1ヵ月調教 15日目~

15日目
 私はクラブに着くなり、その場で潮を噴き、逝き果て気絶してしまいました。
 限界を迎えるペースが早くなっているみたいです。
 私は確実にマゾ奴隷への道を歩んでいます。
 {ココからは調教師様の記録の抜粋です。}
 気絶した状態で隷朋の衣服を脱がせ、股間に挿入しているものを全て外すと、いつもの薬を投与し、そして部屋の中央にある檻に放置した。

この記事の続きは、『鬼畜主義人民共和国』の国民にのみ公開されています。
国籍申請のご案内

既存ユーザのログイン
   

コメントは受け付けていません