「アソコにメンソレータムを塗りました」

命令者:ひでぼんず
 レミちゃん、ウサギ狩りチャットに参加できないって悲しい事を書かないでほしかったなぁ。
 このあいだレミちゃんの書き込みが話題になったばっかりなのに...。
 さて、この件に対してのレミちゃんへの罰を私なりにしたいと思います。
 私からの命令は、前よりも簡単です。
 メンソレータムを買ってきてクリトリスの周辺にたっぷりと塗り付けなさい。
 何があってもメンソレータムの効果がなくなるまで拭い取る事は許しません。
 早めの報告を国民のみんなが待っているので頑張りなさい。


報告者:レミ
 今日、学校から帰ってきてから、ひでぼんず様の命令を実行してみました。
 報告が遅くなってごめんなさい。
 メンソレータムは、家の救急箱の中にありましたので、それを使いました。
 今日は家には誰もいないので、少しだけ、気が楽でした。
 部屋でスカートとパンツを脱ぎました。
 上も脱いだ方が良いのか考えましたけど、恥ずかしいのでやめておきました。
 前回の命令の時もそうでしたけど、いくら自分の部屋とはいえ、何もはいていないのは、変な気分でした。
 まず、座りました。正座ではなくて、体育座りで座りました。
 私の部屋の床は、絨毯なのですが、お尻に直接触れる感触が、くすぐったかったです。
 それから、脚を開きました。
 メンソレータムを指先に取って、そのまま自分のクリトリスのまわりに塗りました。
 塗っているとき、どうなるんだろうってすごく不安でした。
 でも塗っているときは、なんともありませんでした。
 塗り終わってからしばらくして、すごく冷たい感じがしてきました。
 その時は、気持ち良いと思ったのですが、ひでぼんず様の命令の通りそのままの状態で、じっとしていました。
 そうしたら、今度はだんだん痛くなってきたんです・・・・・・・・。
 その時、はじめてひでぼんず様が意地悪な命令を下さったことが分かりました・・・・・・・・。
 ひりひりして、もうどうしようもなくなって、脚を閉じることも出来ませんでした。
 もうこのまま、ずーっとこの感じが続くのかと、悲しくなってしまいました。
 でも、命令なので、拭き取ることが出来ません。
 少しでも痛みを忘れたくて、そのままで本を読みました。
 一時間ほどして、気がついたら、痛みが引いていました。
 やっと、拭き取れました。
 冷静になって考えたら、下半身に何もはかないで一時間も過ごしてしまいました。
 やっぱり私、変ですね……………。
 報告を終わります。


命令者:ひでぼんず
 レミちゃん、私の命令を実行してくれてありがとう。
 実行するまで結構日数がかかったけど、私の命令どおりにやってくれたんだね。
 とっても嬉しいです。
 メンソレータムの刺激は辛い物があったでしょう。
 次はたんぽぽさんから命令してもらいなさい。
 これからも頑張ってちょうだいね。