• タグ別アーカイブ: 乳首
  • UberEATSで

    📂投稿グループ📎タグ

    前投稿した件の店員さんに迷惑をかけた罰として身体を痛めつける罰を実行しました。

    色々調べてネットで見た物を真似出来そうなので真似てみることにしました。

    まずUberEATSでたこ焼きを注文してから準備に取り掛かります。

    身体に「撮影してください」「痛めつけてください」「便器以下の汚物」などを胸やお腹、脚に書いて目玉クリップを乳首とクリトリスにつけます。

    その時点で呻き声が出るくらい痛いですがクリップに紐を通して玄関のドアノブに結びました。

    次に金属の棒状のものに催涙の防犯スプレーをたっぷり吹き付けておまんことアナルに挿入してから電気マッサージ器の電気パットを貼り付けました。

    スプレーのせいでヒリヒリとした痛みから始まり次第に燃えるように熱く痛み始めますが電気マッサージの10段階あるうち7で電源を入れると一定間隔で金属棒を伝っておまんことアナルを電撃が流れ、体の奥に痛みが流れ込み身体がビクビクと震えてしまいます。

    最後に右手足と左手足でそれぞれ手錠と足枷を使い拘束して玄関前でオナニーを始めました。

    UberEATSが到着までの間クリップの痛み、電撃の痛みで泣きながらじっとして耐えられないほどの痛みで、痛みを紛らわせる為に激しく腰を動かし金属棒でオナニーをしながら待ってる間に3回逝ってしまいました。

    夢中で腰を降っているとインターホンが鳴り、痛みで叫びすぎガラガラになって声で震えながら玄関越しに「入ってください」と伝えると扉が開き乳首とクリトリスのクリップが引きちぎられる様に外れました。

    UberEATSの配達員の方に見られながらガクガク震えながら仰け反り、汚い声をあげながら大量に潮を吹いて盛大に逝きました。

    配達員の男性は固まっていたので事情を説明して自らの変態さをアピールさせて頂きました。

    配達員の携帯で撮影して貰い痛みで泣きじゃくりながら本名、住所、年齢、学校名などを織り交ぜた自己紹介動画を取りました。

    撮影の最中から配達員のおちんぽが張っていたので撮影の後拘束を解いてもらって、性処理の申し出をしたのですが……

    申し出た後に催涙スプレーのおまんこを使っていただくのは申し訳ないと思い出し、口便器を使って性処理させて貰いました。

    ですが、物足りなかったようで後でデリヘルを呼ぶと言っていたので私の実力不足に申し訳なくなり土下座で謝りながら少額になってしまいましたが

    お時間を取らせて撮影してもらったこと、口を便器として使って頂いたことと合わせてデリヘル代の足しにしてくださいと手持ちのお財布に入っていたお札全て合わせて25000円を支払わせていただき許しを請いました

    「足りなかったらまたお支払いさせて頂きたいのでその際はどうが私の便所まんこもご利用ください」と床に頭を擦り付けながら懇願して配達員は帰っていきましたが、玄関を開けられてから帰るまでに10回以上は逝ったと思います

    30分程度の時間でしたが催涙スプレーの焼けるような痛みと電気パットのバチバチとした震えるような痛みのおかげで常にイキ続けているような感覚で幸せでした

    今は、少し冷めてしまいましたがまだまだ熱々のたこ焼きをスプレーで粘膜をやられ敏感になっているおまんこに押し込んで金属棒でグチャグチャに潰し生地の熱さで悶え苦しみながら投稿させていただいています

    おまんこを使っていただけない失態、だらしなく何度もアクメする醜態、配達員への謝罪金の少なさ

    これで贖罪として充分なものになるかご判断ください……

     

  • おしっこ露出オナニー

    📂投稿グループ📎タグ

    先日、この前頂いたおしっこの件実行しました。

    今回も下着を着けず、胸が下半分くらい出ているクロップ丈のYシャツと股下3cmくらいのマイクロミニスカート、オーバーニーソックスの格好で出かけました。

    シャツはボタンを下1つ開けているので体勢によっては乳首まで見えています

    マジックで胸下に「無料肉便器」お腹に「レイプして」おまんこにを書いて「妊娠させて」脚に「正」の字をたくさん書きました

    おまんこにバイブを抜けないように固定して、お尻には尻尾つきの拳大のプラグを入れました

    落書き、玩具どちらもパッと見で丸わかりになっていますw

    おしっこの入ったペットボトルを2本持って外出してバイブの音をたてながら20分ほど歩いて少し離れたコンビニまで来ました。

    駐車場でペットボトルのおしっこを1本頭から被り、残り1本は半分ほど飲んでからYシャツをビシャビシャになるようにかけました。

    Yシャツは濡れて貼り付いて胸は透けて丸見えになっていてポタポタ雫を垂らしながらそのままコンビニに入りました。

    寒かったので温かいコーヒーとコンドームを持ってレジに向かい同い年くらいの男の店員さんに会計してもらいました。袋に入れるか聞かれたので「すぐ使うから大丈夫です」と断り会計を済ませてから店員さんにゴムを1つ渡して「トイレで待ってますね」と笑顔で伝えてトイレに入りました。

