【椿調教】 『人間廃業承諾書』と『奴隷契約書』に署名捺印

 椿は、『人間廃業承諾書』と『牝奴隷契約書』にサインしました。
 これらの証書にサインする前から椿の体には、「牝犬」・「バカ女」・「スケベ」と落書きしています。
 証書を交わすまでもなく、椿は普通の人間ではないのです。

 まだ、人間の部分が残っていて、少し、抵抗をしていました。
 人間である事を捨てるため、銀貨様に落書きをしていただきました。

001
  証書の効力を発行するため、印鑑や拇印の代わりにキスマークで捺印させました。
 マン拓をさせようとも思いましたが、変態女のマンコは臭いのでやめました。

 印鑑の変わりに、キスマークをつけさせていただきました。
 このとき、もう迷いはありませんでした。

002

  捺印しているところです。
 証書で顔が隠れてしまっていますが、それは嬉しそうな顔をしていました。
 人間を廃業するのが嬉しいなんて、そもそも人間として生まれてきた事が間違いですね。

 キスマークをつけ、承諾書、契約書のサインが終わりました。
 これから受ける調教の不安よりも、奴隷になれた悦びでいっぱいです。
 もう、人間には戻れません。
 

0007602

この記事の続きは、『鬼畜主義人民共和国』の国民にのみ公開されています。
国籍申請のご案内

既存ユーザのログイン
   

コメントは受け付けていません