アーニス『娼館ミルクハウス・アーニス編パート1』(国民限定)

by ドクター・D
 今日は、月に一回行われるビデオの撮影会、今回は、ここに来て1年目の、アーニスに順番が回ってきた。
 その相手は、2メートルを越える黒人だ。
 彼女にとって黒人は、初めてではないが、股間にある一物を見て、少しおびえた。
 それは、人並みはずれた巨大なもので、用意していた、バイブより遙かに大きいペニスだったのだ。
 撮影監督の合図が懸かると、男は、微かに怯えながら、ベッドの上でパンティを脱ぐアーニスの背後に周り、脚を大きく開いて、愛らしい幼い蕾を、カメラの前にさらした。
 男の太い人差し指が、愛らしいピンクの蕾を 押し広げるように入ると、アーニスの幼体が、ピクリと反応し、小さく声を漏らした。
「あっ・・・」
 指が、軽く出し入れされ、幼い蕾からは、愛液が、じわりと滲み出してくる。
 それを確かめたかのように、男は、さらに2本目の指を押し込んだ。
「あくっ・・・ああっ・・・」
 アーニスの幼体が、ピクリと反応し、白い両太股を閉めようとすると、男は、力で押さえ込んだ。
「や・・・やさしく、して・・・くっ・・・ください・・・」
 男は、にやりと笑い、幼膣に押し込んだ指を 膣の奥壁まで、一気に挿入していった。

「あぐっ・・・うぐぐっ・・・」
「半分か・・・」
 男は、そうつぶやくと、アーニスの、痛みと快楽でゆがむ顔を、楽しむかのように、幼膣をかき回していった。
 アーニスは、時より歯を食いしばり、首を左右に振りながら、かき回されるたびに来る 痛みに似た快楽に耐えていた。  男の指が、動くたびに、嫌らしい音を立てて、愛液が溢れ出し、ドレスを汚していく。
「お嬢ちゃんの、奥のお部屋も解してやるぞ。ふふっ」
 男の指が、グッと根本まで入り、幼い子宮へと、入っていく。
 そして、子宮口を指先で広げてやった。
「あぐぐっ・・・いやっ、ああっ、」
 アーニスの腰が浮き、白い喉が、空を向いた。
 男の指の動きが、一段と激しくなり、2本の指は、時より膣口と子宮口を、上下に広げ、蕾の中をかき回した。
「あっ、あっ、・・・あぐっ、あぐぐっっ」
 アーニスは、押し寄せる激しい快楽に、喘ぎ声を大きくさせていった。
 飲み込めない唾が、エプロンドレスを、汚していく。
 そして、押し寄せる快楽は、徐々にアーニスの幼体を、快楽の頂点へと導いていった。
「ああっ、いっ、いっちゃう・・・ああっ、ああっ・・・くうっ!!」
 アーニスは、幼体を大きく弓にそらせ、ブロンドの髪を宙に漂わせた。
 小さな体を、ビクッ、ビクッと、数回痙攣させて、アーニスは、1回目の絶頂を、迎えた。

この記事の続きは、『鬼畜主義人民共和国』の国民にのみ公開されています。
国籍申請のご案内

既存ユーザのログイン
   

コメントは受け付けていません