    トイレでオナニーをしながら待っていましたが20分ほど待っても店員さんが来なかったのでしょうがないので便器の中に頭を入れて舐めながら3回逝きました。

    トイレを出てゴムを渡した店員に会釈してからコンビニを後にしてYシャツのボタンを全て開けてから帰りました。

     

  • 牝豚佐恥子の自画撮り写真集Vol.31「オシッコ風呂に入って発情したからオナニーしました」

    📂投稿グループ📎タグ

    お風呂に入ったときに、湯船の中でオシッコをするように命じたら、馬鹿な佐恥子は悦んで実行しました。
    それで発情したらしく、寝る前に全裸のままオナニーをして寝たそうです。
    乳首を固くしているのが、良く分かりますね。

    ただ、湯船の中でオシッコをしても、色が変わることは無く匂いもしなかったとしなかったと残念がっていました。
    まぁ、お湯の量からしても当然でしょう。
    そういうことを考えないから、佐恥子は馬鹿なんですが。
    それで、雰囲気を出すために入浴剤を入れると、今度は色が濃くなりすぎてしまったという(笑)
    そんな馬鹿な姿を見てやって下さい。

    続きを読む 投稿 ID 31632

     

  • 牝豚佐恥子の自画撮り写真集Vol.30「佐恥子は変態で馬鹿な牝豚です」

    📂投稿グループ📎タグ

    自分の体に卑猥な言葉を書くだけでも、乳首を固くしている佐恥子です。

    こんなグロテスクなマンコの自撮り写真を送ってくるのですから、確かに変態で馬鹿ですね。
    先端が透明なバイブでオナニーするものだから、奥まで汚いマンコが顕(あらわ)になっています。

    続きを読む 投稿 ID 31632

     

  • 奴隷になった婦人警官が、全裸でミニパトに乗ってます

    📂投稿グループ📎タグ

     

    ◆3枚目

    美緒「はい、もうすぐ到着します」

    美緒「私も麻衣子も全裸でミニパトに乗ってます」

    美緒「乳首も固く勃って、変態で淫乱な牝犬らしく発情しています」

    麻衣子「早く御主人様たち性犯罪者の皆様のオチンチンで、輪姦されたいです」

    麻衣子「私たち女性警官の身体を公衆便所として、性欲処理にお使い下さい」

    ◆4枚目

    美緒「あの……、私は痛めつけられるが好きなマゾだから…、乱暴に…犯して下さい」

    美緒「皆様の性犯罪の邪魔をしてしまった罰として……、私のことを袋叩きに……殴る蹴るの暴行をして憂さ晴らしして下さい……、お願いします」

    麻衣子「まぁ、美緒ったらはしたないのネ」

    麻衣子「御主人様、運転していてオナニーを我慢していた私に御褒美を……、オチンチンと精液をたくさん下さい」

    麻衣子「どんな恥ずかしい命令にも絶対服従いたします」

    *********************************************************

    婦人警官が全裸でミニパトに乗っているという、ありえないシチュエーションです。
    こういうのがフィクションの醍醐味ですが、この婦人警官のシリーズでは、催眠などの意識改変や特殊な世界観といったモノを導入していないため、申し訳程度の言い訳として、人通りの少ないところを走らせました。
    完全に何でもアリだと面白くないし、でも完全に弾けた作品を自分自身も見たいという葛藤が常にあります。
    でもって私は意志薄弱なので、後で街なかを全裸でミニパトに乗ってるシーンも投稿する予定です。←上で言ったこと台無し

    国民の皆様には、構図違いの画像も用意しました。
    よろしければ、お愉しみ下さい。

    続きを読む 投稿 ID 31632

     

  • 佐恥子の調教記録 vol.14「オシッコを飲んだ後にチンポを咥え続けて乳首オナニーする人間便器」

    📂投稿グループ📎タグ

    チンポをしゃぶるのが大好きな佐恥子は、人間便器としてオシッコを飲んだ後もフェラチオを続けます。
    チンポをしゃぶるだけでも感じているようでしたので、乳首オナニーもさせました。
    ただ、乳首の触り方が大人しかったため途中で私の足でも乳首を弄んでやりました。
    動画では、佐恥子の喘ぎ声をお愉しみ下さい。

    続きを読む 投稿 ID 31632

     

  • 牝豚佐恥子の自画撮り写真集Vol.29「佐恥子にはトイレを使う資格が無いので、オシッコをお風呂場でしました」

    📂投稿グループ📎タグ

    オナニーの許可を求めて、勃起した乳首の写真を送ってきた佐恥子には、お風呂場での放尿を命じました。
    牝豚の佐恥子に、人間のトイレを使う資格は無いので、その恥知らずな姿を晒すのがオナニーをする条件です。
    普通の女性なら拒むところですが、変態の佐恥子は喜んでお風呂場に行き、洗面器にオシッコをしました。
    汚される洗面器が、可哀想ですね。

