【佐恥子調教】牝豚に鼻枷と口枷をして鞭打ち

📂投稿グループ📎タグ

 佐恥子は牝豚のくせに、すぐに人間の真似をして人間の言葉を話そうとします。
 その言葉は決まっていて、「変態じゃないもん」とか「痛いのは嫌です」といった抵抗の言葉です。
 しかし普通の人間なら、ションベンを飲んだりウンコを咥えたりして発情するはずがありません。
 そこで佐恥子に、牝豚としての自覚を持たせるため、鼻枷と口枷をしてやりました。
 P1270887 P1270883

 四つん這いで歩く姿が、これほど似合う佐恥子は、やっぱり人間じゃなくて家畜ですね。
 みっともなく鼻をヒクヒクさせている牝豚は、口枷で鳴くことすらできず、余計に不様です。
 P1270901 P1270904

 そして乳首にバイブを付けてやると、すぐに体をくねられて発情しだしました。
 口枷を通して垂れてくるヨダレは、マンコから出るマン汁のようです。
 P1270906 P1270907

 チンポを見せてやれば、「待て」もできずにむしゃぶりついてくるような牝豚ですから、口枷でチンポをしゃぶれないのを残念そうにしていました。
 そもそも、望めばチンポを恵んでもらえると思っているのも、家畜としては思い上がりも甚だしいんですけどね。
 P1270909 P1270908

この記事の続きは、『鬼畜主義人民共和国』の国民にのみ公開されています。
国籍申請のご案内

既存ユーザのログイン
   


コメントは受け付けていません。