りなはクラスペット 2

 教室のドアを開けて入ってきたのは、2人の男子生徒だった。下半身を広げ、性器まで自ら晒しているりなを目にしても、当然のように近寄ってきた。
 「おはようございます、井沢様、高柳様、今日もクラスペットのりなを、存分にオモチャにしてください。りなは、、、皆さんに虐められたくて、朝から、お、、、おまんこ広げて待っていました」
 りなが強制されている、奴隷の挨拶を口にすると、2人の男子はにやにやと笑いながら「おっ、まんこからローターが見えてるぜ」「オレ、先でいいかな?夕べオナニーしなかったんだ」「高井に濃いヤツ飲ませようとしてんだろ、お前」 しゃべりながらも、りなのヌードをじっくり観察している。
 「おい、高井、今朝はオレからだ。しっかりやれよ」
 「はい、井沢様、朝1番の濃い精液をりなに飲ませてください」
 りなは奴隷のポーズから膝立ちになり、男子の1人の前でそう言った。同級生のベルトをゆるめ、チャックを下ろし、更にパンツまでずり下げると、すでに半立ちになったちんぽを、何の躊躇もなく咥えていった。まず亀頭を舐めまわし、カリ首の恥垢を舐め取る。サオ全体を横から舐め上げ、玉袋も同時に手で刺激する。歴戦の風俗嬢にも負けない、りなのフェラチオは高校2年生の男子を5分もかからず、射精に導いた。どくどくと尿道から放出される精液を、すべて口で受け止め、飲み込む。最後の1滴まで、絞り出すようにちんぽから吸いだすと、さらにきれいに掃除するように、もう1度全体をしゃぶりまわす。
 「クラスのちんぽ掃除奴隷、、性処理ペットに、朝から美味しい精液をありがとうございました。今日1日、何度でもこの口に精液を注ぎこんでください」
 「じゃあ、つぎ、オレな」
 すぐにもう1人の男子が、りなの前に立つ。
 奴隷の1日は、まだ始まったばかりなのだ。

LINEで送る
Pocket

 
委員長はクラスで虐められています ~人間お別れ会~ 変態ファッション 婦警が性犯罪者の餌食になりました ~美緒と麻衣子~ 変態アイテム