    続きを読む 投稿 ID 31632

     

  • 佐恥子の調教記録 vol.13「チンポを咥え、直接オシッコを飲もうとして咽(むせ)る人間便器」

    📂投稿グループ📎タグ

    人間便器であるからには、オシッコを浴びるだけではなく、チンポを咥えてオシッコを飲めるくらいでなければいけません。
    しかし、出来損ないの佐恥子はオシッコを飲みきれず、咽込んでしまいます。
    まぁ、苦しむ姿を見せて愉しませるのも奴隷の務めではあります。

    飲みきれなかった分のオシッコも浴びると変態の佐恥子は、発情して乳首を勃たせています。
    チンポが大好きなので、口に咥えたのも発情した理由かもしれません。

    続きを読む 投稿 ID 31632

     

  • 牝豚佐恥子の自画撮り写真集Vol.28「パックリ開いた醜いマンコを見て下さい」

    📂投稿グループ📎タグ

    発情しやすい佐恥子は、オナニーをする前から乳首を固く勃起させています。

    そして、マンコにカメラを近づけて撮るのが大好きなようで、白く濁ったマンコ汁を垂らしている様子が分かります。
    指でマンコを大きく広げて見せつけてくる、変態馬鹿女です。

    続きを読む 投稿 ID 31632

     

  • 変態馬鹿女・椿の自画撮り写真集Vol.20「私は、糞と間違えて生まれてきた糞豚奴隷です」

    📂投稿グループ📎タグ

    全裸になり、首輪をして、お風呂場に行きました。
    鏡に向かって、「銀貨様、これからご命令を実行いたします。」と言って、赤いペンで体に「糞女」「ウンコ」「糞豚」「私はウンコ以下の糞女です」と書きました。
    顔にも、「糞豚」と書きました。
    これだけで、オマンコが熱くなってきます。

    「私は、糞と間違えて生まれてきた変態糞豚奴隷です……」と言いながら、おっぱいをもみ、乳首をつねりました。
    「私は、ウンコ女です……」
    「糞以下の存在です……」と、小さな声で言いました。
    銀貨様に「お前は、ウンコ以下の存在なんだ!」と言われてる声が、頭の中に聞こえてきます。
    「はい。私は、ウンコ以下の汚い存在です……」と答えながら、乳首をつまみ続けました。

    オマンコを触ると、濡れていました。
    「ウンコと言われて、オマンコを濡らす変態奴隷です……」と言いながら、オマンコを触りました。

    ウンコ奴隷なので、ケツ穴を弄りました。
    ゆっくり、マッサージするようにケツ穴を触ります。
    「私は、ケツ穴を弄って、気持ちよくなる変態の糞女です……」と言いながら、指を入れました。
    片方の手で、オマンコを触ると、マンコ汁があふれるくら……」

    用意したアナルスティックにマンコ汁をつけて、ケツ穴に入れました。
    「ウンコウンコ、変態のウンコ奴隷は、”ウンコ”と鳴きます。人間の喘ぎ声のかわりに、”ウンコ”と鳴きます……」と言いながら、アナルスティックを動かしました。
    「ウ…ンコ……ウンコ……」と鳴きます。
    「ウンコウンコ、私は…糞と間違えて生まれてきました……。ウンコまみれになりながら…生きていきます……。ウンコを餌に生きていく、糞豚奴隷です……」
    アナルスティックを出し入れしながら、クリトリスを弄ります。

    ウンコをしながらオナニーができるようにお風呂場で実行したのですが、ウンコが出る気配はありませんでした。
    ものすごく残念な気持ちになりながら、オナニーを続けました。

    ウンコまみれになる自分を想像しながら、ケツ穴とクリトリスを弄り続けました。

    「ウンコ……ウンコと鳴く、変態の糞豚です……」
    「ウンコ」と鳴いていると、どんどん自分が惨めで、汚い存在だと、自覚していきます。
    そう思いながらも、感じていました。
    「ウンコウンコ…私は、糞以下の変態女です……」
    「ウンコと鳴く、変態のウンコ奴隷です……」と言いながら、ケツ穴を弄りつづけていると、イキそうになったので、「ウンコウンコ……イキそうです…ウンコと鳴きながらイキます……。
    アナルスティックを出し入れしながら
    ”イク”と言うかわりに、「ウンコウンコ……ウンコ……ウン…コ……」と、鳴きながら、イキました。

    アナルスティックに、ちょっとだけ、ウンコがついていたので、舌できれいに舐め取りました。

    「これからも、糞以下のウンコ奴隷を御調教お願いいたします。」と、銀貨様にご挨拶をしました。

    オナニーに夢中になりすぎて、写真は1枚しか撮れませんでした。

    役立たずの糞豚奴隷で申し訳ありません。

    続きを読む 投稿 ID 31632