒に仕事をするのを嫌がられたり、口を聞いてくれなかったりしています。
 でも看護師からのそれ以上のイジメはありません。(今のところ)
 ただ、ある先生からは夜勤の度に(勿論、忙しくてそれどころではない時も多々ありますが)院内で調教されたり、休みの日や仕事終わりに調教されています。
 先生は既婚で子供もいるのでいわゆる不倫なのです。つきに5~6回程度のお付き合いです。
 以上、自己紹介でした。
 皆さんの投稿を拝見していますと、小さい時の事から現在の事まで色々な事を投稿されていますので、私も徐々にではありますが私の事を投稿させていただこうかとおもいます。
 みなさんこんな私ですがどうぞ宜しくお願いします。

LINEで送る
Pocket